Frozen Plain『Phoenix: Mirage』リリース(ストリングス&コーラス用シンセ)VST・AU

Frozen Plain社からシンセストリングスとコーラスサウンドに特化したをシネマティック系シンセプラグイン『Phoenix: Mirage』がリリースされました。

この『Phoenix』、以前はNative Instruments社のKontakt専用音源でした。

それが今回のアップデートに伴いプラグイン(VST・AU)版としてリニューアルされました。

Kontakt版からもともと好評を博していた製品です。

リリースセールにはなっていないのですが、AudioPluginDealのポイントがたまっている方は、裏技的な方法を使うと、もしかしたらちょっと安く購入できる可能性があるようです。(後述します。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Phoenix

Kontakt版の旧『Phoenix』:

Phoenix – Sounds and UI

新しいプラグイン版の『Phoenix』の概要:

Mirage Sampler Engine – Feature Overview

新『Phoenix』のプリセットデモ:

Phoenix: Mirage – Presets Demonstration

Frozen Plain『Phoenix: Mirage』の特徴

  • Phoenixは、サウンドデザイン用のシンセサイザープラグインです。(VST・AU)
  • 滑らかな 『シセシス・ストリングス』と『コーラス』のサンプリングがベースになっています。
  • Phoenixを使用すれば、幅の広いストリングスのサウンドとエーテルのコーラスを簡単に作成できます。
  • Phoenixは、サンプルベースのシンセシス・エンジンである『Mirage』を使用し、内蔵のサウンドをより高いレベルに引き上げます。
  • 『Mirage』では、エンベロープ、LFO、フィルター、エフェクトラック全体を備えた3つの独立したオーディオレイヤーで楽器を処理できます。
  • シネマティックのパッド、キー、ベース、そして、映画音楽のアンダースコアリング用のサウンドをより簡単にデザインできます。
  • 製品に付属している80種類のプリセットが付属し、ベース、キー、リード、パッド、サウンドエフェクトの5つのカテゴリに分類されています。

『Phoenix: Mirage』の概要

フェニックスは6つの楽器と3つの波形楽器を備えています

シネマティックサウンドのツールキット

このライブラリのコアサウンドは、6つのシンセシス・ストリングスとコーラスのインストゥルメントです。

これらのサウンドは、処理前でも役立ちます。

エーテルの聖歌隊とラッシュなストリングパッドを即座に作ることができます。

ただし、Mirageの3層構造により、これらのサウンドをさらに進めることができます。

無料のサウンドを重ねてLFOとフィルターで変調したり、リバーブを適用したりできます。

これらの機能を使用すると、動きのある豊かなテクスチャとサウンドスケープを簡単に作成できます。しかし、これは決してPhoenixの能力の範囲ではありません。

それらに加えて、キーとベース音も生成できます。

付属のプリセットには、ベース、プラッキーなスタッカート、クリーンなサブなど、これらのタイプのサウンドの多くの例があります。

Phoenixは、本物の楽器とレイヤー化された場合にも優れた働きをします。この製品の音の滑らかさはそれらと見事に調和し、豊かさと幅を高めます。

Phoenixの用途

Phoenixは、例えば、映画/テレビ/ビデオゲームのスコアリングにも効果的です。

それなら、「Shimmering Cavern」などのプリセットを使用して、不思議と美の感覚を作り出すことができます。

このプリセットは、3オクターブにまたがる3つのサウンドレイヤーを使用します。

LFOはこれらのレイヤーのボリュームを微妙に変調し、ビットクラッシュディストーションのタッチを使用して、高周波数で揺らめくサウンドを生成します。

これと同様に、この製品には感情的なキャラクターを持つ他の多くのプリセットが含まれています。

このトラックは、低域フィルターを適用したBass Pluckプリセットを使用して追加できます。これは、駆動の「アンダースコア」要素として非常に効果的です。

フェニックスのもう1つ秀でた用途は、アンビエントトラックの作成です。

Smoothest Padのようなプリセットを使用して、バックグラウンドで互いに穏やかに移行する、幅の広いコードを演奏することができます。Melody DropsのようなKeysプリセットをこの上で使用して、遠く離れた感情的なメロディを鳴らすことができます。サブバスリピーターなどのベースプリセットを使用して、ローエンドを埋め、そのパルスパターンでトラックにドライブを与えることができます。

また、3番目の用途としては、アンビエントまたは映画のジャンル以外のトラック作成です。

Phoenixは、エレクトロニック/ロック/ヒップホップトラックなどにユニークなキャラクターを追加するために使用できます。

背景に深みを与えたり、実際のパフォーマンスを重ねるための味付けとして使用できます。

特に、Phoenixのさまざまなストリングスプリセットは、これらの状況で役立つ場合があります。

すでにPhoenixのKontakt版をて所有している方向けのアップグレードもあります

この製品は当初Kontakt用に作成されたもので、現在はMirageに移行されています。

Phoenixのこの新しいバージョンは、古いサンプルの再解釈です。

この新しいバージョンは、迅速なサウンド設計と使いやすさの点でわずかに優れていると考えています。

 frozenplain.comでKontakt用のPhoenixをすでに購入している場合   、わずか5ドルでPhoenix for Mirageを購入できます。

frozenplain.comアカウントにログインし、『Phoenix:Mirage』ページにアクセスして、価格が5ドルに変更されたことを確認します。

Mirageバージョンの違いは何ですか?

コアサウンドは、次の2つの変更点を除いて基本的に同じです。

1つの楽器のチューニングが改善され、すべてのサンプルの不要な長さがトリミングされました。

KontaktバージョンとMirageバージョンは、異なるアーキテクチャの異なるエンジンを使用しています。ただし、それぞれの機能はほぼ同等です。

なぜ新しいバージョンを購入をお勧めするのですか?

Kontaktバージョンを所有している場合、成長と改善を続ける新しいエンジンであるMirageのPhoenixサウンドにアクセスしたい場合は、この新しいバージョンの購入を検討してください。

Mirageは、迅速なサウンド設計と使いやすさに優れています。また、他のFrozenPlain製品で使用される一貫したインターフェイスです。

80の新しいプリセットにアクセスしたい場合は、新しいバージョンを検討することもできます。これらのプリセットは、すぐに使用できます。フェニックスの機能が、このツールを使用して独自のサウンドデザインをマスターするためのアクセス可能なゲートウェイであることを示しています。

新しい『Phoenix: Mirage』は、Mirageを搭載

Mirageライブラリはサイドパネルからロードされます

Mirageとは何ですか?

Mirageは、サンプルベースのシンセシスエンジンです。

これは、PhoenixやWraithなどのカスタムサンプルライブラリを処理するための強力なコントロールセットを備えたVST / AUシンセサイザープラグインです。(現在、ライブラリは内部ツールでのみ作成できます。)

Mirageは、迅速で柔軟なサウンドデザインと使いやすさを実現するように設計されています。

powered-by-Mirageとはどういう意味ですか?

Mirageを搭載した製品は、Mirage内のライブラリとして実行されます。

Mirageは、追加費用は必要なく、製品のインストーラーに含まれています。

つまり、Mirageを搭載した製品には、完全な音響のカスタマイズとサウンドデザインに必要なすべてが備わっています。

また、複数のPowered by Mirage製品を所有している場合、それらは同じインターフェースでコントロールされます。

無料アップデートへのアクセス

Mirageは、時間の経過とともに改善および成長していく予定です。

Mirage用にさらに多くのライブラリがリリースされます。

これらの製品やMirage-powered-by-Mirage製品を購入することで、新しい機能と改善点を備えたアップデートにアクセスできます。

これらはほとんど常に完全に無料です。

これらの更新により、後方互換性が損なわれないようにします。

つまり、Mirageの機能が拡大しても、古いDAWプロジェクトまたはプリセットは壊れません。

3つの独立したサウンドレイヤーを重ねることができます

サウンドの階層化のために設計

サウンドデザイナーとフォーリーアーティストがよく知っているように、レイヤー化は既存のサンプルを使用して新しいサウンドを設計する優れた方法です。

Mirageでは、最大3つの異なるサウンドを個別に制御し、レイヤー化することができます。

Mirageのレイヤーには、ピッチ、ボリューム、パン、フィルター、ボリュームエンベロープ、LFO、EQ、サンプルループ設定、MIDI設定などの固有のコントロールが搭載されています。

これらのコントロールは、元の音源に対する驚くほどの量の操作を容易にします。

9つのエフェクトを使用してサウンドを形成できます

内蔵エフェクトのラック

サウンドデザイナーがサウンドの特性を形成するために使用する別の手法は、エフェクトを適用することです。

Mirageは、この目的のためにこのようなエフェクトのラックを備えています。

ディストーション、ビットクラッシュ、コーラス、ステレオワイドナーなどのビルトインエフェクトを使用して、追加の倍音または追加のシミュレートされた幅でサウンドを強化できます。

コンプレッサーを使用してダイナミクスを制御したり、パンチを追加したり、フィルターを使用して必要な周波数だけを分離したりできます。

Mirageには、実空間シミュレーション用のリバーブおよびディレイ効果もあります。

これらはサウンドデザインにも最適です。リバーブ効果の1つはコンボリューション・リバーブです。

これは通常、実空間のサンプル(インパルスレスポンス)を使用して、リアルな響きの残響効果を信号に追加するために使用されます。ただし、実空間のサンプルを抽象的なサンプルで置き換えることにより、興味深い効果を生み出すことができます。

再生するように設計

説得力のあるダイナミックなパフォーマンスを実現するには、演奏中にサウンドのパラメーターを制御したいことがよくあります。

私たちは実際にこれを自然に行います。

たとえば、メロディを歌うとき、一部のパートを大きくし、トレモロの強さを変化させます。

Mirageは、このタイプの変調も可能にします。

レイヤーレベルとマスターレベルの両方の音量は、MIDIベロシティで制御できます。

サステインペダル(MIDI CC 64)も完全にサポートされており、フットペダルを使用してノートをホールドできます。

さらに、Mirageのパラメーターは、物理MIDIコントローラーのノブまたはスライダーで制御できます。これは、パラメーターを右クリックし、「MIDIラーニング」を選択してからコントローラーを移動するだけです。

そしてもちろん、MirageはDAWによって自動化することもできます。

心からDAWへの最小限の摩擦

Mirageは邪魔にならないように設計されています。

読み込みが速く、CPU効率に優れています。

そして、任意のサイズの画面で動作するようにサイズを変更できるベクターベースのGUIが備わっています。

コントロールは直感的な方法でレイアウトされており、各コントロールの上にマウスを置くと、各コントロールの機能の完全な説明を表示できます。

MirageにはPDFのユーザーマニュアルも付属しており、すべての詳細がカバーされています。

プリセットは簡単にロードおよび保存できます

ビルド済みのサウンドを使用するか、独自のサウンドを作成します

Mirageは、適切なサウンドをすばやく見つけるのに役立ちます。

プリセットは、GUIの上部にあるメニューを使用して参照およびロードできます。

ただし、プリセットを読み込むたびにメニュー内を移動することを避けるために、いくつかの重要な機能があります。

まず、プリセットを切り替えるためのアクセスしやすい矢印ボタンがあります。

次に、ランダムプリセットをロードするマルチモードボタンがあります。このボタンは素早いインスピレーションを見つけるのに最適です。

3つの方法のいずれかで動作するように設定できます。

任意のランダムプリセットを読み込むことができます(異なるライブラリでも)。

または、現在ロードしているライブラリと同じライブラリのランダムプリセットをロードできます。

または最後に、現在のプリセットフォルダーにランダムなプリセットをロードできます(たとえば、フォルダーにはすべてのベースプリセットが含まれている場合があります)。

サウンドをロードするためのランダム化ボタンもあります。

3つのサウンドレイヤーのそれぞれは、ボタンをクリックするだけでランダムなサウンドをロードできます。

これは、異なるソースを非常に簡単に試すことができるため、サウンドデザインに最適です。

また、GUIの上部には、3つのレイヤーすべてに対してこのアクションを同時に実行するボタンがあります。

Mirageのページ:

Phoenix: Mirage - FrozenPlain
Bring new lush atmospheric dimensions to your productions with Phoenix, a cinematic sound design VST/AU synth. Customise smooth synth strings and choirs.

購入のための情報

新しいプラグイン版の『Phoenix: Mirage』は、35ドルです。

セールにはなっていません。

Frozen Plain社の『Phoenix: Mirage』の販売ページ:

Phoenix: Mirage - FrozenPlain
Bring new lush atmospheric dimensions to your productions with Phoenix, a cinematic sound design VST/AU synth. Customise smooth synth strings and choirs.

そして、旧『Phoenix』(Kontakt版)も、AudioPluginDealsで35ドルで販売されています

両方とも価格は同じなのですが、AudioPluginDealsの会員の方はポイントがたまっている方が多いはずなので(無料でポイントを配っていたことが何度かあるので)実質的に15ドルで購入できるはずです。

Rewardsボタンをクリックして20ドル分使うようにする
AudioPluginDealsのお買い物ポイント(Rewards)を使うと15ドルで購入できるようになるはず

そしてここからは未確認情報なのですが、AudioPluginDealsで購入した旧版の『Phoenix』から5ドルでプラグイン版の新版にアップグレードできる可能性があるようです。

(ネット界隈では『できたよ』と報告されている方がいたので一応メモしておきます。)

以下のFrozen Plain社のページでアカウント登録をして、そのあと『Phoenix:Mirage』のページにアクセスすると5ドルでアップグレード可能になるという情報ですが、真偽の程は不明です。(すみません。。)