Black Friday 終了間近のセール一覧

12/6夕方まで【過去最安!!】『Image Line Bundle』3つの定番プラグインをバンドル(Harmor、Gross Beat、Vocodex)お得なセール!

Image Line製品のブラックフライデーセール。

単体製品のセールは結構安かったので記事にしたのですが、バンドル『Image Line Bundle』は30%OFF台だったのでスルーしていました。

⬇️

なのですが、先ほどもう一度確認したところ半額になっていました!(もしかしたら私の勘違いかもしれませんが。。)

とにかく安いのは確かです。

去年のブラックフライデー時を超えています。

(バンドルの通常価格が下がったため去年の半額時より大幅に安くなっています。過去最安です。)

『Image Line Bundle』は、Image Lineのシンセ&エフェクト・プラグイン三製品「Harmor」「Gross Beat」「Vocodex」がセットになったバンドル製品です。

ここ数年は毎年ブラックフライデーセール時のみに割引価格で販売されています。

*12月6日(月)までの短期セールです。

*このソフトウェアはWindowsのみの対応で、Macには対応していません。

スポンサーリンク

『Image Line Bundle』の三つのプラグイン

以下のImage Lineの三つのプラグインが収録されています。(各製品は単体でもセール対象です。)

Harmor:シンセ(119ドル→79ドル)

  ImageLine社が誇るシンセ「Harmor」。 「Harmor」は、FLStudioユーザーではない他のDAWユーザーても使用可能です。VSTとし動作します。

注意:このソフトウェア群は、Windows用です。Macには対応していません。


Harmorは、いまのところはまだWindows専用ですが、Mac用のApfa版は既にリリースされています。今後が楽しみ。  

musicradar.comのレビュー(英文):

長所:

  • 豊かで刺激的なサウンド
  • 良い再合成アルゴリズム
  • 素晴らしい画像合成機能
  • 強力なカスタムフィルタ
  • 鮮やかなマルチステージエンベロープ
  • 良く出来たプリセット

短所:

  • 最初見た目的には少し難しく感じること

Gross Beat:マルチエフェクト(99ドル→59ドル)

ImageLine社のマルチエフェクト「Gross Beat」

Gross Beatは、リアルタイムまたはレンダリングゲーティング、グリッチ、リピート、スクラッチ、スタッターパフォーマンスに最適です。

Gross Beatは、ユーザーが定義可能な36種類の時間と音量のエンベロープの制御下で、2小節のローリングバッファにオーディオを保存します。

言わずもかなの名エフェクターですね。

Vocodex:ボコーダー (83ドル→49ドル)

FLのユニーかつ高性能なボコーダーVocodex。

これも上記の2つのプラグインと同様に(FL STUDIOではない)他のDAWでもVSTプラグインとしての使用が可能です。

Vocodexの特徴
  • ノイズまたはモジュレーターのパススルーのスピーチ・エンハンスメント・コンタリング(音声強調輪郭)。

  • キャリアを介した周囲ノイズのブリーディングを低減するモジュレーターノイズ低減。

  • 音声の倍増機能とリバーブ機能。

  • 出力を制限しウォーム出力するためのビルトイン「Sound goodizer」。

  • スペクトル内の任意の場所に個別に配置可能な最大100のバンド。

  • バンドのユニゾンで太くて豊かなサウンドを作成します。

  • サイドチェーンキャリアまたはモジュレーター入力。

  • Sytrusを搭載した組み込みのキャリアシンセサイザー。

  • 発見するバンドごとのエフェクトなど

Image Line Bundleのセール情報

通常価格:301ドル

BlackFriday セール特価:109ドル(50%OFF)過去最安更新

*主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:331ドル→165.5ドル
  • 2019年11月:331ドル→174ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*2019年12月6日(月)19時頃まで

関連セール