『iZotope Ozone 8 Standard』99ドル。 Elementsからのアプグレは 59ドル !

よろしければシェアお願いします

 

今回のiZotopeのセールの目玉はこれじゃないかなと勝手に思っています。

(こちらも八月早々サマーセールで飛ばしているPluginBoutiqueから。)

 

2019年8月3日追記:

新たにやばいセールが追加されています。

    やばいセールが追加されてきています。。 Ozone 8の最上位版のAdvanced。 手...

Ozone 8 Standard版が99ドル

iZotope Ozone8 マスターアシスタント機能と連携が強化されたNeutron2の使い方(Sleepfreaks DTMスクール)

Ozone 8 Standard版が、99ドルになっています(通常価格:249ドル / 60%OFF)。

過去最安タイかな。。

通常価格:249ドル(27,127円)

セール価格:99ドル(10,785円)

ちなみに、上位版のAdvancedも60%OFFです。

通常価格:499ドル(54,366円)

セール価格:199ドル(21,681円)

Ozone Elementsを持っている場合は更に安い

Ozone Elementsを持ってる方結構多いのではないでしょうか?

スタンダード版ですが、59ドルです!!(70%OFF / 過去最安値更新)

アプグレのチャンスかと思います。

通常価格:199ドル

セール特価:59ドル

〔Pluginboutiqueなのでポイント:Virtual Cash£2.41分とRewards+ Tokensが0.9ポイント分付きます。〕

Ozone Elementsを持っていて、Ozone 8 Standardをまだ所有されていない方にはノーブレじゃないかな。。
この価格なら持っていてまず損はないと思います。
ただし、Ozone 9が出る布石の可能性も。。(各自判断なさってきださい。。)
  
 
  
  
  
  
 

上位版のOzone 8 Advancedもセール(8/3追記:大幅値下げ)

 
ちなみに、Ozone Elementsから上位版のOzone 8 Advancedもセールになっています。こちらは、60%OFF。
Standard版の割引率(70%OFF)にはやや負けますが、こちらも安いです。
    
    

通常価格:399ドル → セール特価:159ドル(60%OFF)

⬇️

2019年8月3日 追記:セール価格:99ドルに変わっています!

⬇️

〔Pluginboutiqueなのでポイント:Virtual Cash £4.08分とRewards+ Tokensが1.6ポイント分付きます。〕


 

重要関連記事:

    やばいセールが追加されてきています。。 Ozone 8の最上位版のAdvanced。 手...

 

 

Ozone 8 StandardとAdvancedの違い

通常のマスタリングの使用ならStandardで十分と言う意見が多いようですが、完全なプロレベルを目指すなら、Advancedの方がより良い選択かもしれません。(しかし、この辺は、その人それぞれのワークフローによるところが大きいです。)

 

Ozone8の中核的機能は以下の三つ。

リファレンス機能付きのMASTER ASSISTANT(いわゆる自動でマスタリングをやってくれる機能)
TRACK REFERENCING(目標となる曲を読み込ませて、自分の曲をそれに近づけていく機能)
各必須プラグイン(マキシマイザー、イメージャー、EQ、ダイナミックEQ、エキサイター)

この三つ中核的機能は、Standard以上には装備されています。

では、StandardとAdvanced、二つのバージョンの大きな違いは、以下の二つ。

    

  • 各機能が単独のプラグインとして使えるかどうか
  • TONAL BALANCE CONTROL機能がつかえるかどうか

   

 

Advanced版のみ各機能が単独のプラグインとして使えます

各プラグインがバラで使えるのは便利です。CPU負荷の節約にも貢献します。

しかし、iZotope社のミキシングプラグイン「Neutron2」の場合と比べると、単独のプラグインとして使えることが大きなアドバンテージになるかは微妙かなぁと思います。(CPU負荷に関しては、OzoneはNutronと違いソフト単独起動が可能なのでそれほど問題ないのでは。)

この辺は、個人個人のワークフローによるので、微妙な部分だと思います。

 
     
  
今回のv8から付いた新しい機能。これ、ちまたで話題になっていますね。
 
TONAL BALANCE CONTROLは、マスタリング時「各帯域のバランスを良い感じに整える」ガイドを手取り足取りやってくれる機能ですかね。それに加えて、Neutron2と連携しながらの作業が可能になります。
 
How to use iZotope's Tonal Balance Control for mixing and mastering
 
個人的には、このTONAL BALANCE CONTROL、必要かどうかは、まだよくわからないです。MeldaのMMultianalyzerとMautodynamicEqなんかでも同じようなことが出来るんじゃないかな?と思っていますが、もうちょっと研究が必要。。
 
 
 
それ以外だと、2つのバージョンの違いは、以下の4つほど。
 
  
  
ビンテージ系のプラグインは、WavesやIKなど各社色々でていますし、結構セールにもなっていますので、「iZotope Ozoneのビンテージ系のプラグインをどうしても使いたい」とかじゃなければ、それほど問題ではないと思います。
 
ビンテージ系のプラグイン自体必要かどうかは人それぞれです。(必要性を感じた時買い足すなり、Advancedにアップグレードでも良いかと思います。)
 
 
 
新しいスペクトルシェーパモジュールを使用して問題の多い、厳しい周波数を滑らかにして彫刻します。 外科的または創造的に周波数特有のダイナミクスを適用してオーディオを成形し、滑らかでバランスの取れたオーディオを作成します。 パーカッシブなトランジェントを演奏するのに素晴らしいSpectral Shaperは、激しいボーカル、プルキーなアコースティックギター、その他の過度に明るいミックスエレメントを傷つけることがあります。 創造的なひねりのために、任意の周波数帯域にわたってスペクトルシェーパを使用して、音源の他の要素に影響を与えずに、音色、共鳴、過渡情報を試してみてください。
耳障りな周波数帯を滑らかに調整する機能かな。(これも新しい機能ですね。)
   

 

  
  
  
Mastering in 10 Minutes with Ozone 8
      
   
  
  
 

Ozone8 advancedからiZotope総合バンドル「Music Production Bundle 2.1」へのアプグレが過去最安(85%OFF)

 

現在、特価セール中の新しくなった「Music Production Bundle 2.1(MPS2.1)」は、Ozone8 advancedからのアップグレード版を狙うのが一番安くなっています。

⬇️

Ozone8 advancedを持っていると現在、iZotope社の総合バンドル『MPS 2.1』が、ぶっちぎりで過去最安値でゲットできる。

通常価格:999ドル

セール特価:149ドル(85%OFF)

〔Pluginboutiqueなのでポイント:Virtual Cash £6.08 分とRewards+ Tokensが2.4ポイント分付きます。〕

  

 


新しくなったMusic Production Suite2.1には、総額2000ドル以上の音楽制作ツールのセット。その数、合計で30種類の個別のプラグインで構成された以下の8つの製品が収録されています。

トラック制作からマスタリング、製品化まで一気に仕上げることが出来る総合バンドルです。

主要なツール全てにアシスタント機能(クリック数回の自動化機能)が装備されるようになりました。

音楽制作の初心者から上級者プロまで、幅広く便利に使える機能が盛りだくさんです。

 

Music Production Suite2に収録されている主なソフトウェア

Neutron 3 Advanced(New!)

Ozone 8 Advanced

Tonal Balance Control

新RX-7 Standard(RX6から更新)

新VocalSynth 2(VocalSynth1から更新)

新Nectar 3(Nectar2から更新。Celemony Melodyne 4 essentialとRX 7 Breath Controlも収録)

新Insight 2(新たに追加)

Celemony社 Melodyne 4 Essential(新たに追加)

 

MPS2のアップグレード版の購入方法などは、以下の記事をご覧ください。

    iZotopeも8月サマーセールの本番セール来てます。 iZotope Music Production Su...

Ozone8の詳しい日本語マニュアル

 
Ozone マスタリングガイドブック(PDF)

iZotope日本代理店のTacsystem様作成のガイドブック

(Ozone7用ですがOzone8でも操作は踏襲されているので参考になるかと思います。) 

Ozone マスタリングガイドブックのシステム例をご紹介します。

http://tacsystem.com/support/download/iZotope/Mastering_Guide_2015_Japan.pdf

  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク