〔自動で音量補正〕MAutoVolumeレビュー

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

Mautovolume (再掲)

 

MeldaProductionのMAutoVolumeは、ボーカルや楽器演奏で(生録時等で)発生するソロ音源の音量のムラ(不快な強弱)を綺麗に補正してくれるプラグインです。

(個人的にはなくてはならないツールです。)

 

この手のプラグインで有名なWavesのVocal Riderと双璧のツールですが、MAutoVolumeの方が用途的には幅広いです。

Wavesの場合は、ボーカル用とBass用で製品が分かれていますが(Vocal RiderとBass Rider)、MAutoVolumeは、ボーカル以外の楽器でも器用に補正する能力があります。

  

ただし、MAutoVolumeはVocalRiderのようにオートメーションを書く機能がありません。(以前はあったのですが、新しいバージョンでは、オートメーションを直接書く機能が意図的に排除されました。)

(MeldaProductionの中の人の話だと、オートメーションと連携させるのは正確性に欠けるからだそうです。)

とはいえ、以下のような方法で、音量のムラを簡単に補正できます。

   

  

MAutoVolumeのテストをしてみた    

 

MAutoVolumeの能力を試すために、ボーカルのループ・トラックに、わざといびつなボリューム(音量)のオートメーションを書いて、音量のばらつきのあるトラックを作ります。

上が音量をオートメーションでいびつにしたトラック。
下がそのトラックをバウンスして作ったトラック。トラック名「Bypass」。

 

音量のオートメーションを書いて、トラック内の音量を意図的にチグハグにさせました。

その状態でバウンスさせ新たなトラック作りました。そして、そのチグハグな音量のトラック名を「Bypass」としました。

 

    

次に、「MAutoVolume」にて、そのトラックの音量を均一化させる(簡単な)実験をしてみます。

 

取りあえずトラック「Bypass」に、MAutoVolumeを挿して、

Sensitivityを87%、Lock-Aheadを17%ほどに調整してみました。

調整にかかった時間は30秒ほど。(超適当。。)

      

元のチグハグな音量のトラック(「Bypass」)と比較するために、MAutoVolumeで調整したトラックを再度バウンスして「MAutov」と言うトラックを作ってみました。

上が「Bypass」。下が「Mautov」。

     

それでは、完成したオーディオトラックを見てみましょう。

      

元のトラックのファイル「Bypass」(音量にばらつきのあるトラック)

 

MAutoVolumeで修正したトラック「MAutov」

 

まだ微調整の余地はありそうですが、かなり音量のばらつきが抑えられたと思います。

超簡単。むっちゃ便利っす。

   

 

MAutoVolume解説動画 

MAutoVolumeのより詳しい解説は、おなじみChandler Guitar先生の解説動画をご覧ください。(私の説明より100倍分かりやすいです。。)

  

MAutovolume quick tips

    

  

また、以下のビデオでは、MAutovolumeを使ってボーカルの “S”の音と破裂音を減らす方法を紹介しています。 もちろん、同様の問題を抱えるボーカル以外の他の楽器でも使用することが可能です。(ディエッサー的な使い方が出来る。)

 

De-essing and Plosive reduction with MAutoVolume

 

  

MAutoVolumeのセール情報

 

    

通常価格:60ドル

 
*MeldaProductionの製品は、Wavesなど通常のメーカーと違い、バージョンのアップデートが一生涯無料です。なので、MeldaProduction社が続く限り、長い音楽人生の間ずっと付き合って行くことが出来るでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク