Melda Production『MDrumReplacer』強力な検出機能と簡単操作のドラムリプレイサー&約77GBのドラムライブラリ

Melda Productionのドラムリプレイサー・プラグイン『MDrumReplacer』の半額セールが復活しています(一週間限定)。

*5月24日(月曜日)夕方まで。

ドラムリプレイサーとは、ミックスのドラムの各パートを、自分の好みの別のものに入れ替えることができるツールのことです。

ドラムリプレイサーは各社色々出ていますが、まだ持っていないなら、検討の余地は十分にある製品だと思います。この価格で、内蔵されている機能が半端ないです。

紹介動画(1分45秒・日本語字幕にできます):

MDrumReplacer Introduction

このMDrumReplacerは、ドラムが入ったトラックを再生すると自動でドラムパートを読み込んでリアルタイムにドラム部分を検出してくれます。

あとは、好きなようにサウンドを入れ替えたり、今あるサウンドと混ぜたりと色々なことができます。

設計の新しい高精度な検出機能と簡単な操作性で、積極的な音楽制作が可能です。

また、Meldaのフラッグシップ・ドラムツール「MDrummer」のライブラリ(約80GB)が自由に使用できます。

要するに、MDrummerの77GBのドラムサウンドを着せ替えのようにリアルタイムに自分のミックスに当てはめていくことができます。(もちろん、手持ちのドラムサウンドを使うことも可能です。)

スポンサーリンク

MDrumReplacer:最新ドラムリプレイサー

【日本語紹介動画】Melda Production MDrumReplacer | ドラムを瞬時に置換え/修正する(1分35秒):

Melda Production MDrumReplacer | ドラムを瞬時に置換え/修正する

【要チェック】デモ&レビュー動画(14分・日本語字幕可能):

The BEST Drum Replacement Plugin? Meldaproduction MDrumReplacer – review and tutorial

MDrumReplacerについて

ドラムテイクで、マイクの位置が悪かったり、ドラムセット全体があまり好きではない場合、ありませんか?

MDrumReplacerはそれらを一瞬で修正します。

そして、あなたのレコーディングは信じられないほどライブ感溢れるサウンドに生まれ変わります。

インテリジェントなドラムヒット検出

MDrumEnhancerのパワフルなドラムヒット検出器は、最高の精度で動作します。

あなたがほんの少しだけでMDrumReplacerと作業をするだけで、シングルインストゥルメントのレコーディングでも、時にはミックスドラムのセッションでも、交換したいヒットを見つけてくれます。

高度な分析技術

MDrumReplacerには高度な学習機能が搭載されています。

オーディオ素材を徹底的に調べて最も目立つ周波数を特定し、それに応じてレゾネーターを設定します。

「Listen 機能」では、フィルタリングされた信号だけを試聴することができるので、フィルタを簡単に調整して、できるだけ正確に設定することができます。

完全に置き換えたり、ブレンドしたり自由自在

ドラムヒットを完全に置き換えることもできますし、オリジナルとサンプルをブレンドすることで、よりクリエイティブなエフェクトを得ることもできます。

例えば、キックを少しエレクトロニックな風味にしてみてはいかがでしょうか?

パフォーマンスを修正する

MDrumReplacerには、基本的にMelada Production社の「MDrumLeveler」プラグインが全て含まれています。

そのため、MDrumReplacerは 「イマイチなヒット」を置き換えるだけでなく、「ドラマーの演奏にアイロンをかける」のにも使えます。

検出器にイベントを見つけさせて、その正しいレベルを計算させるだけです。プロセッサは、要求されたゲインをイベントに適用します。あなたのドラマーは、しっかりとした手つきと堅実な演奏を始めるでしょう。

シンプルな操作性

ほとんどの場合、あなたは単に検出器を実行し、不要なヒットを置き換えるために必要な音を選択するだけでOK。

これだの作業で、安物のスネアやキックを、一瞬でハイエンドのドラムに置き換えることができます。

ライブのままで

MDrumReplacerは、当社のフラッグシップドラムツール「MDrummer」の強力なサウンドエンジンを使用しています。

シンセサイズされたドラムだけでなく、オリジナルのドラマーの演奏と感触を尊重した最高品質のドラムマルチサンプルを使用しています。

パフォーマンスはロボット的なものではなく、きちんと人間的なものになっています。

また、内蔵のドラムレベラーを使用することで、不完全な部分を修正することができます。

豊富なサンプル数

MDrumReplacerは、巨大なMDrummerのマルチサンプルライブラリ(Drum Empire 2020を含む)を使用して、あなたのトラックに最もフィットするリプレイスメントを選択することができます。

現時点では、約80ギガバイトのサンプルから選ぶことができます。そして、編集の可能性は無限大です。最終的に完璧なサウンドを見つけることができます。

特徴

自動ゲイン補正(AGC)を搭載

ほとんどのプラグインは出力オーディオのラウドネスを変えてしまうので、ランダム化はもちろんのこと、プリセットの閲覧が不便です。

MDrumReplacerには自動ゲイン補正機能が搭載されており、現在の設定に素早く適応し、入力と同じ音量で出力されるようにします。これにより、音量が大きいだけで何かが良い音に聞こえているような気がしないようにしてくれます。

セーフティー・リミッター

プラグインの中には、特定のオーディオ素材にさらされた場合、ゲインが激しく上昇するものがあります。

MDrumReplacerは、安全なブリックウォールリミッターを提供し、出力が0dB以下になるようにし、機器や耳が自動的に危険な状態になるのを防ぎます。

極めて高速&最新のAVX2とAVX512対応プロセッサに最適化

コンピュータは非常に高速になりましたが、アルゴリズムはより複雑になり、プロジェクトも大きくなるので、処理能力を慎重に使う必要があります。

MDrumReplacerは、最速のアルゴリズムを使用し、最新のプロセッサ機能を利用し、GPUにグラフィックスを処理させ、他のMeldaProductionプラグインとリソースを共有します。

このプラグインは市場で最も高速でありながら、可能な限り最高のオーディオ品質を提供します。

複数の設定を比較できる

A/B比較は、オーディオに加えている変更を客観的に聞き、より良い判断をするために、破壊的ではない方法として広く使われています。

AからHへの切り替え:Meldaはこれを次のレベルに引き上げました。プラグインを最大8つのインスタンスを持ち、AからHスロットをコピー&ペーストして自由に切り替えられます。

AからDへのモーフィング:X-Yパッドを使って、最初の4つのスロット間でモーフィングすることもできます。

どのプリセットを選べばいいかわかりませんか?

4つのプリセットをロードして、すべてのプリセットの完璧なブレンドを見つけることができます。

AとBのどちらが良い音かわかりませんか?2つの間のどこかで補間された状態を好むかもしれません。

高度なGUI

ユーザーインターフェースは、高速で使いやすく、目に優しいものでなければなりません。

ニーズは人によって異なるため、柔軟性が重要です。Meldaは、市場で最も先進的なGUIエンジンでこれを解決します。

  • スタイリッシュ:

    ヴィンテージハードウェアから超未来的なものまで。GUIの色とスタイルを選択できるので、これらのプラグインをあなただけのものにすることができます。


  • サイズ変更可能:

    すべてのMeldaプラグインは自由にサイズ変更が可能です。また、多くのプラグインはポップアップウィンドウを備えています。そのため、画面の数やサイズに関係なく、重要なことに集中できるようにプラグインを配置することができます。


  • GPUアクセラレーション:

    GUIのすべての要素はGPUによってアクセラレーションされています。これにより、グラフィックスが高速になり、CPUがオーディオに集中するための余分なパワーが解放されます。


  • 驚異的な品質:

    MeldaプラグインはHDPIとRetinaディスプレイをサポートしているので、美しい鮮明な解像度を体験できます。
    1秒あたりのフレーム数は100まで調整可能なので、これらの詳細なアナライザーでは何も見逃すことはありません。

MIDI学習機能付きMIDIコントローラー

MDrumReplacerには強力なMIDIプロセッサーが含まれており、MIDIコントローラーとMIDIキーボードを聞き、任意のパラメーターをリアルタイムでコントロールすることができます。

モジュレーター

MDrumReplacerは、他のモジュレータを含む任意のパラメータセットをコントロールできる4つのフル機能モジュレータを提供します。

各モジュレーターは、LFO、レベルフォロワー、MIDI/オーディオトリガーADSRエンベロパー、ランダマイザー、ピッチディテクター、あるいはそれらの組み合わせとして動作し、プラグインのサイドチェインを聞くことができます。

あなたは、音が時間内に移動するようにすることができますが、あまり静的ではなく、より興味深いものになります。様々なパラメータを入力(またはサイドチェイン)レベルに依存させたり、入力ピッチを聞くこともできます。

マルチパラメータ

MDrumReplacerでは、1つのマルチパラメータを使って複数のパラメータをコントロールすることができます。

これは例えばオートメーションに便利なだけでなく、マルチパラメーターは非常にスマートなユニットであり、例えば設定のバンク間でスマートにモーフィングすることができます。すべては創造性の名の下に!

グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換

MDrumReplacerのプリセットはシステムデータベースに慎重に保存されており、どのホストのどのプロジェクトからでも素早くアクセスすることができます。

このプラグインは、あなたのプリセットを自動的に共有したり、Meldaのサーバーから他のユーザーのプリセットをダウンロードしたりすることができます。Meldaはコミュニティを構築しています。

クラシックなメーターと時間グラフを備えたユニークなビジュアライゼーションエンジン

あなたの耳は常にメインのツールであるべきですが、オーディオを判断する唯一の方法ではありません。

ビジュアルエイドは様々な理由で非常に有用です。Meldaの総合的なメータリングシステムは非常に柔軟で、必要なときに正確な情報を提供します。

従来のメーターからタイムベースのグラフまで、入力、出力、ステレオ幅、ラウドネス、波形、バンド、ゲインリダクションとサイドチェイン、そしてプラグインに依存するメーターなど、重要なビジュアルフィードバックを見ることができます。

64ビット処理と無制限のサンプリングレート

MDrumReplacerは最高のオーディオ品質を提供します。

64ビットのオーディオ処理を採用しており、どんなサンプリングレートにも対応しています。1

92kHzを超えるのはあまり意味がありませんが、それが良いアイデアだと思うならば、MDrumReplacerはそれを行うことがもちろん可能です。

アクティベーションに必要なドングル/インターネットアクセスは不要

USBドングルを何度忘れたことか。。

Meldaは誠実な会社であり、顧客にも同じことを期待しています。

私たちのソフトウェアはライセンスファイルを使用してソフトウェアをアクティベートするだけです。

Windows(32ビットと64ビットの両方)とMac(64ビットのみ)のVST、VST3、AU、AAXインターフェースをサポートしています

MDrumReplacer は、両プラットフォームの主要なホストをすべてサポートしています。

互換性とインストールについては、システム要件を確認してください。

無償アップデート!

あなたがソフトウェアを購入すると、あなたは永遠に無料のアップデートを受ける権利があります。

他の会社のようにメジャーアップデートに無駄なお金を使うことはありません。

そして、Meldaは多くのソフトウェアを活発に更新しています。

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10(32ビットまたは64ビット)
  • VST/VST3/AAX対応ホスト(32ビットまたは64ビット)
  • SSE2をサポートするIntel/AMDプロセッサ
  • 32ビットのホストには32ビットのプラグインを、64ビットのホストには64ビットのプラグインを使用してください。

オペレーティングシステムが64ビットであっても、64ビットのプラグインは32ビットのホストでは動作しません。64 ビットのホストで 32 ビットのプラグインを使用しないでください。ブリッジングが必要となり、動作が遅くなったり、不安定になったりします。

Mac OS X

  • Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
  • VST/VST3/AU/AAX対応ホスト(64ビットのみ)
  • SSE2に対応したインテル/AMDプロセッサーまたはアップルシリコンプロセッサー

注:詳細な情報やインストール方法については、製品のPDFドキュメントをご確認ください。

デモ動画

デモ動画(5分12秒・日本語字幕可能):

MDrumReplacer

すべてのヒットが完璧なわけではなく、すべてのドラムテイクが完璧なわけでもなく、すべてのドラムがいい音で鳴るわけでもありません。しかし、MDrumReplacerを使えば、ドラムの録音は永久に失われません。マイクの位置が悪かったり、ドラムセット全体が嫌いだったりしてもです。MDrumReplacerは一瞬ですべてを修正します。MDrumEnhancerの強力なドラムヒット検出器は、最高の精度で動作します。MDrumEnhancerの強力なドラムヒット検出器は、最高の精度で動作します。あなたが少し手助けするだけで、単一の楽器のレコーディングや、時にはミックスされたドラムセッションで、置き換えたいヒットを見つけます。

高度な分析技術

MDrumReplacerは、オーディオ素材を徹底的に調査して最も顕著な周波数を特定し、それに応じてレゾネーターを設定する高度な学習機能を備えています。リスニング機能では、フィルタリングされた信号のみを試聴することができ、フィルタを簡単に調整して、可能な限り正確に設定することができます。

完全に置き換えるか、ブレンドするか

ドラムの音を完全に置き換えることも、オリジナルとサンプルをブレンドすることもでき、よりクリエイティブな効果が得られます。例えば、キックにちょっとしたエレクトロニック・フレーバーを加えてみてはいかがでしょうか。

紹介動画(11分・日本語字幕可能):

MDrumReplacer walkthrough

管理人メモ:

まだ使い始めですが(Meldaのプラグインには慣れているので)マニュアルも読まずに触り始めて10分ほどで使えるようになってきました。簡単&超楽しい!

このMDrumReplacer、MDrummerのライブリリがそのまま使えちゃいます。これだけでも買う価値が十分にあるのかなと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、MDrummerは、エレクトリック&アコースティック、FXなど約77GBのライブラリを搭載しています。

MDrumReplacerでは、MDrummerのように機能の奥深く入り込んでサウンドを緻密に加工することはできないのですが、(この価格の製品で)これほどのサウンドが自由に使えるのは常軌を逸していると思います。

追記:すみません。簡易的なドラム編集機能も搭載されていました。サウンド加工ある程度は可能なようです。またMeldaのFXも多数搭載されています。凄すぎ。。

(詳しくは上記のWhite Noise Studioさんによるデモ&レビュー動画を参照してください。)

MDrumReplacerに搭載されているエフェクター
MAutoDynamicEQも入っている

ドラムライブラリ

私の場合、MacBookのストレージの問題で容量が膨大なアコースティック系のライブラリをまだ入れていないので使えるサウンドの数がそれほど多くないかなと思ったのですが、それでも結構ありました。

クラップサウンドもたくさんある。

セール情報

通常価格:165ドル

セール特価:82.5ドル(50%OFF)

今年1月のセール時と同額です。

今までの最安値はリリース人柱セール時(2020年12月)の34ドル(80%OFF)でした。Melda Productionの製品はリリースセール時が一番安いことが多いです。

*上記の製品を購入時に、有料のプラグイン(「Cableguys DriveShaper」または「Audio Damage Dubstation 2」のお好みの方)を無料で取得することができます(5月31日まで有効):