【リリースセールで半額】SongWish『reMIDI 2』音楽からMIDIをサンプリングできるツール($39→$19)

SongWishのMIDIサンプラー『reMIDI』のバージョン2がリリースされました。

それを記念してリリースセールが開催されています。半額です。

MIDIサンプラー『reMIDI  2』

reMIDIは、MIDIファイルから音符をサンプリングすることができるMIDIジェネレーター(エフェクトプラグイン)です。

その機能は、オーディオサンプリングに似ています。

サンプルをすばやく検索して、それを切り刻み、キーシフトやタイムストレッチを行い、コントローラーにマッピングできます。

紹介動画(11分・日本語字幕可能)

reMIDI 2 MIDI Sampler Overview

先代V1の紹介動画(3分50秒・日本語字幕可能)

reMIDI Sampler: An Overview

先代V1のデモ動画(2分ちょっと・日本語字幕可能):

reMIDI Sampler: Multiple Instruments

先代V1の解説動画(10分・日本語字幕可能):

reMIDI by Song Wish | MIDI Sampler VST Plugin Tutorial & Review of Key Features

reMIDI:新しいアイディアが詰まった「MIDIサンプリング ツール」

*V1を既に購入済みの方は、V2へ無料でアップグレード可能なようです。(PluginBoutiqueで購入された方は、ご自身のマイアカウントのページにアップグレードの案内があるはずです。)

MIDIサンプリングツール『reMIDI 2』

reMIDI(レメディ)は、今流行りのミュージックセオリー(音楽理論)系のMIDIエフェクトプラグインではありません。

業界初のMIDIサンプラーです。

例えば、過去の偉人(バッハ、ショパン、ガーシュウィンなど)の(ロイヤリティフリーの)作品を「MIDI サンプリング」できます。

もちろん現代の音楽でも利用できます。

reMIDIを使用して、(あなたが今までに取得した)ロイヤリティフリーのMIDIループを最大限に活用しましょう。

オーディオをサンプリングするようにMIDIもサンプリングしましょう

あなたが購入したロイヤリティーフリーのMIDIループを最大限に活用するためにreMIDIを使うことができます。

オーディオをサンプルして制作をスタートさせることができるのであれば、なぜMIDIをサンプルしないのでしょうか?

reMIDIを用いれば、オーディオ録音よりも簡単にメロディーを分離することができます。

さらに、使用されているコードをすべて抽出することもできます。

そして、何よりも素晴らしいのは、あなたが楽器を選ぶことができることです。

reMIDIには1700以上のロイヤリティーフリーのMIDIファイルが「ファクトリー・ライブラリ」に含まれています。

しかし、あなたはそれだけに制限されることはありません。

あなた自身のMIDIからサンプリングすることでライブラリを拡張することもできます。

お気に入りのバーチャルインストゥルメントにreMIDIを接続し、MIDIコントローラーのキー/パッドを叩けば、次のトラックの構成要素を簡単に見つけることができます。

reMIDIが提供するスライスをドラッグアウトすることで、MIDIノートを思い通りに編集することができます。

それぞれのループをあなただけのものにしましょう。

トップセラーのループ/コードパックを作るのに使うこともできます。

reMIDIはどのように動作しますか?

reMIDIはオーディオと同様にMIDIを出力することができるプラグイン・インストゥルメントです。

スクラッチ用のシンプルなサイン波のシンセサウンドが内蔵されているので、ループをすぐに見つけてMIDIファイルとして書き出すことができます。

そのため、MIDIファイルとしてエクスポートするためのループをすぐに見つけることができます。

もちろん、reMIDIを使って他のインストゥルメントをトリガーすることも可能です。この設定方法はホストDAWに依存します。

(Logicなど)オーディオユニットのホストの場合は、付属のMIDIエフェクトプラグイン「reMIDI_MFX」が代わりにロードされます。

これは通常のreMIDIと同じですが、同じトラック上のターゲットインストゥルメントの前に置かれ、MIDIを直接出力します。

プラグインが出力する和音ではなく、トラックへの生のトリガーノートをキャプチャするだけですが、2つのアプローチの中では確かによりエレガントです。

reMIDIの機能

  • 選りすぐりのコード、進行、メロディーを使った1700曲以上の全曲からサンプルを作成します。

  • 自然なMIDIシーケンスをトリガーすることで、ロボットのようなアルペジエーターを超えることができます。

  • 鍵盤に触れるだけで完璧にループするMIDIのスライスを自動的にサンプリングして簡単に試聴可能。

  • サンプリングしたコードやプログレッションをDAWにドラッグする。

  • ピアノロール/ノートエディタを使わずにMIDIで簡単に作業ができる。

  • 時代を超えたフック、モチーフ、テーマ、バリエーションを提供してくれます。

  • 150人以上の作曲家(バッハ、ベートーベン、ショパン、モーツァルト、ガーシュウィンなど。

  • 8つのジャンル(バロック、クラシック、フォーク、讃美歌、ジャズ、マーチ、ルネッサンス、ロマンティック)。

  • 独自のサンプルセットをプリセットバンクに保存して、後で使用することができます。

  • DAWとの同期を保ちながら、テンポを簡単に半分にカットしたり、任意の要素を掛け合わせたりすることができます。

  • 任意のVST/AUインストゥルメントをreMIDIにアサインして、お気に入りのシンセをコントロールできます。

  • MIDIファイルからループやコード進行を見つけたら、同じファイルや他のファイルを検索してバリエーションを探し続けることができます。

  • 瞬時にすべてのノートをトランスポーズして無限のリミックスが可能に。

  • 面倒な手動のスライスは必要ありません。スタートポイントとスライスサイズを設定するだけで、reMIDIはファイル全体を均等な部分に切り分けます。

  • reMIDIの複数のインスタンスを使用して、バーチャル・インストゥルメント(ドラム、ベース、鍵盤、リード)の完全なバンドを構築します。この設定では、指一本でバンド全体を指揮することができます。

  • 内蔵されたMIDIファイル・ブラウザは、フルコンポジションやMIDIループ・パックのセクションを瞬時にプレビューすることを容易にしてくれます。インスピレーションを一瞬で見つけましょう。

  • スタイルと作曲家別に整理された何百もの高品質なファイルを含むファクトリーMIDIを閲覧することができます。

  • 整理されたファイルやフォルダをお気に入りにしてMIDIライブラリを拡張しましょう。無限のサンプリングが可能です。

  • reMIDIは使っていてとても楽しいツールです。やみつきになりますよ!

  • 常により良い音楽を作ることを保証する革命的なワークフロー。

【最新版】バージョン2について

このバージョン2のアップグレードでは、様々な新機能によりMIDIサンプリングを次のレベルに引き上げることができます。

  • 120パッドのグリッド・レイアウト、効果的に120のreMIDIを使用できます。

  • 各パッドは、パッドに読み込まれたMIDIファイルから選択されたスライスをアサインすることができます。

  • 異なるMIDIファイルを結合できます(メロディック/ドラムMIDI用)。

  • reMIDI MIDI入力/出力からパッドにMIDIを録音できます。

  • すべてのパッドを分離または結合したMIDIとしてエクスポート可能です。

  • フリーズボタンでMIDIスライスをその先頭でフリーズできます(コードを掴むのに最適)。

  • MIDIファイルのノートのベロシティを入力ノートごとにスケールするベロシティ設定とオリジナル/固定ベロシティのオプションを備えています。

  • オリジナルのreMIDI正弦波シンセを改良し、内蔵楽器をサンプリングしたグランドピアノにアップグレードしました。

システム要件

Mac

  • OS X 10.7以降(64ビット互換のみ)
  • オーディオユニット(AU)
  • VST

Win

  • Windows 7以降(32ビットおよび64ビット互換)
  • VST

reMIDI:セール情報

通常価格:39ドル

セール特価:19ドル(50%OFF)

*リリースセールでV1の最安値(19ドル)と同額。

おまけ情報(無料配布)

上記の製品を購入時に、『AAS Objeq Delay』(139ドルのディレイ&フィルタ・プラグイン)が無料でプレゼントされます(2月いっぱい有効):

V1所有者さんはV2へ無料でアップグレード可能です

*V1所有者さんはV2へ無料でアップグレードできるようです。

(SongWishの中の人がこの動画内の0:15あたりで言及されています。)

2月20日(土) AM 1:58 追記:読者のI様よりご報告を頂きました。

Pluginbutiqueのマイアカウントのアップデートページにアップデートの表示があり、V1からV2へ無料でアップグレードができたとのことです。I様ありがとうございます!