「XILS-lab PolyKB III&Ⅱ」V3.5リリース&セール(フランス製ビンテージシンセ)

よろしければシェアお願いします

フランスのソフトウェアデベロッパーXILS-lab社の開発しているヴィンテージ・アナログ・ポリフォニック・シンセサイザー・プラグイン『PolyKB III』。

今月に入りV3.5がリリース。  

それを記念してか、30%OFFのセールがひっそりと開催されています。

  

    

SoundsDivine 'Retro Wave' – Xils-Lab's PolyKB II / III

 

欧州を中心に非常に評価の高いシンセですが、自分はまだ触ったことがないです。なので軽くメモしておきます。。

参考記事:

(musicradar社のレビュー)

A virtual take on RFS’ rare French polysynth

PolyKB IIIは、他のものとは全く違った本物のユニークなシンセです。ウェーブ・モーフィングは明らかにキラー機能です。そしてモジュレーション・マトリックス、ステップ・シーケンサー、そしてXYエディターは、すべてこのユニークなインストゥルメントのキャラクターとフィールを定義する上でそれぞれの役割を果たしています。

モデル化されているハードウェアの時代にもかかわらず、PolyKB IIIは驚くほど現代的なサウンドを持っています。

  

(soundbytesmagのレビュー)

たくさんのモジュレーションオプション、改良されたインターフェース、素晴らしいフィルターを備えた豊かなサウンド、そしてボード上のちょうどいい量のエフェクトがこれを非常に強力なシンセプラグインにしています。

   

    

XILS-lab PolyKB III

XILS-labは、おなじくフランス製のヴィンテージ・シンセ『RSF Polykobol』をモデリングしたプラグインです。

⬇️

RSF Polykobol II demo 1

 

 

PolyKB IIIの特徴はサウンド以下の3つに要約されるようです。

  • 素晴らしいサウンド
  • 3つのモーフィングオシレータ
  • 強力なステップシーケンサー

  

Xils Lab PolyKB III Presets demo with NKS

 

 

PolyKB III Demo

 

PolyKB IIIの各機能紹介

 

3モーフィングオシレータ

PolyKB IIIには、3つのオシレータが装備されています。

オシレータは連続的にモーフィングすることができ、静的ではなく、すべてのモジュレーションソースによって制御することもできます(トライアングルからソーへ、ダブルソーからスクエア、パルスへ)。

加えて、ダブルハードシンクアルゴリズムが搭載されています(osc2 / 1 AND osc3 / 2)。

また、4番目のノイズオシレータもあり、Osc 2と3もLFOのように振る舞うことができます。

   

   

2マルチモードフィルタ

2つの0dfセルフオシレーティング可能なフィルター、プリポストドライブモジュール、ダイレクトキーボードトラッキング、それぞれが即座に微調整するための独自の専用エンベロープを備えています。

 

カスタムパーボイスモジュレーション、ボイスXYパッドモジュレーター

Per Voiceモジュレータとは、新しいノートが演奏されるたびにこのモジュレータの影響を受け、前後のノートとは異なるサウンドになることを意味します。

ボイスはあなたが動かすことができる正方形の中に置かれた赤い球で表されます。

各ボールの垂直方向と水平方向の位置は、それぞれ専用のアマウントつまみを持つ2つの異なるパラメータを調整して、多数のターゲットを選択することができます。

このツールを使用すると、特に自分が作成したトラックに適した独自のアナログドリフトを調整したり、変化の激しいサウンドを作成するなど、無限のサウンドシェーピングタスクを実行できます。

 

ボイスモジュレータごとのカスタムスペースXY

専用のSPACE XYパッド(ダイナミックステレオモジュレーションXYパッド)を使用すると、それぞれの新しいノートに異なる位置を持たせることで、独自のステレオシーンを構築できます。

ポリフォニーによって制御されるこの独特のエフェクト機能で、非常に強烈なサウンドを作ることができます。

(ステレオシーン全体の幅、およびマイクの位置と方向も制御できます。また、混沌としたLFO機能を使って全体を動かすことができます。)

 

 

スーパーサイズステップモジュレーターシーケンサー(4×128ステップの純粋な喜び)

 

PolyKB IIIシーケンサを巨大なモジュレーション専用のステップシーケンサとして使用することができ、最大128ステップまでの最大4つの異なるステップシーケンスを書き込むことができます。

各シーケンサーラインは、ユーザーマトリックスを介して、フィルター、オシレーターだけでなくエンベロープセグメント、またはLFO出力レベルを含む最大4つの異なるシンセシスパラメーターをコントロールすることができます。

 

   

ポリフォニックシーケンサー(ヴィンテージまたは未来派のシーケンスとフレーズ)

 

8パートのPoly-Sequencerは、ステップシーケンサーの概念を一歩先に進めます。

8パートをリアルタイムに、またはステップモードで録音できます。

チューニングモードでは、ルートノートに従ってシーケンスをトランスポーズできます。

いくつかの異なるプレイモードでは、オンザフライでトリガーできるフレーズとして、またはDAWに記録されたスタート/ストップ機能のMidi Ccオートメーションによる完全にコントロールされたトラックとして、それを使うことができます。

GRIDを拡大/縮小したり、速度を記録したりできます。(ノート/パートのフル編集機能:ミュート、編集など)

これらの作業がすべて終わったら、シーケンスを独自のフォーマットで保存して、独自のカスタムシーケンスライブラリを構築することができます。

そして、それをmodマトリックスのソースモジュレーションとして使用して、優れたシーケンスを作成することもできます。

   

   

   

トータルコントロール

任意のMIDI Ccを任意のシンセシスパラメータに割り当てて、いくつかのMIDIパートを微調整したり、最も正確なオートメーションを実現することができます。

ポリフォニックインテグレーテッドシーケンサーと組み合わせると、絶え間なく変化するパターンから古代のような強固な防弾アナログシーケンスまで、あらゆるものを構築できます。

また、すべてのAttackパラメータの速度をベロシティで制御する(Hardwired Matrix Modulation)、すべてのエンベロープのディケイ/リリースなど、音楽を再生するときに十分に役立ついくつかの追加パラメータもあります。

これは、表現力豊かなKeysまたはBrass / Stringsパッチへの鍵ですが、これを使用して狂気の表現力豊かなリードをデザインすることもできます。

エンベロープに関連する追加のパラメータは、低、高、または最後のノートの優先順位を持つ3つの異なるモノモードです。Poly CircularとPoly Resetの再生モードは、上記のVoice XYとSpace XYの各パッドに関連付けられています。

   

      

 

3つのエンベロープと2つのLFO

 

3つのアナログモデル化されたADSRはVCAと両方のVCFに配線されています。

しかし、それらをモジュレーションソースとして使うこともできます。また、個々のEVセグメントを含むターゲットも同様です。エンベロープのキーボード追跡が可能です。

さらに、ADSR 2&3をループさせたり、2つのメインLFOと(同期された)Sample&Holdモジュールを完成させるLFOとして使用することもできます。エンベロープには、あらゆる状況に対応するためのTime Multiplyファクタがあります。

フル機能のLFOは、正弦波+方形波、またはランプアップに追加された同期ノイズ(Sample&Hold)など、複数の波形を累積することができます。それらは、フェードインタイム、ディレイタイムがあり、ホストまたは内部クロックに同期させることができます。

 

   

 

 

ハードワイヤードマクロ変調 – マトリックス

  

ハードワイヤードモジュレーションを使用すると、異なるモジュール間で接続を確立し(スイッチをクリックする)、次にアマウントノブを使用して動的にサウンドを変更できます。

PolyKb IIIには、LFO、エンベロープ、さらにはAMやRM、またはFMを実行するためのオシレータやノイズなど、さまざまなソースを使用した35種類以上のハードワイヤードモジュレーションが備わっています。

      

           

    

カスタムマクロ・モジュレーション – ユーザーマトリックス

  

カスタムモジュレーションを使用すると、モジュレーションのソース、ターゲット、量を自由に選択できます。

PolyKB IIIは4つのカスタムマクロモジュレータマトリックスを提供します。

4つのソースはそれぞれ最大4つのパラメータを同時に制御できるため、16の追加の自由に割り当て可能なモジュレーションが可能です。

調節量は、プラスまたはマイナスにすることができます。

フィルター間のモーフィングのためのフィルターバランス、エンベロープセグメントまたはアウトプットレベル、LFOアウトプットレベルなど、多数のソース、および数十のデスティネーションの中から選択することができます。

 

アナログモデルエフェクト

 

ディレイ、コーラス、フェイザー、EQ

PolyKBは、ヴィンテージコーラスとフェイザーユニット、そしてアナログタイプのディレイ&デュアルEQを装備しています。

ディレイタイム、コーラス&フェイザーレートは、SolinaスタイルのEnsemble処理、またはその他の奇妙な効果を構築するために、User Mod Matrixのターゲットとして使用できます。

これらの効果は単純ですが、強い特徴を持ち、独特のサウンドです。そして、他のどんな外部効果でもそれらを置き換えることは不可能です。

それから、将来的には非常に多くの独占的でありながら音楽的な機能でそれを推進します。

  

   

   

特徴:

  • 3つのエイリアシングフリーモーフィングオシレータ:のこぎり波、三角波からパルス波まで。
  • 2つの4極マルチモード・セルフオシレーティング・フィルター
  • 3つの単発エンベロープジェネレータ(ADSR)
  • 2つのMIDI同期LFO
  • 1つのMIDI同期サンプル&ホールド
  • 128ステップポリフォニックシーケンサー/ TranceGateシーケンサー/フレーズプレーヤー
  • 音声ごとに1つVoiceXYモジュレーター
  • ボイスごとに1つSpaceXY Spatializer
  • 1つのハードワイヤードマクロモジュレーション・マトリックス
  • 1ユーザーマクロモジュレーション・マトリックス
  • 1つのアルペジエーター(モノラルとポリフォニック)
  • 4つのヴィンテージ効果
  • 最大16ボイスのポリフォニーを含む6つのモノ/ユニゾン/ポリ演奏モード
  • すべてのパラメーターはMIDIコントロール可能

  

 

システム要求

Mac :

  • Mac OS X 10.8以降
  • VST、オーディオユニット、AAX(32および64ビット、ネイティブ)

Windows:

  • Windows 7、8、10
  • VST、AAX(32ビットおよび64ビット、ネイティブ)

PolyKB IIIのセール情報

通常価格:169ドル

セール特価:109ドル

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク