【メモ】Audio Assault Multi Transient 5ドル(トランジェントシェイパー)

 

メモ:Audio Assault Multi Transiet が5ドルになっとります。。

通常価格は49,99ドルです。

しかしこのプラブインあまり情報がないので人柱的なブツかと感しております。。

 

Multi Transientは、トラックのシェイプ(形状)を完全コントロールできるマルチバンドトランジェントデザイナーです。

マルチトランジェントはオーディオのトランジェントを分離し、トランジェントとサステインの強度を制御できます。

マルチバンド設計により、スペクトラムのどこでアタックとサステインを形成するかを微調整できます。

タビーキックドラムを引き締め、不要なルームトーンを削除し、タムのディケイを強調し、ギターのDIを変換し、ボーカルに輝きを加えます。

マルチトランジェントはスレッショルドに依存しません。

つまり、コンプレッサーで行う必要があるようなスレッショルドの自動化を心配することなく、最もダイナミックなスネアドラムでさえ一貫してシェーピングされます!。

Multi Transientは、オーディオのパワーと可能性を引き出す究極のツールです。

Audio Assault「Multi Transient」for Mastering

 

Audio Assault Multi Transietのページ

 

余談ですが、晩飯食いにバンコク・アソークのフードコートに来とります。出先ですが気になったのでiPad miniから更新してみました。。

我iPad miniはセルラー版なのですが、ケチってiPhoneからのWIFlで運用していました。

 

先月新しいSIMをAIS(タイで一番大きい移動通信企業)で買ったのですが、なんとl00GB(1ヶ月有効)のプラン(プリペイド)がSIM込みで約1000円と凄いキャンペーンをやっていました。iPad mini、初SIM運用です。。

こりゃ便利過ぎる。もうWIFI運用には戻れなくなりそうです。

開いてすぐネットに繋がるのとGPS。毎日使うなら余裕で元が取れまなぁ。。

 

関連記事:

iPad mini 5(2019)雑感「音楽制作用に買いました」
iPad mini 5のちょっとしたレビューです。一応、このブログの趣旨と同じく「音楽制作」用に買いました。   iPad mini 2019年モデル iOS版のGaragebandは、Ableton Liveのセッショ...

 

 

 

 

コメント

  1. 考える人 より:

    いやー考えさせられますねー。
    日本で単純にインターネット使うのにいくらかかってんの?ということです。
    ハードやガジェット代+プロバイダー回線使用料+通信費・・・
    しかも込み合う時間帯はパケットの最適化してるんで遅いし・・・

    DTMや画像処理も単体ハードパワーからソフトパワーへ移行すると共にデータ化し、
    通信インフラパワーによってやり取りの形態やスピードが変わり、
    ひとつのコトにかかるコストは昭和時代に比べると安くなりましたが、
    それでもやっぱり日本はコストが高い気がするなー・・・

    さわやかさん江
    今後も抜群のコストパフォーマンスで、
    引き続き内容の濃ゆ~い情報を発信していただけるよう
    どうぞよろしくお願いします!w

    • sawayaka trip より:

      考える人さま ありがとうございます。
      自分は東南アジア在住なのですが、正直言いますと日本戻りたい今日この頃です。日本にいるときはあれが嫌これが嫌と文句たらたらで生活していたのですが、外に出ると日本の良さが身にしみます。。
      最近歳をとったせいか特にそう感じることが多くなっています。日本ではあたり前のことがこちらでは全く通用しなことが多く、そして、日本いるのと変わらぬ(日本的な)便利な生活をするには日本にいるよりも余計にお金がかかります。そしてお金を出してもクオリティはイマイチなことも多いという。。
      ただ、同時に最近思うのは、日本よりベンチャーのスタートアップが素早いので、新しいサービスや商品がどんどん試されているのが面白いです。特にGRAB(配車サービス&宅配)はもうなくてはならないものになっています。タクシーも便利なのですが、それにも増して出前サービスが超便利です。数十円であらゆる食事を家まで24時間持ってきてくれます。毎日利用しています。今も外は雨で出前待ちです。。

      雑談がすぎました。すみません。。これからもよろしくお願いいたします。