終了間近【80%OFF】Kirk Hunter Studios『Lyric Series String Quintet』すぐに音楽的なメロディラインを奏でることができる弦楽器ライブラリ(要Kontakt)

ハイエンド・オーケストラ・ライブラリの老舗メーカー・Kirk Hunter Studiosが手掛ける弦楽器ライブラリ『Lyric Series String Quintet』80%OFFのセールになっています。

(*前回2020年11月の最安値を100ドル更新しています。)

Lyric Series String Quintetは、高品質サウンドと非常に詳細なユーザー・コントロールを備えたストリングスのKontaktインストゥルメントです。

(余計な準備や操作なしに)すぐに音楽的なメロディラインを作成できるのが特徴です。

*この製品の使用にはKontakt 5.7.1以降 のフルリテール版が必要です

*2021年10月15日 追記:終了予定時刻を過ぎていますがセールは継続しています。

スポンサーリンク

『Lyric Series String Quintet』すぐに音楽的なメロディラインを奏でることができるストリングス系バーチャルインストゥルメント

ざっと見動画(1分26秒):

Lyric Series String Quintetは、箱から出してすぐに音楽的なメロディラインを作成できる弦楽器のKontaktライブラリです。

(音楽制作者の作業時間をできる限り短縮することにフォーカスしています)。

最終的な作品制作に最適な「最高品質のサンプル・サウンド」と「非常に詳細なユーザー・コントロール」を実現しています。

ちまたにあふれる「何でもできる」系のライブラリ製品ではありませんが、メロディ・ライン作成へのこだわりが、この製品を非常に価値あるものにしています。

紹介動画(8分12秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

ビブラートのデモ(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

比類のないビブラートコントロール

リリックシリーズの弦楽五重奏楽器(ロマンティック・グァルネリウス・ヴァイオリンを除く)は、あなたの演奏スタイルを分析し、ビブラートの3つのパラメータ(量、速度、フェードイン)を適切に処理することで、実際の弦楽器奏者のスタイルに最も近い状態で演奏することができます。

アンサンブルのデモ(3分17秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Lyric Series String Quintetの最大の特徴は、音楽的なメロディー・ラインをすぐに提供することです。

さらに、ワークフローの時間を可能な限り短縮することも目標としています。

「何でもできる」ライブラリではありませんが、メロディ・ラインを作れることにこだわったことで、この製品は非常に価値のあるものになったと考えています。

インターフェースの紹介(2分53秒・日本語翻訳無し):

Lyricシリーズ弦楽五重奏曲のユニークな特徴:

  • 圧倒的なビブラートコントロール
  • ストリングスに合わせた直感的なレガートトランジション
  • スピーディでアグレッシブなフレーズを生み出すRapidFire Spiccato
  • すばやい読み込み
  • 習得しやすいインターフェース
  • 小編成ストリングスアンサンブルのためのMultis

オーディオデモ:

『Lyric Series String Quintet』の詳細

箱から出して即座に音楽的なメロディーを作成できます

Lyric Series String Quintetの最大の特徴は、音楽的なメロディーラインを即座に提供することです。

さらに、ワークフローの時間を可能な限り短縮することも目標としています。

「何でもできる」ライブラリではありませんが、メロディ・ラインを作れることにこだわったことで、この製品は非常に価値のあるものになったと感じています。

弦楽器のソロ・ライブラリには良い音のものがたくさんありますが、プロの弦楽器奏者である私にとっては、音楽的なフレーズやメロディ・ラインを得るためには、楽器を「いじる」ことが必要なのが面白いところでした。

「パッド」や「フィラー」を作るのは簡単ですが、私が本当に欲しかったのは、信頼できる単一のメロディラインでした。

自分が持っている古いライブラリでさえも、よほど時間をかけて調整しない限り、プロの演奏を聴いたときのような、ある種のエッセンスを表現することはできませんでした。

直感的な弦楽器のレガートトランジション

レガートに関する議論では、レガートやインターバルなど、あらゆる種類のトリックを駆使して、長年にわたって多大な努力がなされてきました。

あるものはとても素晴らしいですが、それでもまだ不十分です。

また、適切な「音」を捉えている人もいますが、結果として得られる演奏は、少なくとも私には、「不器用」「でこぼこ」「特定のテンポで演奏したときだけ良い音がする」と感じられます。

そこで、弦楽器奏者の演奏を分析してみると、いわば無数の変数が絡み合っているように思えてきます。

ボウイング、スラーリング、ビブラート(量、スピード、フェードインの時間)、弦の交差、左手のシフトなどなど…。

このように変数が多いと、デジタル楽器でこれをエミュレートするためのパターンを認識するのは困難です。というか、現時点では不可能だと思っています。

しかし、「これはプロの弦楽器の演奏だな」と思えるような現象が頻発しているので、そこに着目して工夫を凝らすことができます。リアルさを演出するために、いくつかの「ハッとする」機能を入れるようなものです。

では、これまでどのように模倣されてきたのでしょうか。

優秀なものは、わざわざ「レガート」という技術を使っています。それはいいのですが、弦楽器奏者の場合は、同じものはありません。

あるときは弦の交差、あるときは手の移動、あるときは弓の変更……と、何度も繰り返します。

模倣しやすいのは、「スラー」や「フィンガー」と呼ばれるトランジションです。それは、奏者が音程を「弓」で弾かず、小さな音程の間に左手を移動させないからです。

そのため、「レガート」の移行は簡単に捉えることができます。難しいのは、ボウイングの際や左手の移動の際に起こる多くのトランジションです。

弦楽器奏者が同じ弦で大きな音程を弾いたときの音は、すべてを簡単に捉えることはできませんが、はっきりとわかるようです。

(特にチェロ)これは本当のポルタメントではなく、常に起こるものではありません。

弦楽器奏者が音を出すために、左手を現在の位置から上下に動かす必要があるときに多く発生するようです。

私たちは、ある種の演奏スタイルにおいてこの現象が起こる確率を計算し、それをLyric Series String Quintetの楽器に導入することにある程度成功しました。

そして、それは演奏方法によって非常にダイナミックなものになります。

他に類を見ないビブラートコントロール

そして、ビブラートの問題もあります。

プロの弦楽器奏者で、ビブラートの量や速度、フェードインの時間を静的に同じにしている人はいないと思います。

ビブラートを表現しようとすると、ほとんどの場合、コントローラーにビブラートを割り当てることになります。

通常は、ビブラートの量を指定するだけで、他には何もしません。

この方法では、音の出入りに影響を与えずにコントローラーを前後に動かす必要があり、非常に難しく、また自然な感じにはなりませんでした。

この問題を解決するもう一つの方法は、演奏者自身のビブラートでサンプルを 「焼き付ける」ことです。

その演奏者のスタイルが気に入れば、それでいいと思います。そうでなければ、選択肢はありません。

たまに「ビブラートなし」のサンプルが入っていて、そこから移行することもできます。しかし、ほとんどの場合、クロスフェードが聞こえてしまい、せっかくの「ソロ」が台無しになってしまいます。

Lyricシリーズの弦楽五重奏楽器(Romantic Guarnerius Violinを除く)は、あなたの演奏スタイルを分析し、ビブラートの3つのパラメータ(量、スピード、フェードイン)を適切に処理することで、実際の弦楽器奏者のスタイルに最も近い形で演奏することができます。

リアルな弓の変化

次にボウイングです。

前述したように、「指」や「スラー」を使ったレガート処理には、それなりのものがあります。

しかし、セパレートボウイングを扱おうとすると、特にバイオリンでは苦しくなります。

問題は、多くの人が、分離感のないスムーズで滑らかなトランジションを聞きたがっていることです。

実際にセパレートボウイングの演奏を聴いてみてください。

特に速いテンポでは、流動的ではありません。

この問題に取り組み、ある程度の成功を収めたいくつかのライブラリは、「レガート」があまりにも突然であったり、でこぼこであったりと、否定的な評価を受けているようです。

Lyric Series Strings Quintetのインストゥルメントは、リアルな弓の変化を提供します。デフォルトでは、それらは明らかに分離しています。

しかし、お好みでボウイングを「つなぐ」ことで、より「流れるような」フレーズにすることもできます。もちろん、「スラー」や「フィンガー」を使ったレガートも可能です。

Gagliano Celloに貢献してくれたHR Stringsに特別な感謝を送りたいと思います。

Lyric Series String Quintetのユニークな主要機能

  • 他の追随を許さないビブラート・コントロール

  • 直感的なストリングス指向のレガートトランジション

  • 高速で攻撃的なフレーズのためのRapidFire Spiccato

  • 非常に迅速なロード

  • 習得しやすいインターフェース

  • 小弦楽合奏作品のためのマルチス

ユーザーマニュアル

必要条件

  • Kontakt 5.7.1以降 のフルリテール版が必要です

  • Mac OSX 10.9以降、Intel Core 2 Duo、4GB RAM、6GB以上を推奨

  • Windows 7 またはそれ以降、Intel Core 2 Duo または AMD Athlon 64 X2、4 GB RAM、ただし 6 以上を推奨します

メーカーページリンク

セール情報

通常価格:399.99ドル

セール特価:79.99ドル(80%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:399.99ドル→179.99ドル(55%OFF・リリースセール)