【25ドル】Cherry Audio『DCO-106』名機 Roland Juno-106を忠実に再現したソフトウェアシンセ

Cherry Audioのソフトウェア・シンセサイザー『DCO-106』がセールになっています。

DCO-106は、1980年代に一世を風靡したクラシックシンセ「ローランド Juno-106」を忠実に再現した製品です(AU、VST、VST3、AAX、スタンドアロン)。

スポンサーリンク

DCO-106: クラシックシンセ「Juno-106」を忠実に再現

DCO-106は、クラシックシンセの名機「ローランド Juno-106」をモデル化しソフトウェアに再現した製品です。

Juno-106の実機:

The Roland Juno 106 In Action

ざっと見紹介動画(40秒):

Cherry Audio | DCO-106

プリセットデモ 1(5分):

Cherry Audio DCO-106 Demo Presets

DCO-106は、80年代の最も象徴的なポリシンセの1つである独特のソニックフットプリントを徹底的に再現しながら、創造性を大幅に拡大するための現代的な機能を追加しました。

わかりやすくパワフルなサウンドで、カッティング・リード・サウンド、ウォームで霞んだパッド、パンチの効いたシンセティック・エレクトロ・ドラムなど、様々なサウンドを生み出すことができます。

機能

  • あらゆる面を正確に詳細にモデル化。

  • オリジナルの106のファクトリープリセットを含む330以上のプリセット

  • 最大16ボイスのポリフォニー

  • リッチなステレオ・コーラス

  • 3つの豊かなリバーブ・モード、豪華な新しい独自のリバーブ・アルゴリズム

  • テンポ・シンク機能を備えたディレイ・セクション

  • 複数のボイスアサインモード

  • シングルキー・コード・メモリー・モード

  • 6つの波形とテンポシンクを備えた拡張LFOセクション

  • 重厚なリードとベース・サウンドのためのユニゾン・デチューン

  • MPEをサポート

  • フルMIDIコントロール

  • すべてのコントロールに対応したフルDAWオートメーション

  • オリジナルの106 SysExコマンドと完全に互換性があります。

デモ動画

プリセットデモ 2(23分):

Cherry Audio | DCO 106 | Presets preview (no talking)

プリセットデモ 3(13分):

Cherry Audio | DCO-106 Demo – Presets [NO TALKING] Best Juno 106 VST Emulator?

解説&レビュー(24分・日本語字幕可能):

Cherry Audio DCO-106 – The Iconic Roland Juno-106 Software recreation

レビュー(15分・日本語字幕可能):

The DCO-106 Synthesizer Sounds Awesome! | Main Sound Design Features Reviewed | It's a No Brainer!

システム要件

  • macOS 10.9以上、64ビットが必要です。クアッドコアのコンピュータと8GBのRAMを推奨。
  • Windows 7またはそれ以上、64ビットが必要。8GBのRAMを搭載したクアッドコア・コンピューターを推奨。
  • AU、VST、VST3、AAX、およびスタンドアロン。

セール情報

通常価格: 39ドル

セール特価: 25ドル

3月13日まで19ドルのセール価格でしたが、若干価格上がっています。

上記の製品を購入時に、Metering by Mastering The Mix『LEVELS』(60ドルの問題解決用メーター・プラグイン)が無料でプレゼントされます(5月3日まで有効):