Eventide『Instant Flanger Mk II』人気FX(モダンなミキシングのためのクラシック・フランジャー:AAX/VST/AU)

Eventideのフラッシュセールで、フランジャープラグイン「Instant Flanger Mk II」が60%OFFのセールになっています。

Instant Flanger Mk llは、1975年に発売されたオリジナルのEventide Clockworks Instant Flangerハードウェアユニットをエミュレートしたフランジャー・エフェクトのプラグインです。評価の高い製品です。

*9月8日(水曜日)18時頃までのフラッシュセールです。

スポンサーリンク

Instant Flanger Mk II

「Instant Flanger Mk II」は、1975年に発売されたオリジナルのInstant Flangerハードウェアをエミュレートしたプラグイン・エフェクトです。

ざっと見デモ動画(2分17秒):

サウンドデモ(2分15秒):

Instant Flanger Mk IIについて

Instant Flanger Mk IIは、ビンテージテープ・フランジングの素晴らしいサウンドを作ることができるFXプラグインです。

Eventideの1975年製のオリジナルスタジオラックマウントの本格的なエミュレーションです。

オリジナルのハードウェアは、David Bowieの「Ashes to Ashes」やCyndi Lauperの「Time After Time」で頻繁に使用されていました。

クラシックなフランジングをモダンなミックスに

Instant Flanger Mk IIは、ビンテージ・テープ・フランジングの素晴らしいサウンドをあなたのプラグインツールボックスにもたらします。

1975年にスタジオで使用されたラックマウント型のオリジナルを忠実に再現しています。I

オリジナルのハードウェアは、David Bowieの「Ashes to Ashes」やCyndi Lauperの「Time After Time」で使用されたことでも有名です。

エンジニアやプロデューサーの方々は、このInstant Flanger Mk IIを、ステレオ・スウィートニング、微妙なモジュレーション、ダブル・トラッキング、極端なフランジング・エフェクトなど、実に多彩なツールとして使用しています。

疑似ステレオで音を広げる

Instant Flanger Mk IIは、フラットなモノラルギターを巨大なステレオリードに変えたり、シングルチャンネルのシンセサイザーを疑似ステレオでミックスの両サイドを埋めることができます。

デュアルアウトプットは、”Shallow”、”Deep”、”Wide “の3つの異なる音像を生み出します。

Wide モードと Low Cut コントロールを組み合わせれば、リードの後ろに複数のハーモニーを配置することが簡単にできます。

また、”Depth “と “Feedback “コントロールを使って、フランジングエフェクトのレゾナンスを微調整することができます。

真のエンド・ツー・エンド・エミュレーション

テープマシンはサーボモーターで一定の速度で動作していますが、エンジニアが親指でフランジを押してから急に離すと、キャプスタンモーターのサーボが反応し、適切な速度に戻ろうとしてオーバーシュートしたりアンダーシュートしたりします。

つまり、「跳ねる」のです。

Instant Flangerは、革新的な “Bounce “コントロールノブによって、この動作を説得力のある形で再現しています。この機能を使って、あなたのトラックにリアルなグルーブ感を加えてみませんか。

特徴

  • Depthは、エフェクトの強さをコントロールします。100 % は、ドライシグナルにディレイシグナルを加えます(-100%はディレイ信号からドライ信号を差し引きます)。


  • 3つの異なるフレーバーのフランジング:モードスイッチでShallow、Deep、Wideに設定可能です。


  • マニュアルコントロール:Big Knobを回して「コーム」エフェクトをコントロールできます。


  • オシレーターは、ユーザーが定義したレートでフランジングを駆動します。


  • エンベロープフォロワーは、信号の振幅に応じてフランジングを行います。


  • リモートはフランジング・コントロールをモッド・ホイールにマッピングし、触覚的に操作することができます。


  • バウンスは、エンジニアがテープリールのフランジから親指を離したときに、テープマシンのキャプスタンモーターが適切な速度を探しているような独特のエフェクトを模倣しています。


  • ミックス内のどのソースからでもエンベロープフォロワーをトリガーできる “サイドチェーン “で、トラック間のミキシングが可能です。


  • シンクとリトライでオシレーターを自在にコントロールできます。


  • ローカットコントロールでフランジ信号から低周波を除去して、激しさを抑えることができます。

1975年以降、フランジングとフェイジングを区別されるようになりました。

Instant Flanger Ad 1975テープフランジングの手法は、もともと2台のテープマシンでトラックを再生し、親指で「テープフランジ」に圧力をかけて片方のテープマシンを少しずつ遅らせることで実現していました。

電子エフェクターが登場する前のテープ時代には、「フェイジング」と「フランジング」は同じ意味で使われていました。その後、1971年にEventide社から、ディレイではなくアナログフィルターを使った「Instant Phaser」が発売されました。

1975年に発売されたInstant Flangerでは、オリジナルのハードウェアマニュアルに「旧型のフェイジングユニットは、周波数スペクトルを変更するためにアナログ回路を使用していました。

EventideのInstant Flangerは真のタイムディレイ回路を使用しており、より多くのヌルを生み出し、その結果、以前の全電子ユニットでは得られなかったはるかに深い効果を得ることができました。” と説明されています。

デモ動画

解説動画(6分・日本語字幕可能):

チュートリアル動画(6分・日本語字幕可能):

詳細解説動画(15分・日本語字幕可能):

Eventideは自社製の往年のハードのソフトウェア化に力を入れています。

紹介動画(9分49秒・日本語字幕無し):

musicradarのレビュー記事リンク

https://www.musicradar.com/reviews/eventide-instant-phaser-mk-ii

クラシックロックでも最先端のエレクトロニカでも、Instant Phaser Mk IIはこれまでと同様に適切で魅力的です。

長所:

  • 非常に美しいサウンド。
  • 3つのオリジナル出力設定。
  • 変幻自在のフィードバックコントロール。

欠点:

  • 「Age」は90%を超えると音がおかしくなる。
  • Retrigスイッチはボタンであるべきだと思います。

Instant Phaser Mk IIは、より多くの機能を備えた汎用性の高いフェイザープラグインが存在する中で、その素晴らしい音楽性と本物の「アナログ」キャラクターが他と一線を画しています。

リッチでオーガニックなサウンドのフェイジングと、完璧なセンスのステレオスペイシャライズにより、ギター、キー、シンセ、ドラム、ボーカルにもたらすトーンの動きや温かみのあるフィルターのバイブレーションは、まさに崇高と呼ぶにふさわしいものです。

システム要件

Windows

  • Windows 8以降(32 / 64ビット)
  • AAX、VST2、VST3 (32 / 64ビット)

Mac

  • macOS 10.9以降(64ビットのみ)(macOS 11 Big SurはIntelベースのMacシステムでのみ対応
  • AAX、AU、VST2、VST3 (64ビット)

注意事項

  • EventideはデスクトッププラグインをAbleton Live、Cubase、FL Studio、Logic Pro、Pro Tools、Studio Oneでテストしています(ただし、当社のプラグインは互換性のあるホストであれば動作するはずです)。

  • 本製品の32ビットmacOS用インストーラーの新規作成は終了しました。
    このソフトウェアを実行するためにiLokドングルは必要ありません-認証のために無料のiLokアカウント/マネージャのみが必要です。

  • macOS 11 Big Surは、IntelベースのMacシステムでのみサポートされています。

  • M1 MacでEventideプラグインを使用するには、RosettaでDAWを起動する必要があるかもしれません(アプリケーションアイコンを右クリックし、「Get Info」を選択した後、「Open using Rosetta」を選択してください)。なお、多くのDAWはまだmacOS Big Surをサポートしていないため、アップデートする前にDAWのウェブサイトで互換性情報を確認することが重要です。

「Eventide Instant Flanger II」のセール情報

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: feature-home-flanger.jpg

*Plugin BoutiqueとADSRで同額のセールになっています。おそらくほぼ最安タイ。

(最安は恐らくですが去年9月と一昨年の9月に付けた49ドルです。今のところはこの辺がOmnipressorの底値圏のようです。)

*どちらも有料製品のオマケが付きます。

Plugin Boutique

通常価格:129ドル

セール特価:50ドル(61%OFF)

*上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効):

ADSR

通常価格:149ドル

セール特価:50ドル (66%OFF)

*ADSRでは上記の製品を購入時に『MFreeformAnalogEq』(6,380円)が無料で貰えます(9月のみ)。

*セール価格の推移:

  • 2021年5月:129ドル→50ドル
  • 2020年8月:129ドル→49ドル
  • 2019年10月:129ドル→29ドル