【50%OFF】XILS Lab『Chor’X』リリースセール(四種類の伝説的なコーラス回路をミックスしてユニークな効果を作り出す最新FX)

フランスのXILS LabのコーラスFX『Chor’X 2.0』がリリースされました。

イントロセールで半額まで下がっています。

スポンサーリンク

『Chor’X』4種類の伝説的なコーラスエフェクトを1台に集約

Chor’Xは、BBD(Bucket-Brigade Delay)エミュレーションをベースにした4種類のヴィンテージ・コーラス・エフェクトと、洗練されたTrue Stereo Dynamic Spatializerを組み合わせたコーラスFXプラグインです。

4つ伝統的なコーラスFXの回路を精巧にエミュレートしています。

Synthex、CS-80、Dim-D、V +330の4つです。

そして面白いことに、これらのエミュレーションをミックスして、自分だけのユニークな効果を作り出すことができます。

それらに加えて、ステレオ幅機能も追加されています。

機能とサウンドの紹介デモ(4分9秒):

『Chor’X』について

空間化コーラス:4種類の伝説的なコーラスエフェクトを1台に集約

Chor’Xは、BBD(Bucket-Brigade Delay)エミュレーションをベースにした4種類のヴィンテージ・コーラス・エフェクトと、洗練されたTrue Stereo Dynamic Spatializerを組み合わせています。

この2つの組み合わせにより、楽器に空間や深みなどのディメンションを加え、複雑で魅力的なミックスを簡単に実現することができます。

新しいLegacy/Advanced機能は、好みのコーラス・モデルを選択し、調整するための高速なワークフローを可能にします。

標準的な有名なコーラス・アルゴリズムだけが欲しいのですか?

レガシー表示のまま、お好みのモードを選択するだけです。

さらに、コーラスモデルのLFOレートやアマウントを少し変更したいですか?

Advancedボタンをクリックして、前のChor’Xバージョンと同じように、Chorusパラメータを変更してください。

Bucket Brigade Delayタイプ(BBD)

4つのChor’Xモード(Synthex、CS-80、Dim-D、V+ 330)は、多くのビンテージ・コーラス・ユニットを綿密に研究し、何がユニークなのかを解読した上で、忍耐強く正確にモデリングされています。

これらのモードは、有名なヴィンテージ・ユニットに見られる最も有名な典型的な構造のいくつかを表現することを目的としています。

4つのBBディレイ、2つのBBディレイ、位相調整付きの2つのBBディレイ、内部コンパンダーの有無。これらの異なるコーラス・タイプを組み合わせることで、最も優雅で滑らかなコーラス・エフェクトから、完全にワイルドなコーラス・エフェクトまでを作り出すことができます。

しかし、これだけでは不十分です。

TSDE(True Stereo Dynamic Engine)

コーラスの中には、楽器にステレオ感を与えることで有名なものがあります。

XILS Labは、このコンセプトをさらに推し進め、すべての信号をステレオイメージで配置できるトゥルーステレオエンジンを提供しました。

トゥルーステレオとは、単なるパノラマツールのことではありません。当社のTSDEを使えば、インストゥルメントをステレオフィールドの前にも後ろにも配置することができます。あなたが空間を支配するのです。

もう少し踏み込んでみましょう

XILS Labは、XILS Labのすべてのインストゥルメントでおなじみの、音楽的に意味のあるユニークな機能をいくつか追加しました。

インパルス・スレッショルド – Chor’Xは、他の標準的なコーラス・エフェクトのように、楽器のローエンドを破壊することはありません。特別なドライ・ツールを追加し、トランジェントをドライにしたままパーカッシブな素材を処理し、楽器のテールにのみコーラスを追加することができます。

Dynamic Modulations – BBディレイラインのレートと量に、自動的にダイナミックな変化を加えることができます。このユニークな機能は、刻々と変化する、非常に繊細な、またはより破壊的なコーラス、そして組み合わせたトゥルーステレオエフェクトの鍵となります。

XILS Labは、これらの機能を直感的で高速なUIに搭載しています。2Dパッドでは、コーラスのレートや量などのパラメータを非常に正確に調整することができ、瞬時に視覚的なフィードバックが得られ、音楽に合わせてボールが踊っている間にステレオイメージが動いているのを見ることができます。

Chor’Xの特徴

  • Legacy/Advancedモードによる簡単かつ迅速なワークフロー


  • 4つのBucket-Brigade Delayエミュレーション


  • 4つの標準的なコーラス・ストラクチャー(特別なフィルタリングとコンパンダーのエミュレーションを含む


  • パラメータを簡単に調整できる2つの2Dパッド


  • トゥルーステレオダイナミックエンジン


  • インパルスフォロワーによる高度なDry/Wetモジュレーション


  • エンベロープフォロワーによる高度なアマウントモジュレーション


  • 左右独立したコーラス構造を持つ真のステレオパス


  • 高度なプリセット管理


  • すべてのパラメーターがMIDIコントロール可能

Chor’Xには、4つの標準的なコーラス構造が用意されており、対応するボタンをクリックすることで選択できます。

  • Synthex

  • Dim-D

  • CS-80

  • VP-330

これらのコーラスは、既存の古いアナログ・コーラス・ユニットにできるだけ近づけるために、特別なフィルターとコンパンダー(コンプレッサー・エクスパンダー)のエミュレーションで作られています。

Synthex

チャンネルごとに2つのBBDと2つのLFO、アンプベースのコンパンダー・エミュレーションをベースにした “Synthex “構造。

Dim-D

各チャンネルに1つのBBDと1つのLFOを使用し、左右のチャンネルに反転した位相で送られる “Dimension D “構造。

「CS-80」の構造は、チャンネルごとに1つのBBDと2つのLFOをベースにしています。LFOもレベルを変調している。

VP-330

“VP-330 “の構造で、チャンネルごとに2つのBBDと2つのLFOをベースに、アンプベースのコンパンダーのエミュレーションを行います。

レガシーモードのChor’X

アドバンスドモードのChor’X

アドバンスド・モジュレーション

  • Chor’Xは最大4つのBucket-Brigade Delay (BBD)エミュレーションを備えており、左チャンネルに2つ、右チャンネルに2つ搭載されています。


  • それぞれのBBDは、ライトの位置に応じて周波数とレンジがモジュレーションされています。


  • 簡単にコントロールするために、これら8つのパラメータは高度な2Dパッドで調整できます。


  • 2Dエリア内でライトが移動すると、その位置に応じて対応するディレイが変調されます。水平方向に動かすと量が増え、垂直方向に動かすと速度が減ります。


  • ライトを右クリックすると、4つのライトを相対的な位置関係を保ったまままとめて動かすことができます。


  • HISSノブはBucket Brigade Delayの特性の一部をコントロールすることができ、ヒスやノイズ、非線形性を多かれ少なかれ加えることができます。

アドバンスド・ステレオ

  • Chor’Xには、強力なステレオ処理機能であるTrue Stereo Dynamic Engineが搭載されており、オーディオ信号を真のステレオ空間に置くことができます。これは、簡単で直感的な方法で行われ、本物のステレオ感を与えることができます。


  • ウェットな信号(ぼやけたライト)だけを処理することも、DRYボタンをクリックしてドライな信号を処理することもできます。


  • Stereo ONスイッチを押すと、アドバンスド・ダイナミック・ステレオ・エンジンにアクセスできます。


  • MIC ANGLEはマイクの位置を設定し、WIDTHは空間を狭くしたり広くしたりします。


  • ライトを動かすことで、音の正しい位置が得られます。


  • 右クリックでは、左右のバランスを同一にすることができます。


  • マイクをクリックして移動させると、ステレオ効果を開放することができます。


  • AMOUNTとSPEED、HORZとVERTでは、アニメーションを水平または垂直方向のみにすることができ、Bucket-Brigadeの設定と同様に、ウェットシグナルのステレオ位置に混沌とした動きを加えることができます。

システム要件

Mac

  • Mac OSX 10.9以降(64ビットのみ)
  • VST、Audio Unit(AU)、AAX(ネイティブ)

Windows

  • Windows 7、8、10(32および64ビット)
  • VST、AAX(ネイティブ)

注:Chor’Xはスタンドアロンアプリケーションではなく、正しく機能するにはVST / AU / AAX互換のホストアプリケーションが必要です。

メーカーページリンク

デモ動画

*以下の動画 は先代の「Chor’X V1.5」ですが、最新のバージョン2.0でも同じことができます。

レガシーモード (2分40秒):

「4つの伝説的なコーラス・エフェクトを1つのユニットで。曲を引き立てるアルゴリズムを素早く選択する方法。」

真のステレオ・ダイナミック・エンジン(4分):

「レガシーモードとアドバンスモード。Chor’X の2つのモードの関係。」

Chor’Xのプリセット(4分30秒):

「Chor’XのTrue Stereo Dynamic Engineを使って、ミックスに空間を加えよう。」(3分37秒):

「Chor’X Advanced Dryの使い方」(1分40秒):

セール情報

通常価格:65ドル

セール特価:35ドル(50%OFF)

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、HeavyocityのワンノブFXプラグイン『PUNISH Lite』(49ドル)が無料でプレゼントされます(10月いっぱい有効):