Mixed In Key『Captain Plugins』オリジナルなコード、メロディ、ベースラインを簡単に作成できる人気の作曲支援ツール

Mixed In Keyの音楽制作支援ツール『Captain Plugins』。

Captain Pluginsは、コード、メロディ、ベースラインなどのソングライティングを提案してくれる(ほぼ自動で行ってくれる)偉大なチート系ツールです。

様々な音楽ジャンルを網羅しています。

有名どころでは、David GuettaやKaskadeなどの著名なアーティスト、DJ達が使用しています。

スポンサーリンク

『Captain Plugins 5.0』

【日本語】Sleepfeaksさまによる紹介動画(11分):

Mixed In Key『Captain Plugins 5』は、音楽プロデューサー、DJ、ソングライターの作曲をトータルでサポートするプラグインです。

この新しいバージョン5では、あらゆるジャンルの音楽のコード、メロディ、ベースライン、ドラムなどのソングライティングを超高速&簡単に作成することができる作曲支援ツールです。

ざっと見紹介動画(3:50):

ウォークスルー動画(10分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(26分・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画(11分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(4分27秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

「Logic ProXとCaptain Plugins を統合する方法」

Captain Plugins 5の概要

Captain Plugins 5は、心に残るコードやフックを書くためのインスピレーションを与えてくれるツールです。

インストゥルメント・チャンネルにプラグインをロードするだけで、独自のコード進行を書き始めることができます。コードを分割したり、カスタマイズしたりして、求めている感情を正確に表現することができます。

簡単作曲ツール『Captain Plugins』の特徴

  • 独自のコード進行を作成できます。

  • コードにリズムを加えることができます。

  • 曲全体のキーとスケールを設定できます。

  • さまざまなコードを試して、お気に入りの組み合わせを見つけることができます。

  • オリジナルなあなた自身の曲を作る手助けをします。

  • ワンタッチでコードの3音を再生できます。

Captain Plugins 5.0の新機能

Captain ChordsでのMIDI編集機能

Captain Chordsには、音符の追加や削除、音符を上下に移動して新しいコードを作成する機能、コードのサイズ変更、リズムの描画など、完全なMIDI編集機能が搭載されています。

インターフェイスでは、作成した各カスタムコードの名前が識別されます。

Captain PluginsでVSTプラグインをホスト

サードパーティ製インストゥルメントのお気に入りのプリセットをCaptainプラグイン内で直接使用できます。

この機能は、プロデューサーにユニークなワークフローを提供し、Serum、Sylenth1、Kontakt、Spire、Arcade、Omnisphereなどの人気プラグインをCaptain Plugins内で音源として使用することができます。

美しい新しいコードの発見

Captain Chordsの2列目には、選択したキー、スケール、スケール度に適したコードが新たに追加されています。これらのコードは、より実験的な曲作りを可能にする美しいボイシングを提供します。

コンピューターのキーボードを楽器として使う

Captain Plugins の「コードの再生」では、コンピューターのキーボードの各列で使用できるコードの種類が改善されました。

ルート・ポジション、第1、第2転回形、借用和音、第7和音、補完和音が使えるようになりました。1回のキー操作で、コード全体を演奏することができます。

また、複数のキャプテンを同時に使用することができます。

Captain Chordsで変更を加えると、Captain DeepやCaptain Melodyなどのプラグインにコード進行が自動的に送信されます。コンポジション全体が100%キーに保たれます。

Captain Pluginsの2つの製品ライン

「このCaptain Plugins 5.0」には、以下の4つのツールが収録されています。

(通常価格:79ドル → セール特価:49ドル

  • 「Captain Chords」
  • 「Captain Melody」
  • 「Captain Deep」
  • 「Captain Play」
バンドル:Captain Plugins and Captain Beat Bundle

また、バンドル製品の「Captain Plugins and Captain Beat バンドル」には、上記のCaptain Pluginsの製品群と「Captain Beat」が入っています(129ドル)

Captain Plugins 5の各機能

Captain Chords 5.0(コード・プログレッション)

  • コードにリズムを加える

  • 曲全体のキーとスケールを設定する

  • さまざまなコードを試して、お気に入りの組み合わせを見つける

  • 作曲して自分の曲を作る

  • ワンタッチでコードの3音を再生

  • 自分自身でコード進行を書くこともでもきます。

詳細ページ

Captain Play 5.0(PCのキーボード活用ツール)

  • コンピュータのキーボードを使って、任意のキーとスケールで4オクターブの音を再生

  • 常に正しいMIDIノートをインスケールで演奏できます。素晴らしいサウンドの独自のメロディーを考え出す

  • 複雑なコードを1回のキー操作で演奏

  • プリセットを使わずに、自分の指でメロディーやコード進行を作ることができます。

詳細ページ

Captain Melody 5.0(メロディー作成ツール)

  • コード進行に合わせてメロディを作る

  • MelodyプラグインとChordsプラグインの連携

  • さまざまなリズムに対応

  • MIDIノートを動かすアルペジエーターの適用

  • ChordsとMelodyの間のテンションを調整する

  • 100種類以上のサウンドでメロディーを奏でる

詳細ページ

Captain Deep 5.0(ベースライン・ライティングツール)

  • コードに合わせてグルーブするベースラインを作る

  • DeepプラグインとChordsプラグインを接続

  • さまざまなリズムに対応

  • コードに合わせて、Chordsプラグインを変更すると、ベースラインが自動調整されます。

  • さまざまなベースラインのサウンドでベースを聴く

詳細ページ

【別売り】Captain Beat 5.0(現代的なビートメイキング・プラグイン)

Captain Beat 5.0は別売り(50ドル)です。

もしくは、上位版のバンドル「Captain Plugins and Captain Beat バンドル」(129ドル)に付属しています。

Captain Beat 5.0の特徴:
  • チャンネルごとにリズムパターンをミックス&マッチ

  • 何百種類もの高品質なドラムサウンド

  • コンピュータのキーボードやMIDIコントローラでリズムを演奏、録音できる

  • 洗練されたMIDI編集

  • 独自のサンプルを追加

  • 波形のビジュアライザー

  • オーディオとMIDIの高度な書き出しオプション

詳細ページ

Captain Pluginsのその他の機能と特徴

  • さまざまなコードをカスタマイズする

  • さまざまなキーとスケールのサウンドを発見する

  • トラックに強力な基盤を加える

  • 印象的なフックを作る

  • あなたの音楽に巨大なベースラインを加える

  • 100以上のサウンドを使用したり、お気に入りのVSTシンセにルーティングできます

  • お気に入りのハードウェア・シンセにルーティング

  • 作曲した曲にリズムを加える

  • さらに、現在開発中の他のプラグインへのアップグレードが保証されています

  • MIDIキーボードから任意のコードを識別して書き込める

  • ストラム

  • スウィング

  • コード・プログレッション・レイアウト

  • ハウツーガイド付きです

システム要件

この製品を使用するにはインターネット接続が必要です。

サポートされているOSとDAW:

(公式に以下のDAWをサポートしています)

  • Mac OS X 10.10.5以降
    • Ableton Live(64ビット)
    • Cubase、FL Studio
    • Logic Pro X(64ビット)
  • Windows(64ビットおよび32ビットバージョン)
    • Ableton Live
    • Cubase、FL Studio

管理人メモ:

Mixed In Key社と言えば、その社名にもなっているDJ用のコード検出ソフトウェアの「Mixed In Key」や音楽制作コラボツールの「Satellite Sessions」が有名ですが、この「Captain Plugins」も魅力ある製品です。

しかし、欠点もあります。それは(ここの製品全部そうですが)常時のネット接続が要求されることです。

Mixed In Key社の中の人の話では、常に自社サーバにある最新のデータに接続することで高い品質を提供するのが目的だそうです。しかし、この点は賛否は分かれると思います。

自分は気にしないで使っていますが、使い始めたころは何かイヤでした。。

セール情報

通常価格:79ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2021年10月:79ドル→39.5ドル

関連記事: