『Waveform Pro 11』フル機能のDAWソフト(Melodyne EssentialやAuto-Tune Access、シンセのCollectiveも付属)

米国 Tracktion社のDAWソフトの『Waveform Pro 11』が50%OFFのセールになっています。

この価格にしてフル機能のDAWソフトです。Celemony社の定番ピッチ修正ソフトウエアのエントリー版「Melodyne Essential』(通常価格:99ドル)も入っています。

バラエティに富んだ機能を備えながらもかなりお安いDAWソフト。セカンドDAWとしても良い感じ。

2022年9月8日:半額セール!

通常価格:119ドルセール特価:59ドル(50%OFF)

*セールは日本時間の10/2(日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Waveform Pro 11』について

紹介動画(6:35・自動翻訳の日本語字幕可能):

Waveform Pro 11は、現代の音楽制作者のニーズに合わせて設計された深い機能を持つDAWソフトです。

パワフルで直感的なツール群を備え、さらに使いやすくなっています。

今回のメジャー・アップデートでは、新しいオーディオ・エンジンが導入され、CPU負荷の軽減、ディレイ補正の改善、全体的な安定性の向上が図られています。

Waveform Pro 11は、使いやすい合理化されたDAWで、優れたクリエイティブでインスピレーションに満ちたワークフローを提供します。

「Waveform Pro 11」は、V10からほぼメジャーアップデートに近い刷新が行われたバージョンです。

ただし、既にV12がリリースされたところです。

しかしながら、この『Waveform Pro 11』には、以下の3つの有料製品が入っています。

  • Tracktion社のシンセ「Collective」(通常価格:60ドル)

  • Celemony社の定番ピッチ修正ソフトウエア「Melodyne Essential』(通常価格:99ドル)。上位版を購入したくなった時にアップグレード版を購入するお得なチケットにもなってくれます。

  • Antares社のリアルタイム・ピッチ補正とボーカル・エフェクト「Auto-Tune Access」(ただし本バージョンはWaveformの中でのみ機能します。)

最新版(V12)(通常価格:149ドル)まではいらない方には、お得なセール。

Tracktion Waveform 11.5のデモ&レビュー動画

レビュー&デモ動画動画(Tracktion Waveform 11.5のアップデートについて/ 7分30秒・日本語字幕可能):

Waveform Pro 11.5の長編ウォークスルー動画(44分・日本語字幕可能):

『Waveform 11.5 の新機能を知りたいですか?この 44分間のビデオを見てください。たくさんの新機能がありすぎて、すべての変更点を見ていくのに44分かかりました。』

Waveform「Step Clips」機能の紹介動画(22分・日本語字幕可能):

『このビデオでは、Waveform 11.5 のStep Clips(ステップクリップ)機能をアップデートする方法を説明します。

Step Clipsを使用すると、ドラムやその他のシーケンスをトラック上でプログラムすることができます。

Step Clips、任意のバーチャルインストゥルメントにMIDIを送信します。このビデオでは、Waveform の Micro Drum Sampler、Spit Fire Audio Labs のドラム、EZDrummer を使用しています。』

新しいTracktion Waveform 11.5の「範囲選択アクション」と「ワークフロー」の解説動画(12分・日本語字幕可能):

「プラグイン・セレクター」のコントロール(8分30秒・日本語字幕可能):

Tracktion Waveform 11.5 「MIDIタイピング」機能の解説(キーボードをバーチャルMIDIコントローラーとして使う / 5分・日本語字幕可能):

『Waveform』について

あなたはどんな音楽家ですか?

Waveformは、現代の音楽プロデューサーのニーズに合わせて設計された、急速に進化しているアプリケーションです。

クリエイティブで刺激的なワークフローに特化し、明確に必要とされない機能を避けることで、このアプリは驚くほど楽しく、直感的であり続けることができます。

他のアプリが映画音楽、ライブサウンド、パフォーマンスなど幅広いユーザーグループにアピールしようとする一方で、私たちは音楽制作に焦点を合わせています。

Waveform Proがどのようにあなたのスタイルを強化することができるのか、ぜひお試しください。

あなたのスタイルに合わせたWaveform Pro 11の使用方法

バンドレコーディング

バンドの一員として活動する場合、本物の楽器やボーカルの録音、編集、ミキシングに強い焦点が置かれます。Waveform Proは、最も尊敬されるパートナーたちを集め、この作業のために最もよく知られたツールを進化させました。

マルチトラックドラムの編集は、最も困難な作業の一つであり、歴史的に専門的な知識と技術を必要としてきました。

Waveformの開発チームは、このプロセスを改善する方法を考案するために、数え切れないほどのチュートリアルに取り組み、その結果が直感的なGroove Doctorツールセットです。

マルチトラックのライブ録音でよく使われるもう一つの制作テクニックは、ドラムの交換です。

キックのパンチやキャラクターを追加したり、録音の悪いスネアを置き換えたりする場合、「Beat replace drum loop」をクリックするだけで、オーディオクリップが自動的に分析、スライスされてMultisamplerにインポートされます。ここからMIDIクリップを生成し、ドラム・サンプルを切り替えて実験することができます。

すべてのミュージシャンは完璧なテイクを提供したいと願っていますが、時にはちょっとした修正で大きな効果が得られることもあります。

Waveformは、Anatres AutotuneとCelemony Melodyneの両方を搭載し、DAW内でシームレスに編集できるARA統合を実現した唯一のDAWです。

これらの受賞歴のあるツールに加え、Z-Planesの業界をリードするElastique Proタイムストレッチアルゴリズムは、あなたのニーズに合わせてオーディオをストレッチ、ピッチ、ワープするために展開することができます。

Waveformのパワフルな「ラック」環境では、お気に入りのDSPの組み合わせを作成できます。

例えば、バンドのシンガーごとに完璧なボーカルエフェクトチェーンをすぐに呼び出したり、複雑なパラレルプロセッシングを簡単に展開したりすることが可能です。

素晴らしい練習テイクを見逃したことはありませんか?

あるいは、アーティストがダウンビート直前のピックアップを歌っているのを呪ったことはありませんか?

WaveformのRetrospective Recordは、どんなトラックでも録音バッファを実行し続け、録音していないときでもバックグラウンドで音楽のアイデアを取り込みます。

マルチトラックバンドレコーディングに最適なレトロスペクティブレコードバッファは、30秒から10分の範囲で設定することができます。ボタンをクリックするだけで、演奏の回顧が可能です。

フルバンドの演奏は、膨大な数のオーディオトラックとDSP処理を消費するため、どんなに高性能なコンピューターでもその限界に達してしまいます。

Waveform Proは包括的なシステムリソース管理ツールを備えており、「トラックフリーズ」などの機能を導入してプロセッササイクルを迅速に解放することができます。

また、「フリーズ・ポイント」技術により、信号フローの特定のポイントでトラックのDSPをフリーズさせ、最大限の柔軟性を持たせることができます。

また、レイテンシー管理も重要な機能で、インテリジェントなオフラインレンダリングにより、セッションサイズに関係なく、超低レイテンシーモードに切り替えることができます。

EDM – ハウス / テクノ

エレクトロニック・ダンス・ミュージックは幅広い領域をカバーしていますが、この例では、プロデューサーをチャートのトップに押し上げることができる4トゥ・ザ・フロアーのジャンルに焦点を当てます。

EDMの世界では、ループ・ライブラリ、VI、録音されたサウンドなど、膨大な数のソースが存在します。

Waveformは、EDM制作に最適なブラウザを提供します。直感的で操作しやすいだけでなく、複数のインスタンスを作成し、同時にループを試聴したり同期させたりすることができます。

オーディオ・プレビューはプロジェクトのテンポとブラウザーのペイン間で同期するので、ループの試聴やさまざまな組み合わせを試すのがとても簡単になります。

サンプルの選択に満足したら、ドラッグ&ドロップで編集に一括追加できます。

ステップシーケンサーは、ハウスとテクノの音楽制作の代名詞です。

リズムの要素を素早く、直感的にプログラミングすることができ、ドラムやベースラインなどのプロデューサーに愛用されてきました。

Waveformのステップクリップはドラムサンプラーとシームレスに統合され、編集中のどのトラックにもドラッグすることができます。

また、お気に入りのバーチャル楽器や外部MIDIインストゥルメントを使って、タイムライン上で直接リズミックシンセのエレメントをプログラムすることも可能です。

クリップFXは、Waveformのユニークでクリエイティブなツールです。各オーディオクリップをクリップレベルで直接操作することができ、クリエイティブなサウンドデザインツールを搭載しています。

レイヤー処理と自由なアレンジを可能にします。ステップボリューム、クリップリバース、ピッチ操作、プラグインDSPなどのツールがあります。

脈打つライザーや興味深いリズミック・コンテンツの作成が、かつてないほど簡単になりました。

Chord Companion は、Waveform Pro の有名な作曲ツールに追加され、コントローラーの MIDI ノートまたはパッド 1 つで複雑なコードをトリガーすることができます。

様々なスケールが用意されているので、コードをパッドにドラッグ&ドロップするのも簡単です。

また、アルペジオ、ノートリピート、ランダムなどのパフォーマンスツールも用意されており、生産性を向上させます。

Antares Autotuneは、演奏の小さなミスを修正するだけでなく、人気のあるより過激なFXを追加するための強力なツールです。

一般的には、エネルギーはぴったりだけどピッチが完璧でないような素晴らしいパフォーマンスを完璧にするために使用され、少量の修正を実行することで、ボーカリストが必要とする自信を高めることができます。

また、より過激な補正を行うことで、ボコーダーのようなサウンドを得ることもできます。

優れたEDMトラックには優れたシンセサイザーが欠かせませんが、Waveform Proはそれをカバーしています。

4OSCとSubtractiveは2つのパワーハウス・シンセサイザーで、様々なサウンドを作り出すことができます。

Subtractiveは、4つのオシレーターとリングモジュレーター、2つのフィルター、その間のドライブステージと多くのモジュレーションの可能性を持つシンセサイザー・プラグインです。フィルターには、状態変数、トランジスタラダーとサレンキーフィルタータイプがあり、クラシックなアナログシンセサウンドを忠実に再現します。

一方、4OSCのクリーンなUIと小さなCPUフットプリントは、それほど複雑ではないサウンドデザインタスクのためのSubtractiveの素晴らしい代替品となります。

4OSCは、その名前が示すように、4つのオシレータ、柔軟なモジュレーション、MPE互換性、オンボードのフィルタとFXを提供します。

エレクトロニック – D&B / ダブステップ / グライム

スーパースターのエレクトロニック・プロデューサーになるための秘訣は、サウンドデザインという学問にあります。

Noisia、Pendulum、Deadmau5など、このジャンルの偉大な人たちのインタビューを見てみると、彼らは皆同じことを語っています。これは自分自身のサウンドを定義する上で非常に重要なことです。

Waveform開発チームはこのプロセスを深く考え、必要なツールだけでなく、このプロセスを可能な限り楽しく、生産的にするためのワークフローを構築してきました。

このワークフローの中心にあるのが、強力なマルチ・サンプラーというインストゥルメントです。

DAW内の直感的なソースだけでなく、DAWの外部からのサウンドもサンプラーに取り込むことができます。ウェブブラウザを含む他のアプリケーションのオーディオを直接サンプラーにルーティングすることができ、音源の世界を広げることができます。

サウンドはクリエイティブに操作でき、サンプラーの出力は標準的なループ・フォーマットのほか、通常のオーディオ・クリップのように動作する当社独自の「トラック・ループ」フォーマットで保存できます。

サンプラーのもう一つの強力な機能は、昔ながらの’リサイクル’ワークフローで、もちろん大幅に改善され簡素化されています。

Waveformでは、ボタンを押すだけで、どんなオーディオクリップでもサンプラーに送ることができ、自動的にトランジェントスライスを行い、すぐにオーディオをMIDIに変換し、操作することができます。

一般的なワーピング機能とともに、オーディオを思い通りに加工することができます。

革新的なコンプグループ機能により、複数のオーディオクリップ間の編集も非常にクリエイティブに行えます。

これは、マルチテイクファイルでおなじみのコンプススワイプツールを使用するものですが、関連性のないクリップ間でも使用できます。

例えば、複数のベースクリップやリードクリップをグループ化し、スワイプでそれぞれのリージョンを素早く選択することで、実に興味深いトランジションが得られます。

Waveform Proの強力なオートメーション・システムは、あなたのサウンドにリズムの動きを加えるために創造的に使用することができます。

プリセットされた波形パターンを簡単に展開し、調整し、お気に入りのパラメーターに割り当てることができます。エンベロープを使えば、キックがヒットしたときにベースラインをパンプさせたり、ランダマイザーを使ってキャラクターを追加することができます。

バーチャル・インストゥルメントに深く潜り込み、独自のパッチを作成することも、あなたのサウンドを定義する重要な要素です。

Waveform Proのラック環境は、直感的なパッチシステムによって、楽器、FX、モディファイアをいくつでもロードできるモジュラー・プレイグラウンドです。

複数の楽器をレイヤーし、独自の複雑なサウンドを作り上げることができます。

また、これらの作品に独自のフェイスプレートを作成し、お気に入りのパラメーターだけをコントロールすることで、複雑さを緩和することができます。

一見すると小さなディテールが大きな違いを生み出します。

その一例として、オーディオクリップのピッチフェードが挙げられます。オーディオクリップの開始や終了時にボリュームフェードを描けるのは一般的ですが、waveform Proではテープの開始/終了時のピッチフェードも描けるようになり、さらにレベルアップしています。

これは、音を微妙に人間らしくしたり、レコードデッキのような分かりやすい巻き上げ・巻き下げ効果に利用できます。

シンガーソングライター

シンガーソングライターは、できるだけ素早く簡単に作曲のアイデアを練り、構成することができるアプリケーションを探しています。

Waveform Proは、可能な限り直感的に操作できるように設計された独自のツールとワークフローを備えており、それによって創造的なプロセスを阻害しやすい技術的な障壁を減らすことができるのです。

シンガーソングライターは、可能な限り素早く簡単に作曲のアイデアや構成ができるアプリケーションを探していることでしょう。

Waveform Proは、可能な限り直感的に操作できるように設計された独自のツールとワークフローを備えており、それによって創造的なプロセスを阻害しやすい技術的な障壁を減らすことができるのです。

トラックの基本的な要素を構築するためには、アーティストが複数の楽器の演奏者であるか、音楽的要素を簡単に再現するために必要なツールキットを利用することが必要です。

Waveform Proには、イタリア屈指のスタジオで録音されたユニークなフルマルチトラックドラムループのコレクションが含まれています。

Waveformのトラックループフォーマットを利用することで、ステレオファイルとして試聴して利用することも、ボタン1つでフルマルチトラックフォーマットでインポートすることもでき、非常に柔軟性があります。

様々なドラムスタイルが用意されており、これらのコレクションは多様な音楽ジャンルの基礎となることができます。

Waveform Proには、ドラム、弦楽器、鍵盤楽器からハープやマンドリンなどの一般的ではない楽器まで、様々な種類の楽器を提供するために設計された、重量級のサンプルベースの楽器「Collective」も含まれています。

あなたの創造的なアイデアに合わせて、頭の中で聞こえる楽器を見つけることが第一の目的です。

ヴォーカルはソングライターにとって明らかに重要な要素であり、Waveform Proに含まれるAntares Autotuneほどクリエイティブなプロセスを加速させるツールはないでしょう。

優れた補正アルゴリズムを活用することで、その瞬間を捉えるために必要なテイク数を最小限に抑え、クリエイティブなプロセスを継続させることができます。

このような初期のテイクは、最もフィーリングが良く、小さな音色の誤差を修正することで、完成まで内容を保持することができます。

グラミー賞を受賞したもう1つのツールは、ソングライターに欠かせないCelemony Softwareの画期的なMelodyneで、これもWaveform Proに含まれています。

この強力なアプリケーションは、オーディオを操作し、録音したアイデアの異なるトーンやフレーズを音質を損なうことなく試すことができます。Waveform Proは、MelodyneをDAW環境内でシームレスに機能させるARAインテグレーションを搭載しています。

Waveform Pro 11の新機能として、最適化されたタッチ機能を含むマルチスクリーンマネージメントシステムがあります。

これにより、メインコンピューターから離れ、iPad(または類似の)デバイスを使用して、あなたのスペースのどこからでもDAWをコントロールすることができます。

テクノロジーの眩しさを排除しながら、すべてのコア機能を指先で操作することができます。

すべての音楽プロジェクトは、コンポジションを完成させるためにある程度の信号処理を必要とします。

リバーブやダイナミクスのタッチを追加するかどうか、ディレイやプロセッサーの組み合わせなどのより付加的なFX – Waveform Proは、あなたをカバーしています。

「スタンダードパック」には、「DAW エッセンシャルコレクション」が含まれており、一般的なタスクのためにCPUに最適化された高品質のプロセッサーが提供されます。

Waveform Pro 11は、182のプロセッサーからなる人気の “Artisan Collection “を追加し、様々な方法で組み合わせることができます。

この豊富なプロセッサーがあれば、クリエイティブなインスピレーションに事欠くことはないでしょう。

アレンジメントは、特にトラック数が増えてくると大変な作業となり、実際にプロジェクトを完成させる妨げになることがよくあります。

Waveform Pro 11の新機能である「アレンジャー・トラック」は、この作業を大幅にスピードアップさせ、クリエイティブな作業の楽しい一部となることでしょう。

アレンジャー・クリップを操作するだけで、アレンジのリージョンを移動、コピー、削除、複製することができ、さらにマグネット・タイムラインなどの機能が追加され、アレンジはかつてないほど簡単になりました。

ヒップホップ/R&B

メロディーは、特にヒップホップやR&Bにおいて、メロディーの構成とボーカルの周りでビートが踊るようなパワフルな出発点となることがあります。

Waveform Proには、メロディーのアイデアを刺激し、それを実現するためのクリエイティブなツールが満載されています。

革新的なパターンジェネレーターとMIDIツールは、強力なサウンドデザインツールキットをあなたの指先に配置します。

Waveform Proのパターンジェネレーターツールキットは、メロディー、コード進行、ベースを1つの使いやすい同期化された環境にまとめます。

人気のあるコード進行から選んで、メロディとベースの伴奏を自動的に追加しながら、あなたの好みに合わせて操作できます。

アレンジを構築する際、ツールキットはグローバル・コード・トラックでコントロールできるので、キー・チェンジの実験も素早く簡単に行えます。

コード進行を演奏したい場合は、新しいインストゥルメント「Chord Companion」を使用すると、単音で複雑なコードをトリガーでき、お気に入りのコントローラー・ハードウェアに割り当てて、触感を活かした演奏が可能です。

また、パワフルなアルペジエーターとノートリピーターも搭載しており、コードコンパニオンは強力なクリエイティブ・ウェポンとなっています。

次の課題は、キラー・ビートです。そのユニークなサウンドを得るためには深く掘り下げる必要がありますが、私たちはそこに到達するためのツールを用意しています。

Waveform Proのサンプラーは、あなた自身のサウンド・ライブラリーを作成し、オーディオ・エンジニアとプログラミングを支援するために設計されています。

ドラムサンプラーのUIとステップシーケンサーは、あなたの次のヒット曲のために完璧なビートを作曲するのに必要なすべてのツールを備えています。

ボーカルに関しては、Waveform Proは、究極のパフォーマンスをキャプチャし、あなたの好みのスタイルに巧みにエンジニアリングするために必要なすべてを備えています。

付属のAntares Autotuneを使用すれば、小さな欠点を微調整したり、人気のあるボコーダー効果レベルにまで加工することができます。

このパワフルなツールを使用すれば、誰でもマイクに近づいて素晴らしい結果を得ることができます。

この強力なツールを使えば、誰でもマイクにアプローチして素晴らしい結果を得ることができます。

あなたの音楽サラダにドレッシングを加えるのは次のステップですが、ここでWaveform Proのすべての付属楽器が活躍します。

Waveform Proに搭載されているインストゥルメントは、あなたのサウンド・ライブラリーを使用する場合でも、ブラスやストリングを追加する場合でも、Waveform Proはあなたをサポートします。

パワフルなインストゥルメント「Collective」は、グランドピアノからハープまで、幅広い種類のインストゥルメントを選択することができます。

4OSCとSubtractiveは、クラシックなアナログシンセサイザーが得意とする、床鳴りのするベースと夢のようなパッドを提供します。

Waveform Proに搭載されているプロ級のDSPエフェクトで、完成したトラックを素晴らしいサウンドに仕上げましょう。

リバーブ、EQ、ディレイ、ダイナミクスなど、あらゆるフォーマットに対応し、世界中で聴かれるようなトラックを作ることができます。

エクスペリメンタル

エクスペリメンタルは幅広いジャンルをカバーしますが、既存のツールやワークフローをユニークで珍しい方法で使用し、しばしばその設計パラメータから外れるという点では、どれも似たような方法論を呼び起こします。

Waveformの開発チームは、このような新しいジャンルを創造するための方法を深く考えています。

Waveformの最初のバージョン(当時はTracktion)以来、このアプリはデジタルモジュラーという哲学を備えています。

当時のミキシングコンソールをベースにした固定的な信号の流れを持つ他のDAWとは一線を画すユニークなものでした。

Waveform Proは、自由な空間でオーディオ、MIDI、モディファイアー・ツールを自由にルーティングできる強力な「ラック」環境を備えています。

すべてのDSPを奇妙で素晴らしい方法で接続し、モディファイアー・ツールの数々をスパイスにしてください。

Waveform Proの強力なモディファイアー・ツールは実験に最適です。

プラグインやDAWのパラメーターに素早くアサインして、生命を爆発させましょう。

ステップシーケンサー、LFO、エンベロープなどが含まれています。これらの強力なツールは、サウンドを有機的に相互作用させ、互いに跳ね返したり、取り囲んだりすることを可能にします。

モジュラー・ラック環境に導入して、サウンド・デザインとサウンドの進化を深く追求しましょう。

優れたサンプラーは、サウンドデザインをする人にとって欠かせないツールです。

Waveform Proは、強力な機能セットだけでなく、それを取り巻く革新的なワークフローを提供するよう、慎重に設計されています。

Waveform Proのサウンドは、DAW内のいくつかの直感的なソースからサンプラーに取り込まれるだけでなく、DAWの外部からも取り込むことができます。

ウェブブラウザを含む他のアプリのオーディオを直接サンプラーにルーティングすることができ、音源の世界を広げることができます。

Waveform Proのユニークな’トラックループ’オーディオファイル形式は、あなたの音の探求を記録するために、オリジナルの音源をロードする柔軟性を持ちながら、ループオーディションの利便性を提供します。

トラックループは通常のオーディオクリップのように動作しますが、MIDIデータ、インストゥルメント、DSPを含むサウンドを作成するために使用したすべてのトラック(またはマルチトラック)の設定を再ロードすることができます。

Tracktion では、バーチャルインストゥルメントに代表されるように、実験的なサウンド作りに取り組んでいます。

BioTek 2、Waverazor、SpaceCraft はシンセサイザーで何ができるかの境界を押し広げるものです。

BioTek 2は、実質的に無制限のモジュレーション機能、サンプルを含む数多くのオシレータータイプ、驚くほど親しみやすいUIなど、非常に高い能力を備えています。

Waverazorは、シンセサイザー・デザインの聖杯である特許取得済みの新しいオシレーター・タイプを搭載し、革新的なサウンド・デザインのための新しい機会を提供します。

SpaceCraftは、グラニュラー・シンセシスと、遊び心あふれるユーザー・インターフェイスを組み合わせた魔法のような製品です。

世界で最も急成長しているDAW

Waveform Proには、クリエイティブなワークフローを実現するための膨大なFXプラグインとコンテンツ・リソースが含まれています。

特徴

アレンジャー・トラック

Waveform Proは、アレンジのリージョンを操作するための非常にシンプルで強力なツールであるアレンジャー・トラックを導入しています。

アレンジャー・トラックでアレンジ・クリップを作成するだけで、アレンジの全領域をコントロールすることができます。

アレンジャー・トラックは、ビデオエディターでよく見られるマグネット・ムーブメントなどの現代的な機能を備えており、選択した内容に応じてアレンジのリージョンが自動的に開閉します。

アレンジや曲の構成を試すのが、これまでになく簡単になりました。

ビュープリセット

編集ビューの設定を保存、復元できるようになりました。例えば、ミキサーパネルを浮かせて、小さなトランスポートバーを使い、これをビュープリセットとして保存できます。

また、サイドパネルをすべて閉じ、アレンジパネルだけを表示したビュープリセットを保存することもできます。

現在、ビュープリセットの保存と読み込みは、”ナビゲーション “ショートカットで行うか、クイックアクションを設定する必要があります。

クイックアクションバー

クイックアクションバーは、プロパティパネルやトランスポートバーのすぐ上にあり、カスタムマクロを含む任意のショートカットアクションを割り当てるために使用できます。

ボタンを追加し、アクションを割り当て、名前を設定し、色を設定し、大きくわかりやすいラベルのついたボタンでトリガーする、という作業をすばやく簡単に行うことができます。

クイックアクションバーを使えば、複数のワークフローテンプレートを作成し、それらを簡単に切り替えることができます。

クイックアクションウィンドウ

クイックアクションウィンドウは、タッチスクリーンを意識して設計されています。

ミキサーにアクセスし、ボタンをクリックするだけで簡単にスタックできるクイックアクションバーをいくつも表示できます。

複数のスクリーンやタッチスクリーンを設定して、特定の楽器、プラグイン、アプリケーションの一部に特化させることも可能です。

これらはレイアウトのプリセットとして保存でき、将来の編集時に呼び出すことができます。

カスタムレイアウト

編集ウインドウのほとんどのパネルを個別にドッキング解除して、別のモニターに配置できるようになりました。

これにはアレンジ、ミキサー、MIDIエディターが含まれます。

さらに、「アピアランス」設定ページでは、プラグインウインドウ専用のモニターを用意できるようになりました。

すべてのプラグインウインドウはこのモニターに表示され、メインのワークスペースが散らからないようにします。

Edit Overview

Edit Overviewでは、編集の迅速なナビゲーションが可能になりました。

ミキサーやアレンジャーを含むほぼすべてのウインドウパネルをドッキング解除できるようになり、究極のカスタマイズが可能になりました。

カスタムレイアウトの作成と保存により、ワークフローに基づいた複数の環境を作成でき、どのエディットでも呼び出すことができます。

オーディオコードトラック

オーディオクリップをWaveformのChord Trackに追従させることができるようになりました。

loop-propertiesでオートピッチを有効にすると、オートピッチモードはホストのキーに従うかコードトラックに従うかを選択できるようになります。

コードトラックを選択すると、オーディオがコードアレンジメントに完全にロックされるようになります。

新しいMIDIツール
  • Waveform Proは5つの新しいMIDIツールを搭載しています。Arpegiator、Note repeat、Chord companion、MIDI Monitor、MIDI Filterです。



  • アルペジエーターは、クラシックなアルペジオをはじめ、タイミングと入力の両方を厳密にコントロールすることができます。



  • ノートリピートはMIDIノートを取り込み、選択したパターンとクロック設定に基づき、それを繰り返します。



  • Chord Companionは、Waveformの有名な作曲ツールに追加され、ユーザーはたった1つのMIDIノートで複雑なコードをトリガーすることができます。



  • MIDI Monitor は、発生したすべての MIDI イベントを明確にリストアップすることで、分析やトラブルシューティングを支援します。



  • MIDI FilterはWaveformのマルチインプット機能を利用し、音をフィルタリングして1つのキーボードで2つの楽器を効果的に演奏することができます。
プラグインサンドボックス

サードパーティーのプラグインは、デジタルオーディオワークステーションにとって弱点となります。

Waveform Proはプラグイン・サンドボックスを実装することでこの問題に対処しています。

プラグインのクラッシュを抑制し、作業環境を保護します。ホストが終了する代わりに、プラグインは単に非アクティブ化されます。

アクションパネル

Waveformは、その深い機能をナビゲートするために設計されたユーザーインターフェースとワークフローの改良の数々を備えています。

ブラウザからアクセスできるアクションパネルでは、表示される機能をカスタマイズすることができます。

また、マクロスクリプトを使用して独自のアクションを作成したり、カスタムキーコマンドを割り当てたりすることで、ユーザー固有のワークフローに対応する能力をさらに向上させることができます。

アクションは右クリックメニューから利用でき、カーソル位置でアクセスできるため、コア機能へのアクセスが大幅に高速化されます。

また、追加編集画面やプラグインUIは、このアクションパネルから直接起動することができ、すべての共通ツールを一箇所で使用することができます。編集ニンジャになるための準備をしましょう。

編集グループ

EDITE(編集)グループを追加することで、オーディオ編集能力を大幅に向上させる多くの便利なツールを利用できるようになります。

その中でも最も重要なのは、マルチトラックのドラム録音に最もよく使われる、非常にクールな「グルーブドクター」編集プロセスです。

録音したオーディオの複数のトラックで位相精度の高い量子化をすばやく実行し、編集を見直す必要がある場合は、スナップショットを保存して後で呼び出すことができます。

演奏のエラーを修正するだけでなく、複雑なグルーブテンプレートをすばやく抽出して、録音されたグルーブに編集をロックすることもできます。

また、エディットグループは、マルチトラックのコンプを扱う際に特に有効で、複雑な編集やミックスダウンの際の時間と労力を節約します。

ブラウザの編集グループパネルで、グループの管理とアクセスを簡単に行えるので、オーディオ手術に深く潜り込むことがこれまでになく簡単になりました。

パフォーマンスと安定性

DAWを不安定にさせる最大の原因はプラグインです。Tracktionの開発チームは、ユーザーと開発者の双方を助けるためにオープンソースのプラグイン検証ツールを開発し、ホストの安定性管理をリードしています。

この開発ツールは、すべてのDAWアプリに影響する共通の問題をテストし、プラグインデベロッパーにより効率的な解決策を提供するため、すべてのホストに利益をもたらします。

不安定性を完全に根絶することは、短期的には不可能です。そのため、Waveformは「コンスタントセーブ」技術と即時のクラッシュリカバリーを採用しています。

これは、クラッシュが発生した場合、データの損失は全くなく、問題のプラグインを隔離したまま数秒でシステムが再起動されることを意味します。クラッシュ・パラノイアとはおさらばです。

マクロパラメータ

プラグインのマクロ・パラメータを作成し、割り当てることで、複雑なバーチャル・インストゥルメントやエフェクトからお気に入りの機能を素早く抽出し、指先で操作できるようになります。

マクロはデバイスの数だけパラメータを制御できるので、クリエイティブなサウンドデザインやサウンドシェイピングに活用できるほか、お気に入りのプラグインと一緒に呼び出すことで時間を節約することもできます。

プラグインフェースプレート

最新のバーチャル・インストゥルメントやエフェクトは、常にパワフルで、編集機能もより深くなってきています。

その結果、プラグインのユーザーインターフェイスは圧倒的に複雑になっています。

X/Yパッドなど、オリジナルのUIにはないコントロールも追加できます。お気に入りのプラグインのために、必要なコントロールを備えたインターフェイスをすばやく構築できます。

Racks 2.0

Waveformの強力なモジュラーラック環境は、その無限の可能性から高く評価されています。

複雑なDSPのアセンブリを簡単かつ直感的に作成できるため、ボーカルの処理からマルチインストゥルメントのサウンドデザインまで、目の前のタスクに集中することができます。

Racks 2.0では、「スタック」ビューと新しい自動接続機能が追加され、次のレベルへと進化しました。

さらに、カスタムのフェイスプレートやマクロを作成できるようになり、Rack 2.0の環境は、よりビジュアルでクリエイティブなものに生まれ変わったのです。

Modifiers(モディファイアー)の更新

Waveformは、前世代で人気のあったLFOツールをベースに、6つの新しいモディファイアを搭載しています。

これらのクリエイティブなツールは、あなたのサウンドに動きと生命を与えるパラメータを操作することを可能にします。新しいツールは以下の通りです。

  • LFO – 基本的なLFOで、ランダム(S&H)とノイズ(ランプ)を含む様々なシェイプがあります。



  • Breakpoint – オシレーターのポイント数は可変で、ドラッグしてカスタムシェイプを作成することができます。



  • Step – 2から64のバイポーラ・ステップの間のステップ・シーケンス。



  • エンベロープ・フォロワー – トラック上のオーディオ信号を追いかけ、これをパラメータの変更にマッピングします。



  • ランダム – LFOのランダム・タイプに似ていますが、ランダム・ウォーク・タイプの動きのためのスムージングとステップ深さのコントロールがあります。



  • MIDI Tracker – 入力されるピッチまたはベロシティを絶対または相対モードでトラッキングします。MIDIから出力値へのマップを作成します。
トラック・ループ

トラックループは、マルチトラックデータをステレオプレビュークリップと一緒に保存する新しい方法です。

プレビュークリップはライブラリをブラウズする際に試聴でき、編集に追加する際にオリジナルのマルチトラックフォーマットに展開することができます。

プラグイン、LFO、オートメーションなどを含むトラック・セットアップ全体のリコールは、トラック・ループ・フォーマットの一部として保存することができます。

自分だけのコンテンツ・ライブラリーを作るのに、これほど柔軟で便利な方法はありません。

コード・トラック

コードトラックは、アレンジメント全体の音楽進行を視覚的に追跡することができます。

人気の高いMIDIパターンジェネレータと組み合わせれば、同期された複数のMIDIクリップでさまざまなコードをすばやく試すことができます。

作曲ツール

Waveformで利用できるMIDI作曲ツールは、創造的なプロセスに力を与え、インスピレーションを与えるように設計されています。

複雑な音楽構造を解明し、訓練を受けていない愛好家でも作曲を探求できるツールです。

シンクロナイズド・パターン・ジェネレーターは、ベースライン、メロディー、アルペジオにマッチしたコード進行に飛び込むことを可能にします。

リアルタイム・コード・プレイヤーは、1本指のキーボード・プレイヤーを音楽の巨匠に変身させます。楽器演奏ができなくても、クリエイティビティを発揮できます。

モジュラーミキシング

Waveformは、マルチスクリーンを活用できる拡張モジュールミキサーを搭載しています。カスタマイズ可能なインターフェースにより、編集からミキシングへのワークフローや希望する表示への素早い切り替えが可能です。

Waveformの強力な「ラック」環境は、特定のボーカリストのためのお気に入りのDSPや、深いサウンドデザインのパッチなど、無限のDSPチェーンを構築し、プリセットとして保存/呼び出しすることができます。デジタルモジュラーのパワーと柔軟性を体感してください。

無限の可能性

Waveformは、現代の音楽制作のために設計された無限の可能性を秘めたアプリです。

クリエイティブでインスピレーションに溢れ、最小限の学習曲線で開発された私たちのゴールは、音楽愛好家に力を与えることです。

他のアプリとは異なり、Waveformは主要なプラグインやループの種類を全てサポートし、主要なデスクトップOS(現在ではRaspberry Piを含む)で動作します。

美しいユーザー・インターフェースは、デジタル・オーディオ・ワークステーションの奥深い機能を使いこなすために、慎重に作られています。さあ、今日から制作を始めましょう。

Basic Packには他に何が含まれている製品

Collective

Collectiveは、多彩な楽器サウンドを生成できるパワフルなサンプラー&シンセサイザーです。

新しい作曲ツールに合わせて開発されたCollectiveは、多様な音楽スタイルを即座に作り始めることができます。

600以上のプリセットから素早く選択し、深く掘り下げることで、あなただけのサウンドを作り上げることができます。

付属のサンプル・ライブラリから選ぶことも、自分で作ったものをロードすることも、シンセシスと組み合わせることも、伝統的なサンプルの品質を大切にすることも可能です。

1つのインストゥルメントがすべてを支配します。

Collectiveは通常価格:60ドルの製品です。

Antares Auto-Tune Access

Waveformは、Antares Technologiesの本物のAuto-Tune®テクノロジーを搭載した唯一のDAWです。

Waveformには新しいAuto-Tune Accessプラグインが含まれており、無数のヒット曲を生み出した伝説的なリアルタイム・ピッチ補正とボーカル・エフェクトを提供します。

Auto-Tune Accessは、シンプルで直感的なインターフェースで、Auto-Tuneのコア機能を提供します。

また、CPU負荷が軽く、プロ品質の処理が可能なため、大規模なプロジェクトに取り組む上級ユーザーにも便利なオプションです。

3ポジションのRetune SpeedとHumanizeノブにより、繊細で自然なピッチ補正から最も過激なAuto-Tune Effectまで、様々なチューニングアプリケーションに対応します。

低レイテンシー・プロセッシングにより、ステージやスタジオで気になる遅れを気にすることなく、リアルタイムにAuto-Tune Accessを通してパフォーマンスを行うことができます。

Antares Auto-Tuneの詳細については、こちらをご覧ください。

Melodyne Essential

Melodyneを使用すると、まったく新しい方法でオーディオを操作することができます。

良いテイクが小さなミスで台無しになったとしても、Melodyneがあれば簡単に修復できるため、それを捨てる必要はありません。

イントネーションやタイミングの誤差、音の大きさや小ささ、ビブラートのかけすぎやかけなさすぎに関係なく、Melodyneで は簡単に修復することができます。

レコーディングの細部を最適化し、完璧な状態に近づけることができます。

Melodyneは非常に音楽的な方法で動作するため、演奏の活力や自然さが損なわれることはありません。

さらに、Melodyneのオーディオの信じられないほどの柔軟性は、あなたの大胆なアイデアの出発点となることでしょう。

Melodyneのノート、フレーズ、リズム、ノイズは、実質的に自由自在に拡張、再構築、レイヤー、変形が可能な素材とな ります。Melodyneを使用すれば、思いついたことを実現できる可能性が高くなります。

Melodyne Essentialは、通常価格:99ドルの製品です。

ドラムループ

Waveform Proには、イタリア屈指のスタジオで録音されたユニークなフルマルチトラック・ドラムループのコレクションが含まれています。

Waveformのトラックループフォーマットを利用し、ステレオファイルとして試聴して利用することも、ボタン1つでフルマルチトラックフォーマットでインポートすることもでき、非常に柔軟な対応が可能です。

様々なスタイルのドラムを収録しているので、様々なジャンルの音楽のベースとなることができます。

基本パックには、Alex Sanfilippoコレクションが含まれています。

システム要件

Mac

  • macOS 10.11 以降 (64 ビット)

Windows

  • Windows 8 & 10 (64 ビット)

セール情報

通常価格:119ドル

セール特価:59ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年12月:119ドル→59ドル