記事内に広告が含まれる場合があります

【83%OFF!!】『Softube Mixing & Mastering Bundle』FXプラグイン5製品バンドル

人気メーカーSoftube社(スウェーデン)のFXプラグイン5製品を集めたお徳用バンドル『Softube Mixing & Mastering Bundle』が超特価のセールになっています。

『Softube Mixing & Mastering Bundle』セール

通常価格:605ドル

セール特価:99ドル(83%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*セール終了予定日:

  • 日本時間: 6/3(月)16〜18時頃までの予定です。
  • 英国時間: 6/3(月)7〜9時頃までの予定です。

広告

『Mix Foundations Bundle』

*『Mix Foundations Bundle』には以下に紹介する5つの製品が入っています。

『Harmonics』149ドル

原音の活力を生かすアナログ・サチュレーション/オールインワンの味付けプラグイン

エミュレーションのエキスパートSoftubeの技術で作られたアナログ・サチュレーション・プロセッサー「Harmonics」。とても意欲的かつ音楽的な製品です。

Harmonicsは、WindowsとMacで使用できます(VST / VST3 / AU / AAX)。

サチュレーションやディストーションは、さじ加減が難しいプラグインです。

サウンド全体に歪みを与えるので、どうしても元の音が持っていた活力ある美味しい部分も削り取られてしまいやすい。

これは、ディストーション系エフェクトの宿命だと思うのですが、優秀なミキシングエンジニアなら長年培った技術とセンスで、美味い具合に仕上げることができるのかも知れません。

一方、アマチュアDTMerにとっては、なかなか難しい領域です。

Softube社は独自に開発した技術でこの問題を解決するサチュレーション・プラグインを開発しました。それがHarmonicsです。

ざっと見サウンドデモ動画(2分):

ざっと見紹介動画(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『TAPE』99ドル

ミックスにまとまりと重量感を与えてくれる人気のテープサチュレーション・プラグイン

テープサチュレーションプラグインの中でも高品質+簡単操作で人気の「TAPE」。

A-B-Cのタイプを選んで、AmountノブとTape Speedノブで調整するだけの超簡単操作。(超簡単操作でグッとくるサウンドが作れます。)

サウンドのみのデモ(4分):

『Passive-Active Pack』149ドル

使い勝手の良い3種類のEQバンドル

Softube『Passive-Active Pack』は、それぞれに特徴のある3つの異なるイコライザーを集めたEQコレクションです。

PassiveとActiveのイコライザーは、過去から現在まで何千ものレコーディングで使用されてきた本物のワークホースユニットをエミュレートしています。

紹介動画(2:19・自動翻訳の日本語字幕可能):

『FET Compressor MK II』149ドル

大幅なコンプレスを必要とするボーカル、ドラムなどに最適なアナログ・コンプ

Softube『FET Compressor MK II』は、プロの定番コンプ「Urei 1176」をモデルにしたアナログコンプレッサー・プラグインです。

デモ動画(9:24):

永遠の人気作の全面リメイク『FET Compressor MK II』

20マイクロ秒のアタック・タイムを持つ「世界最速のコンプレッサー」として発表された、クラシックなハードウェアSoftubeモデルの『FET Compressor Mk II』は、非常に人気が高く、数え切れないほどのヒット・レコーディングで聴かれています。

FETゲインリダクション・ステージ、クラスAソリッドステート・アンプ、インプット・トランスとアウトプット・トランス、愛すべきアグレッション、そして味わい深いディストーションで、その理由を理解するのは簡単です。

FET Compressor Mk IIは、DAWベースのワークフローをサポートしながら、オリジナルのサウンドとキャラクターを維持しています。

市場にはこのコンプレッサーのエミュレーションが1176種類以上あるかもしれませんが、Softubeの音質、追加機能、追加コントロールを搭載しているのは、入念に作り直されたFET Compressor Mk IIだけです。

専門家によって設計され、レガシーに基づいて構築

Softube は 20 年にわたりプロ仕様のオーディオ機器をエミュレートしてきました。 Tube-Tech、Solid State Logic、Chandler Limited、Marshall Amplification などのプレミアム ブランドとのパートナーシップにより、アナログ標準をソフトウェア形式で正確に再現する強力な実績を持っています。 FET Compressor Mk II はこの伝統に基づいて構築されており、オリジナルのハードウェアと同じクラシックなキャラクター、優れた音質、そして追加されたモダンな機能を提供します。

グローアップ

FET Compressor Mk II は、ハードウェアの超高速かつ直感的なキャラクターに加え、DAW ベースのワークフローのための最新の機能を提供します。

FET とトランスという 2 つの異なるドライブを一緒に使用することも、別々に使用することもできます。

Dry/Wet、および Sidechain セクションにより、ミキシングとマスタリングのコントロールが強化され、使いやすさが向上します。 ステレオ リンクを使用すると、左右のゲイン リダクションがリンクされたステレオ リンク モードから、左右のチャンネルを独立してゲイン リダクションする非リンク デュアル モノラルに切り替えることができます。

高周波メイクアップ機能を使用すると、ボーカル、スネア、キックドラム、ギターなどのさまざまな音源を圧縮する際に、高周波のわずかな損失を相殺できます。

要点
  • 世界で最も人気のあるアナログ コンプレッサーの 1 つを巧みに改造した完全なモデリング

  • 大幅なコンプレスを必要とするボーカル、ドラム、その他のソースに最適

  • ドライブ、ステレオリンク、サイドチェーンセクション、高周波メイクアップ機能、ドライ/ウェットなどの最新機能を追加

  • 本格的にモデル化されたオールボタンインモードまたはブリティッシュモード

セール情報

通常価格:149ドル

『Clipper』75ドル

アナリティカルでヴィヴィッドなピーク・リミッター

紹介動画(4:33・自動翻訳の日本語字幕可能):

  • クリッピングの音色を形成するデュアル・クリップ・セクション

  • アナリティカル・クリッピングを超えるサウンド・オプションを追加

  • 全世代のConsole 1ミキシング・システムに対応

Clipperは、ミキシングやマスタリングプロセスにおいて、完成したトラックにラウドネスの期待値に見合う最後の一押しをするための音楽プロデューサーのエースです。

Softubeはこのことを念頭に置いてClipperを設計しましたが、それだけではなく、クリッピングのサウンドや雰囲気をクリエイティブに決定できるよう、このデュアルステージクリッパーにいくつかの追加機能を加えました。

RMSとPeakのデュアル・クリッピング・ステージ、アナログ・カラー・オプション、最適化されたソフト・ニー機能など、Clipperは分析的でありながら躍動的です。

クリップ

クリッパーの機能は、リミッターやコンプレッサーから生じるポンピングや時間経過によるレベル低下などの影響を受けずに、ピークを即座に制限することです。

リミッターを使用しなければトラック全体のラウドネスを下げてしまうようなトランジェントがある場合に便利です。

Clipperは、曲のレベルを上げるオプションを与えながら、それらのピークを管理することができます。

また、Clipperのサウンドは、シンセなどの単一トラックをエキサイトさせるのにも役立ちます。

作成

信号のピークをクリッピングすると、耳に聞こえる音が発生します。やり過ぎると不快な音になります。

ピーククリッピングは音楽的な機能ではなく、分析的な機能だからです。この問題に対処するため、SoftubeはClipperのピーク・リミッター・ステージに、ピーク・クリッピング・ステージに入る前に素材を優しくシェイプするRMSステージを組み合わせました。

RMSステージは、マスタリング時に見かけ上のラウドネスを増加させるのに最適で、少ない量では透明で、強くプッシュすると分厚いディストーションに変化します。

数学的な概念を超えて、クリッピングのトーンについてクリエイティブな選択をする力を与えてくれます。

Clipperは、4倍オーバーサンプリングの多段化など、アンチエイリアス技術を使ってアーティファクトを最小限に抑えることでこれを実現します。

ピークステージは、残りのオーディオからトランジェントを削り取ります。無限に速いアタックとリリースを持つリミッターのように考えることができます。

マスタリングプロセスで穏やかに使用すると、Peakステージはよりまとまりのあるサウンドになります。

カラー

808やドラムバスの音色を変えたいことはありませんか?

そんな時は、Analog Colorコントロールを使いましょう。

(さらに、Headroomを微調整し、Low FrequenciesとHigh Frequenciesを設定して、歪ませたい特定の周波数帯域を絞り込みます。)

Analog Colorコントロールは、RMSステージで生成される偶数次倍音(良い音で鳴る甘い倍音)の量を増やすことができるからです。

ネーミングについて: Softubeは、このコントロールの名前について何度も議論しました。

最初は “asymmetry”(非対称)と呼ばれていたのですが、それではサウンドに何の意味もありませんし、専門的すぎる用語だと感じました。彼らはいろいろな名前を試したが、”アナログ・カラー “に戻ってきました。

いや、アナログ回路をベースにしているわけでも何でもありません。しかし、偶数次のハーモニクスというスパイスは共通しています。

ロックンロールの科学

ワークフローを向上させ、最高のサウンドクオリティを提供する機器を作ることに関して、Softubeの評判は揺るぎなく、輝かしいほど長いです。

Tube-Tech、Solid State Logic、Chandler Limited、Weiss Engineering、Tridentといったプレミアムブランドとのパートナーシップは数十年に及びます。

Clipperは、この創造性、情熱、細部へのこだわりの遺産の上に築かれました。

革新と高揚をもたらすツールを作るには、ハートとソウル、そしてロックンロール・サイエンスが必要だからです。

特徴

  • 使いやすいピーククリッピング

  • 分析的でヴィヴィッドなクリッピング・アプローチ

  • クリッピングの音色を調整できるデュアルステージ

  • 不要なアーチファクトの混入を避けるよう慎重に設計

  • 「Softube Console 1」に対応

セール情報

通常価格:75ドル → セール特価:55ドル

『Widener』79ドル

使いやすいワイドニング・プラグイン

紹介動画(7:11・自動翻訳の日本語字幕可能):

ワイド化の5つの方法
  • モノ・トラックをステレオに、ステレオ・トラックをワイドまたはナローにする

  • ニーズに合わせた5種類のワイド化アルゴリズム

  • すべての世代のConsole 1 Mixing Systemに対応

Widenerは、5つのユニークなワイドニング・アルゴリズムにより、モノラル・トラックからステレオ信号を作成したり、既存のステレオ・トラックをワイドニングすることができます。

しかし、なぜ空間ワイドナーを使うのでしょうか?

多くのプロデューサーやマスタリングエンジニアでさえ、トラックを目立たせる簡単で効果的な方法として使っています。

もちろん、不要なアーティファクトでサウンドが台無しにならないよう、注意が必要です。

そうすれば、没入感のあるリスニング体験を生み出す、驚くほど効果的なツールを手に入れることができます。

無駄なことは何もありません。

Widenerで、より広い世界に足を踏み入れてください。

ワイド、ナロー、ステレオ

Widenerはモノラルとステレオの両方のソースに効果的です。モノラルをステレオにして、ミックスを切り裂くようなサウンドを作りましょう。

また、リバーブやディレイなど、サウンドを乱雑にする可能性のある他のエフェクトの代わりとして、ミックスを拡張するために使うこともできます。

FrequencyスプレッドやClassicアルゴリズムを使えば、サウンドはモノラルのままです。

ステレオでは、ミックスの3次元空間を強調し奥行き感を出すためにサウンドを注意深く広げたり、ミックスにフォーカスをもたらすためにサウンドを狭くしたりすることができます。

また、ミックスをワイド化するだけでなく、クロスフィードアルゴリズムを使用することで、マスタリング段階でより自然でまとまりのある音像を作り出すことができます。

5つのワイドオプションと2つのビジュアルエイド

ミックスはそれぞれ特徴的で、様々な課題や必要性があります。ステレオ幅を使用してミックスを強化すると、アーティファクトが発生する可能性があります。

そのため、Softubeには以下の5つの異なるアルゴリズムが搭載されています。

  • Classic
  • Frequency Spread
  • Rotation
  • Ambience
  • Reflections

各アルゴリズムには独自の強みがあり、ステレオ・イメージのスイート・スポットを見つけ、不要なアーティファクトを最小限に抑えることができます。

つまり、異なるアルゴリズムは、位相シフト、ミッド/サイド処理、または残響技術を使用してサウンドを実現します。

ゴニオメーターと相関メーターは、ステレオ幅に関する情報をリアルタイムで提供し、聞こえたものを確認することで落とし穴を避けることができます。

これにより、ミックスに適した選択ができるようになります。

ヒント:

例えばClassicアルゴリズムによるアーティファクトを識別する方法を学びたいですか?

左右のチャンネルだけを聴き、Sizeパラメータをゆっくりと動かしてみましょう。

片方のチャンネルだけを聴くことで、あなたの耳はステレオ化のトリックに簡単に騙されなくなります。

Sizeパラメータを動かすと、櫛形フィルターが移動し、あなたの耳はそのフィルターに集中します。

ロックンロールの科学

ワークフローを向上させ、最高のサウンドクオリティを提供する機器を作ることに関して、Softubeの評判は揺るぎなく、輝かしい長い歴史を持っています。

Tube-Tech、Solid State Logic、Chandler Limited、Weiss Engineering、Tridentといったプレミアムブランドとのパートナーシップは数十年に及びます。

Widenerは、このような創造性、情熱、細部へのこだわりの遺産の上に築かれました。

それは、革新と高揚をもたらすツールを作るには、ハートとソウル、そしてロックンロール・サイエンスが必要だからです。

特徴

  • 使いやすいワイドニング

  • モノまたはステレオ・ソースに使用可能

  • 強さの異なる5種類のアルゴリズム

  • 視覚的な補助としてゴニオメーターと相関メーター

  • Console 1 対応

セール情報

通常価格:79ドル

バンドルのシステム要件

  • macOS Big Sur 11, Monterey 12, Ventura 13

  • Windows 10(64ビット)、Windows 11

  • 無料のSoftubeアカウント

  • 無料のiLok アカウント

  • AU、VST、VST3、および/または AAX 互換の DAW ホスト ソフトウェアを搭載したコンピューター
  • インターネット アクセス (インストーラーのダウンロードとライセンスの管理用)

サポートされている CPU ファミリ

  • Intel Core i3/i5/i7 または Apple シリコン (M1 以降) CPU を搭載した Apple macOS コンピューター。 Apple シリコンはネイティブでサポートされています。
  • SSE 4.2 をサポートするクアッドコア Intel Core i3/i5/i7 または AMD クアッドコア プロセッサーを搭載した Windows コンピューター。
  • 他の Intel プロセッサ (Celeron、Pentium、Xeon) は、SSE 4.2 命令をサポートしていれば互換性があります。

*セール情報

通常価格:605ドル

セール特価:99ドル(83%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」約3.96英国ポンド分が進呈されます。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。