Traktor内部ミキサーのEQ 選び方

 

Traktor内部ミキサー・EQとフィルターを活用しよう

 

Traktorを使用する場合、以下の2種類の方法に大きく分けることができる。

 

外部の本物のミキサーを使う方法

Traktorに内蔵されているミキサーを使う方法

 

今回から3回に分けて、⑵のTraktorに内蔵されているミキサーを使用する上で重要なトピックスについて考察していきます。

 

Traktorに「内蔵されたミキサー」は、以下のようないろいろな呼び方があるが、どれも同じものを指す。

  • 内部ミキサー
  • 内蔵ミキサー
  • インターナル・ミキサー
  • ソフトウェア・ミキサー

 

ここでは「内部ミキサー」と統一して呼ぶことにします。また、Traktor使用者の間では、外部の本物のミキサーのことを「リアル・ミキサー」と呼ぶことが多い。

 

55

上記画像の赤ワクで囲ったところが内部ミキサーの主要な部分。

リアルミキサーと遜色ない操作系統をもっている。

 

Traktorの内部ミキサーの特筆すべきところは、他の主要なDJソフトと違い、イコライザー(EQ)とフィルターの種類が豊富なこと。

 

Traktorの内部ミキサーには、EQが6種類とフィルターが3種類ある。この中からDJの好みとTPOに応じて自由に使い分けることができる。

 

ある意味、18通り(6種類のEQと3種類のフィルターの組み合わせ)の異なるテイストを持ったミキサーを所有していると言えなくもない。

 

それらEQとフィルターの様々な組み合わせによって、DJミックス時のフィーリングに大きな違いが出てくる。各EQ、フィルターは、それぞれ独自の個性があり、使用していて、日々いろいろな発見ができると思う。

しかし、初心者にとってはミキサー(EQやフィルター)の選択肢が複数あると、一体どれを使ったら良いのか考えあぐねてしまうかもしれない。

 

 

以下に、私なりのEQとフィルターの選び方を記しておきたいと思います。

 

 ただし、Traktorで内部ミキサーを使う場合、MIDIコントローラーを使用することが前提となる。

 

コントローラーは、Traktor製造業者であるNI(Native Instuments)製のものが、断然お勧めです。

ソフトウェアのTraktorと同一の製作チームが関わっているNI製のハードウェアは、Traktorとの親和性が非常に高く、操作系統が練りに練られているからです。

しかし、もしもTraktorのEQとフィルターが操作できる一般的なMIDIコントローラーを現在使用しているのであれば、改めてNI製のモノを買わずとも、そちらでも問題なく操作は可能でしょう。

   

私のお勧めは

• 4チャンネルの(4つのトラックを再生したい)場合は、

Kontorl S4もしくはS5S8

Native Instruments 4チャンネルDJシステム TRAKTOR KONTROL S4 MK2

 

• 2チャンネルの場合は、

Kontrol Z1とX1のセットアップ

Native Instruments 2チャンネル式ミキシング・コントローラ TRAKTOR Kontrol Z1

Native Instruments アドオン・コントローラ TRAKTOR Kontrol X1 MK2

 

これらKontrolシリーズのハードウェアが、ソフトウェアのTraktorとの連携が良く練られていて使いやすいと思う。

 

 

また、Kontrol S2もけっして悪くはないだが、独立したフィルターノブが備わっていない。フィルター操作は、ゲイン用のノブとの共有になってるので、若干の使いづらさがあるかもしれない。(シフトボタンで切り替えて操作する感じ。)

 

下画像の2つのコントローラーの下がKontorl S2。

ちなみに上のコントローラーが、上が今は亡きM-AudioのデジタルDJソフトウェア「Torq」用のコントローラー「xponent」。

 

上記写真のKontrol S2では、ゲインとフィルター用のノブが、EQノブの上に位置している。この2つの機能は、共有になっていて、ノブが独立していない。

 

一方、Kontrol Z1(写真下)やKontrol S4、S5、S8は、ゲイン用とフィルター用のノブが独立して装備されている。

5-680x917

ebd54e-1

Kontrol Z1(S4、S8、S5)では、EQ直下に一回り大きいフィルターノブが鎮座していて、
とても使いやすいデザイン。

今ならKontrol S5が、69,800円で買える

Native Instruments DJコントローラー TRAKTOR KONTROL S5

現在、Native InstrumentsがKontrol S5をセールプライスにしています。

ついこの間まで、99,800円だったのに、今なら69,800円で購入可能となっています!!

NI本家の通販サイトではすでに通常価格である99,800円に価格が戻ってしまっていますが、Amazonでは、69,800円で購入可能となっています。

なんなんだ、これ。。驚きのプライスです。

 

TraktorのEQ、フィルター設定の開き方

Traktorの設定を開いて、Mixerをクリック。

11 13.27.37

 

下の画像の1番がEQの選択。2番でフィルターの選択が可能になっている。

11 13.27.54

 

6種類のEQが選択できる。

9 1.08.41

 

 

 

スポンサーリンク

Traktorに装備されている6つの個性的なEQ

Classic

 
8 22.17.17
 
Traktorのオリジナルで標準の3バンドEQのDJミキサー。

使いやすく、癖のないEQ。逆にそこが面白味に欠ける部分かもしれない。

 

完全なアイソレータータイプである「Z ISO」 EQを除けば、他の4つのEQと比べ、このClassic EQが一番、各音域の周波数をカットできる。
 
このClassicは、Traktor Z1に付属するDJソフト「Traktor LE」(Traktorの機能限定版)でも使える汎用性ミキサー。
 
昔は、このClassic EQが標準仕様って感じだったが、現在はP600やP800の方が使用者が多くなっているのはないかと思う。
 
  
※また、外部のリアルミキサーを使用する時は、特別な事情がない限り、このClassicに設定しておこう。
なぜなら、Classic EQは、HI、MID、LOWのEQすべてが「12時」の位置にあれば、出音が変化しないので外部のミキサー使用時に音質に影響を与えないため。
  

       

P600 (DJM-600)

Pioneer ザ・プロフェッショナル・ディージェーミキサー DJM-600 DJミキサー (ダークシルバー)
 
パイオニアのDJM-600を模した3バンドEQのDJミキサー。
どのジャンルにも器用に対応するEQ。
後発のP800と似ていると思うが、このP600の方が各周波数帯とも若干残る。
P800と比較すると、各バンドのEQノブを反時計回りに絞っていくと、P600の方がほんの少しだがリバーブがかかっている感じがしないでもない。(ぜひEQをいじりながら両者を聞き比べてみてほしい。)
 
また、P800の方が若干乾いた音。私はP800の方が好み。
 
どのEQを選ぼうか迷ったら、まずはこのP600を起点にP800、Z ISOあたりと比較して好みのEQのかかり具和で選んでいくのと良いと思う。
 
 
 

NUO

ECLER NUO5

 スペイン、Ecler社のNuoミキサーを模した3バンドEQのDJミキサー。

他のEQと比べ、かなり個性が強い(癖のある)EQ。
 
完全に各音域がカット出来るアイソレータータイプのZ ISOや、そこそこ各音域が切れるClassicなどと使い比べると分かりやすいが、
このNUOは、LOWを反時計回りに目一杯切っても、低音域が相当残る。
音に色づけされる感じもある。
そのせいかEQ操作時には出音がファットな印象を受ける。
 
また、HIもLOW同様、そこまで切れてない感じ。しかしその辺がこのNUOの個性と言えるだろう。ある意味一番の変態仕様かも。
 
各EQのバンドにキルスイッチが付いているタイプのコントローラーを使っているなら、これくらいファットな音質のEQを使って見るのも面白いかもしれない。
 
 

   

XONE

Allen & Heath XONE : 92L プロフェッショナル 6ch DJミキサー リニアフェーダーモデル
 
Xoneは、英国のアレヒ(Allen&Heath社)製のミキサーを模した4バンドEQのミキサー。
  
MID(中音域)の周波数の制御が、「HI-MID」と「LOW-MID」の2系統あるのが特徴。
これは、4バンドEQモデルの「Xone92」をエミュレートしているんだろうと推測します。
 
Xoneは、ハウスやテクノのDJには人気の高いミキサー。中にはXoneじゃなきゃプレイしたくないと言うコアなファンもいるほど。
 
もちろん、このTraktorのXone EQが、本物のXone92を完璧に再現出来ているとは思わないが、ソフトウェアEQにしてはなかなかの出来。
 
  
Xone EQは、Traktorの6つのEQの中で唯一4バンドEQを搭載している。これは、精緻なEQ操作を実現したいテクノやハウス系DJに最適。
 
ただしこのXoneをフルコントロールするには、コントローラー側も、EQのために4つのノブが独立して必要。
 
実は、EQ用にノブが4つあるコントローラーを見つけるのは難しい。
 
Kontrol Z1やS4、S5、S8などでXoneEQを使用したい場合は、ゲインノブかフィルターノブに4つあるEQのどれかを割り当てる感じになると思う。
 
ただしこのXone EQ、個人的には操作しにくいというか、ちょっとした操作で音が破綻しやすい気がする。音質自体は良いのだが。
(ただ単に、自分がXone EQを使い慣れてないだけかもしれないが、、。)
 

   

Z ISO

Native Instruments 2+2チャンネル・コントロール・ミキサー TRAKTOR Kontrol Z2
 
ZISOは、新しいTRAKTOR KONTROL Z2のDJミキサーと同じ3バンドEQ。完全なキル・アイソレーター・タイプのEQ。
EQノブを、反時計回りに回し切ると、それぞれの周波数帯域を完全にカット出来る。
  
しかし、完全にカットできるが故に、フェーダー・カーブが急激に変化するので、繊細な操作をDJに要求するEQでもある。
 
Traktorの内部ミキサーのEQの中で、このZ ISOだけが完全にそれぞれの周波数がカット出来るアイソレータータイプの特別なEQ。
各バンドにキルスイッチを持たないコントローラーを使うDJにはありがたい存在。
 
 
次項で詳しく解説する、フィルターを曲同士のミックス調整に使用するときは、このZ ISO EQをフィルターの補助として、もしくはコンビとして使用するのがおすすめです。
なぜなら、ノブの操作で各周波数がきっちり切れるので、フィルターでー加工した出音を精緻コントロールしやすいからです。
   
  
   

P800(DJM-800)

P800は、Traktorに後から追加された比較的新しいミキサー。
実はこれ、パイオニアの名機、DJM-800を模した3バンドEQのDJミキサー。
 
個人的には、これが一番好きなミキサー。
 
きちんとEQでミックスしたいときはこのP800を使うことが多いです。
 
 
各バンドのEQのフェーダー・カーブがとても自然な感じで、曲同士を違和感なく混ぜ合わせることができる。
 
DJミックスでフィルターなどを使うのは邪道だと思われる硬派な方は、このP800、お勧めです。
パイオニア・ミキサーのエミュレーションらしく、どのジャンルにも合わせやすいミキサーだと思う。EDMやトランス、NU-DISO、テクノ、ハウスなんでもござれな感じ。
 
Pioneer DJM/DJミキサー DJM-800
DJの定番ヘッドホン「HD25」の新パッケージが発売されました

【国内正規品】ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II

DJ用ヘッドホンの鉄板「HD25」の新パッケージが発売されました。
上記のHD25 IIと比べ、刻印などの細かい若干の変更はあります。また、キャリングケースがつかないなどのシンプルな構成となっていますが、中身の性能はほとんど変わらないようです。

これで従来のHD25 Ⅱと比べ、価格は約50%オフ

凄すぎる、、コスパ最高です。

(ゼンハイザー・ジャパンの保証がある)国内正規品では今のところアマゾンが最安値です。

 

こちらは従来のHD25 II

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする