iZotope RX7より安い「Acon Digital Acoustica 7.1」オーディオエディター

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Acoustica 7 プレミアム版」のワークスペース。(エディタにオーディオクリップがロードされた状態。)

 

ノルウェイ・オスロに拠点を置くAcon Digital社は、Windows/Mac用のオーディオエディティングソフトウェア「Acoustica」 のバージョン7.1を発表しました。(Acon Digital社は主にオーディオ編集を得意とするデベロッパーです。)

 

このソフトは、オーディオ編集に特化したソフトなのですが、オーディオ修復など様々な機能が追加されたことにより、iZotopeのRX7に対抗しうる強固なツールなりました。

これ、ものすごく多機能なソフトです。

オーディオ修復以外にも、マスタリング用ツールも一式揃っているので、iZtotope Ozoneあたりもライバルになるソフトです。

 

また、V7からは、Macへの対応も開始されています。

 

   

まずは、下の動画(10分弱の)をご覧ください。この動画で「Acoustica V7がどのようなソフトなのか?」理解が進むと思います。

Introduction to Acoustica 7

   

スポンサーリンク

Acon Digital Acoustica 2つのバージョン

Acoustica 7のマルチトラック・オーディオ編集機能

 

Acoustica v7.1には「Standard」と「Premium」の2つのバージョンがあります。

  

Premium版には、サードパーティのホストアプリケーション(お好みのDAW)で使用するためのVST、VST3、AAX、Audio Unitの豊富なプラグイン・コレクションが付属しています。

 

Premium版だけの限定機能

  • スペクトル編集
  • フル機能のオーディオ復元プラグイン(DeClick、DeClip、DeNoise、DeHum、Vitalize)
  • “Equalize”プラグイン
  • ” Verberate “プラグイン
  • マルチバンド・ダイナミクス
  • 最大8チャンネル(5.1または7.1サラウンドなど)でのマルチチャンネル録音、編集、保存

 

プレミアム版には、

別途Acon Digital社から販売されてるされている優秀なプラグインが標準装備されています。

Equalize 2(通常価格:11099円)

Verberate(通常価格:7735円)

Restoration Suite(通常価格:11200円)

などに代表されるダイナミック処理、マスタリング、エフェクト処理、オーディオ復元などの新しいプラグインが無償で付属します。

 

   

一方、Standard版では、「スペクトラルアナライザーを使った新しいスペクトル編集モード」が省かれています。

スペクトル編集モードは、Equalize、Verberate、Restoration Suiteなどのプラグインから処理ツールにアクセスしながら、より正確な復元作業を可能にします。

この「スペクトル編集モード」が、Acoustica7の大きな売りの一つなので、オーディオ処理に完璧を期したい場合は、Premium一択になると思います。

 

加えて、Premiumはサラウンド対応。Standardはステレオまでの対応になります。

スペクトル編集モード(プレミアム版のみの機能)

   

しかし、気軽にオーディオ編集と修復を行うなら、Standardでもかなりのことが出来ます。

以下の表をご覧になるとわかりますが、「Standard」と「Premium」の違いは、「スペクトル編集モード」の有無以外はそれほど大きな違いはありません。

 

もし「スペクトル編集モード」に必要性を感じないなら、「Standard」の選択も考慮に入れると良いと思います。

  

「Standard」と「Premium」の 違い

General Features Standard Edition Premium Edition
Supported driver models for audio recording and playback (Windows) ASIO, Windows Audio (exclusive and non-exclusive), DirectSound ASIO, Windows Audio (exclusive and non-exclusive), DirectSound
Supported driver models for audio recording and playback (Mac) CoreAudio CoreAudio
Maximum number of audio channels 2 (stereo) 8 (up to 7.1 channel surround)
Maximum sample rate 384 kHz 384 kHz
Supported bit resolutions Up to 32 bit PCM or floating point Up to 32 bit PCM or floating point
Timer and input level triggered recording Yes Yes
Number of undo and redo levels Unlimited Unlimited
Ultra fast non-destructive editing engine Yes Yes
Standard cut, copy, paste and mix editing Yes Yes
Optional Auto de-click at splice points Yes Yes
Drag and drop editing Yes Yes
Support for labels and region markers Yes Yes
Cleaning Wizard that simplifies LP or tape to CD transfers Yes Yes
Time formats Hour:Min:Sec:MS, SMPTE (23.98, 24, 25, 29.97 drop frame, 29.97 non-drop frame, 30 fps), Sample index, Bar:beat:tick Hour:Min:Sec:MS, SMPTE (23.98, 24, 25, 29.97 drop frame, 29.97 non-drop frame, 30 fps), Sample index, Bar:beat:tick
Regions can be saved as separate files Yes Yes
Tabbed MDI user interface Yes Yes

Spectral Editing Standard Edition Premium Edition
Switch between waveform and spectrogram view in clip editor No Yes
Time-frequency selection tools N/A Area (time range, frequency range or combined), brush, freehand and magic wand
Retouch tool (attenuates noise in time-frequency selections) No Yes
Overtone selection N/A Yes, alt + mousewheel or arrow up / down sets number of harmonics
Frequency scales N/A Mel scale, logarithmic or linear

Multitrack Editing Standard Edition Premium Edition
Multitrack editor Yes Yes
Maximum number of rendered audio channels 2 (stereo) 8 (including 7.1 and 5.1 surround)
Maximum number of tracks Unlimited Unlimited
Processing chains Track inserts, master inserts and send effects Track inserts, master inserts and send effects
Loop or time stretch clips Yes Yes
Cross fade between clips Yes Yes
Automation curves Volume, left to right pan, back to front pan and send level Volume, left to right pan, back to front pan and send level

Real-time Analyzers Standard Edition Premium Edition
Level meter with true or sample peak, peak hold and RMS indicators Yes Yes
Level meter modes K-20, K-14, K12 and digital full scale K-20, K-14, K12 and digital full scale
Customizable level meter ballistic settings Yes Yes
Loudness meter Yes (EBU R-128 compliant) Yes (EBU R-128 compliant)
Spectrum analyzer Yes Yes
Phase correlation meter Yes Yes
Time display Yes Yes

Analysis Tools Standard Edition Premium Edition
Spectrum analysis Yes Yes
Spectrogram analysis Yes Yes
Wavelet (Morlet wavelet) analysis Yes Yes
Spectral histrogram Yes Yes
Statistics Yes Yes
Automatic track splitting Yes Yes

Seamlessly Integrated Plug-Ins (only available inside application) Standard Edition Premium Edition
Restoration Suite 1.8 Yes, but with DeNoise Light (no adaptive mode and fewer parameters) Yes
Acon Digital Verberate Feature limited version Yes
Acon Digital Equalize Feature limit version with minimum phase mode only Yes

Audio Processing Standard Edition Premium Edition
Processing chain Yes Yes
Plug-in support VST, VST3 and AU (Mac only) VST, VST3 and AU (Mac only)
Real-time preview audio processors Yes Yes
Preset manager Yes (for internal tools) Yes (for internal tools)
Volume curves Yes Yes
Fade ins and outs with five different curves Yes Yes
High quality sample format conversion Yes Yes
Dithering and noise shaping Yes Yes
Channel mixer for stereo image adjustments Yes Yes
Batch processing (files and complete folder structures) Yes Yes
Add sampler loops Yes Yes
Loop fader (cross-faded loops) Yes Yes
Test signal generator Yes Yes
Dynamics (compressor, expanded and gate) Yes Yes
Multiband Dynamics (multiband compressor, expanded and gate) No Yes
Limiter Yes Yes

Audio Restoration Standard Edition Premium Edition
DeClick Yes (from Restoration Suite 1.8) Yes (from Restoration Suite 1.8)
DeClip Yes (from Restoration Suite 1.8) Yes (from Restoration Suite 1.8)
DeNoise Light version without adaptive mode and fewer parameters Yes (from Restoration Suite 1.8)
DeHum Yes (from Restoration Suite 1.8) Yes (from Restoration Suite 1.8)
Vitalize Yes Yes
Automatically remove DC offsets Yes Yes

Effects Standard Edition Premium Edition
Reverb Yes Verberate
Convolution reverb Yes Yes
Echo (multitap delay width feedback filtering and optional stereo bouncing) Yes Yes
Modulate (flanger and phaser) Yes Yes
Chorus Yes, based on Acon Digital Multiply Yes, based on Acon Digital Multipl
Transpose (pitch change) Yes Yes
Time Stretching Yes Yes
Harmonizer with up to four voices Yes Yes

File Formats Standard Edition Premium Edition
Supported audio formats WAV, WAV64, AIFF, MP4 (AAC – Windows 7 or higher required), MP3, OGG, FLAC, WMA WAV, WAV64, AIFF, MP4 (AAC – Windows 7 or higher required), MP3, OGG, FLAC, WMA
Edit ACID information i wave files ​Yes Yes
Integrated file browser pane in the workspace Yes Yes

CD Projects Standard Edition Premium Edition
Integrated audio burning Yes Yes
Disc At Once burning (DAO) for gapless recording Yes Yes
Import audio tracks from CDs Yes Yes
Supports buffer underun protection schemes Yes Yes
Save and load CD projects Yes Yes
Erase CD-RWs Yes Yes

  

   
 
  

Acoustica 7.1の新機能

他のホストアプリケーションで使用するためのプラグインの広範なコレクション(Premium Editionのみ)。

 

Pro Toolsの転送ツールを使用すると、オーディオをAcousticaに転送し、処理後に元に戻すことができます(Premium Editionのみ)。

 

新しい置換とリダクション方法(プレミアム版のみ)を備えた改良されたレタッチツール。

 

バッチプロセッサの処理がマルチスレッド化され、マルチコアCPUのパフォーマンスが向上しました。

 

マルチモニター設定用の取り外し可能な窓枠を備えたドッキングシステムの改良。

 

オプションのプリロールによる録音ダイアログの改善。

 

RF64サポート。

 

自動更新通知。

  

Acoustica 7.1の価格

Acoustica 7.1の価格は、

「Standard」:6,715円

「Premium」:22,410円

とだいぶ価格が違います。

  

上位版のPremium版は、Equalize 2、Verberate、Restoration Suite(DeClick、DeClip、DeHum、DeNoise)

くわえて、Phono Filter、Vitalize、Convolve、Dither、Dynamics、Multiband Dynamics、Limit、「Transfer Pro ToolsからAcousticaオーディオトランスファープラグイン」

が含まれます。

 

一方、機能制限付きの「Standard版」は、Premiumエディションの1/3以下の価格で購入できます。

 

Standard版は、iZotope RXの下位版に当たる「RX7 Elements」の有力な対抗となり得るでしょう。

(と言いますか、iZotope RX Elements比較するとAcoustica Standard版の方が、相当に多機能です。)

 

また、「Premium」の22,410円も、RX7の正規版の価格と比べると、かなり魅力的です。

 

とはいえ、当記事執筆現在(2018年10月13日)は、iZotope RX7は半額セールをやっていて実質的に23000円程で買えてしまいます

新しくなったiZotopeのRX7。早くもセールが開始されています。それも半額。   今回は、クロスグレード版が半額なの...

 

RX7には「サジェスト機能によるオーディオ修復自動化」と「音声のパートごとの分離機能(ボーカルと音楽の分離など)」という超絶に便利な機能が追加されているので、これらの機能が必須ならRX7一択です。

   

Acon Digital Acoustica7シリーズとiZotope RX7シリーズのと大きな違いは 、

RX7はサジェスト機能など自動化に重きを置いていますが、Acoustic7はあえて自動化には重きを置かず、(ミキシング&マスタリングまで含めた)より広範囲なオーディオ編集機能を網羅した「汎用性」を重視したソフトであると言えるでしょう。

 

自動化やパート分離機能に魅力を感じないなら、Acon Digital Acoustica7の方が(マスタリングなど)出来ることが幅広いので、また違った方面で良い選択肢になるかと思います。

Acoustica 7 Premium版のセールページ

 

Acoustica 7 Standard版のセールページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク