Audiority『Tube Modulator』多彩なテイストを搭載したモジュレータ・サチュレーションFX

AudioThingのサマーセールが開催されています。

Tube Modulatorは、トレモロ、ビブラート、空間位置エフェクト回路のコレクションを備えたモジュレータFXプラグインです。

期間限定で50%OFF(35ドル→17.5ドル)になっています。

AudioThingサマーセール(8月23日夕方まで)
スポンサーリンク

Tube Modulator

Tube Modulatorは、70年代のサイケデリック・サウンドを定義したクラシックなUni-Vibeギター・ペダルをベースにしています。

50年代の古いアンプに見られるトレモロやビブラートをモデル化し、オリジナル・シグナル(オリジナル・ユニットの特徴を持つ)とミックスするオプションを追加して、信じられないほど暖かいコーラスやハーモニック・エフェクトを作成することができます。

Tube Modulatorの概要

Tube Modulatorは、50年代後半のチューブ・バイアス・トレモロから60年代後半のサイケデリック・バイブ・ペダルまで、いくつかのトレモロ、ビブラート、空間ポジション・エフェクト回路を収録しています。

Tube Modulatorの空間エフェクトには、パンナー、ロータリースピーカー、ワイドステレオの “ワウ&フラッター “シミュレーターが備わっています。

ワイドなXYスコープは、現在の振幅と空間位置のモジュレーションを表示し、設定から瞬時にフィードバックを得ることができます。

チューブ・モジュレーターはデザインによって着色されており、あなたの信号に暖かみと色の大きな量を追加することができます。

特徴

  • 7 トレモロ/ビブラートモード
  • 3 空間位置のエフェクト
  • 11 波形 LFO
  • XYスコープ
  • パラメータ リンク
  • テンポシンク
  • カラフルなデザイン

デモ動画:

Audiority Tube Modulatorは非常に効果的な結果が得られるサチュレーターとしても使用できます。

RATEとAMOUNTコントロールを最小にしておくと、プラグインはどのようなタイプのモジュレーションも提供せず、基本的には7つのヴィンテージ・デバイスからモデル化された7つの異なるアルゴリズムを持つ非常に強力なキャラクター・サチュレーターになります。

プラグインメーカーの曖昧な言葉で大まかに説明されているモデル機を紹介します。

  • TUBE TREM ’59スタイルのチューブ・バイアス・トレモロ。
  • HARMONIC TREM ’61スタイルのハーモニック・トレモロ。
  • VIBRATO 真空管プリアンプの前のクラシックなディレイベースのビブラート。
  • CHORUS VIBE ドライ信号の一部をビブラート信号に和らげ、ウォームな初期コーラスエフェクトを得ることができます。
  • CHORUS VIBEのようなHARMONIC VIBE
  • ’68 VIBEはUni-Vibeペダル
  • ’68 CHORUS VIBEはUni-Vibeペダルのコーラススイッチ設定に相当します。

システム要件

MAC

  • OSX 10.7.5以降
  • インテルi3以上
  • 2GB RAM
  • スクリーンの決断。1024×768
  • VST2, AU, AAX 64ビットホスト

Windows

  • Windows XP SP3以降
  • インテルi3以上
  • 2GB RAM
  • スクリーンの決断。1024×768
  • VST2, AAX 64ビットホスト

セール情報

通常価格:35ドル

セール特価:17.5ドル(50%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年5月:35ドル→10ドル

*Plugin Boutiqueでは、上記の製品を購入時に、Melda Productionの『MDynamicEq』(通常価格:76ドル)が無料でプレゼントされます(8月いっぱい有効):

*ADSRでは上記の製品を購入時に『OSL Side Effects』(37ドル)が無料で貰えます(8月のみ)。

AudioThingサマーセール(8月10日夕方まで)