dSONIQ『Realphones』ヘッドホン音楽製作者必須の手ごろな価格のサウンド補正ツール(最新V1.8で様々な機能が追加)

Realphonesは、ホームスタジオ音楽製作者は持っておきたいヘッドホン・キャリブレーション・ツール。(ヘッドホンでも正確なミックスを可能にする便利なツールです。)

SoundID Reference」(旧名:Sonarworks Reference)と機能が似たツールですが、それよりだいぶ手頃な価格で提供されています。

そして現在は、そこから更にお得なセール価格で手に入れることができます。ヘッドホンキャリブレーションを導入する敷居を低くしてくれるセールです。

*2021年4月末にリリースされたv1.7では、「簡単操作モード」などの新機能が追加されています。

*2022年7月にリリースされたv1.8では、音質の向上や新しいルームエミュレーション(クラブ、自動車)などの機能が追加されています(Apple シリコンへのネイティブ対応も追加)。

2022年12月9日:

dSONIQ Holiday Sale』が開催されています。

*セールは日本時間の12/26(月)19時頃までの予定です。

2022年12月26日:new year セールで日本時間の11/0(火)夕方頃までセール期間が延長しています。

スポンサーリンク

dSONIQ『Realphones』

Sonarworks Referenceより安く導入できるヘッドホン補正とスタジオ・エミュレーションのモニタリング補助ツール

ざっと見紹介動画(27秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

dSONIQ『Realphones』は、ヘッドホン補正とバーチャルスタジオのエミュレーションを行うことができる便利なツールです。

レコーディングスタジオのコントロール・ルームの音響環境を、ヘッドホンに再現し周波数特性を補正してくれるモニタリング補助ツールです。

Realphonesを用いると、ユーザーのヘッドフォンが信頼できるミキシングのモニタリング・ツールに変身させることができます。

Realphonesは、プラグインとスタンドアロン・ソフトウェアの二刀流で使用することができます。

ヘッドホンを使用する必要のあるホームスタジオ音楽家には必須の感のあるサウンドキャリブレーション(補正)ソフトウエア。

この分野では、「SoundID Reference」(旧名:Sonarworks Reference)が有名ですね。

SoundID Referenceの機能が限定されていない完全版である「SoundID Reference for Speakers & Headphones」は、249ドルです

一方で、このRealphonesの上位版『Realphones Ultimate Pack』の通常価格は、179ドルです。

それが現在セールになっていて、117ドルで購入可能です。

また、中位版の『Realphones Professional Pack』なら、通常価格:99ドル → セール特価:65ドルで購入できます。

Realphones:3つのバージョンの比較図

バージョンLite PackProfessional PackUltimate Pack
フォーマットスタンドアロン、VST、VST3、AUスタンドアロン、VST、
VST3、AU
スタンドアロン、VST、VST3、AU
ヘッドフォン・プロファイル一般的なプロファイルのみを搭載3つの標準ヘッドフォンキャリブレーションプロファイルを搭載サポートされているすべてのモデルの標準ヘッドフォンキャリブレーションプロファイルの無制限の選択が可能

Sonarworks ReferenceとdSONIQ Realphonesの違い

以下のsoundonsoundさんの記事が詳しいです。

参考記事リンク

Sonarworks Reference はヘッドフォンとスピーカーベースのモニタリングシステムでも同じように動作するように設計されています。

一方で、dSONIQ Realphonesは、純粋にヘッドホンのみをターゲットにしています。

しかしながら、dSONIQ Realphonesは、Referenceとは異なり、単にヘッドフォンの欠陥を補正するだけではありません。

Referenceにはない「バイノーラル処理」のオプションが搭載されています。

この機能で、コントロールルームのスピーカーで聴くような体験を再現しようとしています。

つまり、Realphonesは、Referenceの機能とWavesのNxの機能を組み合わせたものと考えることができます(ヘッドトラッキングはありませんが)、あるいは古いFocusriteのVRM Boxと考えることができます。

Realphonesのデモ動画

Realphonesを使ってヘッドフォンを完全なミキシングワークスペースに変える方法(5分・日本語翻訳字幕可能):

著名な音楽制作系解説チャンネルMusicTechHelpGuyによる詳細な紹介&解説動画:(11分40秒・日本語翻訳字幕可能):

Realphones用いたヘッドフォンの歪みを補正する方法チュートリアル(6分25秒・日本語翻訳字幕可能):

レビュアーWhite Sea Studio氏によるレビュー動画(14分・日本語翻訳字幕可能):

HiphopプロデューサーSoniq Sounds氏によるレビュー動画(13分・日本語翻訳字幕可能):

RealphonesとWaves Abbey Road Studio 3 を使用し、これらプラグインでスタジオを置き換えることは可能かを検証(12分・日本語翻訳字幕可能):

dSONIQとWavesのソフトウェアを用いて、このヘッドフォン操作ソフトウェアが、音響的に処理されたスタジオに本物のモニタースピーカーがある場合と比較してどうかを確認してみました。

マスタリングを学ぶための最良の方法(25分・日本語翻訳字幕可能):

ビデオ内でRealphonesを使用しています。

dSONIQ『Realphones』の詳細

Realphonesは、ヘッドフォンを使ったミキシングに必要なすべて網羅するモニタリング・ツールです。

厳選された機能の各セットは、あなたのトラックが、スタジオや他の場所でどのように聞こえるかを、ヘッドフォンを外すことなく理解するのに役立ちます。

Realphonesの特徴

  • ヘッドホンの周波数特性を補正します(対応機種一覧を参照)。


  • プロのニアフィールドとファーフィールドのモニタリングを備えたスタジオコントロールルームのエミュレーションを備えています。


  • HRTFに基づくバイノーラル・バーチャル・ポジショニング(両耳性の仮装位置)を使用できます。


  • プロフェッショナルおよび家庭/消費者向けオーディオ再生システムの周波数応答をシミュレートします。


  • ミックスの空間成分と周波数成分をモニターするための機能を備えています。

Realphonesの技術の仕組み

ヘッドホン周波数特性補正

2015年からの広範な研究により、dSONIQは高精度のヘッドホン測定を実現する先進のマルチステージ技術を生み出しました。その結果は、人が現実に聞いている音に限りなく近いものです。

Realphonesのヘッドホン周波数特性補正により、不要な色付けを最小限に抑えたリニアなサウンドを聴くことができます。

現在、Realphonesは約200のヘッドホンモデルをサポートしていますが、dSONIQはこのヘッドホンリストを拡大するために絶え間ない努力しています。

プロフェッショナルスタジオのコントロールルームをヘッドホンで

プロフェッショナルなスタジオでは、サウンドエンジニアはニアフィールド、ミッドフィールド、ファーフィールドのモニターを使い、ミックスの状況を明確に把握することができます。

Realphonesは、アメリカの建築家Tom Hidleyが設計し、イギリスの音響学者Roger d’Arcyが改造した本物のハイエンド大型コントロールルームをエミュレートしています。

ナイトクラブとカーキャビンでミックスチェック

ナイトクラブには強力なサブウーファーが搭載されており、スタジオでトラックを作っているときには気づかないような低域の問題を明らかにすることができます。

Realphonesでクラブエミュレーションを行えば、低域過多による典型的なミスを回避し、トラックがクラブでどの程度「パンプ」するのかを理解することができます。

また、サウンドエンジニアが自分の車でミックスをテストするのは、よくある習慣です。良いカースピーカーは、スタジオのニュートラルなスピーカーとは異なり、「太く」「ジューシー」な音を出すため、異なる視点から見ることができるのです。

また、多くの人が車の中で音楽を聴き、その音に慣れているため、Realphonesのカーエミュレーションでミックスをチェックすることは決して悪いことではありません。

ミックスチェックのためのその他のツール

プロ用モニターや民生用オーディオスピーカーの様々なモデルの音をモデリング。

様々なリスニング環境下で、あなたのミックスがどのような挙動を示すかをチェックします。

Realphonesの技術はどのように機能するのか?

ヘッドホンの周波数特性の調整

以下が、一般的なプロ用スタジオヘッドホン6モデルの個別サンプルの周波数特性グラフです。

ピークやディップは音色や音楽のバランスに誤差をもたらし、周波数のマスキングの原因となります。

(ヘッドフォンの周波数特性グラフをもっと見る

以下が、Realphones Standard周波数補正を適用した後の同じサンプルの周波数特性のグラフです。

均等なレスポンスにより、より確実な音色の伝達と音楽バランスを得ることができるようになります。

Realphonesはバーチャルな音響空間を提供します

従来のヘッドホンのステレオ再生

電話のトランスデューサーは耳の近くに配置されており、音響的に互いに隔離されています。

  • 架空の音源は間隔が広すぎて、しっかりとしたサウンドステージに結合されていません。


  • センターとサイドのスペクトルバランスが乱れる。


  • 部屋の反応がないことで、乾いた薄い音につながります。
バイノーラルアングル(両耳のアングル)を60°に設定

音響心理バーチャルソースの配置は、標準的なスタジオモニターのセットアップにマッチしています。

  • ミックスとその構成要素の表現がしっかりとしたものになります。


  • センターとサイドの間のレベルと周波数バランスが再構築されます。


  • 音源の適切なローカリゼーションと相互作用は、ミックスの幅と深さを創造的に表現するために必要です。
ルームアンビエンスを100%に設定

バイノーラルに捉えたプロのスタジオコントロールルームの雰囲気を、ドライなヘッドフォンサウンドにプラスします。

  • ミックスは実際の部屋の音響の文脈で再現されます。


  • ミックスのボディ、トランジェント、空間が明らかになります。


  • ルームリフレクションは、レベル、イコライジング、スペース、エフェクトを微調整するポイントを提供し、ミックスをより良いものに変換します。

ミックステスト・ツールを搭載しています

Realphones には、プロや民生用オーディオスピーカーの多様なセットのモデリングが備わっています。

そのおかげで、幅広いシミュレートされたスピーカーでミックスの動作を確認することができます。

ステレオミックスの様々な側面を操作するためのコントロールツールも用意されています

これにより、モノラルの互換性、左右対称性、シングルスピーカーの再生、サイドの反位相コンポーネントをテストすることができます。

Realphonesの効能

Realphonesは、以下のような場合に特に効果を発揮します。
  • 適切に音響処理されたスタジオを用意できない場合。


  • 自宅などのバックグラウンドノイズやリバーブがひどい部屋でトラックのミキシング作業をしている場合。


  • プロ用のモニターでも十分な結果を得ることができない場合。

Realphonesを使えば、ヘッドフォンでのミキシングの可能性は、プロのレコーディングスタジオのコントロールルームのような状況に近づけることが可能になります。

モニタリングが信頼できるものになるので、ミキシングプロセスがよりシンプルになります。

そして、あなたの家族や隣人は、邪魔な音や大音量の音楽に我慢する必要はありません。

一方で、プロのオーディオスタジオを利用している場合、Realphonesはスタジオ内での補助的なモニターとしてだけでなく、スタジオ外でのトラック作業のための主要なツールとしても使用することができます。

慣れない音響環境のスタジオでも、あなた自身が慣れ親しんだコントロールをいつでも利用することができます。

様々なオーディオデバイスをエミュレートするためのモードは、

「あなたのミックスが民生用スピーカーや強力なサブウーファーを搭載したシステム、ポータブルデバイスでどのように聞こえるか?」

を、デスクから立ち上がることなく決定するのに役立ちます。

また、Realphonesは、移動中や旅行中のミックス作業にも最適です。

必要なのはプラグインとヘッドフォン、そしてラップトップだけです。Realphones は、外出先でも簡単に持ち運べる正直なモニタリングです。

Realphones:3つのバージョンの比較図

バージョンLite PackProfessional Pack
Ultimate Pack
フォーマットスタンドアロン、VST、VST3、AUスタンドアロン、VST、
VST3、AU
スタンドアロン、VST、VST3、AU
ヘッドフォンプロファイル一般的なプロファイルのみ3つの標準ヘッドフォンキャリブレーションプロファイル(注1)サポートされているすべてのモデルの標準ヘッドフォンキャリブレーションプロファイルの無制限の選択(注1)

(注1)特定のヘッドフォンモデルの周波数応答プロファイル。 1つのモデルのヘッドホンの測定値の平均に基づいて取得されます。 サポートされているヘッドホンモデルの数は現在、90を超えています。

Realphonesが対応しているヘッドフォンモデル一覧

注意:ライト版の『Realphones Lite Pack』には、特定のモデルに関連しない一般的なプロファイルのみが含まれています。

以下の対応ヘッドホンモデルは、中位版「Realphones Professional」と上位版「Ultimate Supported Headphones」に含まれているヘッドホンモデルです。

(各周波数特性校正プロファイルには、同じヘッドフォンモデルの複数のインスタンスの平均測定結果が含まれています。)

ヘッドホンキャリブレーションのプロファイル
  • Adam Audio SP-5
  • AKG K44 new
  • AKG K52 new
  • AKG K66 new
  • AKG K72 new
  • AKG K77
  • AKG K92 new
  • AKG K99 new
  • AKG K121 Studio
  • AKG K141 MKII
  • AKG K182 new
  • AKG K240 Monitor 600 Ohm new
  • AKG K240 MKII new
  • AKG K240 Studio new
  • AKG K270 Studio new
  • AKG K271 MKII new
  • AKG K272HD new
  • AKG K361 new
  • AKG K371
  • AKG K500 new
  • AKG K514 MKII
  • AKG K550 MKIII new
  • AKG K601
  • AKG K612 Pro new
  • AKG K701
  • AKG K702
  • AKG K712 Pro new
  • AKG K812 new
  • AKG K872
  • Apple EarPods
  • Apple AirPods (gen 1,2)
  • Apple AirPods Max new
  • Apple AirPods Pro new
  • Artesia AMH-122
  • Audeze LCD-1 new
  • Audeze LCD-2
  • Audeze LCD-2 Classic new
  • Audeze LCD-2 Classic Closed new
  • Audeze LCD-4z
  • Audeze LCD-X
  • Audeze LCD-X 2021 new
  • Audeze LCD-XC new
  • Audeze LCD-XC Carbon 2021 new
  • Audeze Sine
  • Austrian Audio Hi-X55 new
  • Austrian Audio Hi-X65 new
  • Audio-Technica ATH-AVA400 new
  • Audio-Technica ATH-AVC500 new
  • Audio-Technica ATH-910 Pro
  • Audio-Technica ATH-M20x new
  • Audio-Technica ATH-M30x new
  • Audio-Technica ATH-M35 new
  • Audio-Technica ATH-M40x new
  • Audio-Technica ATH-M50
  • Audio-Technica ATH-M50x new
  • Audio-Technica ATH-M70x
  • Audio-Technica ATH-MSR7
  • Audio-Technica ATH-R70x new
  • Axelvox HD 241
  • Axelvox HD 242 new
  • Axelvox HD 271
  • Axelvox HD 272
  • Beyerdynamic Custom One Pro
  • Beyerdynamic Custom Studio
  • Beyerdynamic DT 150
  • Beyerdynamic DT 240 Pro
  • Beyerdynamic DT 250 new
  • Beyerdynamic DT 250 80 Ohm new
  • Beyerdynamic DT 700 Pro X new
  • Beyerdynamic DT 770 Pro 32 Ohm new
  • Beyerdynamic DT 770 Pro 80 Ohm new
  • Beyerdynamic DT 770 Pro 250 Ohm new
  • Beyerdynamic DT 880 (32, 250, 600 Ohm, Pro 250 Ohm, Edition) new
  • Beyerdynamic DT 900 Pro X new
  • Beyerdynamic DT 990 Pro 250 Ohm new
  • Beyerdynamic DT 1770 Pro 250 Ohm new
  • Beyerdynamic DT 1990 Pro 250 Ohm new
  • Beyerdynamic T90 new
  • Blue Mo-Fi
  • Bose QuietComfort 25
  • Bose QuietComfort 35
  • Bowers & Wilkins P9
  • Dan Clark Audio AEON 2 Noire new
  • Denon AH-D2000 new
  • Direct Sound Extreme Isolation EX-29
  • ESI eXtra 10
  • Etymotic ER2SE new
  • Etymotic ER2XR new
  • Etymotic ER3SE new
  • Etymotic ER3XR new
  • Etymotic ER4SR new
  • Etymotic ER4XR new
  • Fluid Audio Focus
  • Focal Clear Professional
  • Focal Clear MG Prrofessional new
  • Focal Listen Professional
  • Focal Spirit Professional
  • Focal Utopia
  • Focusrite Scarlett HP 60 (gen 1)
  • Fostex T50RP
  • Fostex T50RP mk2
  • Fostex T50RP mk3
  • Fostex T60RP
  • Grado GS1000 new
  • HEDDPhone new
  • Hifiman HE400i
  • Hifiman HE400S
  • Hifiman HE-500
  • Hifiman Sundara
  • HyperX Cloud Stinger
  • ISK HD9999 new
  • ISK HF2010
  • ISK MDH8000
  • Koss Porta Pro Classic new
  • KRK KNS 6400
  • KRK KNS 8400
  • KZ AS10 new
  • KZ AS16 new
  • KZ ASX new
  • KZ ZS10 new
  • KZ ZS10 Pro new
  • KZ ZSN Pro new
  • KZ ZSN Pro X new
  • KZ ZST new
  • KZ ZSX new
  • M-Audio Q40
  • Mackie MC-250 new
  • Marshall Major II
  • Marshall Major III new
  • Marshall Mode new
  • Marshall Mode EQ new
  • Marshall Monitor
  • Massdrop X Sennheiser HD58X new
  • Massdrop X Sennheiser HD6XX new
  • Meze 99 Classics new
  • Neumann NDH 20 new
  • Oppo PM-3
  • Ollo Audio S4X new
  • Ollo Audio S4R new
  • Philips SBC HP200
  • Philips SHP9500 new
  • PreSonus HD7
  • PreSonus HD9
  • Roland RH300
  • Samson SR850 new
  • Samson SR950 new
  • Sennheiser Momentum 2.0
  • Sennheiser HD6 Mix
  • Sennheiser HD 25
  • Sennheiser HD 25-C II new
  • Sennheiser HD 26 Pro new
  • Sennheiser HD 200 Pro
  • Sennheiser HD 205
  • Sennheiser HD 206
  • Sennheiser HD 215-II
  • Sennheiser HD 280 Pro
  • Sennheiser HD 300 Pro new
  • Sennheiser HD 380 Pro
  • Sennheiser HD 400 Pro new
  • Sennheiser HD 535
  • Sennheiser HD 555 new
  • Sennheiser HD 558
  • Sennheiser HD 559
  • Sennheiser HD 560 S new
  • Sennheiser HD 569 new
  • Sennheiser HD 580
  • Sennheiser HD 598
  • Sennheiser HD 599 new
  • Sennheiser HD 600 new
  • Sennheiser HD 650 new
  • Sennheiser HD 660 S new
  • Sennheiser HD 700
  • Sennheiser HD 800 new
  • Sennheiser HD 800 S new
  • Sennheiser HD 820 new
  • Shure SE215 new
  • Shure SRH240A
  • Shure SRH440
  • Shure SRH840
  • Shure SRH940 new
  • Shure SRH1440
  • Shure SRH1540
  • Shure SRH1840
  • Snorry SI-1 mk2 new
  • Sony MDR-1A
  • Sony MDR-7506
  • Sony MDR-7510
  • Sony MDR-7520
  • Sony MDR-Z7
  • Sony WH-1000XM3 new
  • Sony WH-1000XM4 new
  • Steven Slate Audio VSX new
  • Superlux HD-330 new
  • Superlux HD 660 new
  • Superlux HD 668B
  • Superlux HD 681
  • Superlux HD 681B new
  • Tascam TH-06
  • Takstar HF 580 new
  • Takstar Pro 82
  • Technics RP-DJ1210 new
  • Telefunken THP-29
  • Ultrasone PRO 750 new
  • Verum Audio Verum 1 new
  • Volna Audio 4 new
  • Yamaha HPH-MT5
  • Yamaha HPH-MT7
  • Yamaha HPH-MT8

バージョン1.7の新機能(イージーモードの追加など)

  • 「イージーモード」の導入:音質に妥協することなく、インターフェースを簡素化しました。


  • 3種類のヘッドフォンエミュレーションプロファイルを追加。ダイナミックオープン、ダイナミッククローズ、ジェントルレスポンス


  • 新しいファクトリー・プリセットの追加


  • オフラインでのエクスポートコントロール:Realphonesでのミックスダウンが可能になりました。

Realphones 1.7では、ユーザーの皆様からのご要望にお応えして、シンプルなインターフェースを採用しました。

ユーザーの皆様からのご要望にお応えして、インターフェースを簡素化しました。直感的に操作できる3つのメインコントロールだけで、Realphonesとの対話がより簡単になりました。

イージーモード

最新版 Realphones V1.7から追加された「イージーモード」の紹介動画(3分28秒・日本語字幕可能):

新しいインターフェースは「イージーモード」と呼ばれています。

これにより、初めての方でも数回クリックするだけでヘッドフォンモニターの品質を大幅に向上させることができます。

「イージーモード」では、音質に妥協はありません。同じエンジンを搭載していますが、コントロールが簡素化されているため、より便利にRealphonesのサウンドを変更することができます。

イージーモードからクラシックなアドバンスドモードへの切り替えが可能です。

バージョン1.8の新機能(音質の向上や新しいルームエミュレーションなど)

  • 全体的な音質が大幅に向上しました。


  • 2つの新しいルームエミュレーション :『クラブ』と『車』


  • 新しいリミッター


  • Apple Siliconの完全ネイティブサポート

レコーディングスタジオや家庭用スピーカーなど、ヘッドフォンミックスが貧弱に聴こえることは、多くの人が経験していることでしょう。

これは、ヘッドフォンの音色、幅、空間がスピーカーと同じように聞こえないために起こります。

dSONIQ Realphonesソフトウェアは、ヘッドフォンの音を補正し、プロのレコーディングスタジオ、ナイトクラブ、車の音響をヘッドフォンに取り込みます。

Realphonesを使えば、あなたのヘッドホンは信頼できるトラックミキシングのためのモニタリングツールに変わります。

システム要件

Mac

  • Mac OS X 10.9以降(Intel / M1 Apple Silicon対応)
  • VST、VST3、AU(64ビットのみ)

Windows

  • Windows 7 以降
  • VST、VST3(32または64ビット)

Realphonesサポートページリンク

セール情報

2022年12月9日:

ホリデーセールが開催されています。

3つのグレード全てがセール対象です。

【ライト版】Realphones Lite Packのセール

Plugin Boutique

通常価格:69ドル →セール特価:45ドル

ADSR

通常価格:69ドル

*【ライト版】Realphones Lite Packの主なセール価格の推移:

  • 2022年11月:69ドル→41ドル PB
  • 2022年11月:69ドル→41.4ドル ADSR
  • 2022年8月:69ドル→38ドル PB
  • 2022年8月:69ドル→37.95ドル ADSR
  • 2022年6月:69ドル→37.95ドル ADSR
  • 2021年11月:69ドル→34ドル
  • 2021年12月:69ドル→38ドル
  • 2022年6月:69ドル→32ドル PB
  • 2021年6月:69ドル→38ドル PB
  • 2021年6月:69ドル→37.95ドル ADSR

*【中位版】Realphones Professional Packのセール

Plugin Boutique

通常価格:99ドル → セール特価:65ドル

ADSR

通常価格:89ドル

*【中位版】Realphones Professional Packの主なセール価格の推移:

現在のバージョン(v1.8)は以下の過去のバージョンと比べて機能やヘッドホンモデルが増えています。

  • 2022年11月:99ドル→59ドル PB
  • 2022年11月:99ドル→51.5ドル ADSR
  • 2022年8月:99ドル→55ドル PB
  • 2022年8月:99ドル→54.45ドル ADSR
  • 2022年6月:69ドル→45ドル PB
  • 2022年6月:99ドル→54.45ドル ADSR
  • 2021年12月:99ドル→55ドル
  • 2021年11月:99ドル→49ドル
  • 2021年6月:99ドル→55ドル PB
  • 2021年6月:99ドル→54.45ドル ADSR

*【上位版】Realphones Ultimate Packのセール

Plugin Boutique

通常価格:179ドル → セール特価:117ドル

ADSR

通常価格:179ドル

*【上位版】Realphones Ultimate Packの主なセール価格の推移:

現在のバージョン(v1.8)は以下の過去のバージョンと比べて機能やヘッドホンモデルが増えています。

  • 2022年11月:179ドル →107ドル PB
  • 2022年11月:179ドル→107.4ドル ADSR
  • 2022年8月:179ドル →84ドル PB
  • 2022年6月:179ドル→98.45ドル ADSR
  • 2022年6月:179ドル →84ドル PB
  • 2021年12月:179ドル→99ドル
  • 2021年11月:179ドル→89ドル
  • 2022年8月:179ドル→98.45ドル ADSR
  • 2021年6月:179ドル→99ドル PB
  • 2021年6月:179ドル→98.45ドル ADSR

中位版の「Realphones Professional」から上位版の『Realphones Ultimate』へのアップグレード

*中位版の「Realphones Professional」をお持ちの方向けの上位版『Realphones Ultimate』へのアップグレードです。

通常価格:81ドル → セール特価::52ドル

*主なセール価格の推移:

現在のバージョン(v1.8)は以下の過去のバージョンと比べて機能やヘッドホンモデルが増えています。

  • 2022年11月:81ドル→44ドル
  • 2022年8月:81ドル→48ドル
  • 2022年6月:81ドル→45ドル
  • 2021年12月:81ドル→45ドル
  • 2021年11月:81ドル→40ドル
  • 2021年6月:81ドル→45ドル PB

ライト版の「Realphones Lite Pack」から上位版の『Realphones Ultimate』へのアップグレード

*ライト版の「Realphones Lite Pack」をお持ちの方向けの上位版『Realphones Ultimate』へのアップグレードです。

通常価格:31ドル → セール特価:20ドル

*主なセール価格の推移:

現在のバージョン(v1.8)は以下の過去のバージョンと比べて機能やヘッドホンモデルが増えています。

  • 2022年11月:31ドル→18ドル
  • 2022年8月:31ドル→17ドル
  • 2022年6月:31ドル→14ドル
  • 2021年12月:31ドル→17ドル
  • 2021年11月:31ドル→15ドル