【60%OFF】Eventide『MicroPitch』リリースセール(トーンをファットに彩る高解像度ピッチシフター&スラップバックFX)

Eventideの新しいプラグイン『MicroPitch』がリリースされました。

イントロセールで60%OFF(通常価格:99ドル → セール特価:39ドル)になっています。

MicroPitchは、微妙なトーンをファットにするための高解像度ピッチシフターです。ドラマチックなスラップバックエフェクトを作成できるディレイを搭載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Eventide『MicroPitch』

New Eventide MicroPitch Plug-in for VST, AAX, AU & iOS

MicroPitch:デュアルボイス・ピッチシフター+スペシャルFX

MicroPitchは、微妙なトーンをファットにするための高解像度ピッチシフターです。

加えて、ドラマチックなスラップバックエフェクトのためのディレイも用意されています。

MicroPitchは、1970年代にEventideによって生み出されたアイコニックなエフェクトの最新バージョンです。

世代を重ねるごとに、Eventideは伝説的なプロセッサーに磨きをかけ、強化してきました。

MicroPitchは、シンプルなマイクロピッチ・プラグインのステレオ・スプレッド・エフェクトの枠を超えたものになります。

デチューンやディレイされたソースをミックスすることで、これまでにない深みと次元を生み出すことができます。

拡張されたコントロールにより、深いピッチダイブ、心に響くエコー、原始的なコーラス・エフェクトを実現できます。

他の「H9 シリーズ」のプラグインと同様に、MicroPitchは「演奏」することを前提に設計されています。

RIBBONでは、エフェクトを2つの全く異なる設定の間でスイープすることができます。

甘めのシフトをディレイスローとバックに変えたり、ディレイをダークからブライトに変更してトランジショナルな効果を得ることができます。

ミキシング中にリボンを使って、ちょっとした「生命力」を加えてみましょう。

デスクトップユーザーの方は、MIDIキーボードを接続し、モジュレーションホイールを使ってリボンをコントロールすることで、この直感的なパフォーマンスマクロを直感的にコントロールすることができます。

ライブでプレイ

このプラグインは、実験的サウンドデザインやライブパフォーマンスのために強化されています(デスクトップ、ラップトップ、iPad用に微調整されています)。

また、単純なピッチシフト・プラグインよりもはるかに多くの微調整が可能です。

トーン、モジュレーション、フィードバックのコントロールは、耳を引く制作テクニックの領域を提供します。

MicroPitchのパラメータをフルレンジで解放すれば、豊かなリピートディレイ、太いモジュレーション、テンポに同期した特殊効果を発見することができます。

MicroPitchの誇るべき遺産

Eventideは、1970年代初頭に世界初のデジタルオーディオエフェクトボックス「H910 ハーモナイザー®」を発表したことで、偶然にもマイクロピッチ・エフェクトを生み出しました。

H910の設計は、アナログ-デジタル変換器、サンプルレート規格、デジタル信号処理アルゴリズムなどの大規模(および中規模)集積回路を先行させています。

H910のシステムクロックは水晶ベースではなく、代わりに「LC(インダクタ/コンデンサ)発振器回路」を使用していましたが、これは少し不安定であることが判明しました。

その結果、ピッチ比がぐらつくことになっったのです。

H910の初期の所有者、特に2台所有する余裕があったスタジオでは、1台のH910のピッチ比を0.99と1.00の間で「フリッカー」するように設定し、もう1台を1.00と1.01の間でフリッカーするように調整すると、豊かな広がりのあるステレオ効果が得られることを発見しました。

1970年代半ばに発表されたEventideの第2のハーモナイザー「H949」は、しかりとしたクリスタル・オシレーターを搭載することでH910のランダム性を「固定」しました。

H949は、デジタルオーディオによって可能になった多くの新機能を提供しました。(リバースエフェクト、デグリッチ、”u PC “など)

これにより、プロオーディオの世界にこの新しいエフェクトを正式に導入することができました。

H949はまた、初期のデジタル・オーディオ・デバイスであり、100% DSP/CPUを使用せず、主にアナログを使用していましたが、小さな正確なピッチのズレを実現するために、シングル・サイド・バンド・モジュレーションと呼ばれる無線技術を使用していました。

DSPベースのEventide H3000 Harmonizer®の導入により、MicroPitchエフェクトの拡張バージョンが開発され、このエフェクトは世界中のオーディオ・プロやアーティストの「お勧めツール」となりました。

今日のMicroPitchは、この基本的なエフェクトの機能を拡張し続けてきた長い伝統を引き継いでいます。

Eventide H949 実機:

Eventide Harmonizer H949 Demo

特徴

  • ピッチシフトの2ヴォイス、ユニゾンから-50セント、ユニゾンから+50セント、それぞれ最大2秒のディレイ付き

  • クラシックなステレオ・スプレッド・エフェクト

  • より長いディレイ時間を使ったスラップバック・エフェクト

  • ミックスに完璧にフィットするようにボイスを微調整するTONE

  • シフトされた各ディレイのバランスを調整して2つのヴォイスを重ねるPITCH MIX

  • 各ボイスにコーラスエフェクトを与えるMOD DEPTHとRATE

  • ピッチダイブ/ライズエフェクトのFEEDBACK

  • 使いやすさを追求した直感的なUI

  • シンクロナイズされたユニークなディレイ・エフェクトのためのテンポ

  • MicroPitchエフェクトの象徴的な使い方をベースにしたプリセット

  • RIBBONはエフェクトをリアルタイムで再生し、ダイナミックで流動的なコントロールで好みの設定の間を行ったり来たりすることができます。

  • MIXLOCKは、プリセットを試聴しながらミックスコントロールを一定に保つことができます。

  • VST、AAX、AUプラグインとしてMacとPCで使用可能
MicroPitch | Eventide
Fine-resolution pitch shifter for subtle tone-fattening plus delays for interesting slap back effects.

システム要求

Windows:

  • Windows 7以降  (32/64ビット)

フォーマット:

  • AAX 32/64ビット
  • VST2 32/64ビット
  • VST3 32/64ビット

Mac:

  • macOS 10.9+  (64ビットのみ)

フォーマット:

  • AAX 64ビット
  • AU 64ビット
  • VST2 64ビット
  • VST3 64ビット

メモ:

  • Eventideは、Ableton Live、Cubase、FL Studio、Logic Pro、Pro Tools、およびStudio Oneでデスクトッププラグインをテストします。ただし、プラグインは互換性のあるホストで動作するはずです。

  • このソフトウェアを実行するのにiLokドングルは必要ありません。(このソフトウェアの認証には無料のiLokアカウント/マネージャーのみ が必要です。)

セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:39ドル(61%OFF)