iZotope『RX 8』次期RX9への無料アップデート権付きのお得なセール(現代最高水準のオーディオ修復&磨き上げ総合ツール)

iZotope RX 9 Pre-sale」で、オーディオ修復系総合ソフトウェアの超定番製品「RX 8 Standard」と「RX 8 Advanced」が62〜68%OFFのセールになっています。

そして、今回のセールでは、次期RX 9への無償アップグレード権が含まれています。

iZotope RXは、他の追随を許さない孤高の超人気ツール。

(RX Standardの場合)1万円台半ばで、現代技術最高水準のオーディオ修復ソフトウェアが手に入ります。

(*10月13日頃まで。)

以下にRX8のセール情報と製品の概要を簡単にメモしておきます。

スポンサーリンク

セール情報

*今回のセールでは、以下の全ての製品に次期「RX 9」への無償アップデート権が付属しています(RX Elementsは除く)。

  • 「RX 8 Standard」は「RX 9 Standard」へ将来無料でアップデート可能

  • 「RX 8 Advanced」は「RX 9 Advanced」へ将来無料でアップデート可能

*通常版ではなくクロスグレード版を購入しましょう。その方が大分安いです。手順を踏めば誰で購入できます(詳細は後述します)。

*管理人メモ

StandardとAdvancedのどちらが良いかは、以下の「RX 8シリーズの比較表」をチェックしてみて下さい。

通常のミュージシャン、音楽制作者には、Standardが評価が高いです。価格と性能のバランスが良くお勧めです。

一方で、ポストプロダクションに携わる方や、高度なオーディオ修復を行いたい方は万能なAdvanced版を検討されると良いと思います。ただし、両者の価格差は2倍以上があります。

RX8シリーズの比較表(Elements・Standard・Advanced)

各機能ElementsStandardAdvanced
De-hum* [改良]
Horizontal Scrolling [新機能]
Batch Processo[改良]
Guitar De-noise [新機能]
Music Rebalance** [改良]
Loudness Control [新機能]
Composite View[改良] 
Dialogue Isolate** [改良]
Spectral Recovery [新機能]
Wow & Flutter  [新機能]
De-click*
De-clip*
Repair Assistant
Voice De-noise*
Breath Control*
De-bleed
De-crackle*
De-reverb*
De-plosive*
De-ess*
Interpolate
Mouth De-click*
Spectral De-noise*
Spectral Repair
RX Connect
RX Monitor
Dialogue Contour
Dialogue De-reverb
De-rustle**
Ambience Match**
Center Extract
De-wind
Deconstruct
Third-party plug-in hosting
Fade
Find similar
Gain
Mixing
Module Chain
Module list filters
Normalize
Phase
Signal Generator
Spectrogram
Recording and monitoring
Variable Time
Variable Pitch
Dither
EQ
Resample
Instant Process
Azimuth
EQ Match
Leveler
Surround support

* = プラグインとして利用可能。

** = Pro Tools AudioSuiteとして入手可能。

出典:iZotope

まずは、一番人気のStandard版のセールから紹介します。

RX 8 Standard(標準版)のセール情報

RX 8 Standard 通常版

*これは買っちゃダメ。

有料で購入したiZotope製品をお持ちでない方でも購入可能な通常版です。

通常価格:399ドルセール特価:299ドル(25%OFF)

  • 2021年7月:399ドル→299ドル

【お得】RX 8 Standard(クロスグレード版)

「お金を出して購入したiZotope製品」を一つでも持っていれば購入できるクロスグレード版です。

Exponential Audio製品の所有者さんも購入する権利を得ることができます(有料で購入した製品の場合)。

*無料で取得したiZotope製品は対象外です。

通常価格:399ドルセール特価:149ドル(62%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:399ドル→199ドル(RX Elementsからのクロスグレード)
  • 2021年4月:399ドル→199ドル(RX Elementsからのクロスグレード)
  • 2021年7月:399ドル→99ドル(任意の有料iZotope製品からのクロスグレード・最安)

なので最安ではありません。ただし、今回は次期 RX 9への無償アップグレード権が付いています。

ちなみに現在、iZotope製品が格安で入手できるので有料で購入したiZotope製品を持っていない場合でも、上記の「通常版」を選択する必要はありません。

クロスグレード版と以下の「格安のiZotope製品」のお好きな製品との合わせ買いでクロスグレードの条件を満たすことができます。

そしてその方がより安く購入できます。

【お得】RX 8 Standard(過去のRXをお持ちの方用のアップグレード)

RX 8 Standard版へのアップグレード(次期RX 9 Standardへのアップデート権付きです)

以下の製品をお持ちの方が購入できるアップグレード版です。

  • RX Standard(過去のバージョン)
  • RX Advanced(過去のバージョン)
  • RX Post Production Suite(過去のバージョン)

通常価格:199ドル → セール特価:99ドル!!(最安)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:199ドル → 149ドル
  • 2021年4月:199ドル → 149ドル

RX 8 Advanced(最上位版)のセール情報

通常版、アップグレード、共にセールになっています。

RX 8 Advanced 通常版のセール

*これは買わない方が良いです。この下で紹介するアップグレード版の方がお得です(手順を踏めば誰でも購入可能です)。

iZotopeのRX製品を何も持っていない方向けの通常版のセールです。

通常価格:1,199ドル → セール特価:799ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:1,199ドル→999ドル
  • 2021年4月:1,199ドル→999ドル

【お得】RX 8 Advanced(RX ElementsかRX Plug-in Packをお持ちの方向けのアップグレード)

*RX ElementsかPlug-in Packをお持ちの方用のアップグレード版です。

通常価格:1,070ドル → セール特価:499ドル(最安!)

*主なセール価格の推移:

2021年4月:1,070ドル → セール特価:799ドル

*管理人メモ:

現在、RX Elementsは77%OFF(29ドル)のセール中です

したがって上記の通常版(799ドル)を購入するより、RX Elementsと、このアップグレード版を同時に購入する方が270ドル安く手に入ります。

RX Elements:29ドルRX 8 Advanced Upgrade from RX Elements/Plug-in Pack :499ドル= 528ドル

【お得】RX 8 Advanced(RX Standard所有者向けのアップグレード)

RX Standardを所有している方のみが購入できるアップグレードです。RX StandardのどのバージョンでもOKです(古いStandardでもOK)。

通常価格:799ドル → セール特価:399ドル(最安)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:799ドル → セール特価:499ドル
  • 2021年4月:799ドル → セール特価:499ドル

【最安タイ】RX 8 Advanced(RX AdvancedかRX Post Production Suiteからのアップグレード)

過去のバージョンの「RX Advanced」とバンドルの「RX Post Production Suite」を所有している方のみが購入できるアップグレード。

通常価格:399ドル → セール特価:299ドル(最安タイ)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:399ドル → セール特価:299ドル
  • 2021年4月:399ドル → セール特価:299ドル

RX 8について

RX 8は、完成度の高いオーディオ修理の総合ツールです。

iZotopeの「RX」は、映画、テレビ、音楽、ポッドキャスト、ビデオゲーム、サンプルライブラリなどのオーディオ修復と研磨に最適な道具箱として長い間使用されてきました。

最新の「RX 8」では、これまで以上に短い時間で多くのことを達成できるように、新しいツールを追加し、また今までの定番的機能は刷新されています。

また、AIが自動でオーディオ修復の叩き台を提案してくれる「RX 8 repair assistant」は非常に強力な機能です。

iZotope RX 8:三つの基本機能

外科的に正確なノイズ除去機能

様々なツールを使って、オーディオ内の不要なノイズをコントロールしたり、交換したり、完全に除去したりすることができます。

あらゆる状況に対応する汎用性の高い数々のモジュールを搭載

RXには、ハム、クリッピング、クリックを除去し、他のノイズからダイアログを分離するモジュールが付属しています。

RX 8 repair assistant(AIによる修理アシスタント機能)

AIが自動でオーディオ修復の叩き台を提案してくれます。

RXのリペアアシスタントは、オーディオを診断し、1回聞いただけで難しいノイズを処理するための提案をユーザーに提案してくれます。

現状ではiZotopeにしか作れない超便利機能。

iZotope RX8のデモ動画

SleapfreaksさまによるRX 8新機能解説:

テクノロジーを駆使して耳コピ力を鍛えようizotope RXのMusic Rebalance機能がすごい!(くぼさま):

iZotopeさまによるRX 8解説動画シリーズ 全10巻

【RX 8】RX 8の主な新機能と改善点のまとめ:

【RX 8.1】RX 8.1の新機能と更新点:

【RX 8】ミックス済み音源を楽器ごとに分離する「Music Rebalance」の改善点:

【RX 8】ラウドネス基準に手軽に合わせる「Loudness Control」の使い方:

【RX 8】電源由来のハムノイズ等を除去する「De-hum」の使い方:

【RX 8】改善された「Batch Processor」のワークフロー:

【RX 8】ギター録音に潜む問題を解決する「Guitar De-noise」の使い方:

OBS使用時に、RX 8を使って屋内外の不要なノイズを軽減する方法(Voice De-noise):

【RX 8】MC中に入ってしまったドリフトノイズを減衰させ、声を聞きやすくする方法:

【RX 8 / ポスプロ】残響音が多くて聞きとりにくい音声を、RX 8 De-reverbで簡単に改善する方法:

RX 8で曲からボーカルを取り除く方法(12分・日本語字幕可能):

RXの最上位版「Advanced」を解説(38分・自動翻訳の日本語字幕可能):

iZotope RX8の新機能

パーフェクトなオーディオ修理ツール『iZotope RX8』

RXは、映画、テレビ、音楽、ポッドキャスト、ビデオゲーム、サンプルライブラリなどのオーディオ修復と研磨に最適なツールキットとして長い間使用されてきました。

最新のRX 8では、これまで以上に短い時間で多くのことを達成できるようなりました。そのために、新しいツールを作成し、愛用しているモジュールを改良しました。

このバージョン8では、ワークフローを高速化し、今日のダイアログや音楽トラックに悩まされている新たな修復問題に対処するために、製品ラインナップ全体に新機能が追加されています。

また、ポストプロダクションのための道具一式もアップデートされ、さらに多くのツールと性能が追加され、ポストプロダクションにも役立つ決定的な製品に生まれ変わりました。

【新着】RX8の新機能紹介動画(7分):

RX8は、お気に入りの映画、テレビ番組、音楽などで使用される業界標準のオーディオ修復ツールです。損傷したノイズの多いオーディオを「本来のありのままの状態」に復元させることができます。

RX8の主な新機能:

  • ギター録音時のキーキー音、バズ音、ピック音をコントロールする「Guitar De-noise」。
  • ステムの分離やミックスの微調整を可能にする「Music Rebalance」。

Guitar De-noise

フレットの鳴き声、アンプの音、ピックの音をコントロールできる強力なツールセット、Guitar De-noiseであなたのリグを救出しましょう。

Guitar De-noiseは、ギター・レコーディングに明瞭さとアーティキュレーションをもたらします。

クリーンでありながらも人間味のあるアコースティックギターやエレキギターのレコーディングのために、気が散るような機材のサウンドを管理するのに役立ちます。

Guitar De-noiseの特徴:

  • ヒスや電気的干渉を減衰させるアンプ・ツール
  • ピック生成された過渡現象を制御するピックツール
  • フレットノイズや弦のスライドの有無を調整するスクイークツール
  • 各ツールの感度とリダクションのスライダーで精密な調整が可能

Michael BrauerのRX 8プリセットパックにアクセスして、クリックを簡単にクリーンアップしたり、ギター録音を洗練させたり、厄介なノイズを除去したりすることができます。

Music Rebalance:更にパワーアップした「ミュージックリバランス機能」

RX 8のMusic Rebalanceがさらにパワフルな新機能を引き連れて戻ってきました。これら新機能により、リミックス、再編集、再修復が可能になっています!

新たに設計された「Music Rebalance アルゴリズム」により、ソースの分離が改善。

これにより、簡単にリミックスを作成したり、個々のレベルや完成したミックスの全体的なバランスを最大限にクリアに調整したり、ワンクリックでステムを作成したり書き出したりすることができるようになりました。

【改善】ミュージックリバランス機能

Music Rebalanceは、ボーカル、ベース、パーカッション、その他の楽器をインテリジェントに識別し、各要素のゲインを独立して調整できるパワフルなツールです。

ドラムの音が大きすぎますか?ボーカルの音量が足りないですか?

それとも、他の楽器の存在感が強すぎたり、パーカッションのパンチが足りなかったりしませんか?

この改善された「Music Rebalance」を使えば、ミックスを簡単に再生したり、ボーカル要素を削除してインストゥルメンタルバージョンの曲を作成したり、ボーカルを分離して個々のトラックやステムにアクセスせずにリミックスを準備したりすることができます。

(そして、Music RebalanceはAudioSuiteのプラグインとしても利用できます。)

Music Rebalanceの「ミキシング機能」に加えて、RX 8には「自動ステム分離機能」が搭載されており、さらに洗練された独立したファイルを生成します。

「New Music Rebalance」の新機能と改良された機能:

  • ソースごとのソロ機能
  • 自動ステム分割
  • 改良されたアルゴリズム

Loudness Control(ラウドネスコントロール)

新しい機能「ラウドネスコントロール」。一から新たに再構築された機能です。

シングルクリックのわかりやすいワークフローで、ポッドキャストが最新の放送基準に準拠していることを確認しながら、自信を持ってポッドキャストを修復、ミックス、配信することができます。

新機能のラウドネス・コントロールについて:

新開発のラウドネス・コントロール・モジュールの詳細なレベル測定値とラウドネス管理機能で、最終的な配信に向けてレコーディングの準備ができます。

プリセットのラウドネス標準ターゲットを瞬時にロードして、プロダクション・オーディオを数秒で放送要件に適合させ、内蔵の数値およびヒストグラム・リードアウトを使用してレベルをモニターして、統合、短期、瞬間的なラウドネスを表示します。

さらに、モジュールのサイズを変更してディスプレイに完全にフィットさせ、独自のワークフローに適合させることができます。

横スクロール機能

出典:izotope

あなたのリクエストに耳を傾けました。トラックパッド、タッチパッド、マウスを使って、お気に入りのDAWと同じように水平方向にスクロールできるようになりました。

直感的な「Spectrogram Display」に水平スクロールが組み込まれました。トラックパッドまたはマウスのスクロールジェスチャーとカーソルを使って、X軸を横切ってオーディオをスクロールして、光のように高速に編集することができます。

改善された「モジュール・チェーン」

マルチモジュール処理を一気に適用。カスタム・プロセッシング・チェーンを任意の順番で何度でも作成し、ワンクリックでオーディオをレンダリングします。また、付属のプリセットを使って、ニーズに合わせたモジュールのセットを適用することもできます。

Module Chainは、迅速でシンプルな編集を容易にし、同じ編集作業を何度も繰り返す人のワークフローを高速化するために設計されています。

Module Chainは、同じモジュールの複数のインスタンスを含む、複数の処理モジュールを組み込んだカスタム処理チェーンをロードして保存することができます。

保存した処理チェーンを選択して、ワンクリックで実行することができます。

これは、同じモジュールを繰り返し適用して、同じ設定や類似の設定を連続して行う場合に特に便利です。Module Chainには、多くのプリセットが用意されています。

Module Chainでは、特定の周波数領域を処理することができるようになり、オーディオを素早く正確に修復することができます。

Batch Processor(バッチプロセッサ)

Batch Processorがメジャーアップグレードされ、これまで以上に簡単にファイルのグループを処理したり、複数のモジュールから同時に処理を適用したりすることができるようになりました。

プリセットの保存、モジュールチェーンのインポート、複数のファイルを記録的な時間で処理することができます。

バッチ処理機能の改良

オーディオエディタとファイルライブラリアンを1つのモジュールにまとめました。

ポストプロダクションのための究極のマルチタスクツールであるRX 8の改良されたバッチプロセッサは、これまで以上にパワフルになりました。

マシンから複数のファイルを読み込み、モジュールチェーン全体をバッチ全体に適用してから、必要なだけ多くのファイルフォーマットとビット深度で、必要なだけ多くの場所にエクスポートします。数回クリックするだけで、納期に間に合わせたり、組織を維持したりすることができます。

改良された『De-hum』

16の独立した周波数帯と詳細なオーディオ・スペクトラム・アナライザを使用して、他の追随を許さない精度で信号中のハムを素早く見つけて減衰させることができます。

【改良版】De-hum(世界クラスのハムノイズ除去が、さらにスマートに)

RX 8に搭載された改良されたDe-humモジュールとプラグインは、ローエンドの編集ワークフローに外科的なコントロールをもたらします。

特徴:

  • 最大16のハーモニックリダクションバンドで、より集中的な編集が可能。
  • ダイナミックかつ自動で高調波を検出するAdaptive Mode
  • ハイパス/ローパスフィルターを搭載した高速EQスカルプト機能
  • クリック&ドラッグの直感的なインターフェースでパラメーターを自在にコントロール

RX8では、「YouTubeなどの音楽配信のためのコンテンツ制作」、「通常の音楽制作時」「ポストプロダクション」の3つの制作現場で役立つ機能を備えています。

それぞれの制作現場での使用例を以下にメモしておきます。

RX 8でコンテンツ作成

次のブレイクアウトポッドキャストやバイラルな YouTube ビデオの制作に取り組んでいる場合でも、RX 8 には、制作をレベルアップさせ、リスナーに優れたリスニング体験を提供するために必要なすべてのツールが用意されています。

コンテンツ制作でRX 8を使う

Dialogue Clean-up tools(ダイアログクリーンアップツール)

RXは、ポップスの除去、口パクの管理、鋭い息づかいの調整、残響のあるダイアログのフォーカスなど、受賞歴のあるダイアログ編集ツールを提供しています。

インテリジェントアシスタンス(人工知能によるアシスト機能)

スタンドアロンアプリケーションにトラックをロードするだけで、RXがハンドルを握って、バックグラウンドノイズ、クリック音、ポップ音、ハム音などを修正します。

プロフェッショナルな結果を提供

RXは、気が散るアーチファクトを取り除き、SkypeやZoom通話の明瞭度を回復するための、受賞歴のあるダイアログ編集ツールを提供しています。

シンプルな操作性

スペクトルリカバリを使用して、ライブストリーミングされたリモートオーディオコールから粒子の粗いオーディオを非常に明瞭に復元します。

コンテンツ制作時に役立つRX8の各機能

  • Dialogue Clean-up tools
  • Repair Assistant
  • Batch Processor
  • Loudness Control
  • De-hum

ここでは、上記の6つの機能の中できちんと紹介していなかった「Repair Assistant」についてメモしておきます。

Repair Assistant(オーディオ修理アシスタント)

Repair Assistantの紹介:数回クリックするだけで、ゲストのボーカルをラフな状態からラジオに対応した状態にすることができ、クリック音、バックグラウンドノイズ、クリッピングなどをスナップで取り除くことができます。

Repair Assistant(修復アシスタント機能)

「Repair Assistant」は、iZotopeのアシストオーディオ技術の最新の進歩を体現した機能です。

Repair Assistantは、ノイズ、クリッピング、クリックなどを検出することができる画期的なインテリジェントな修復ツールです。

素材の種類(音楽、ダイアログ、その他)を選択し、RX 8 Standardにオーディオを解析させるだけで、一般的なオーディオの問題をこれまで以上に迅速に解決できます

Repair Assistantは、最適な結果を得るためのさまざまな処理の提案と、それぞれに3つの異なる強度(ライト、ミディアム、アグレッシブ)を提供します。

さまざまな提案を確認して試聴し、レンダリングを実行して、あとは修復アシスタントにお任せください。

たった3回クリックするだけで、これらの一般的な問題を素早く修復できます。

  • ノイズの多い録音。
  • 口の中でクリック音やポップ音が鳴る。
  • 音声が切れたり、クラックが入ったりする。
  • 気が散るようなローエンドのハム音。
  • デジタルオーディオの損傷。

その他、様々な問題を解決します。

音楽制作のためのRX 8

「Guitar De-noise」のような画期的な新しいモジュールと「Music Rebalance」機能の品質向上により、あなたの音楽トラックを素早く修復することが可能。

これらの機能により創造性を取り戻すことができます。

Music Rebalanceの機能:

泥だらけのギターラインをクリーンアップする場合でも、騒々しい会話をする場合でも、RX のRepair Assistantを使用して、最も一般的なオーディオの問題をすばやく解決できます。

音楽制作現場でRX 8を使う

RX 8で不要なノイズを除去

さまざまなツールを使って、オーディオから問題のある周波数をコントロールしたり、置き換えたり、完全に除去したりできます。

RX8はDAWでもアプリでも作業できます

RXには、ハム、クリッピング、ノイズを除去するモジュールが付属しており、お使いのDAWで使用したり、スタンドアロンアプリで作業したりすることができます。

RX 8のミュージックリバランス機能

Music Rebalanceの機械学習DSPは、トラックの要素を調整したり、ボーカルを取り出したりするのを非常に簡単にします。

音楽制作時に役立つRX8の各機能

  • Guitar De-noise
  • Music Rebalance
  • De-bleed
  • Composite View
  • Advanced Vocal Clean-up(高度なボーカルクリーンアップ機能)

ここでは、まだ触れていなかった「De-bleed」と「Composite View」、「Advanced Vocal Clean-up」の各機能を紹介します。

De-bleed

iZotope RX 8に搭載されている新しいDe-bleed(ディブリード)オーディオプラグインとモジュールは、あるシグナルから別のシグナルへのリークを低減します。

De-bleedは、ヘッドフォン、クリックトラック、少量のクロスブリードを持つ複数のマイク、さらにはドラムのブリードの問題からのブリードを軽減したり、排除したりするのに役立ちます。

【改良版】コンポジットビュー(Composite View)

ンポジットビューでは、最大32個の個別のオーディオトラックを1つのトラックのように編集できるようになりました(16個から)。

RX Audio Editorでは、すべてのアクティブなタブを1つの “Composite “タブに結合することで、複数のファイルに同時に同じ処理を適用することができます。

コンポジットビューは、繰り返しのスペクトル編集機能を実行する際に、効率を上げるための貴重なツールとなります。このため、複数のマイクを使用した録音状況やマルチチャンネルファイルの修復を行う際に特に便利です。

Advanced Vocal Clean-up(高度なボーカルクリーンアップ機能)

などのツールを使用して、歌っているボーカルをラフからラジオに対応させることができます。

Voice De-noise(音声デノイズ)

iZotope RXのVoice De-noiseオーディオプラグインとモジュールを使用して、問題のあるボーカルやプロダクション録音をリアルタイムで復元します。

ゼロレイテンシーのVoice De-noiseは、以前のDialogue D-noiseを改良したもので、ダイアログや歌声のボーカル処理に特化した最も強力なディノイズ除去器です。

Voice De-noiseには、変化するノイズフロアにリアルタイムで適応するAdaptiveモードが搭載されており、ダイアログステムのセットアンドフォールドディノイズに最適です。

音楽用に最適化されている場合、Voice De-noiseは、エアコンからの不要なバックグラウンドノイズや、アパートの録音で歌われているボーカルからのストリートノイズを減衰させることに優れています。

De-plosive(デプロッシブ)

iZotope RX 8に搭載されているDe-plosiveオーディオプラグインとモジュールを使用して、プロッシブを素早く除去することができます。

録音中に発生する可能性のあるプロッシブポップやマイクバンプを除去することで、ダイアログの品質を向上させます。

インテリジェントな分析機能は、ダイアログやボーカル信号の高調波の間にプロッシブが存在するかどうかを検出します。これにより、単にEQを使ってローエンドを下げるよりも、はるかに効果的にプラッシブを低減させることができます(これは精度に欠け、ダイアログの周波数にも影響を与えます)。

Mouth De-click(マウスデクリック)

iZotope RX 8に搭載されているMouth De-clickオーディオプラグインとモジュールは、クリックやリップスマックなどの口の中のノイズを検出して低減するために細かく調整されたデクリッカーです。

長めの音声選択に使用するように設計されていますが、個別のクリックを削除することもできます。

Breath Control(ブレスコントロール)

ブレスコントロールモジュールは、ダイアログやボーカル録音に含まれるブレスをインテリジェントに検出し、抑制します。

録音物のブレスを除去したり、減らしたりするのは、ダイアログ編集者や音楽制作者にとって時間のかかる作業です。

Breath Controlは、ダイアログやボーカル録音の品質を犠牲にすることなく、繰り返しの編集に費やす時間を短縮することができます。

ポストプロダクションのためのRX 8

RX 8は、ダイアログアイソレート、ディラストリクル、新しいスペクトルリカバリーなどの画期的なモジュールを搭載し、ポストのプロが信頼する業界をリードするリペア&エディットツールの境界線を押し広げます。

刷新されたポストプロダクションのためのツール

問題を見つけだし解決する

RX 8のスペクトログラム表示では、ノイズを素早く見つけ出し、様々なツールを使用して不快な周波数を置き換えたり、減衰させたり、除去したりすることができます。

RX Connect

RX Connectを使用すると、DAWから直接オーディオをRXに直接送信できるので、驚くべき結果をすばやく提供できます。

ポストプロダクション時に役立つRX8の各機能

  • Loudness Control
  • Batch Processor
  • Composite View
  • Horizontal Scrolling
  • Loudness Control
  • De-hum

RX 8のシステム要件

オペレーティングシステム

Mac

  • OS X 10.13.6 (High Sierra) – macOS 10.15 (Catalina)

Windows

  • Windows 8 & 10

プラグインのフォーマット

AU、AAX、VST2、VST3(すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみです)

サポートされているホスト

Pro Tools 12 – 2020、Logic Pro X、Live 9.7 – 10、Cubase 9.5 – 10.5、Nuendo 10、FL Studio 20、Studio One 4 – 5、REAPER 6、Audition CC、Premiere Pro CC。

セール総合ページ

関連セール: