【半額セール復活中】「MPhatik」レビュー〔3つのプラグイン集合体〕

よろしければシェアお願いします

 

*2019年8月13日追記:半額セール復活中。

AMP(ディストーション)機能とコンプレッサー、コンボリューション・リバーブ(IRリバーブ)と3つの機能を持つハイブリッドエフェクターのMPhatik

 

MPhatikは、ドラムやベース、シンセなどのサウンドを「リッチに」「太く」「鮮やかに」「タイトに」にするのに使える、便利なプラグインです。

 

MPhatik teaser

  

MPhatikのメイン機能

  • AMP(ディストーション)
  • コンプレッサー
  • コンボリューション・リバーブ

   

の各セクションは、オンオフ切り替えが可能です。

 

なので、ディストーションやIRリバーブ単独のプラグインとして気軽に利用するのも良いし、全ての機能をミックスしてオリジナルのエフェクトを作るもよし。(3つの機能を使ってもCPU負荷は軽めです。)

   

Melda Productionのディストーションユニット・アルゴリズム・ユニット「AMP」。

 

3種類のアルゴリズムのどれかを選んでドライブとキャラクターのツマミで適当に微調整するだけで味のある歪みを演出できる魔法のツール。

  

Meldaのディストーション・アルゴリズム「AMP」が使えるだけでも価値があるプラグインです。また、他方のコンボリューションリバーブも設定が豊富で即戦力。

そして、それらを組み合わせることにより思っても見ないユニークな効果を作ることが出来ます。

   

このMPhatik、(MeldaProduction製品の中では)かなり簡単に操作でき、尚且つ、心地よい効果をサクッと得られる良プラグインです。

 

良い点をまとめると、、
  • 3つの異なる機能のプラグインの集合体なので、一つで3度美味しい。
  • 様々な楽器、用途に使えて汎用性が高い。
  • CPU負荷が最適化されていて軽め。
  • Meladaの中ではシンプルで)操作性が良い。
  • 音質はMeldaです。勿論ハイクオリティです。
  • IRリバーブの種類が豊富。
  • Meldaのディストーション・アルゴリズム「AMP」が付いている。
  • UIの拡大縮小可能

  

欠点は?

他のMeldaの込み入った製品と比べると、複雑なEdit機能が省略されているので、変態味にかけることです。この辺は簡単操作な利便性を取るが、がんがん設定を追い込める変態性を取るかのトレードオフかと思います。

UIMeldaです。Wavesなどの実機的なUIと比べると退屈に感じる方が多いんじゃないかと思います。

   

 

また、このブログでは何度か触れていますが、Meldaのプラグインは、一生涯アップデート無料です。

個人的には、広範囲に製品を展開している総合メーカーとしては、Wavesと同じくらい好きなデベロッパーです。UIなどにクセがあるけど質はとても高いと思います。

  

    

MPhatikの各機能

 

   

1:メインパネル(グローバルセクション)

包括的なプラグインのエフェクトのかかり具合の調節(Dry/Wet)やダイナミックの量の制御、サイドチェーンの切り替え、ダイナミックモードの切り替えなど。

   

2MeldaProductionのディストーション・アルゴリズムによる「AMP」機能(「Vintage1」「Vintage2」「Modern」の 3つのアルゴリズムを搭載)。

このセクションでサウンドにディストーション、 オーバードライブ 的な味付けを加えます。パラメーターは単純明快で 「Drive」と「Character」のみ。

  

3:コンプレッサー

   

4:コンボリューション リバーブ(IRリバーブ)

MeldaProductionお手製のリバーブ(種類多いです)を用いてDry/Wet、ワインディング、ハイパス/ローパス・フィルタの4つのパラメーターで調整して音作りを深めていきます。リバーブの種類がとても豊富です。効きも良くて使いやすい。

5:リミッターやMS処理機能への切り替えなど。

 

6:モジュレーション機能は4機搭載。

プリセットも色々入っています。

   

Meldaおなじみの変態モジュレーション機能は健在。全てのウインドウは拡大縮小可能。

   

AMP、コンプ、コンボリューション・リバーブと3つの機能があるMPhatikですが、それぞれオフに出来ます。したがって、この画像のようにルバーブのみとして使うことも可能。元々CPU負荷は高くないMPhatikですが、使わない機能をオフにすることで、よりマシンへの負担を減らすことが出来ます。

 

 

 

2019/08/13追記:V13になり新しいUIが追加されています。

  

        

 

   

MPhatik 解説動画

Enhance your percussion with MPhatik

    

MPhatikのセール情報

 

通常価格:125ドル   115ドル

セール特価:62.5ドル   57.50ドル(50OFF

 

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク