MTransient 半額〔簡単操作のトランジェントシェイパープラグイン〕

よろしければシェアお願いします

多機能かつCPUフレンドリーなトランジェントシェイパープラグイン。

退屈なドラムサウンドにアタックを加え、また、あらゆるリズミカルなトラックやミックスドラム全体を簡単に加工できます。

EDMなどのダンスミュージック制作に於ても必須の感のあるプラグインです。

「トランジェントシェイパーとは?」Sleepfeaks様の解説

埋もれがちなトラックを最適化する トランジェント大切なトラックがオケの中で埋もれてしまう。。そんな経験は誰しもあります。ただ音量を上げても解決しないのがミックスの難しいところではないでしょうか?そんな際に試していただきたいのが「トラン…

 

MTransient

MeldaProduction MTransient & MTransientMB teaser

   

 


  

 

通常UI(簡易モード)左側にある4つのデバイスを選んで、真ん中にあるパラメーターで微調整。

  

 

簡易モードでは、基本的にはアタックのみの調整で、あとはMtransientがやってくれます。(ShapeとResolutionのパラメーターも変更可能。)

サチュレーション調整ノブを使うもよし。

 

 

〔UI拡大時〕簡易モード

      

    

プリセット

   

 

〔EDITモード画面〕ではより詳細な調整が可能です。

  

 

〔EDITモード画面〕UI拡大時

  

     

    

優れたサチュレーション

MTransientは、トランジェントを上下させるだけでなく、サチュレーション・システムを使用してトランジェントをより質感のあるものにすることができます。

これにより、快適なアナログキャラクターを追加できます。

MeldaProductionの付加機能

他のMeldaProduction製品と同じく、16倍速アップサンプリング、M / S、他のチャンネルモードと同様にサラウンドサポート、比較のためのAからHまでの比較用プリセットボタン、そして統合ヘルプボタン。

マルチパラメータ

MTransientでは、単一のいわゆるマルチパラメータを使用して複数のパラメータを制御できます。例えばオートメーションに便利です。

チューブサチュレーション

MTransientは統合されたチューブサチュレーションシミュレータを提供しています。

オーディオにビンテージアナログ感触とハイエンドの輝きを与えます。

M / S、シングルチャンネル、最大8チャンネルサラウンド処理

MTransientでは、モノラル信号とステレオ信号だ​​けでなく、ステレオフィールド処理のためのミッド/サイドエンコーディング、別々の左右チャンネル、別々のミッドまたはサイド信号、および最大8チャンネルのサラウンドオーディオも処理できます。(音楽、映画、ゲームのオーディオ制作に最適です。)

自動ゲイン補正(AGC)

ほとんどのプラグインは出力オーディオの音量を変えるので、ブラウズプリセットは不便になります。

MTransientには自動ゲイン補正が搭載されています。

これは、現在の設定にすばやく適応し、出力が入力と同じくらい大きく聞こえるようにします。

セーフティーリミッター

特定のオーディオ素材に晒されると、プラグインによっては大幅にゲインを上げることができます。MTransientは安全ブリックウォールリミッターを提供します。これは出力が0dB以下に留まり、あなたの機器とあなたの耳が潜在的な危険から自動的に防ぐのを防ぎます。

調整可能なアップサンプリング1倍 – 16倍

デジタルオーディオは古代のアナログ機器に比べて非常に優れたオーディオ品質を提供しますが、問題もあります。

主な問題はエイリアシングです。

これは、圧縮や彩度などの非線形処理を使用する場合に顕著になることがあります。

MT Transientには、最小位相アルゴリズムと高品質線形位相アップサンプリングアルゴリズムの両方が含まれているため、エイリアシングが回避されます。

 

MeldaProductionの製品は一生涯バージョンアップグレード無料

一度購入すればその後の追加購入なしに、MeldaProductionが続く限り常に最新のバージョンを使用できます。

         

五日間の間のみ50%OFFのマッドネスセール中です。

  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク