記事内に広告が含まれる場合があります

NUGEN Audio『MasterCheck』配信サービス用マスター最適化用プラグイン

NUGEN Audio社の『MasterCheck』は、YoutubeやSoundcloud、Apple、Spotifyなどの音楽配信サービスに曲をアップする音楽制作者に特化したプラグインです。評価の高い良プラグイン。

2023年3月6日:

半額来ています!

*セールは日本時間の3/21(火)夕方頃までの予定です。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

『MasterCheck』デジタル音楽配信サービスのためのプラグイン

プレイアウト・システム用に完璧に調整されたマスターを実現するマスタリングチェックツール

ざっと見紹介動画(3分):

MasterCheckは、配信サービスを利用する音楽制作者のための『マスター最適化ソリューション』用プラグインです。

音楽が意図したとおりにリスナーに届くようにするためのツールです。

MasterCheckは、Apple、Spotify、Youtube、Soundcloudなどストリーミングサービスに楽曲をアップした場合に、あなたのオーディオがリスナーにどのように聞こえているのかを即座に明らかにします。

今日の音楽配信サービスに合わせてミックスを最適化するためのツールとして機能します。

ストリーミングアプリ、ダウンロードストア、Webサイト、およびPodcastはすべて、データ圧縮、ラウドネスマッチング、またはその両方を使用します。

これらのプロセスはさまざまな望ましくない方法でミックスに影響を与える可能性があります。

あなたの大きなパンチの効いたミックスが、静かで平らになってしまったり、クリッピングや歪みをこうむる可能性があります。

MasterCheckは、それらの問題を前もって明らかにし、特定のプレイアウトシステム用に完璧に調整されたマスターを可能にします。

デモ動画

紹介動画(4分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(3分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

MasterCheckを用いたストリーミング音楽のマスタリング方法。

デモ&レビュー動画(10:27・自動翻訳の日本語字幕可能):

チュートリアル動画(3:41・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画 (22:50):

MasterCheckについて

今日のデジタル音楽サービスのためのマスタリング用ツール『MasterCheck』

MasterCheckは、Apple、Spotify、DABラジオ、テレビの仕様に直接対応しているマスタリングツールです。

あなたのオーディオがリスナーにどのように聞こえるかをすぐに明らかにし、自信と確信を持って制作することを可能にしてくれます。

*SoundCloud と MP3 にも対応しました!

リスナーのためのミックス&マスター

MasterCheckは、現代の配信サービスのための完全な最適化で、あなたの音楽が意図したとおりにリスナーに届くことを確認するための機能を提供するプラグインです。

ストリーミングアプリ、ダウンロードストア、ポッドキャストはすべて、データ圧縮、ラウドネス正規化、またはその両方を使用しています。

これらの処理は、トラックに好ましくない影響を与える可能性があります。

大音量でパンチの効いたミックスが、静かで平坦なものになったり、クリッピングや歪みが発生したりすることがあります。

MasterCheckは、このような問題を事前に発見し、特定のプレイアウト・システム用に完璧に調整されたマスターを提供することが可能です。

MasterCheckは、ラウドネス正規化の効果を示すので、知覚されるラウドネスとダイナミクスの間のスイートスポットを見つけることができ、エンコーディングプロセスによってもたらされるアーティファクトを事前に聞くことが可能です。

これらのプロセスが音楽に悪影響を及ぼし始めるポイントを素早く見つけることができるので、コントロールがしやすくなります。

Audition コーデック

人々はどのようにあなたのアウトプットを聴いているのでしょうか?

あなたは、自宅や車内、イヤホンで素晴らしいサウンドを楽しめるマスターを提供するために懸命に働いていますが、それは物語の半分に過ぎないのです。

Spotify、Apple Music、Tidal、SoundCloud、YouTubeで、あなたの音楽はどのように聞こえるのでしょうか?

すべての主要なオンラインサービスは、再生デバイス、接続速度、あるいはユーザーが「ベーシック」または「プレミアム」の顧客であるかどうかによって、異なる仕様とフォーマットを使用して、音楽をエンコードします。

ホットミックスでは、再生時にクリップするトゥルーピークオーバーが発生することがあります。

MasterCheckはこのようなエラーを検出し、明らかな周波数マスキングやその他のアーティファクトを聴くことができます。

特定のストリーミング・サービス用のプリセットを使用して、以下のコーデックを監視できます。

  • Ogg Vorbis
  • FLAC
  • Opus
  • AAC-LC
  • HE-AACv1 (AAC+)
  • HE-AACv2 (DAB+)
  • MP3

機能

  • デジタル音楽サービスのプレビュー

  • ラウドネスとダイナミクスのバランス

  • リアルタイムでのオーディションエンコーディング

  • Spotify、Appleなどのためのマスターリング

  • 参照ミックスを一致させる

  • クリップフリーのエンコーディングを実現

  • PLR/PSRメータリング

MasterCheck』の詳細

リファレンスと比較

「External ref」機能を介して、MasterCheckでは、ラウドネス、PLR、True Peakの測定値の違いを確認するために、基準材とのA/Bを行うことができます。

必要に応じて、「Offset to match(オフセット・トゥ・マッチ)」を使用してラウドネスを直接比較することができます。

「Offset to match」は、FXチェーンからラウドネスを取り除くためにも使用できます。

これは、ラウドネスの増加による「フィーリング・グッド・ファクター」に影響されることなく、信号処理の影響を評価するのに役立ちます。

柔軟なワークフロー

サイズ変更可能なインターフェイスと多くのユーザー設定可能なオプションにより、MasterCheck は、あらゆる状況に合わせて簡単に調整することができます。

PLRのダイナミック・カラー・スプリットは、望ましい範囲を示すように設定でき、メーター・スプリットは、サンプル間のピークなどを示す「セーフ・ゾーン」を表示するように簡単に設定できます。

マスタリング用として

プレイアウトサービスは、基本的にオーディオを配信するための「レターボックス」を持っています。

スーパーラウドなマスターはCDではラウドネス戦争に勝てるかもしれませんが、主要なストリーミングサービスでは単純に拒否されます。

これでは、過渡的なディテールやパンチのために使うことができた貴重なヘッドルームが残ってしまいます。

トゥルーピークのクリッピングが、エンコードされたオーディオのダウンストリームの歪みを引き起こす可能性があることを知っておくことが重要です。

重い圧縮を行うと、特に低品質のコーデックでは、聴こえてくるような「フィジング」やステレオディフィニションの損失が発生します。

ミキシング用として

最も人気のあるストリーミングプラットフォームは、現在、正規化のための最も大きな音と最も静かなターゲットの間で3 LUの差しかありません。

最もラウドなプラットフォームよりも大きな音をミックスしてもメリットがないのは明らかで、その時点で全てのプラットフォームがオーディオを下げてしまうことになります。

これは主にマスタリングエンジニアが気にすることですが、ミックスを圧縮しすぎるとマスタリングエンジニアの行き場がなくなってしまいます。

プラットフォームのターゲットレベルを超えて圧縮した場合、失われたトランジェントを後から取り戻すことはできません。

MasterCheckを使用して、サービスプレイアウトレベルで試聴し、ミックスをコンテキストで聞くことをお試しください。

代表的な機能
  • 統合されたラウドネスの測定

  • 過圧縮を回避するためのPLRとPSRのモニタリング

  • コーデックの歪みを特定し、補正するために微調整する

  • マッチしたラウドネスでのA/B参照

  • マスタリングのためのミックスダイナミクスの準備

  • デジタル音楽サービスのためのマスタリング

  • 動的コンテンツの測定

  • 下流のクリッピングを避ける

  • FXチェーンに合わせたラウドネスのオーディション

  • ポッドキャストとデジタルラジオのためのマスタリング

メーカーページ

システム要件

最小システム仕様

  • Mac OSX 10.7.x / 512MB RAM
  • Windows (64 ビット) Vista 以降 / 512 MB RAM

対応規格

当社のラウドネス製品は、国際規格 ITU-R B.S. に基づくすべての推奨事項およびガイダンスと互換性があります。 1770 年、リビジョン 1、2、3、および 4 には以下が含まれます。

  • ATSC A/85 (CALM ACT)
  • EBU R128
  • EBU R128 S1
  • ARIB TR-B32
  • OP-59
  • AGCOM 219/9/CSP
  • Portaria 354
  • DPP

サポートされているオーディオ コーデック

  • HE-AACv1 (AAC+)
  • HE-AACv2 (DAB+)
  • Ogg Vorbis
  • AAC-LC

利用可能なフォーマット

64 ビット バージョンと 32 ビット バージョンの両方で、AAX、VST、VST3、および AU をサポートしています。 RTAS は 32 ビットのみでも利用可能

レビュー記事リンク

無数のデジタル配信プラットフォームに対応するため、また、パワーを失うことなくダイナミックレンジを取り戻すために、トラックを準備するための重要なツールとなるでしょう。

レート:9/10

  • 音楽制作の工程における真のニーズを満たす。
  • 特定のターゲット・プラットフォームに合わせてミックスとマスタリングを行う。
  • あなたのトラックが異なるシステムで良好に聞こえるようにする。
  • 参照するための巧妙なツール。
  • ミックス内で使用することで、一貫性を確保することができます。
  • 比較的安価である。
  • ヘッドルームとダイナミックレンジを確保できる。

MasterCheckが行うことは、ギターエフェクトのように派手ではありませんが、マスタリングエンジニアや放送用の音楽を制作する人にとって非常に重要なことなのです。

多くの配信プラットフォームがあり、自分ではコントロールできない余分な処理が施されることもありますから「ワンサイズ・フィット・オール」のマスターではもはや十分とは言えません。

テレビやラジオでも同じで、これらのプラットフォームに対応したマスタリング能力は非常に重要です。

ダイナミックレンジを犠牲にすることなく、十分な音量のトラックを作ることはできないと思うかもしれませんが、これがあれば可能です。

*セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:149ドル(25%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2019年7月:199ドル→149ドル
  • 2022年11月:199ドル→99ドル(Black Friday)
  • 2023年3月:199ドル→99ドル(Black Friday)