MacBook Pro 2018年モデルのCPUの型番とベンチマークスコア、その比較(13インチ、15インチ)。

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年モデルがリリースされて時間が経ち、製品に関する情報も徐々に出てきました。

なので、自分用の備忘録もかねて、(CPUの能力を中心とした)購入前の注意点をまとめてみました。

良かったら参考にしてみてください。

 

ちなみに、私はまだ、MacBook Pro 15インチ 2015年モデル(標準モデル。いわゆる一番安い吊るしモデル。)を愛用しています。(購入して1年8ヶ月くらい。)

 

スペック的には何ら問題を感じていないので、買い替えるつもりはまだありません。

 

とはいえ、今回リリースされた2018年モデルは、2016、2017年モデルで課題となっていた諸問題が改善され、かなり魅力的なマシンに仕上がっているようです。

(しかし、いくつかの新しい問題も発生しているみたいですが。。)

 

個人的には、Macはフルモデルチェンジ後は、マイナーチェンジで二、三世代を経て、やっと安心して買おうかと思える感じ(最近のMacは不具合多すぎ)。

  

キーボード

 

まず、皆さんも恐らくご存知の「2016、2017年モデルのキーボードに埃やゴミが入ると、不具合を起しやすくなる問題」は、キーボード内部にシリコーン膜を使用し、プロテクトすることで解決させる方向のようです。

ただし全面解決に至っているのかはまだ未知数。半年、一年くらい経って明らかになっていくでしょう。(Macの新型は常に人柱要素高めです。)

 

また、キーボード自体の打ちやすさは特段には変わらないようなので、2015年モデル以前の使用者さんは、買い替える場合は慣れるしかないですね。

 

ホコリ混入予防にはアナログな対策ですが、「キーボードカバー」が効果的なようです。

新型MacBook Pro13インチ、15インチ(タッチバーモデル)用

moshi Clearguard MB with Touch Bar (JIS)(日本語キーボード用)キーボードカバー 極薄 0.1mm 洗浄可 日本語配列 タッチバー有

スポンサーリンク

CPU

 2018年モデルは(13インチの場合は特に)CPUの向上が一番魅力的。

 

(価格コムなどで若干安く買える)13インチのTouch Bar付き標準モデル(*注意 1)でも、私のMacBook Pro (15-inch Retina Mid 2015)より、CPUがハイスペックになっています。

これには心底驚きました。

  

*注意 1

Appleでは現在、(13インチモデルは)一世代前の「タッチバーなし:第7世代デュアルコアプロセッサ」のモデルも併売されています。

一方、今回新しく追加された2018年モデルは、「タッチバー付きの:第8世代クアッドコア プロセッサ」になります。

 

以下が、MacBook Proのベンチマークスコア比較です。

どれもいわゆる吊るしモデル(標準モデル)。

   

CPUのシングルスコアとマルチスコアの比較

 

MacBook Pro (13-inch Mid 2018)   13インチの通常販売モデル

Intel Core i5-8259U @ 2.3 GHz (4 cores)
 
Single-Core Score:4494
Multi-Core Score:16440
 
 
 

MacBook Pro (15-inch Mid 2018)  15インチ通常販売の標準モデル

Intel Core i7-8750H @ 2.2 GHz (6 cores)

 
Single-Core Score:4914
Multi-Core Score:21114
 
 
 

MacBook Pro (15-inch Mid 2018)  15インチ通常販売の上位モデル

Intel Core i7-8850H @ 2.6 GHz (6 cores)

  
Single-Core Score:5054
Multi-Core Score:21231
 
 

MacBook Pro (15-inch Retina Mid 2015)

(2015年の15インチ。現在の私のメインマシン。)
Intel Core i7-4770HQ @ 2.2 GHz (4 cores)
 
Single-Core Score:3777
Multi-Core Score:12929
 
 
  

詳細は参照元のgeekbenchをご覧ください。

https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks

 


 

それにしても、新型13インチのスコアが凄いことになっていますね。

13インチは、低電圧のUシリーズですが、初めて4コアになりました。(いままでは2コア。)

 

いわゆるモバイル向けの省電力に特化した低電圧CPU(Intel Core i5-8259U @ 2.3 GHz)のなのに、通常電圧の2015年の15インチのCPU(Intel Core i7-4770HQ @ 2.2 GHz)より、ハイスコア。(シングルもマルチも勝っています。)

 

しかもこのスコアは、(価格コムでも購入可能な通常販売モデルの)Corei5ですからね。

アップル直販のみで購入可能なカスタマイズモデルのCorei7(の一番上位のモデル)だと、もうちょっとハイスペックです。

これ。

MacBook Pro (13-inch Mid 2018)

Intel Core i7-8559U @ 2.7 GHz (4 cores)
Single-Core Score:5131
Multi-Core Score:17508
そこまで圧倒的には変わらんですね。これなら標準のCorei5でも悪くはないかな?
 
   

MacBook Pro 15インチのカスタマイズ最上位モデルの場合

 
一方、MacBook Pro 15インチのカスタマイズ最上位モデル(Corei9)だとこんな感じ。

MacBook Pro (15-inch Mid 2018)

Intel Core i9-8950HK @ 2.9 GHz (6 cores)
Single-Core Score:5330
Multi-Core Score:22384
 
そして、そのCTO最上位モデル(Corei9)と、(価格コムで買える)標準モデルの上位機種(Corei7, 2.6 GHz)(*注意 2)のベンチマークを比較すると、、、
⬇️

MacBook Pro (15-inch Mid 2018)

Intel Core i7-8850H @ 2.6 GHz (6 cores)
Single-Core Score:5054
Multi-Core Score:21222
 
あれれ? そんなには変わらないよなぁ。。
  
 
 *注意 2
2018年の15インチ標準モデルの上位機種(Corei7, 2.6 GHz)の型番は、
MR972J/A(色がシルバー)とMR942J/A(色がスペースグレイ)です。

 

ちなみに、通常販売モデルの上位機種(Corei7, 2.6 GHz)は、価格コムで買えるので、アップルストアで定価購入しか手段のないカスタマイズの上位モデル(Corei9)との価格差はかなり大きなものになっています。

⬇️
 

MR972J/A (シルバー )

 
CPU:Core i7/2.6GHz/6コア
ストレージ:512GB
メモリ:16GB
グラフィクス:Radeon Pro 560X/Intel UHD Graphics 630

 
289,764円 (価格コムの最安値:2018年8月3日現在)

MR972J/Aをベースに、アップル直販でCPUをカスタマイズ

 
CPU:Core i9 /2.9GHz/ 6コア
ストレージ:512GB
メモリ:16GB
グラフィクス:Radeon Pro 560X/Intel UHD Graphics 630

 
362,664円(アップルストアでカスタマイズ時の価格)

 CPUのみの差で、72,900円の価格差になっています。
(しかも、CPUのベンチ結果は、そこまで変わらないと言う。。)
  
  

 
 
そして、今回の15インチは6コアになってパワーアップと喜んでいたら、高熱問題が発覚
 
 
(標準モデルのcorei7搭載機は大丈夫そう?!しかし、もう少し人柱様たちの続報を待ちたい。)
 
やはり、待てる方は来年のモデルまで待ったほうが無難かもしれません。
高い買い物なので、私ならそうします。
 
 
いまのところ出ている情報では、Corei7の方は大丈夫そうですが、お初モノのCPUが6コアのモデルなので、ちょっと怖い。。
長期的な使用後のレビューが欲しいところ。
 
  

4コア化した13インチはメインマシンとして十分使えるスペックに

 
個人的には、今回の買いは13インチモデルかなと思っています。
 
13インチは、軽いのでどこへでも持ち運べる(1.37 kg)。
 
しかも、旧型の15インチをしのぐ性能を獲得しています。DTMや動画編集も楽々こなせるメインマシンになりました。素晴らしい。
 
   
 

ただし、13インチ標準モデルのメモリ搭載量は8GB。ここが痛い。

(アップルストアより安い)価格コムなどで購入できる13インチ標準モデルのメモリ搭載量は8GB。
 
やはりこれからMacを新調するなら少なくとも16GBは欲しい。
 
 
とはいえ、これは用途によるのですが。。
 
たとえば、コンテンツの消費が中心で、クリエイティブ用途の使用はApple製の純正アプリ(Garage Band、写真、iMovieなど)程度なら、8GBでもなんら問題はないはずです。
 
 
しかしながら、本格的なクリエイティブ用途がメインなら話はちょっと変わってきます。
 
Logic Pro Xなどの本格的なDAWソフトやプロフェッショナル用の動画編集ソフトなどを使用するなら、メモリは16GBが必須ラインと考えておいたほうが、あとあと後悔しなくて済むと思います。
 
・・と、、
ちょっと脅かしてしまいましたが、実は、最近のMacBookシリーズに搭載されているSSDは驚異的なアクセススピードを誇ります。
  
それがメモリの件とどう関係するかと言うと、
 
メモリの容量が足りなくなると、Macは自動的にデータをストレージ(SSD)に逃がします。これをスワップと言います。
 
昔、ストレージが(アクセススピードの低速な)HDDだった頃は、スワップするとマシンの動作が緩慢になりました。(時には、たえがたいほどスローに。)
 
しかし、現在のMacBook Proに搭載されているのはSSD。しかも数あるSSDの中でもトップクラス。物凄く高速。
 
しかたって、スワップが発生しても、マシンの動作は緩慢なりにくくなっています。
 
高速なSSDは、メモリの不足分を助ける力を持っているのです。
 
 
しかし、とはいっても、「メモリ」と「SSD」には、今でもその速度に大きな差があることは事実です。
 
大きなデータを短時間に大量に扱うDTMや動画編集に代表されるクリエイティブな業務では、メモリの容量が足りないことによって、マシンの本来の力を引き出せなくなることがあります。(せっかく強力なCPUを搭載していてもメモリの欠乏が足を引っ張るケース。)
 
したがって、プロフェッショナルな制作業務にMacを使用するなら、そういったネガティブ要素は排除しておいたほうが仕事はやりやすい。
そして、その快適性を左右する分岐点が、メモリでは「16GB」と考える人が多いようです。
 
  
一方、「肩ひじ張らずにクリエイティブなことも趣味程度にはやりますよ」くらいならメモリは8GBでも大した問題にはならないでしょう。
 
現にメモリ8GBの旧MacBook Proで、不足なくDTMをやっている方は大勢います。
 
 
しかし、結局、大は小を兼ねるので、余裕をお金で買うか、マシンの多少の緩慢さには目をつぶるか、その辺の考えはその人次第と言うことになります。
 
 
私の場合は、すでにメモリ16GBのMacBook Proを経験してしまっているので、新しいマシンを買うときに8GBにスペックダウンさせるのは、ちょっと抵抗を感じます。
 
 

13インチのメモリを16GBにしたい場合は、アップルストアでカスタマイズモデルの購入が必要

  

では、13インチのメモリを16GBにしたい場合なのですが、価格コムなどでは基本的に買えません。
13インチのメモリ16GBのモデルは、Appleストアでカスタマイズしたモデル(CTOモデル)を購入する必要があります。
   
(また、MacBook Proの場合、購入後は、あとからメモリを追加したり、容量の多いものに付け替えることは出来ません。購入時に、必要なメモリ容量を決めておかなければなりません。)
 
  
このCTOモデルが、結構高いんですよね。。
 
ちょっと計算してみましょう。
 

CPUがCorei5のままでSSDが512GBで、メモリを16GBにした場合

 

CPU:Intel Core i5-8259U @ 2.3 GHz (4 cores)
SSD:512GB
メモリ:16GB
価格:242,800円(税抜き):262,224円(税込み)

 

Corei5でも4コアなのでそこそこ強力です。DTMなどのクリエイティブ用途でもいけるでしょう。

この構成で、私が所有するMacBook Pro 15インチ 2015年モデルのスペックを、CPU、メモリ、ストレージの主要三点において同格または凌駕しています。

 

新型の13インチをメイン機として使う場合、私ならこれにします。

 

これより安いモデルだと、ストレージサイズが256GB。

やはり、MacBook Proをクリエイティブ用途に使うなら(せっかくメモリをCTOで16GB増やすのだし)、SSDの容量は、最低でも512GBは欲しい。

 

なぜなら、2016年以降の新型MacBook Proは、SDカードスロットを搭載していないので、自分でストレージ容量をあとから増やすことが全く出来ないからです。

 

容量の少ないSSDに対する処方せんは、icloudやdropboxなどのクラウドストレージを契約して使うか、 外付けSSDやHDDをぶら下げるくらいしかないでしょう。

とはいっても、DTM用途の場合クラウドストレージはありえないので、外付けSSDを使う感じになると思います。

 

それにしても256GBだと少ない。

SSDを容量一杯に使うのは健康上好ましいことではないので。(出来れば3分の1以上は空けておいたほうが良いと言われています。)

  

したがって、現実的に考えると、(クリエイティブ用途には、256GBでは容量が少な過ぎるので、その一個上の)512GBがより良い選択になると思います。(余裕があるなら、その上の1TBや2TBが良いですが、高いですね。。)

  


  

このMacBook Pro 13インチ カスタマイズモデル(メモリ16GBとCorei7(4コア)、SSD512GB)。バランスが良くて、素晴らしい。。

自宅でDTM用途で使うときは、外付けディスプレイに繋いじゃえば、13インチでも全く問題なし、旅行にも躊躇なく持ち運べるコンパクトさ。

久々に物欲をかき立てられるマシン。。かなり欲しい。。

 

ただネックは、価格かな。13インチで25万円超え。262,224円(税込み)。

アップルストアでしか買えないので、定価購入。。ちょっと高いよね。。

しかし、今までにないパワフルな4コアCPU、そして16GBメモリ搭載だし、まあ悪くはないでしょう。。

   

CPUをCorei7にして、SSDが512GB、メモリが16GBの場合

 

CPU:Intel Core i7-8559U @ 2.7 GHz (4 cores)
SSD:512GB
メモリ:16GB
価格:275,800円 (税別)  :297,864円(税込み)
  
30万か。結構しますねぇ。。
とは言っても、以前のモデルもCTOにすれば結構高かったので、4コア化+Corei7で、以前の15インチ以上のスペックになったと思えばかなりお買い得ではあります。
 
個人的には上記のCorei5モデルでも良いかな。
 
 
 
そして最後に、SSDもモリモリにした価格も載せておきましょう!
 
 

SSDを2TBにした13インチの最上位モデル

 

CPU:Intel Core i7-8559U @ 2.7 GHz (4 cores)
SSD:2TB
メモリ:16GB
価格:407,800円 (税別) : 440,424円(税込み)
 
ううぉぉ!わたしはムリ!
 
  
 
  
と言うことは、、、
 
実は、2018年モデルの15インチの標準モデルの価格コムの最安値は、税込みで244,000円程なのですよ。。(2018年8月3日現在)
 
今後、落ち着けば、今よりもう少し買いやすい価格になっていくでしょう(ただし消費税はもうすぐ上がるようですね)。
 
この価格(244,000円)は、標準モデルの最安機なので、SSDは256GBですが。。
 
SSDが512GBモデルだと、約299,600円です。(2018年8月3日現在)
  
 
 
うーん、なやましい。
 
しかし、よく考えると、13インチのCTOモデル(Corei7 4core、メモリ16GB、SSD512GB)を30万で買うなら、
価格コムの最安値店で30万の15インチモデル(Corei7 6core、メモリ16GB、SSD512GB)の30万の方が良いよなぁ。
 
 
でもちょっと待てよ?! 15インチが安く感じ始めているけど、よくよく考えるとノートPCに30万は安くはないよなぁ (笑)。
 
13インチCorei5のメモリ16GB、SSD516GBモデルなら、26万。うーん、これかなぁ。。
いや、もうちょっと待てば、15インチの標準モデルの価格も下がりそうだし。。
 
 
なんだかなぁ。いつもMacはこんな感じですね。。
 

GPU(グラフィクス)の性能は、15インチの方が優れている

加えて、GPUの性能は、15インチの通常販売モデルの方が独立したビデオチップ(dGPU)を搭載しているので高性能です。

 

4Kの外部ディスプレイに繋げてデュアルモニターにしたり、ヘビー級な動画編集や(3Dなどの)込み入ったゲームをするなら、dGPUモデルが最適です。
15インチは標準モデルでもdGPUを搭載しています。
 
一方、13インチモデルは、カスタムモデルでも、ビデオチップ(グラフィクス)がCPUに内蔵された(iGUP)になります。
  
 
DAW用途やごく一般的な動画編集程度ならCPUにグラフィックコアが内蔵されているiGPUの標準モデルでも十分ですが、先々のことを考えれば、MacBook Pro15インチの標準モデルの構成は、それ以外のMacBookと比較して、殆ど妥協がない性能をもっていますので、長期間にわたり安心して使用していくことが出来ます。
  

スペックと価格、またその2つのバランスにスポットライトを当てるなら、やはりMacBook Proは15インチモデルの方が、性能が高く、価格的にもお得感は高いです。

  

  

 
と言うことで、個人的な結論は、「今のところは、2015年のMacBook Pro 15インチモデルの継続使用で良いのかな。。」って感じです。
 
 
2015年のMacBook Pro 15インチモデルは、私が購入時、現在の価格コムとほぼ同じ18万円くらいだったと記憶しています。
 
SSD容量は256GBですが、SDカードスロットが装備されているので、そこに200GBのmicroSDを刺して快適に使用できています
 
 
しかし、今から新品の「2015年のMacBook Pro 15インチモデル」の購入勧めるかと言われたら、それは難しいかなぁ。。
 
それなら、あと十万円頑張って、2018年モデルのSSDが512GBのMR972J/A(29万円)にした方が長く使っていけるし、長い目で見れば元は取れるのではないかと思います。
 
一方、節約派なら、状態の良い中古の「2015年のMacBook Pro 15インチモデル」を安く買うのは、十分「アリ」な選択です。
  

 

2015年のMacBook Pro 15インチモデルはいまだ完成度の高いマシン

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。。
MacBook Pro 15インチモデル(2015)のレビュー
  一昨年の冬に2015年モデルのMacBook Pro 15インチを購入し、それから一年ちょっと経ちました。 それまで...

 

2015円モデルは、標準でSDカードスロットを搭載しているので、一番安いSSD容量が256GBのモデルでも、大容量のmicroSDカード(200GB)を刺して使うことが出来るので、助かっています。

今回は、MacBook Pro15インチ用に購入したSDカードアダプタ「iSlice」と大容量microSDカード「Sandisk ...

 

また、キーボードもタイプしやすい。

ポートは従来型のUSB3.0ですが、まだまだこっちの方が楽。

ちまたで売られている外付けHDDやDTM用のオーディオインターフェイスなどは、圧倒的にUSB3.0ですから。使い古されている規格なので、周辺機器が安い。

DJをMacBook Proでやるなら、(コントローラーやオーディオインターフェイスとの接続を考えると)まだまだ旧型の方がアドバンテージが高いと思う。

 

私的には、MacBook Pro 15インチモデル(2015)は、完成度の高い素晴らしいマシン。

DTMやDJにフル稼働(Logic Pro XやReason10)していますが、スペック的にも全く不足を感じていません。最高です。

 


 
2018年8月3日現在、
 
中古のMJLQ2J/A(2015年のMacBook Pro 15インチモデル)は、12万円台円なかば程度で購入できてしまいます
    
 
Amazonだと、上記のリンクは新品価格の表示になっていますが、上記のリンクをクリックで飛んで、右真ん中あたりの「こちらからもご購入いただけますの「新品/中古品の出品を見る」を選択すると、かなり安いモノが出てきます。
 
 
おすすめは、断然「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます 」と表示されている商品です。
 
「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送」と表示される商品は、万が一、「不具合」や「商品説明と実際の商品に違いが合った場合」などは、購入後30日以内ならAmazon販売商品と同様の返品ポリシーが適用されるので、比較的簡単に返品することが可能です。
 
(出品者からの発送になるAmazonマーケットプレイスより安心度が高いです。)
  
 
  

おすすめのMacBook Pro用インナーケース

PCインナーバッグ 防震 防水 13.3インチ pc ケース 通勤 マックブックケース ラップトップ/ノートパソコン/MacBook Pro/Air/ウルトラブック用 PCバッグ(13.3インチ.ブラック)

軽くて丈夫!
 

MacBook Pro 13インチとMacBook Air 13インチの兼用タイプ

  

MacBook Pro 15インチ  2013〜2015年型と新型の2016,2017,2018年型にも対応

レビューあります

MacBook Pro用にAmazonで購入した超軽量ではっ水処理済みのケース。結構いいですよ。おすすめです。(旧型2015年、新型...

 

2018年モデルのグラフィクス(GPU)について

書き忘れましたが、、
 
13インチ2018年モデル のGPU(グラフフィックス)は、intel iris plus graphics 655です。
 
おなじみベンチマーク測定サイトのPassmark社ではiris plus655のベンチ結果はまだ掲載されていないのですが、655と良く似ているチップのiris plus650のベンチ結果は掲載されています。
 
 
 
650のベンチ結果:1543
 
 
2016年のタッチバー付きMacBook Pro 13インチモデルは、グラフフィックススチップがIntel Iris 550。
Passmark GPUベンチマーク:1672でした。
 
したがって、性能はそれほど変わらないと見ていいかもしれません。
 
(ちなみに、私の15インチ2015年モデルのGPUスコアは、1179です。)
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク