Macの人気ソフト「Disk Diet」の使い方〔SSDやHDDの内部を掃除してスペース確保〕

スポンサーリンク

MacのSSD、HDDのお掃除&スペース確保はDisk Dietが便利

Mojaveのダークモードにも対応(日本語表記にも対応しています)

 

昔から定評のあるカナダのTunabelly Software社製の「Disk Diet」ですがいつのまにかV5.4になっていました。

数カ月前から導入して、これはかなり使えることがわかったので、簡単なレビューと使い方を紹介しておきたいと思います。

(そして、いつのまにか完全な日本語表記も追加されていました。)

   

最初に注意書きですが、Disk Dietはシェアウェア(有料の)ソフトウェアです。その分、常に改良が重ねられている良ソフト。Macユーザーの間では、長年高い評価を得ています。

 

Tunabelly Software社はMac用のファンコントロールアプリケーション「TGPRO」も有名です。こちらも良アプリ。  

【】Mac用の完璧なファンコントロールがお望みなら「TG PRO」がベストチョイス
2019/11/30 追記:Black Fridayセールで半額来てますよ。   TG PROの解説からすぐに読みたい方は、こちらからどうぞ。     Macが高温になりやすい場合、どのような対策をしています...

 

 

MacのSSDのスペースを出来るだけ確保しておきたい

 

私のメインノートPCは2015年モデルのMacBook Pro 15インチで、ストレージはSSD(フラッシュストレージ)。

問題は、標準モデルをチョイスしているので、SSDの容量が256GBしかないことです。

これで良く音楽製作をやっているなぁと自分でも感心していますが、サンプルや大容量音源は外付けSSDに収納しています。

 

最近では、Logic Pro Xの音源も(余計な作業をせずとも)クリック一回で外付けにストレージに移し替えることが出来るようになったので以前より楽になりました。

   

Logic Pro Xの付属音源は約60GB(約23.5GBのレガシー音源は含ます) 

容量を取るサウンドライブラリの場所の変更がLogic Pro Xのプルダウンメニューから簡単に出来るようになった。

  

加えて、旧型のMacBook ProはmicroSDカードスロットがあるので、そこに400GBのmicroSDカードを入れっぱなしにしています。ストレスにならない程度の速度が出るので、意外と使えます。私はiTunesのライブラリや書類、動画、写真などを入れています。

 

iSliceとSanDisk MicroSD 200GB MacBookの手軽な容量アップ方法
今回は、MacBook Pro15インチ用に購入したSDカードアダプタ「iSlice」と大容量microSDカード「Sandisk Ultra200GB」のレビュー記事です。   2018年9月25日追記: ...
〔深夜のお得情報〕SanDiskのMicroSDカードが激安!
AmazonでMicroSDカードめちゃくちゃ安くなっています。 現在、どの容量のカードも値下がりしています。 特に、一流メーカー「Sandisk」のカードが安くなっています。   そして、私は全く知らなかっ...

  

 

とは言え、メインスペースのSSDは256GB。。かなり心もとなくなってきました。

 

また、SSDの場合は、いっぱいいっぱいに詰め込むのはSSDの寿命的にはあまり良いことではないようです。

可能なら半分、少なくとも30〜20%くらいは空きスペースを常時確保しておいた方が良いようです。(SSDの健康(寿命を持たせること)のためには結構重要みたいなので自分は一応気をつけています。)

  

そこで重要になって来るのが、ストレージ内部の無駄なジャンクデータのお掃除。

Macは使っていくと自然にゴミが溜まって行くので、定期的なお掃除が効果的ですが、自分で一々キャッシュやログファイルを探して削除するのは面倒。

 

Disk Dietはたった一回のクリックで、自動的にそれらジャンクファイルをお掃除してくれます。

私の場合、ゴミ箱は定期的に削除しているので、それほどスペースは開かないかなと思っていましたが、Disk Dietでお掃除すると、毎回1GBほどスペースが空きます。

 

Disk Dietの使い方(超簡単です)

Disk Diet 2の設定&実行画面。基本的にはデフォルトの設定のままで、右下の「ダイエット」ボタンを押すだけで操作は完了します。

 

基本操作は、 右下の「ダイエット」ボタンを押すだけです。コレだけです・・。

 

15:00 追記(書き忘れましたすみません!):実行前にはTimemachine等でバックアップをキチンと取っておくことをおすすめします!自分は取ってなかったですが。。(笑)

  

もし、ゴミ箱の内容を確認してから、お掃除をしたい場合は、Disk Dietを使用前に、ゴミ箱内をきちんと確認してから実行しましょう。

それが面倒なら、上記のDisk Dietの設定画面で、「ごみ」のチェックを外しておきましょう。

   

約1GBのスペースが確保出来ました。

     

 

備考    

チェックが入っていない項目でも、いらないと確信が持てる項目は削除すると良いでしょう。

  


  

各項目がよくわからない場合はそのままで良いと思います。または、「?」マークをクリックすると、簡単な解説メモを出てくるのでそれらを参考にすることも出来ます。

Disk Dietの設定画面の「?」を押すと各セクションの簡単な説明が出てきます。

   


   

例えば、「未使用のアプリケーション」の右隣にある歯車マークをクリックすると、以下の画像ように、一定期間未使用のアプリケーションが表示されます。

赤枠で囲った「選択:」の右隣の部分をクリックで、使用していない期間をソート出来る。

 

1ヶ月、1年、2年、(より細かい期間設定が出来る)カスタムと、好みに応じて、使用していない期間をソート出来る。長い期間使っていないアプリケーションをまとめて削除するのに効果を発揮します。

 

まとめ 

自分でやろうとすると、かなり難解でややっこしい作業を強いられるシステム内部のお掃除ですが、Disk Dietを使用するとクリック一回で済みます。

特に音楽制作などのクリエイティブ業務をされている方や、SSDの容量が少ないマシンを使用している方には救世主となりうるアプリです。

     

Disk Diet
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥840
⬆️
 
Disk Dietは、MacApp Storeから購入出来ますが、Tunabelly Softwareの本家サイトで購入した方が若干安いです。
 
また、Macの高性能温度管理アプリの「TGPRO」も気になるようでしたら同時に購入すると同時購入割りが効いてお得になります。

⬇️

詳細ページ:Tunabelly Software
 

TGPROとDisk Dietの同時購入で20%OFFのセール。(Macユーザーならどちらも役立つアプリです。)

  
  
TGPROは、Mac使いにとってはまさに神アプリ。助かっています。
【】Mac用の完璧なファンコントロールがお望みなら「TG PRO」がベストチョイス
2019/11/30 追記:Black Fridayセールで半額来てますよ。   TG PROの解説からすぐに読みたい方は、こちらからどうぞ。     Macが高温になりやすい場合、どのような対策をしています...

コメント