Harrison Consoles『AVA LegacyQ』プロオーディオミキシングコンソールの遺産を受け継ぐデジタルEQ

Harrison ConsolesのEQプラグイン『AVA LegacyQ』が78%OFFの短期セールになっています。

通常価格:89ドル → セール特価:19ドル(78%OFF)

6月18日(金曜日)夕方まで。

AVA LegacyQは、Harrisonのオリジナル・コンソールのMPCデジタルイコライザーのプラグイン版です。

Harrison Consoleは、映画やテレビの制作向けのプロフェッショナルオーディオミキシングコンソール・メーカで、その製品は世界中のポストプロダクションで使用さてきました。

このプラグイン版の「LegacyQ」には、音のスペクトログラムがスクロール表示されるようになったので、ドラムのヒット音を識別したり、ボーカルに最適なカットオフ周波数を見つけたり、指の軋みを最小限に抑えたりすることができます。

スポンサーリンク

AVA LegacyQ

紹介動画(・日本語字幕可能):

Harrison AVA LegacyQ Plugin v2.0 (AAX/VST/VST3/AU)

AVA LegacyQは、Harrison社のオリジナルのコンソール・MPCに備わっていいたデジタルイコライザーをプラグイン化した製品です。

Harrisonサウンドの特性は、最初にアナログコンソールプロセッサーを作成し、その後、オリジナルのアナログコンソールのサウンドと特性を維持しながら、プロセッサーをデジタルに変換するというユニークな開発の伝統から来ています。

このEQは、デジタル制御のアナログ回路から始まり、後にデジタル化され、世界中の超高級ポスト&フィルム施設で使用されています。

オリジナルのコンソールEQと同様に、AVA LegacyQはコントロールサーフェスでの使用に最適化されています。

各バンドはオリジナルのアナログバンドと同等の限られた範囲をカバーし、「Q」の形状は物理的なノブの動作範囲と最適に一致するように設計されています。

各バンドはオリジナルのアナログと同等の限られた範囲をカバーし、「Q」の形状は物理的なノブの操作範囲に最適に設計されています。

操作性

メインディスプレイのグラフでは、5つのEQバンドと2つのフィルターバンドのコントロールが可能です。

バンドのアイコンをクリックすると、周波数とゲインを変更することができます。 また、マウスホイール(または2本指のドラッグ)でバンドのQを調整できます。

メインディスプレイには、高精度・高速のRTAアナライザー(「Spectrum Graph」または「Scrolling Graph」)が搭載されており、EQの変更をPREまたはPOSTにすることができます。

また、ディスプレイの減衰率をコントロールできるスピード・ノブと、トリム・コントロールも搭載しています。

ほとんどの信号では、スペクトルを表示させるために、「トリム」コントロールを大きくする必要があります。

EQバンドコントロール

グラフの下には、5 つの EQ バンドとフィルターがグラフィカルに表示されています。それぞれのバンドには、上から順に以下の項目があります。

  • Band Enable、Band ShapeAVA LegacyQ
  • 周波数
  • Q ファクター(ワイド(L)からナロー(R)まで)
  • ゲイン(-15/15dBレンジ)
バンドシェイプ

EQ バンド(1-5)には、以下のバンドシェイプを割り当てることができます。

  • ロー/ハイ・パス・フィルター(6、12dB/オクターブ)

  • ロー/ハイ・シェルビング

  • ベル

  • ノッチ(選択した周波数を無限にカット、Qの幅を調整可能)

  • サーチ(特定の音を探しやすくするために、中心周波数より上と下のすべての周波数をフィルタリングします。「ノッチ」フィルタと組み合わせて、不要な音を見つけて除去することがよくあります)

フィルターバンド(AとB)は、傾斜が急なほど強力です。 フィルターには、以下の形状のいずれかを割り当てることができます。

  • ローパス/ハイパスフィルター(12、24、36、48dB/オクターブ)

  • Wide Notch(間隔の狭い4つのノッチ。一般的なノッチよりも広い周波数帯域に影響を与えるため、ノッチ周波数の調整が容易になる
インラインEQグラフ

AVA LegacyQは、Pro Tools 2018のEQグラフ機能に対応しており、プラグインのエディターを開くことなく調整内容を確認することができます。

EQグラフは、チャンネルストリップにある互換性のあるすべてのEQプラグインの合計値を表しています。

特徴

  • Harrison初のフル機能デジタルEQをプラグイン形式で実現。

  • 5つのパラメトリックEQバンド(形状を選択可能)

  • 形状を選択できる2つのフィルター(高速で正確な修理を可能にするHarrisonのワイドボトムノッチを含む)

  • 1975年に32Cコンソールのために開発されたHarrisonのカスタム4オクターブ周波数レンジ

  • コントロールサーフェスでの使用に最適化されたHarrisonカスタムQノブ

  • 高精度RTAアナライザーにより、低域の分解能を確保。

  • 5つのEQバンドと2つのフィルターを搭載し、Avidコントロールサーフェスとの互換性を確保。

  • EQカーブは、Pro Toolsのミキサー・ウィンドウおよびコントロール・サーフェスのディスプレイに表示されます(AAXのみ)。

  • +/- 15dBの出力トリム

  • 「バイパス」アイコンをクリックすると、モーメンタリ・バイパス機能が働き、マウスボタンを押している間、影響を受けていない信号を聴くことが可能(その後、設定を元に戻すことができます)。

  • 「歯車」のアイコンをクリックすると、サイズ変更、テーマの選択(該当するプラグインの場合)、プラグインのバージョン番号などの追加機能を備えたメニューが表示されます。

マニュアルページ

システム要件

  • Mac OS X 10.7以降が必要(macOS 10.10以降を推奨)
  • Windows 7以降が必要

プラグインの仕様

  • 対応フォーマット:AAX、VST、VST3、AU

ホストDAWのサポート

  • ProTools 10.3.5以降が必要(インストール時にAAXフォーマットを有効にしてください)
  • Logic(インストール時にAUフォーマットを有効にしてください)
  • Cubase(インストール時にVSTまたはVST3フォーマットを有効にしてください)
  • その他のほとんどのDAW(インストール時にVSTフォーマットを有効してください)

セール情報

通常価格:89ドル

セール特価:19ドル(78%OFF)

*6月18日(金曜日)夕方までの短期セールです。