【63%OFFクーポン配布中】Melda Production『MTurboEQ』往年のアナログEQ11種類を簡単操作で実現したプラグイン

数多くのアナログ・イコライザーにインスパイアされたEQタイプを搭載したプラグインMelda Productionの『MTurboEQ』。

現在、63%OFFになるクーポンコードが配布されています。

MTurboEQのセールページ(クーポンコード:PBTurboEQ

スポンサーリンク

『MTurboEQ』11種類のアナログEQを搭載した簡単EQ

MTurboEQについて

MTurboEQは、過去の優れた多くのアナログEQにインスパイアされて作られたイコライザーです。

簡単に素早く使えて、素晴らしい音が出るように作られていますが、必ずしもオリジナルを模倣しているわけではありません。

不必要なノイズを発生させたり、信号を歪ませることはありません(サチュレーションを使用しない限りは)。

MTurboEQはすべてのイコライザー・タイプが同じように操作できるように設計されています。

MTurboEQに搭載されている各EQタイプは、オリジナルのEQがそのような多機能性を持っていなかったとしても、全て統一した同じ機能を備えるように設計されています。

それぞれのイコライザー・タイプは、フィルターのデザイン(どの周波数にどのような影響を与えるか)が異なります。それがアナログ機器の醍醐味です。

なので、自分に合ったものを選んで楽しんでみてください。

もちろん、Meldaプラグインではおなじみの「プラグインツールバー」にある 「A-Hのプリセット切り替えスイッチ」を使って比較するのもいいでしょう。

UI右側にある
プラグインツールバー

ユーザーインターフェース

デバイスセレクター

UI左側にあるデバイスセレクター

このデバイスセレクターでは、あらかじめ定義されたデバイス(以前の「アクティブプリセット」)の中から選ぶことができます。

これらは通常のプリセットとは異なり、ノブやボタンで利用可能なEasy-modeコントロールを実際に持つことができます。

デバイスをクリックすると、そのデバイスが読み込まれます。

独自のデバイスをこのセレクターに入れることはできませんが、通常のプリセットとして保存しておけば、読み込み時にまったく同じように動作します。

デバイスをブラウズする際、プラグインはコントロール値(マルチパラメーター)を保存します。

完全な設定は保存されず、マルチパラメータのみが保存されるため、デバイスを切り替えても設定はそのまま維持されます。

ただし、編集画面に切り替えて高度な編集を行う場合は、A-Hプリセットを使用して作業を保存することをお勧めします。

MTurboEQの詳細

MTurboEQは、よく知られたクラシックなハードウェアにインスパイアされた、ユニークなビンテージスタイルのイコライザーです。

そのうちの1つではなく、そのすべてです。素早く簡単にイコライジングを行い、完璧な結果を得ることができます。

より簡単で迅速なワークフローのために再発明されたイコライザー

MTurboEQは、ワンクリックで多くのクラシックイコライザーにアクセスできます。そのため、ワークフローを大幅にスピードアップします。

そして、それだけではありません。

MTurboEQが再現している各ハードウェアのコントロールは元々非常に異なっていました。

多くの場合、奇妙な操作性を持つものもありました。このような不器用なインターフェイスを使いこなすためには多くの時間が必要でした。

一方で、MTurboEQでは、すべてのモデルがほとんど同じユーザーインターフェースと機能で統一されています。

例えば、EQにおいて最も重要なフィルターであるローシェルフとハイシェルフは必ず搭載されています。

そして、オリジナルが1つだったとしても、ピークフィルターは通常4つ搭載されており、それらは常に同じように動作します。

そしてもちろん、ハイパスフィルターとローパスフィルター(最近ではほとんどのトラックで使用されていますが、実際にはヴィンテージのイコライザーにはあまり搭載されていません)も備えています。

また、アナログ感を出すためのサチュレーション、イコライジングの量を簡単にコントロールするためのドライ/ウェット、ラウドネスのトリックを避けるための自動ゲイン補正、ミッド/サイド/サラウンドなど、古典的な機能もきちんと搭載されています。

ステッピングとコンティニュ

ある人は多機能であることを好み、ある人は限られた選択肢であることを好みます。

MTurboEQはその両方の選択肢を提供します。

ステップモードでは、各フィルターの周波数があらかじめ設定されていたり、ゲインが1デシベル単位で増加したりと、ほとんどのものが制限された値になります。この方法では、特に大きな違いを耳で聞いて比較することができるので、決断を下すのがより早くなります。

そして、準備ができたら、微調整のためにContinuousモードに切り替えることができます。

MTurboEQでは、オリジナルのハードウェア(およびすべてのエミュレーション)にはない、すべての周波数などにアクセスすることができます。デジタルの世界の礼儀です。

難解なハードウェアのEQ操作を簡単操作で実現

MAutoDynamicEqのような多機能なパラメトリックイコライザーを使えば、アナログイコライザーのサウンドの99.9999%を実現できます。

それはただの周波数とカーブであり、隠れたマジックはありません。

しかし、アナログイコライザーには、デザインという大きな利点があります。

アナログイコライザーは、ユーザーが使用するものだけにアクセスでき、最初からすべてが良い音になるように設定されています。

私たちは、これらのデザインを分析し、有用と思われるものをコピーし、それ以外のもの(ノイズやハム、無意味な全体的なゲインの変更など)を破棄して、完成したイコライザーを提供しています。

これにより、素早く、簡単に、素晴らしい結果を得ることができます。

特徴

  • 市場で最も先進的なユーザーインターフェース – スタイリング可能、サイズ変更可能、GPUによる高速化


  • 独自のビジュアライゼーションエンジンで、クラシックなメーターとタイムグラフを表示


  • M/S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理


  • 自動ゲイン補正 (AGC)を搭載


  • セーフティリミッターを搭載


  • 調整可能なアップサンプリング1x-4x


  • MIDI学習機能付きMIDIコントローラー


  • 64ビット処理と無制限のサンプリングレート


  • AVX対応の最新プロセッサに最適化された超高速処理


  • グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換


  • Windows、Macの32ビット、64ビットのVST、VST3、AU、AAXインターフェースに対応


  • ドングルやインターネットの使用は不要


  • 無償のアップデート

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7/8/10(32ビットまたは64ビット)
  • VST / VST3 / AAX互換ホスト(32ビットまたは64ビット)
  • SSE2をサポートするIntel / AMDプロセッサー
  • 32ビットホストでは常に32ビットプラグインを使用するか、64ビットホストでは64ビットプラグインを使用してください。

オペレーティングシステムが64ビットであっても、64ビットプラグインは32ビットホストでは機能しません。 64ビットホストでは32ビットプラグインを使用しないでください。 それらはブリッジする必要があり、遅く不安定になる可能性があります。

Mac

  • Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
  • VST / VST3 / AU / AAX互換ホスト(64ビットのみ)
  • SSE2をサポートするIntel / AMDプロセッサまたはAppleSiliconプロセッサー。

*詳細およびインストール手順については、製品のPDFドキュメントを確認してください

セール情報

通常価格:165ドル

セール特価:59.68ドル(63%OFF)

クーポンコード:PBTurboEQ

*上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効):

*主なセール価格の推移:

  • Melda Productionの製品のセールはブラックフライデーでも通常は50%OFFです。
  • 2021年2月:60%OFFのセールがありました。
  • 2021年5月:ADSRで買い物客への付録として配布されました。