【Sound Particle】ハリウッドの主要なスタジオで使用されている究極の3D Audio制作ツール

Sound Particlesは、世界中のポストプロダクション・ハウスでリスペクトされているサウンドデザイン・ソフトウェアを組み合わせた独創的な製品シリーズです。

最先端の3Dオーディオを使用して、シネマティックの没入感のある非常に複雑なサウンドをその場で作成することができます。

そのSound Particles社の各製品がブラックフライデーセールで全ての製品が最安&最安タイになっています。

12/6(月)夕方まで。

以下の製品がセールになっています

『Sound Particles』単体の『Sound Particles Indie』(最安タイ)

『Sound Particles』と『Doppler + Air』がセットになった『Sound Particles Pro』(最安タイ)

『Doppler + Air』のみ(最安)

『Air』のみ(最安)

『Brightness Panner』(最安)

『Energy Panner』(最安)

『Energy Panner』と『Brightness Panner』のセットバンドル

『Doppler + Air』と『Energy Panner』と『Brightness Panner』のセットバンドル

新製品の『Space Controller』最安(別記事にしています)

*セール情報に直接飛びたい場合は以下の目次からどうぞ。

スポンサーリンク

Sound Particles(3D Audio制作ツール)

Sound Particlesは、ハリウッドの主要なスタジオで使用されている究極の3Dオーディオソフトウェアです。

紹介動画二本

(ヘッドホンなどの良好なモニター環境での視聴が良いと思います)

以下のビデオでは、Mike Thornton氏がSound Particles 2.1の概要と新機能を紹介しています:

以下のビデオでは、おなじみJoshua CasperさんがSound Particlesを使って、爆弾、銃のサウンドやジェット機が頭上を飛んでいる大規模なウォーゾーンのバトルフィールドのサウンドスケープを作成しています。

ステレオフィールドでのサウンド生成の何百ものポイントは、Sound Particlesが基本的に自動的に行います。

究極の3Dオーディオソフトウェア『Sound Particles』

Sound Particlesは、仮想3Dオーディオの世界で数千(数百万)のサウンドを生成することができるオーディオソフトウェアアプリケーションです。

この没入型オーディオアプリケーションは、非常に複雑なサウンドをオンザフライで作成することができ、最終的にはこれまで以上に優れた新しいサウンドを素早く作成することが可能になります。

Sound Particlesは、Cinema Audio Societyの「Outstanding Product」賞にノミネートされています。これはSound Particlesのインディーズ版で、「Doppler + Air」プラグインバンドルを含む「Sound Particles Pro」もセールになっています。

オールニューエンジン

2.1アップデートでは、新しいオーディオエンジンが搭載され、リアルタイムの変化に最適化された反復処理で対応し、可能な限り最高のオーディオ品質でサウンドデザインを実現します。

バッチ処理

セッションを作成し、Sound Particlesを設定すると、1回のパスで数百種類のレンダリングを出力することができます。この機能により、サウンドエフェクトの大量生産が現実のものとなります。

トラックプリセット

トラックとマイクの設定を無限に作成して保存し、マウスを2回クリックするだけでトラックの設定を呼び出すことができます。100以上の専門的に作られたプリセットが含まれています。

ユーザーテンプレート

セッションをテンプレートとして保存しましょう。トラックやマイクをいくつでも含めることができるので、二度とゼロから始める必要はありません。

有効化/無効化

オーディオファイル、動き、オーディオモディファイアを有効にしたり無効にしたりできます。様々なテクニックの実験は、このバージョン2.1ほど簡単ではありませんでした。

Sound Particlesは、今日存在する他のプロの3Dオーディオソフトウェアとは全く異なるものです。

Sound Particlesは、コンピュータグラフィックスのコンセプトを使用していますが、オーディオ用には、各パーティクルが3D音源(3Dオブジェクトの代わりに)を表し、バーチャルマイクがパーティクルのバーチャルサウンド(バーチャルCGIカメラの代わりに)をキャプチャします。

サウンドパーティクルを使って戦場の音を作りたいと想像してみてください。

10.000個のパーティクル(音源)を作成し、それを1平方マイルに広げ、サウンドライブラリから50個の戦争関連のサウンドを選び、バーチャルマイク(5.1、Dolby Atmos 9.1 bedなど)でシーン全体をレンダリングすることができます。

各パーティクルは戦争関連のサウンドの中からランダムに1つを選択して再生することになるので、あるパーティクルは第1オーディオファイルを再生し、他のパーティクルは第2オーディオファイルを再生する、というようなことになります。

また、各パーティクル(音源)は、長さ1マイルの正方形上にランダムに配置されます。

より興味深い結果を得るために、ムーブメントモディファイアはパーティクルに動きを加え、オーディオモディファイアはランダムなゲイン、ディレイ、EQ、タイム/ピッチの変化を適用します。

バーチャルマイクは、その位置、方向、すべてのパーティクルの位置に基づいて、シーンのバーチャルサウンドをキャプチャする役割を果たします。

すべてのパーティクルの音は、伝搬減衰、音速、ドップラー効果などを考慮してレンダリングされます。

CGI統合

アニメーションやシネマティックスの作業をしていますか?

アニメーションやビジュアルエフェクトから3D情報をSound Particlesにインポートし、3Dオブジェクトにサウンドをアタッチすることで、これまで以上に素早くミックスを行うことができます。

リアルタイムレンダリング

Sound Particlesでは、あなたが実行した変更をリアルタイムで聞くことができるようになりました。必要なパラメータを調整すると、レンダリングプロセスが自動的に変化に適応します。

バイノーラルモニタリング

Sound Particlesは、あらゆるタイプのオーディオフォーマットをデコードすることで、バイノーラルオーディオをモニターすることができます。

さらに、AmbisonicsのバーチャルマイクとVRクライアントアプリを使用することで、360ビデオを見ながらヘッドトラッキングでミックスをモニターすることができます。

VRクライアントアプリ

IPを介してデスクトップアプリケーションと直接通信するこのモバイルアプリケーションを使用して、Androidデバイス上でSound Particlesバーチャルリアリティプロジェクトをテストします。

360ビデオ、Ambisonics、ヘッドトラッキングのサポートが含まれています。

Windowsサポート

究極の3DオーディオソフトがmacOSとWindowsの両方に対応しました。この2つの操作システムを使用することで、プロジェクト間の完全な互換性で2つの世界を最大限に活用することができます。

メーカーページリンク:

Sound Particles v2 チュートリアル全3巻(Google日本語翻訳字幕可能):

この動画では、Sound ParticlesのCEOのNuno Fonsecaさんが、サウンドスケープに奥行きを加える際の開始ゾーン形状の重要性を示しています:

バージョン2と2.1で変わったこと:

最新版「Sound Particles 2.1」の追加機能

新しいSound Particles 2.0では、CGI統合、リアルタイムレンダリング、バイノーラルモニタリング、macOSとWindowsの両方のサポート、Ambisonicsとサラウンドファイルのインポートなどが追加されています。

それに加えて、Sound Particles 2.1では以下の機能も追加されています。

  • 新しいオーディオエンジン:

    完全に書き換えられた3Dオーディオエンジンは、滑らかさ、効率性、および最大化された音響精度のために最適化されています。
  • バッチ処理:

    数回クリックするだけで何百ものバリエーションを作成し、あとはソフトウェアに任せましょう。
  • オートメーションの強化&高度なオートメーション:

    時間をかけてパラメータを調整するための、より速く、よりシンプルな方法です。
  • プリセットとユーザーテンプレートの記録:

    トラックプリセットとユーザーテンプレート(トラックからトラックへ、セッションからセッションへ、お好みの設定を保存してワークフローを改善します。)

「Sound Particles」のシステム要件

オペレーティングシステム:

  • Mac OSX 10.9以上
  • Windows 7/8/10

最低限の要件

CPU – 2コア以上
RAM – 4GB以上
ディスク容量 620 MB

推奨条件

  • CPU – 4コア以上
  • RAM – 8GB以上
  • ディスク容量 – 620 MB

Doppler + Air(プロ用FXバンドル)

『Doppler + Air』プロフェッショナルオーディオポストプロダクションプラグイン

Doppler + Airは、サウンドデザインやオーディオポストプロダクションに使用できるプロ仕様のオーディオプラグイン(AAX Native、AU、VST、VST3)のバンドルです。

この二つのプラグインは、空気中を移動する音の物理的な挙動をシミュレートし、ミックスを想像以上の没入感のあるサウンド体験を作り出します。

メーカーページリンク

『Doppler』ドップラーエフェクト

Dopplerは、空気中を移動するオブジェクトの挙動をシミュレートし、通り過ぎる音の特性を非常に正確に再現したオーディオを作り出すエフェクターです。

実際の状況でピッチ、レベル、EQに物理的に影響を与えるすべてのパラメーターをコントロールすることで、ドップラーはあなたの作品に最も自然なサウンドのエミュレーションを提供します。

特徴

高精度ドップラー

正確さとは自然を意味します。脳は何が自然で何が偽物かを知っているので、最も正確なツールが必要です。

Dopplerプラグインは、ハリウッドの多くのスタジオで使用されているSound Particlesと同じエンジンを使用しており、最も自然なサウンドのドップラーエフェクトを作成することができます。

没入感のあるオーディオをサポート

モノラル(オムニ、カルドイド、8の字型)、ステレオ(MS、XY、ORTF、ブルムライン、AB)、5.1、7.1、9.1ドルビーアトモスベッド、またはアンビソニックス(3次まで)の中から、異なるマイクを選択するだけです。

最高のオーディオフォーマットのための最高のドップラーです。

完璧なイメージシンク

ドップラーのピークが欲しい時間を指定すると、他のすべてのパラメータが画像との完璧な同期を得るために調整されます。

Distance EQも搭載

ボリュームとピッチの他に、Dopplerプラグインは、距離を介して空気を減衰させることで得られる完璧な周波数特性を適用します。

世界の単位

メートル “と “フィート “のどちらがいいですか?

“Mph “と “km/h “どっちがいいですか?

帝国単位とメートル単位を完全に統合し、誰でも簡単に、より歓迎されるワークフローを実現します。

コントロールサーフェス

コントロールサーフェス(AVID S6など)を使用して、プラグインのパラメータを編集できます。

『Air』エアーサウンドFX

Airは、音が空気中を移動するときに、音の高い周波数に起こる自然な減衰をシミュレートします。

自然に遠くに聞こえるようにしたいダイアログやエフェクトに対して、完全にシミュレートされた周波数応答を提供します。

特徴

複数のロケーション

Airはすでに南極からデスバレーまで、世界中のさまざまな場所の設定が含まれていますが、あなたは常にあなたの1つのカスタム値を入力することができます。

完璧な結果

Airは、空気減衰の正確な周波数応答値を使用しているので、単純なローパスフィルターよりもはるかに正確です。

距離減衰

距離減衰パラメータを使用して、距離に応じた音量をコントロールします。

世界の単位

「メートル」と「フィート」のどちらがいいですか?

「Mph」か「km/h」か?

インペリアル単位とメートル単位を完全に統合し、誰でも簡単に快適なワークフローを実現します。

コントロールサーフェス

コントロールサーフェス(AVID S6など)を使用してプラグインのパラメータを編集できます。

オーディオデモ(1:25):

紹介動画(9:35):

セール情報

『Sound Particles Indie』(Sound Particlesのみ)のセール

通常価格:399ドルセール特価:199ドル(最安タイ)

  • 2020年9月:399ドル→319ドル
  • 2020年10月:399ドル→279ドル
  • 2020年10月:399ドル→199ドル
  • 2021年5月:399ドル→239ドル
  • 2021年10月:399ドル→259ドル

『Doppler + Air』のみのセール

通常価格:199ドルセール特価:52ドル(過去最安値更新)

  • 2020年9月:199ドル→159ドル
  • 2020年10月:199ドル→139ドル
  • 2020年10月:199ドル→99ドル
  • 2021年5月:199ドル→84ドル
  • 2021年5月:199ドル→59ドル

Air 単体

通常価格:69ドルセール特価:24ドル(最安

  • 2020年11月:69ドル→35ドル
  • 2021年5月:69ドル→49ドル
  • 2021年10月:69ドル→27.6ドル

『Sound Particles Pro』(Sound ParticlesとDoppler + Airのセット製品)

通常価格:990ドルセール特価:495ドル(最安タイ)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年9月:990ドル→789ドル
  • 2020年10月:990ドル→689ドル
  • 2020年10月:990ドル→495ドル
  • 2021年5月:990ドル→593ドル
  • 2021年5月:990ドル→643ドル

『Sound Particles Indie』と『Sound Particles Pro』の違い

〔管理人メモ〕

『Sound Particles Indie』と『Sound Particles Pro』との大きなの違いを簡単にまとめておきます。。

  • 「Doppler + Air」の有無
  • 会社として使用できるかできないか

    (Sound Particles Indieの方は個人の使用に限定されています。請求書に個人名のみを記載することができて、企業名は記載できない。)
  • サポートの質(「プレミアム」か「ベストエフォート」か)
  • SPサービスの有無(Sound Particles Proのみのサーピス)

SPサービスとは、Sound Particlesのプロが、ユーザーのプロジェクトのニーズに合わせて、SP内でオーディオシーンを作成する手伝いをしてくれるそうです。(ただし、4ヶ月ごとに最大1つのオーディオシーン。)

個人スタジオなら『Sound Particles Indie』でも十分な感じがしますね。

ソース:

https://www.rspeaudio.com/Sound-Particles-2-1-Indie-p/sound-particles-2-indie.htm

『Sound Particles Indie』 『Sound Particles Pro』

  1. Sound Particles Indieの販売先は個人に限らせていただきます。Indieのサブスクリプションに関する請求書には、個人名のみを記載することができます(企業名ではありません)。


  2. Sound Particlesのライセンスは、「ユーザーごと」(ユーザーごとに1ライセンス)と「座席ごと」(コンピュータごとに1ライセンス)の2種類があります。

    「ユーザー単位」では、Sound Particlesのライセンスは、そのソフトウェアをそのユーザーのみが使用する限り、ユーザーが複数のコンピュータで使用することを可能にします。

    「per seat」では、Sound Particlesライセンスは複数のユーザーが使用できますが、ソフトウェアは1台のマシンにしかインストールできません。


  3. Sound Particles Teamは、1つのプロジェクトのコンテキスト内でのみ使用する必要があります:1つの映画、1つのテレビシリーズのシーズン、1つのビデオゲームのタイトルなど。また、プロジェクト期間は18ヶ月を超えることはできません。


  4. ベストエフォートサポートとは、Sound Particlesがお客様の問題をベストエフォートで処理しようとすることを意味しますが、プロ/チームのサポートリクエストよりも優先順位は低くなります。


  5. プレミアムサポートとは、サポートチームからの最優先事項を意味し、サポート要素の個人的なメールへのアクセスを含みます。


  6. Doppler+Airプラグインのライセンスは、ProとTeamのライセンスに含まれています。


  7. Sound Particles Proには、Sound Particlesのサービスが含まれています(4ヶ月ごとに最大1つのオーディオシーン)。

    Sound Particlesのプロが、あなたのプロジェクトのニーズに合わせて、SP内でオーディオシーンを作成するお手伝いをします。

    (SPのプロジェクトファイルのみ、オーディオ素材は使用しません。)


  8. Sound Particles Teamには、Sound Particlesのサービスが含まれています(3つのオーディオシーンまで)。

    Sound Particlesのプロが、あなたのプロジェクトのニーズに合わせて、SP内で最大3つのオーディオシーンを作成するのをお手伝いします(SPプロジェクトファイルのみ、オーディオ素材なし)。



  9. すべての支払いは毎月処理されます。1年間のサブスクリプションにコミットした場合、追加割引が適用されます(インディーズ:19.90ドル→16.90ドル、プロ:59.00ドル→49.90ドル)。

    前払いでのお支払いも可能ですが、1回のお支払いで更新できない場合は、1ヶ月分のライセンスの前払いも可能です。税金がかかる場合があります。


    (管理人メモ:今回のセールはサブスクリプションではなく買い切りです。)



  10. Doppler + Airプラグインを既にお持ちの方は、インディーズライセンスとプロライセンスの15%割引が適用されます。

    サブスクリプションを購入している場合、割引は1年間有効です。



  11. すべてのSound Particles 2.xアップデートを含む永久ライセンスの価値。税金が適用される場合があります。


『Energy Panner』と『Brightness Panner』もセール対象です

Brightness Panner

Plugin Boutique

通常価格:49ドル → セール特価:24ドル

【過去最安】ADSR

通常価格:49ドル → セール特価:22ドル(過去最安)

*主なセール価格の推移:

  • 2021年4-5月:49ドル→39ドル(リリースセール)
  • 2021年10月:49ドル→29ドル

詳細記事:

Energy Panner

Plugin Boutique

2021年11月22日:

通常価格:49ドル → セール特価:24ドル

【過去最安】ADSR

2021年11月22日:

通常価格:49ドル → セール特価:20ドル(過去最安!)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年3月:49ドル → 29ドル(リリースセール)
  • 2021年5月:49ドル→39ドル

詳細記事:

バンドルもセールになっています

今回リリースされたBrightness Pannerを含む2つのバンドル製品がセール対象になっています。

Sound Particles Panner Collection

上記の『Brightness Panner』と、それより少し前に先行してリリースされたパンニングFX『Energy Panner』とのバンドル『Sound Particles Panner Collection』もセールになっています。

セール情報:69ドル→ セール特価:34ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2021年4月:69ドル→59ドル(リリースセール)
  • 2021年10月:69ドル→45ドル(ハロウィンセール)

Sound Particles 4 FX Bundle

Sound Particles 4 FX Bundleは、上記の『Brightness Panner』と『Energy Panner』のバンドルに、プロフェッショナルユースの2つのFXプラグイン(Doppler と Air)がセットになった製品です。

セール情報:199ドル → セール特価:129ドル(最安)

  • 2020年4月:199ドル → セール特価:179ドル
  • 2021年5月:199ドル → セール特価:139ドル

*11/29夕方までの短期セールです。

*Plugin Boutique:上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*ADSR:上記の製品を購入時に以下の製品が無料でプレゼントされます。

セール場所:

11/29 18:59頃まで。