終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

AudioThing『Things – Motor』モーフィング・ローターFX(サイドチェインでシグナルを結合させ面白い音を作るシンプルなプラグイン)

AudioThingのユニークかつ簡単に使えるマルチFX(モジュレーター)プラグイン『Things – Motor』。

スポンサーリンク

モーフィング・ローター・エフェクト『Things – Motor』

モーフィング・ローター・エフェクト『Things – Motor』

『Things – Motor』は、AudioThingとHainbachによる新しい「モーフィング・ローター」エフェクト・プラグインです。

トレモロ、ビブラート、パンナーの3つの機能(ノブ)が搭載されています。

Motorは、サイドチェインを使ってシグナルを新しく面白い方法で結合するプラグインエフェクトです。

2つのシグナルをこのプラグインに入れると、発酵したチェリーに酔った鳥のように、互いの周りでダンスします。

(音と音の間を緩やかにモーフィングしたり、リズミカルにカットして、音量と空間的な位置に影響を与えるために使用します。)

また、ビブラートで平凡な信号に生命力を与えたり、極端なモジュレーションスピードで面白いように信号を破壊することもできます。

デモ動画

デモ動画(3:53):

デモ動画(1:47):ギター

開発者の音楽家HAINBACH氏による解説&デモ(16分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&チュートリアル(9:55・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(Things – MotorとAbleton Live)5:35:

デモ動画(Things – MotorとFLStudio)7分:

ADSRによる長編デモ(1時間・自動翻訳の日本語字幕可能):Things – Motorでビートを構築。

Things – Motorについて

Motorは、サイドチェインを使ってシグナルを新しく面白い方法で結合するプラグイン・エフェクトです。

任意の2つのシグナルを入れると、発酵したチェリーに酔った求愛する鳥のように、お互いの周りで踊ります。

音と音の間を緩やかにモーフィングしたり、リズミカルにカットして、音量と空間的な位置の両方に影響を与えることができます。

ビブラートをかけて地味なシグナルに命を吹き込んだり、極端なモジュレーションスピードで興味深い方法で信号を破壊することもできます。

このプラグインはどこから来たの?

私たちAudioThing社と「音楽家のHainbach氏」の以前のコラボレーション(ソ連のスパイレコーダーをエコーにした『Wires』)のように、Motorsは歴史からヒントを得ています。

デイブ・ヤングがBBCラジオフォニック・ワークショップのために作った 「The Crystal Palace」 です。

The Crystal Palaceは、最大16のオーディオチャンネルを速度に応じて切り替えることができるユニークなツールでした。

モーターで回転する大きなコンデンサーを採用することで、ほとんどスチームパンクのような方法で実現しました。その効果は、崇高なものからほとんど粒状のものまであり、当時の大きな成果となりました。

このサウンドは、ブライアン・ホジソンとデリア・ダービシャーによるドクター・フーのエピソード「The Krotons」のサウンドトラックで聴くことができます。

What is New?

Things Motorは、この特異なツールに焦点を当てて拡張し、サイドチェインによる2つの信号の組み合わせを可能にすることで、プラットフォームを超えて簡単に動作するようになりました。

スイッチングは、オリジナルの固定された物理的な波形ではなく、可変波形のLFOを介して制御されます。これにより、スムーズなモーフィングやアグレッシブなチョップサウンドなど、さまざまなサウンドが可能になります。

また、リングモジュレーションのようなアーティファクトが発生する信号のオーディオレートモジュレーションにも使用できます。

開発者のAudioThingは、このツールを本当に多機能なものにするために、”モーター “LFOに同期したビブラートとパンナー、そしてAudioThingのクラシックなアナログライクなサウンドシェイピングを追加しました。

モーターのスタート/ストップの可変時間と合わることで、多くの音楽家が必要としていたサウンドモーフィングのロータリーエフェクトになります。

過去が現在に溶け込む

オリジナルのCrystal Palaceが再び公の場で聴かれることはないかもしれませんが、Things Motorではクラシックなツールをモダンにアレンジしています。

過去のアバンギャルドな技術を現代の視聴者に届けることは、Hainbach氏のチャンネルにおける主要な関心事の1つであり、AudioThingは彼とパートナーを組めたことを嬉しく思います。

Hainbach(ハインバッハ)氏について

ドイツのベルリンを拠点とするエレクトロニックミュージックの作曲家兼パフォーマーであるHainbach氏は、「One hell ofatrip」と呼ばれる変化するオーディオランドスケープTHEWIREを作成しています。

彼はラジオで文字盤を発見して以来、電子音に魅了されてきました。

子供の頃の不思議を失うことなく、彼はモジュラーシンセ、テープ、テスト機器でその間の音を探し、非音楽的な「音楽」さえ作ります。

Hainbachは、YouTubeチャンネルを通じて、実験音楽のテクニックをより多くの視聴者に提供しています。

Things – Motorの特徴

  • シグナルチョッパー

  • トレモロ、ビブラート、パンナー

  • マルチウェーブLFO(Sine、Triangle、Ramp Up、Ramp Down、Square、Sine Up、Sine Down、Exp Up、Exp Down、S&H)

  • スピードコントロールによるLFOのスタート/ストップ

  • リサイズ可能なウィンドウ

システム要件

Windows

  • Windows 7、8、10
  • 2GHzのCPU、4GBのRAM
  • VST2、VST3、またはAAX(64ビットのみ)

Mac

  • OS X 10.9 – macOS 11 Big Sur
  • 2GHzのCPU、4GBのRAM
  • VST2、VST3、AU、またはAAX(64ビットのみ)
  • ユニバーサル2バイナリー

セール情報

通常価格:19ドル

2022年4月11日セール特価:12ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年3月:19ドル→9ドル(リリースセール)
  • 2022年22月:19ドル→9ドル