終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

UJAM『EDEN 2』EDM、BIGROOM、レイブなどのフェスティバル系ビートメイキングに特化したプラグイン

UJAMのダンスミュージック系ドラム・インストゥルメント・プラグイン『EDEN 2』がセールになっています。

*過去最安値を大幅に更新しています。

通常価格:69ユーロ → セール特価:19ユーロ(72%OFF)(中々良いセールだと思います)

*セールは4/5(火)朝8時までの予定です。

スポンサーリンク

『EDEN 2』EDM・ビッグルーム・レイブ系ビートメイキング・ツール

ざっと見動画(24秒):

EDEN 2は、EDM、BIGROOM、レイブなどのいわゆるフェスティバル系のビートメイキングに特化したドラム・ツール(バーチャルインストゥルメント・プラグイン)です。

UJAM BeatMakerシリーズ共通の超便利機能「自動ビート演奏機能」(パフォーマンス機能)も搭載しています。

デモ動画

【日本語】ざっと見動画(1:37):

プリセットサウンドのデモ(9:49):

全体的な紹介動画(4分28秒):

ジョシュア・キャスパー氏による解説動画(6分40秒):

デモ動画(9:55):

デモ動画(10:14):

オーディオデモ:

『EDEM 2』について

『EDEM 2』は、ダンスとEDMトラックのためのドラムビート・メイキング・プラグインです。

EDM、ビッグルーム、レイブ用の音楽制作に最適化されています。

ビートメイカーのEDEN 2はダンスミュージックとEDMのスペシャリストです。

ダンスフロアを満員にし、一晩中パーティーを盛り上げるドライビングビートを作り出します。

45種類のダンススタイルのドラムヒットと1035種類のコンテンポラリーリズミカルなパターンを組み合わせて最高なビートを作成できます。

曲のイントロ、ヴァース、コーラス、フィル、エンディングなどを広範囲にカバーしています。

ストレスフリーなデザイン

EDEN 2のシンプルでフラストレーションのないコントロールは、音楽制作を始めるのに最適です。

プロのプロデューサーも初心者も、トラック全体やアイデアを具現化するスピード感と、妥協のないクオリティのサウンドを堪能することができます。

一目でわかる機能

EDEN 2は、10個の独立したキット、12個のスマートミックスプリセット、使いやすいミキシングとFXツールのパワフルなセットを搭載しています。

多幸感に満ちたリード、豊かなシンセサイザーパッド、叩きつけるようなベースラインの制作に対応します。

シグネチャーサウンド

異なるキットとEDEN 2のプロフェッショナルミックスプリセット、フィルタースイープやアンビエンスなどのマクロパフォーマンスコントロールを組み合わせて、あなたのフェイザーをスタンディングさせ、夜明けまでレイヴする準備をしましょう。

スペシャル・コントロール キックポンプ

ダイナミックなサイドチェーンコンプレッションで特徴的なポンピングサウンドを実現。

経験ゼロでも大丈夫

EDM、ビッグルーム、レイブミュージックを作ったことがなくても、EDENの透明なインターフェースは、考えすぎずにクレイジーなドラムトラックを簡単に作ることができます。

隠されたメニューやわかりにくいコントロールはなく、すべてが明確にレイアウトされています。

Beatmaker EDENの用途

UJAM Beatmaker EDEN 2は、無限のツールが詰まったツールキットだと考えてください。

各グルーブには様々なバリエーションがあり、あなたの曲をダイナミックな音楽へと変貌させる手助けをします。

曲の冒頭では、あまり複雑でないバリエーション(フレーズ)を1つ使うことができます。

8小節や16小節を過ぎたら、より忙しいフレーズにフィルを追加するのも良いでしょう。曲が大きくなるにつれて、フレーズを変えたり、他のコントロール(Sweep、Ambience、Mix、Mod Wheelの強度など)を微調整して、ダイナミクスを強調することができます。

UJAMでは、わかりやすくするために、アコースティックドラムの世界から多くの専門用語を借用しています。

熟練したミュージシャンが演奏するドラムは、常に進化し続けるパフォーマンスであり、バンドの他のメンバーが曲を作り上げ、それを面白く聴かせる手助けをするものです。

ビートスライスやサンプル検索にもう時間を費やす必要はありません

EDEN 2はUJAMのフラストレーション・フリー・デザイン・フィロソフィーに基づき、音楽制作の経験値に関係なく、誰でもより速く、より良い、より簡単な音楽制作ができるように設計されています。

さっそく演奏してみよう

EDEN 2をより深く理解する前に、まずEDEN 2の演奏方法について説明します。

UJAM Beatmakerウィンドウのキーボードセクションは、ドラムの打撃とドラムグルーヴのコントロールに特化しています。左半分の鍵盤で個々のドラムの音を鳴らし、C3*以上の鍵盤で曲のアレンジを構成するさまざまなパターンを選択することができます。

基本はシンプル

  • C3~B4のキーを押すと、UJAM Beatmakerがそのグルーブでフレーズを演奏し始めます。リズムパターンには、曲のパート譜のような便利な名前がついています。キーを離すと(Latchがオフの場合)再生が停止します。


  • ラッチがオンの場合は、B4またはエンディング(C#4とD#4)のいずれかを叩くと再生を停止できます。


  • フレーズキーの上半分をクリックすると、そのフレーズをDAWにMIDIファイルとしてドラッグすることができます。これは、パターンを編集して、スタイルやビートメーカーをまたいで使用することができる素晴らしい機能です。


  • MIDIノートC1-D#2は、個々のドラムヒットを表します。


  • ピッチベンドホイールを使用すると、キックドラムとスネアを徐々にミュートすることができます。モジュレーション・ホイールを回すと、クレッシェンドやデクレッシェンドを作り出すことができます。とてもダイナミックです。


  • これらのことが分かって、プリセットの切り替えができれば、UJAM Beatmakerで制作を始めるのに必要なことはすべて分かります。

*MIDIノートナンバー60は、DAWやシンセメーカーによってはC3と呼ばれることもあります。その他のDAWやシンセメーカーではC4と表記されています。

プリセットを試してみましょう

UJAM Beatmakerのウィンドウ上部には、プリセットをロードすることができます。

プリセットは常にUJAM Beatmakerの完全なセットアップであり、つまりグルーブだけでなくキットやエフェクトも変更されます。

UJAM Beatmakerの音楽的、音響的なパレットの印象をつかむために、この時点では、さまざまなプリセットとさまざまなStyleフレーズを試してみてください。

ミックス&キットセクションの特殊なコントロール

どのキットやミックスでも使用できるカーブスライダーがいくつかあります。

  • Kick/Snare – このスライダーはキットセクションの左側に配置され、キーボードのピッチベンドコントローラーまたはホイールにハードワイヤリングされています。このコントロールを使って、キックやスネアを一時的にフェードアウトさせることができます。


  • Beat Intensity – Mixセクションの右側に配置され、Modulationコントローラ(またはキーボードのModWheel)にハードワイヤリングされているこのリアルタイムコントロールでは、ビートの強度を一時的に下げることができます。技術的にはMIDIベロシティと同じで、よりダイナミックなバリエーションを作成することができます。


  • Kick Pump – Kick Drumをサイドチェイン・コンプレッサーに送り、他の信号がKick Drumに屈するような典型的なスーパー・コンプレッション・パンプを作り出します。

インタラクティブ・キーボード

インタラクティブ・キーボードでUJAM Beatmakerを演奏することもできますが、通常はMIDIキーボードやMIDIノートでリモートコントロールすることになるでしょう。

Interactive Keyboardは、UJAM Beatmakerが受信した音や演奏した音を表示するディスプレイとしても機能します。

レイアウトは全てのUJAM Beatmakerで共通ですが、一部の特殊なインストゥルメントで若干の差異があります。

つまり、あるビートメーカーで作成したMIDIパターンを他のビートメーカーで使用したり、異なるビートメーカー間でドラッグ&ドロップでフレーズを使用することができます。

キットセクション

このセクションでは、ドラムキットの名前をクリックしてリストを開くか、小さな矢印を使用してリストを移動して選択します。

10種類のキットがあり、それぞれ独自のサンプルセットを持っています。キットの名称は目安にしてください。

スタイルとパート

UJAM Beatmakerは、ドラムキットを個別に演奏することもできますが、リアルタイムにコントロールできるドラム演奏にこそ、オーディオループを超える真価があります。

キーボードのスタイルセクションを使用して、どのパートをいつ演奏するかをドラマーに指示するだけで、特定のスタイルで完全な楽曲を作成します。

UJAM Beatmakerでは、ドラム演奏は「スタイル」と「パート」に分類されています。

スタイルは45種類あり、それぞれが特定のグルーヴをカバーしています。

スタイルは、曲のパートに分解されます。イントロ、バース、コーラス、ブレイクダウン、フィル、エンディング、そして「スペシャル」と呼ばれるボーナスパートがあります。

ミックスの微調整とエフェクトの追加

インストゥルメントセクション

キットやスタイルを構成する個々のサウンドを、簡単に微調整したり変更したりすることができます。ドラムのキー(C1~D#2)をクリックすると、そのドラムの名前が直下のドラム編集エリアに表示されます。

4つのノブと出力スイッチがあり、特定のサウンドを微調整することができます。

  • ボリューム – 個々のドラムサウンドの音量を変更します。


  • ディケイ – ドラム音の減衰の速さをコントロールします。


  • Pitch – ドラムを半音ずつ調整します。


  • Filter(バージョン 2 の機能) – フィルター・ノブは、ローパス(左に回す)またはハイパス(右に回す)フィルターを適用して、ドラム楽器の全体的な音色を調整できます。


  • Solo – ドラムの音を単独で聴くことができます。


  • Mute – Mute ボタンを再度押すまで、ドラムの音をミックスから外します。

出力セクション

インストゥルメントチャンネルをマスターセクション(デフォルト)またはDAWのAuxバスに送られる個別出力のいずれかに送ることを選択できます。

DAW に送信されるインストゥルメントの順番は、インタラクティブ キーボードと同じで、Master Output が先となります。

Beatmaker はすべてのインストゥルメントに個別にチャンネルを設定します。HHT と Toms もそれぞれ のチャンネルを持ちますが、1 つの例外があります。シンバルは1つのIndividual Outputにグループ化されます。

注意:Mute と Solo は、個別のアウトプットに送られたドラムには使用できません。

ミックスセクション

BeatmakerのMixセクションは一見シンプルですが、その内部には各チャンネルストリップに複数のオーディオプロセッサを搭載した12バスのミキシングコンソールがあり、プリセットセレクターとアマウントノブで数百ものパラメータをマクロ制御することが可能です。

  • プリセットセレクター – ここで選択できるミックスプリセットは、Beatmakerの内蔵ミキシングコンソールの数百のパラメータを微調整します。各Beatmakerは、それぞれのジャンルに最適化された12種類のMixプリセットを持っています。


  • Amount – ミキシングコンソールのニュートラルな設定と、プリセットの最も過激な設定の間で、好みのバランスを設定することができます。


  • ヒント:アマウントコントロールを最大にした状態で、好みのタイプが見つかるまでミックスプリセットを段階的に選択し、プロセッシングの量がちょうどよくなるまでアマウントを下げます。

マスターセクション

マスターセクションは、個別出力で送信したインストゥルメントを除く、Beatmakerのステレオ出力を処理します。
  • Sweep – Sweep コントロールは、デュアルフィルターです。


  • Saturate – Saturate Processorは、Beatmakerのマスター・シグナルにウォームなハーモニック・ディストーションを加え、ダイナミックな挙動とシグナル全体のダーティネスに影響を及ぼします。


  • Maximize – Maximizerは、実際に技術的なレベルを上げることなく、信号の知覚ボリュームを最大化する人気のオーディオプロセッサです。

    注:マキシマイザー、サチュレート、ボリュームの設定は、素材によって常に適切なバランスを見つけることが必要です。


  • Ambience – Ambienceノブは、空間の量を調整することができます。


  • アンビエンス・セレクト(バージョン2の機能)-アンビエンス・ノブの上に、6つの利用可能なアンビエンス・プログラムから1つを選択するためのメニューが表示されます。


  • ボリューム – UJAM Beatmaker の出力音量をスライダーとレベルメーターで表示・調整し、ミキサーや後続のオーディオ・プロセッサーへの入力レベルを最適な状態に維持します。

ドラッグ&ドロップで楽曲を構築

Beatmakerでは、ソング・パーツをインタラクティブ・キーボードからDAWの任意のトラックへドラッグし、編集可能な音符を含むMIDIリージョンに変換することができます。

Beatmakerからソングパーツをソングにドラッグするには、インタラクティブキーボードのソングパーツキーの点線ドラッグエリアをクリックしたまま、マウスポインタをターゲットトラックまでドラッグしてください。

ドラッグ&ドロップ機能を使ってできること
  • Beatmakerのソングパートは、他のMIDIシーケンスと同じように編集できます。

  • 様々なスタイルのソングパーツを組み合わせて、1つの曲にすることができます。スタイルを切り替えて、ドラッグするだけです。

  • 上記のテクニックを自由に組み合わせて、あなただけのオリジナルビートを作ることも可能です。

EDEN 2の新機能

  • DAWへのMIDI「ドラッグ&ドロップ」機能

  • 複数のオーディオ出力

  • 2倍のスタイル、パターン、ドラムキット

  • スイープ、サチュレーション、最大化、マルチバンドEQ、アンビエンスを含むマスタリングセクション

UJAM EDEN 2のシステム要件

オペレーティングシステム

  • Windows8以降
  • OS X 10.11 / macOS 10.12以降
  • 64ビットのみ
  • それ以前のバージョンでも実行できますが、UJAMはサポートしていません。

最低限の必要条件

  • 4 GB の RAM
  • 1280 x 768 px表示
  • ダウンロードと認証にはインターネット接続が必要です。

プラグインのフォーマット

  • VST、AU 2、AAX
  • AU 2版はLogic Pro X以降にのみ対応しています。

対応規格

  • MIDI

追加情報

  • ダウンロード可能なインストーラーファイルが付属しています。
  • プラグイン内のujam.comのメールアドレスとパスワードで認証します。
  • .blobファイルを外付けのドライブに移動したい場合は、ドロップアウトを防ぐためにSSDの使用をお勧めします。

メーカーページリンク

セール情報

2022年3月22日:大幅に過去最安値を更新しています。

通常価格:69ユーロ(約78.26ドル/8667円)

セール特価:19ユーロ(72%OFF)(約21.55ドル/2387円

主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:69ドル→39ドル(Black Friday2020)
  • 2021年7月:69ドル→39ドル(サマーセール)
  • 2021年11月:69ドル→34.5ドル(Black Friday2021)
  • 2022年2月:69ドル→34.5ドル(バレンタインデーフラッシュセール)