ブラックフライデーセール 2022【終了日順まとめ】

Aberrant DSP『Digitalis』デジタルの劣化&グリッチ感を再現するマルチFXプラグイン

Aberrant DSPの新しいFXプラグイン『Digitalis』。

デジタルの劣化&グリッチ感を再現するマルチエフェクト・プラグインです。

Aberrant DSP(拠点:ニューヨーク)は、良質ながらもお手頃価格の2つ人気製品「Shapeshifter」と「SketchCassette II」を擁するメーカーです。

開発元の「Aberrant DSP」について

Aberrant DSPは、BenとDan、Jonの2人と1匹によるプロジェクトです。

2022年10月17日:

フラッシュセール『Aberrant DSP Boutique Week Sale』で20ドルになっています。

*恐らく最安タイです。

通常価格:30ドルフラッシュセール特価:20ドル(33%OFF)

*日本時間の10/24(月)夕方まで短期セール。

スポンサーリンク

『Digitalis』

デモ&紹介動画(6:02):

デジタルの荒野へ運んでくれるエフェクター『Digitalis』

Digitalisは、デジタルの劣化&グリッチ感を再現するマルチエフェクト・プラグインです。

不良コンバーター、発掘された古いCD、弱いインターネット接続、壊滅的なエラーなどの質感に触発されたエフェクターです。

この新しいプラグインは、果てしないデジタルの荒れ地を進む、あなただけの乗り物となるでしょう。

『Digitalis』の主な機能

データ操作・ウインドウ
  • 「スペクトル・フィルタリング・ペイントボックス」は、カスタムパターンでオーディオをフィルタリングすることができます。


  • 「ピッチセクション」には、ピッチシフト、フォルマントシフト、ピッチクォンタイズ機能が搭載されています。


  • 「テレコムセクション」は、「ロッシーオーディオエフェクト」を実現します。
コラプション(堕落)・ウインドウ
  • 「デシメートセクション」は、柔軟なダウンサンプリングエフェクトを実現します。


  • 「ダイナミック・ビットクラッシング・セクション」は、複数のモードを搭載し、幅広いデジタル・フィズとグリットを実現します。


  • 「Bitrotセクション」は、古いデジタルメディアのデータ損失や破損をエミュレートしています。
タイム・ウインドウ
  • 「リピーターセクション」は、テンポシンクまたはフリー・フローティングのリトリガーとビート・リピート・エフェクトのための高度に調整可能な機能を持っています。


  • 「ピッチシフトとベンドのコントロール」でリピートの変調が可能です。


  • 「リズムグリッチとピッチグリッチのコントロール」により、リピーターパターンにカオスと複雑さを加えることが可能です。

その他の機能

  • ウィンドウの順番をカスタマイズし、ジギタリスの信号の流れを変更可能


  • 16ステップのテンポ同期シーケンサーと4つのエフェクト用スロットにより、カスタムモジュレーションやリズムのバリエーションに無限の可能性が広がります。


  • 進化したAIアシスタント「Jon」がDigitalisのすべてをガイド


  • 98種類のファクトリープリセットで構成されるカスタムプリセットシステム。

システム要件

Mac:

  • macOS 10.12 Sierra以降(Intel / M1 Appleシリコンをサポート)(64ビットのみ)
  • AU、VST3、AAX

Windows:

  • Windows 10以降(64ビットのみ)
  • VST3、AAX

セール情報

*恐らく最安タイ。

通常価格:30ドル

フラッシュセール特価:20ドル(33%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2022年4月:30ドル→20ドル(リリースセール)

バンドルもセールになっています(10/24夕方まで)