【44~50%OFF】Excite Audio『VISION 4X』4つのリアルタイム高解像度ビジュアル・アナライザーでパーフェクトな音楽制作を助ける分析プラグイン

Excite Audioからアナライザー・プラグイン(オーディオ分析プラグイン)『VISION 4X』(2022年12月リリース)。

2023年2月1日:

Plugin Boutique’s 11th Anniversary セール』でリリースイントロセールに引き続きかなり安くなっています(44〜50%OFF)。

スポンサーリンク

Excite Audio『VISION 4X』

ざっと見動画(29秒):

Excite Audio『VISION 4X』は、4つのリアルタイム高解像度ビジュアル・アナライザーでパーフェクトな音楽に近づける手助けをしてくれる最新ツール(プラグイン)です。

退屈になりがちなサウンド解析を楽しくしつつ、音楽制作中のサウンドをより深く理解することできるようになります。

(このVISION 4Xは、オランダ・エレクトロニック・ミュージック界のレジェンド「NOISIA」とExcite Audioの共同開発により生まれました。)

デモ動画

新着紹介動画(4:56・自動翻訳の日本語字幕可能):

紹介動画(3分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(2:27・自動翻訳の日本語字幕可能):

『VISION 4X with NOISIAの5つの隠れた機能』

解説動画(1:42・自動翻訳の日本語字幕可能):

『VISION 4Xでサイドチェーンを完成させる方法』

解説動画(1:15・自動翻訳の日本語字幕可能):

『VISION 4Xでカスタム カラーを取得する方法』

使い方動画(26分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『VISION 4X』の詳細

あなたのサウンドを視覚化する

Excite Audio『VISION 4X』は、最大限の精度を持つパワフルなビジュアル・アナライザー・プラグインです。

VISION 4Xを用いることで、あなたのサウンドをより深く理解することできるようになります。

VISION 4Xは、エレクトロニック・ミュージック・トリオのNOISIAとの共同開発により生まれた新しいプラグインです。

今日のトップ・ミックスと競争するためにあなたのトラックを準備するのに必要な洞察力を提供し、そして、どんなに控えめな設定でも自信を持って正しいミキシング決定を下すための明瞭さも与えてくれます。

4つの視覚的次元

VISION 4Xは、スペクトログラム、バーグラフ、波形、位相相関メーターを含む、リアルタイムで同時に動作する4つの「カスタムビルドビジュアル分析ツール」を組み合わせています。

各分析ツールはそれぞれサイズ変更可能なウィンドウに表示されるので、ワークフローに合わせてプラグインのUIを拡大縮小することができます。

VISION 4XをDAWに完璧に同期させ、どんなプロジェクトでも分析時間枠をカスタマイズできます。

アナライザーを連続的に実行するか、時間の一部をループしてオーバーレイさせるかを選択します。

また、特定のサウンドに焦点を当てたい場合は、MIDI信号を受信するたびにプラグインをリトリガーするように設定します。

スペクトログラム

VISION 4Xのパワフルなスペクトログラムは、ローエンドの解像度を高め、ミックスの周波数に関するより多くの情報へのアクセスを提供します。

ビジュアライザーをフリーズしてサウンドのスナップショットを取得したり、ズームインして周波数スペクトルをクローズアップしたり、ディスプレイをナビゲートして見逃しがちなディテールを発見することができます。

ビジュアライゼーションのモードを選択することで、必要な方法でサウンドを確認することができます。

トランジェント・モードは、音の開始点と終了点を表示するために設計されています。

ハーモニック・モードは、信号の高調波成分をより詳細に表示し、オールラウンドはオーディオの全体像を把握するための最適なソリューションとなります。

スペクトログラムの表示は、10種類のカラーマップから選択でき、音の分析時に最大限の情報密度を得られるように特別に選択されています。

「マップバイアス」を使用して、明るさを低周波または高周波に偏らせることができます。

また、「レンジHz」と「レンジDb」スライダーは、ディスプレイの周波数と音量範囲を完全にコントロールすることができます。

バー・グラフ

VISION 4Xのバーグラフは、完全にカスタマイズ可能なスペクトラムアナライザーで、サウンドの中で持続する周波数のゲインレベルを強調することができます。

グラフに表示されるバーの数を変えることで、ミックス内の周波数分布の概要を把握することも、複雑な分析を行うことも可能です。

また、バーグラフの移動速度はトラックに合わせて調整でき、ピークホールドのサスティーン・コントロールを使えば、ピークレベルを簡単に見つけることができます。

VISION 4Xは、共振周波数を示すスペクトラムハイライト機能も搭載しており、スペクトログラムの色分けと合わせて感度を調整することが可能です。

数百のトラックを徹底的に分析して作成された、様々なジャンルのリファレンスカーブと比較することで、ミックスのバランスを理解し、改善することができます。

各リファレンスカーブには平均値と最大値のラインがあり、オーバーシュートは赤色で明確に表示されるので、ミキシングの決定を確実にするための視覚的なフィードバックツールとして最適です。

ウェーブフォーム

VISION 4Xは、スペクトログラムとバーグラフに加え、波形アナライザーを搭載しており、音源を注意深く観察することができます。

プラグインの他のビジュアライザーと同様に、波形アナライザーを使って音波を拡大し、直感的なカラーコード表示で貴重なピッチ、ボリューム、タイミング情報を得ることができます。

波形アナライザーは、VUとRMSのメーターツールを備えており、音量とラウドネスレベルを簡単に評価することができます。

レベルが0dBを超えたときに知らせるオーバーシュート・ハイライト機能により、ミックスのヘッドルームを把握することができます。

フェーズコリレーションメーター(位相相関メーター)

VISION 4Xの「Phase Correlation Meter(フェーズコリレーションメーター)」は、ステレオの広がりを感じさせ、左右のチャンネル間の位相差を判断するのに役立つツールです。

あなたのサウンドのステレオの次元を探検してくれます。

位相の問題はセンターラインに沿って明確に表示されるので、アライメントを維持し、モノラルに変換する際のオーディオの損失を防ぐのに役立ちます。

特徴

  • 4つのリアルタイムの高解像度ビジュアル アナライザー


  • カスタマイズ可能でサイズ変更可能なレイアウト


  • 情報密度を最大化するために設計された10 個のカラーマップ


  • スペクトル分析のためのカスタマイズ可能な「周波数範囲」と「dB 範囲」


  • 「フリーズ表示」と「ズームイン機能」により、さらに深い視覚化が可能


  • マップ カーブ/トーン バイアスを使用して、カラー マップを特定の周波数に集中させることができます。


  • 分析時間枠をDAWに同期


  • 2表示モード:時間枠をループして分析を再描画する連続視覚化または 視覚化のためのオーバーレイ。


  • MIDI 再トリガー:MIDI 信号を受信するたびに分析を再開します。


  • インフォメーションバーは、ホバー時にピッチ、ノート、dB、およびタイミング情報を表示します(A3 +7ct、-3.2db、バー 2.1.1)


  • ステレオ/レフト/ライト/ミッド/サイドモード


  • Noisiaがデザインしたプリセット


  • M1ネイティブ対応。


  • スタンドアロン モード
スペクトログラム
  • 強化されたローエンド解像度で設計された高解像度ビジュアライザー


  • トランジェント、ハーモニック、 オールラウンド解析用の3つのFFTサイズ


  • フリーズ、ズーム、スクロール機能


  • カスタマイズ可能な周波数範囲とデシベル範囲
バー・グラフ
  • Noisia作成の基準曲線(平均値、最大値含む)


  • スペクトルのハイライトは、持続周波数と共鳴周波数を示します。


  • 調整可能なバー数(4つのバーから折れ線グラフまで)


  • 調整可能なピークホールド時間によるピークdB値


  • フリーズ、ズーム、スクロール機能を搭載
波形
  • 詳細な波形解析


  • ピッチカラーマッピングによる周波数検出


  • 0dBを超えるオーバーシュートのハイライト


  • VUおよび RMSメーターを搭載
フェーズコリレーションメーター(位相相関計
  • 「ステレオ幅」と「位相調整」メーターを搭載


  • ハイライトを獲得

バージョン比較

Excite Audio『VISION 4X』には、以下の2つのバージョンがあります。

  • 『VISION 4X FULL』全ての機能が使える上位バージョン


  • 『VISION 4X Lite』 主要機能を搭載し価格を抑えたライトバージョン

バージョンの機能比較表

*各機能フル機能版ライト版
リアルタイム、高解像度のビジュアルアナライザー41
カスタマイズとサイズ変更が可能なラバウト
10種類のカラーマップ
トランジェント用3種類のETサイズ。ハーモニックおよびオールラウンドな分析。
フリーズおよびズームイン機能
マップカーブ&トーンバイアス
DAWにタイムフレームを同期
2つの表示モード – 連続 / オーバーレイ
MIDIリトリガーリング
ピッチ、ノート、dB、タイミング情報を表示するインフォバー
ステレオ/レフト/ライト/ミッド/サイドの各モード
Noisiaがデザインしたプリセット
M1ネイティブ対応
スタンドアローンモード
低音域の解像度を向上させたスペクトログラムを搭載
カスタマイズ可能な周波数レンジとdBレンジ
スペクトルをハイライトするバーグラフ分析
バー・ナンバーの調整(4-120バー/ライン・グラフ)
17のジャンルに特化したリファレンスカーブ
ピークホールド機能付きピークdBマーカー
詳細な波形解析機能
波形ピッチのカラーマッピング
波形のオーバーシュート強調表示
フェーズコリレーションメーター(位相相関メーター)
VUおよびRMSメーター

システム要件

MacOS
  • macOS 10.9以降 (Catalina & Big Sur を含む)。
  • M1ネイティブ
  • プラグイン形式: VST、VST3、AU、AAX、スタンドアロン
  • サポートされている DAW: Ableton Live、Pro Tools、Logic Pro、FL Studio、Cubase、Nuendo、Reaper、Reason など。
  • 互換性: 64 ビット互換のみ。
Windows
  • Windows 7以降
  • プラグイン形式: VST、VST3、AAX、スタンドアロン
  • サポートされている DAW: Ableton Live、Pro Tools、Logic Pro、FL Studio、Cubase、Nuendo、Reaper、Reason など。
  • 互換性: 64 ビットおよび 32 ビット互換。

*ソフトウェアの認証にはインターネット接続が必要です。

*セール情報

Excite Audio『VISION 4X』には、以下の2つのバージョンがあります。

  • 『VISION 4X FULL』全ての機能が使える上位バージョン
  • 『VISION 4X Lite』 主要機能を搭載し価格を抑えたライトバージョン

(各製品の違いについては本記事の「バージョン比較」を参照してください。)

『VISION 4X FULL』

通常価格:89ドル

リリースセール特価:49ドル(44%OFF)

『VISION 4X Lite』

通常価格:59ドル

リリースセール特価:29ドル(50%OFF)