*明日 10/1~10/3(月) 頃までに終了するセールが多くなっています。

Melda『MRhythmizerMB』DJライクなマルチエフェクトプラグイン(強力なマルチバンド版)

MeldaProductionの(ゲートエフェクトなどの)マルチエフェクト系プラグインのMRhythmizerMB。

*「MeldaProduction Make Music Day Sale」にて、60%OFFのイレギュラーなセールになっています(お得なセール)。

*セールは日本時間の7/2(土)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

MRhythmizerMB

MRhythmizerは、DJライクな即興エフェクトを簡単に作り出すプラグイン。スクラッチやスタッター、テンポを変更したりと、様々な用途で使用できます。

FL StudioのGrossBeatあたりがライバルですが、MRhythmizerMBの方が機能的には多彩です。

*このMRhythmizerMBの「MB」はマルチバンド対応の意味です。 

このMRhythmizerのMB版は、Band1〜Band6の計6つで全く異なるエフェクトをかけることが出来ます。

MRhythmizerは、シングルバンド版のMRhythmizerとマルチバンド版のMRhythmizerMBがあります。

今回セールになっているのはマルチバンド版の方です。

 シングルバンド版のMRhythmizer VS マルチバンド版のMRhythmizerMBの動画(13:44・自動翻訳の日本語字幕可能):

MRhythmizerについて

MRhythmizerは、DJライクな即興エフェクトを簡単に作り出すプラグイン。

スクラッチやスタッター、テンポを変更したりと、様々な用途で使用できます。

FL StudioのGrossBeat(99ドル)に若干似たツールです。

競合ツールと比べるとわかりますが、元値自体が安いです。しかし、そこは変態メーカーMeldaProduction。この価格でも全然高性能。

高性能ゆえに、全ての機能を知り尽くすには少々時間がかかるかも。(全ての機能を使う必要はないですが。。)

以下のYouTube動画がMrhythmizerの概要を理解するのに役立つと思います。

デモ&解説動画(10分・自動翻訳の日本語字幕可能):

また、以下のチュートリアルでは、Mrhythmizerを使ってレコードのスタートとストップのエフェクトを作成する方法を解説しています 。

このようなドープ効果を出すためにWin専用のGrossBeatは必要はなく、LogicでもMrhythmizerを使うと同じことまたはそれ以上のことができます。

チュートリアル動画(7分・自動翻訳の日本語字幕可能):

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10(32ビットまたは64ビット)
  • VST/VST3/AAX対応ホスト(32ビットまたは64ビット)
  • SSE2をサポートするIntel/AMDプロセッサ

32ビットのホストには32ビットのプラグインを、64ビットのホストには64ビットのプラグインを使用してください。

オペレーティングシステムが64ビットであっても、64ビットのプラグインは32ビットのホストでは動作しません。64 ビットのホストで 32 ビットのプラグインを使用しないでください。ブリッジングが必要となり、動作が遅くなったり、不安定になったりします。

Mac OS X

  • Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
  • VST/VST3/AU/AAX対応ホスト(64ビットのみ)
  • SSE2に対応したインテル/AMDプロセッサーまたはアップルシリコンプロセッサー

管理人メモ:

MRhythmizerは、MeldaProductionの製品群でも抜群の人気を誇る製品です。(GrossBeatとは違い、Macでも使用できます。)

アイディア次第で、エレクトリック系のみならず多様なジャンルに応用できると思います。

一方、欠点を上げると、MRhythmizerに限らず、MeldaProductionの製品全てに言えることですが、   独特なGUIでしょうか。受け付けない方は、ホントにダメみたいです。確かに、最初はとっつきにくいかもしれません。しかし慣れてしまうと良く作り込まれたUIであることが理解できると思います。

私的には過剰にデコレーションされたプラグインより、無駄が無くて好きなんですが。(しかし、文字や一部のアイコンなどの小ささは改善して欲しいです。そしてMacユーザーとしては各種サブ機能のウインドウにある「閉じるボタン」が右上にあるのが使いにくい。) 

セール情報

通常価格:109ドル

セール特価:44ドル(60%OFF!)

のセールページ

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2019年1月:109ドル→55ドル
  • 2019年3月:109ドル→55ドル
  • 2020年11月:109ドル→55ドル(ブラックフライデー)
  • 2021年4月:99€→25€(約30ドル)
  • 2021年8月:109ドル→54.5ドル
  • 2021年11月:109ドル→54.5ドル(ブラックフライデー)
  • 2022年3月:109ドル→54.5ドル
  • 2022年3月:125ドル→62.5ドル(Adsr)