【最安タイ:1500円】『Babylon By WA Production』(一画面完結シンセプラグイン)80%OFF

WA Productionの新しいシンセサイザープラグイン『Babylon』。

現在、セールをやっていて、アホみたいに安かったのでメモしておきます。

一画面のシンプルなUIにこだわった新しいシンセサイザープラグイン『Babylon』

(再掲)

BABYLON Synthesizer – One Page Wonder (VST / AU / AAX)
新しいシンセ『Babylon』のコンセプト

WA Productionの開発陣はは、従来のシンセプラグインで見られる典型的な『複数のウィンドウ表示』や『メニューを使用してプログラミングを複雑にしているシンセ』に苦労した後、長年にわたってBabylonのようなシンセを作成したいと考えていました。

Babylonは、すべての主要なパラメーターを1つのインターフェイスページにまとめた1ページのデザインで、UIをシンプルなものに保っています。


サウンドは、さまざまな種類のリード、ベース、パッド、オルガン、キー、FXなど、あらゆる種類のインストゥルメントをカバーし、数百の波形とプリセットが収録されています。


また、強力なマルチボイスオシレーター、ステレオユニゾンとディチューン、高品質のフィルター、エフェクト、内部モジュレーション・マトリックスを搭載しています。

プリセットサウンド(2300以上ある)のデモ(一部):

BABYLON Synthesizer – Presets Walkthrough

特徴

  • 1ページのシンセプログラミング

  • 257の高解像度波形

  • 2300以上のプリセットサウンド

  • スケールと微調機能

  • フィルターとエフェクト

  • マルチボイス・オシレーション

  • モジュレーションマトリックス

  • FM、RM、AMモジュレーション

  • 専用のビブラートLFO

  • スキンとデュアルサイズのインターフェース

  • フルPDFマニュアルおよびチュートリアルビデオ

Microtonal(マイクロトーナルな・微分音的な)チューニング

ソフトシンセとしては非常に珍しく、バビロンを使用すると、個々のノートをそれぞれの周波数にチューニングし、クォータートーンとミクロトーンの音階を演奏できます。

通常のソフトシンセでは、標準的なチューニングでは演奏できないはずです。しかし、Babylonなら、非常に楽しい実験的な倍音を作ることができます。

スケールヘルパー

バビロンには、23の標準と34の伝統的な中東からのスケールとモードが備わっています。

音階、キーを選択し、仮想キーボード上でハイライトされた音階のノートを見ることができます。

「マイクロトーナルチューニング」も自動的に設定されます。最新のシンセサイザーを使用して世界中の音階を演奏することは、かつてないほど容易になりました。

プリセット

257の高解像度波形を使用すると、独自のサウンドの完璧な開始点を確実に見つけることができます。

クラシックなオシレーターシェイプのさまざまなバリエーションに加えて、WA Productionは、最大限の汎用性を実現するためにフォルマント、ザラザラした、音声、および楽器の波形を備えています。

これらはすべて反転および反転(または両方)できます。2300以上のプリセットサウンドが専門的にプログラムされており、オンボードブラウザー内のテーマにカタログ化されているため、必要なものをすぐに見つけることができます。

エフェクト

ディストーション、ビットレートとサンプルレートの削減、フィルター、コーラス、EQ、ディレイ、リバーブなど、あらゆる種類のFXが含まれています。

これらは、クリックしてドラッグするだけで並べ替えることができ、FXルーティングへの論理的なアプローチになります。

ユニークな機能

WAプロダクションは、Babylonの優れた機能をすべてリストできますが、代わりに、ソフトシンセの世界でユニークだと思ういくつかの側面を指摘することができます。

フィルターセクションには、標準のコントロールだけでなく、ドライブ、ディストーション、サチュレーション、クラッシュ、LoFiの5つの特徴的なポリ効果もあります。

スムーズなビブラートトランジションのためのディレイとアタック設定を備えた専用のビブラートLFOがあります。

Babylonには、ADSRとフィルタープログラミング用に12種類のカーブタイプがあります。

視覚的なユニゾンフィードバックは、ボイシングとディチューンの選択の正確な「幅」と「深さ」を示します。

WA Productionは、スタジオ品質の処理を迅速かつ簡単に達成できるように、クリエイティブなプラグインを作成する楽しいツールです。

システム要求

  • Windows 7以降(32/64ビット)

  • Mac OSX 10.7以降(32/64ビット)

  • AAX-ProTools 11以降

セール情報

通常価格:69ドル

セール特価:13.8ドル(1500円 / 80%OFF)

コメント

  1. keyman2 より:

    人柱です(笑)。悪くないです。AscensionやSektorやVirtual CZの様なレンジのシンセですが、今あげたバーゲンシンセ笑ほどの迫力(この値段でこれはちょっと凄くない?風)ではないけれど、綺麗な音が出ます。プリセットの数がものすごいんですが、名前を見てるとちょっとしたヴァリエーションも全部入れとこう感があります笑。

    3つあるオシレーターの波形が257種類あるんですが、要はこれは今どきのWavetableシンセならスキャンが連続してできるところがそうならないで選ぶ笑。その分軽いんだろうと思います。各オシレーターのユニゾン機能は9声まで、各声のシンクがあるのが興味引きます。各オシレーターの方のシンクは3つの内の1と2の間限定ですがこれとそれぞれのPhase調整とが絡んで音が変わります。あと各オシレーターにFM, AM, RingModulationがありますが、効きは大人しい感じ。

    フィルターはLP, HP, BP, Notch, Peakで今どきにしては一つだけ笑。けれどもレゾナンスとサチュレーションとの絡み方が面白いし結構レゾナンスが良いです(自己発振なしだけど笑)。

    エフェクトはディストーション、ローファイ、トータルフィルター(あんまり大したことない)、コーラス、EQ、ディレイ、リバーブで、常識的な感じであんまり飛び道具にはならない感じ。調整・スタンドアロンの補助的です。

    LFOが2、他にVibratoというのがありますが要はMatrixでフィルター他にも使えるもう一つのLFOです。違いは後者にはかかり始めのディレイがあるが、前者は波形が変えられる点。envelopeも二つ。

    ざっとこんな感じのシンセです。どのくらい使うもんかわかりませんが、この値段なら。