終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

Aria Sounds『London Symphonic Strings』アーティキュレーションとレガートを備えた弦楽器のライブラリ五製品バンドル

Aria Sounds社のストリングス音源のメガ・ライブラリ『London Symphonic Strings(LSS)』が久々のセールになっています。

2022年2月17日:セールは終了しました。

*この製品の使用にはKontakt 5.6.8以降のフルバージョン(有料版)が必要です(無料のKontakt Playerとは互換性がありません)。

スポンサーリンク

『London Symphonic Strings』

ざっと見動画(1:08):

London Symphonic Strings(LSS)は柔軟性の高さが特徴の弦楽器ライブラリです。

多数のアーティキュレーションとレガートを備えています(すべて24bit/48kHz)。

以下の五つの弦楽器ライブラリが収録されています。

  • ヴァイオリン1
  • ヴァイオリン2
  • ヴァイオラ
  • チェロ
  • コントラバス

*合計で42GBの容量があります。

以下のような幅広い音楽スタイルに最適です

  • オーケストラ:クラシック、モダン、ハイブリッドなど

  • トレーラー音楽:スパイカートのようなストリングスを使用した大きなトレーラートラックなど

  • アンダースコア:犯罪、スリラー、ドラマ、映画、サスペンス、ドラマ、ホラーなど

  • ポップ :歌手やバンドのための美しく豊かなバックグラウンドのストリングスなど

デモ動画

SoundsAndGearによるデモ動画(18分):

デモ動画(2:39):バイオリン

London Symphonic Stringsの使用例 1(41秒):

London Symphonic Stringsの使用例 2(1:25):

オーディオデモ:

London Symphonic Stringsについて

42GBの最高級ストリング・バンドル『London Symphonic Strings』

「London Symphonic Strings」は、世界で最も美しく録音された弦楽器を収録した42GBの弦楽アンサンブル・ライブラリです。

5つの弦楽器セクション(ヴァイオリン1、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)を備えています。

様々なアーティキュレーションやレガートなど、世界で最もリアルな弦楽器が収録されています。

それら全ての弦楽器が、4つのマイクポジション(クローズ、メイン、リグ、ルーム)で録音されています。(美しい響きのホールで、24bit /48kHzの高音質で録音されています。)

また、各セクションは最大3つのダイナミックレイヤーと1音あたり最大4つのRRを持っています。

弦楽器セクション全体は、オーケストラの正しい座席位置で録音されているので、ライブラリをロードすると、各セクションは、奏者の伝統的な座り方に従って、ステレオイメージの中で正しく配置されます。

各セクションには複数のトゥルーレガートパッチが収録されており、リアルなノートトランジションを実現しています。

4つのマイクポジションとあらゆるストリングスのアーティキュレーションを収録しています

このLondon Symphonic Stringsは、ノイマンとショープスの素晴らしいマイクを使用して、クローズ、メイン、リグ、ルームズの4つのポジションで録音されました。

クローズポジションは各セクションの上にあるノイマンのペアで、メインペアは指揮者の後ろにステレオペアとアウトリガーを追加して、サイドに幅を持たせることができます。

リグスマイクはショープスのペアとアウトリガーのペア(これも音に合わせてショープス)を使用し、幅を持たせました。ルームマイクは、よりアンビエントなホールサウンドのためにNeumannsのペアを使用しました。

以下のような幅広いアーティキュレーションが録音されています:

  • 持続的なレガート(ヴァイオリンI、ヴァイオリンII、ヴァイオリン、チェロ、ベース)

  • スピッカート – (ヴァイオリンI, ヴァイオリンII, ヴァイオリン, チェロ, ベース)

  • ソルディーノ・サステイン・レガート-(ヴァイオリンI、ヴァイオリンII、ヴァイオリン、チェロ、ベース)

  • スル・タスト・レガート – (ヴァイオリンII、ヴィオラ、チェロ、ベース)

  • スル・ポンティチェロ・レガート – (ヴァイオリンI、ヴァイオリンII、ヴィオラ、チェロ、ベース)

  • ソルディーノ・スピッカート – (ヴァイオリンI、ヴィオラ、チェロ)

  • ハーモニクス – (ヴァイオリンI)

  • トゥルー・グリッサンド/スライド – (ヴァイオリン I)

  • コレ – (ヴァイオリンI)

  • マルテール – (ヴァイオリンI、ヴァイオリンII、ヴィオラ、チェロ、ベース)

  • ピチカートとバルトークのピチカート~(ヴァイオリンI、ヴァイオリンII、ヴィオラ、チェロ、ベース)

  • コル・レグノ – (ヴァイオリンI、ヴァイオリンII、ヴィオラ、チェロ、ベース)

  • ヴァイオリン協奏曲 のテクスチャー – (ヴァイオリンⅠ)

  • ストリングSFX – (ヴァイオリンI、ベース)

  • トレモロ – (ヴァイオリン II, ヴァイオリン, ヴァイオリン, チェロ, ベース)

  • スル・タスト・トレモロ – (ヴィオラ、チェロ)

London Symphonic Stringsの主な特長

  • 世界最高峰の弦楽器を、驚異の24bit/48kHzで収録


  • 42GBのコンテンツを24bit/48kHzの圧倒的なクオリティで収録


  • ヴァイオリン1、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、ベースのすべてを美しい響きのホールで録音


  • 各セクションごとに4つのマイクポジションを選択可能(クローズ、メイン、リグ、ルーム)


  • 各セクションに複数のトゥルーレガートパッチを収録し、リアルな音の移行を実現。


  • 各セクションはオーケストラの正しい座席位置で録音されているので、ライブラリをロードすると、各セクションは奏者の座り方に従ってステレオイメージの中で正しく配置されます。


  • 豊富なアーティキュレーション – サステインレガート、スピッカート、ソルディーノサステインレガート、スルタストレガート、スルポンティチェロレガート、ソルディーノスピッカート、ハーモニクス、真のグリッサンド/スライド、コレ、マルテレ、ピチカートとバルトークピッツ、コルレーニョ、「バイオリン協奏曲」テクスチャー、ストリングSFX、トレモロ、スルタストトレモロを収録しています。


  • LSSには、ユーザーがコントロールできる初のスローグリス/スライドパッチが含まれており、合成されたピッチベンドや人工的な手段を使わずに、任意の2音間の長いグリッサンドを実行することができます。


  • 注意:Kontakt 5.6.8+のフルリテールバージョンが必要です(Free Kontakt Playerと互換性がありません)。


  • オーケストラ音楽、エピックな予告編音楽、シネマティックなアンダースコア、ポップミュージックなどに最適な、非常に柔軟性の高いストリングスライブラリです。

以下にLSS Solo Strings Bundleに収録されている五つインストゥルメント・ライブラリをメモしておきます。

LSS First Violins:第一のバイオリンのライブラリ(4.8GB)

オーディオデモ:

First Violins セクションは、幅広いアーティキュレーションとテクニック、そして新しいスクリプト技術と可能性を備えています。

ユーザーがコントロールできるスロー・グリッサンド/スライド・パッチを誇ります。

合成されたピッチベンドや人工的な手段を使わずに、任意の2つの音の間で長いグリッサンドを演奏することができます。

もちろん、必須のパッチもすべて含まれており、さらに異なるタイプのレガートやレガートパッチ、あまり一般的ではないアーティキュレーション、ストリングス・パーカッシブ・サウンドのコレクション、エクスペリメンタル・サウンドやビルドも含まれています。

アーティキュレーションの全範囲は以下の通りです:

  • 4つのクロスフェード可能なダイナミック・レイヤーは、美しいサウンドのソフト・ピアニッシモから始まり、フルでパワフルなフォルティッシモまで、4種類のダイナミック・レイヤーが用意されています。

  • Spiccato – 6つのベロシティレイヤーを持つ3xラウンドロビン

  • ソルディーノのサスティーンされた長音符 – クロスフェード可能なダイナミック・レイヤーと真のレガート音程を持つ

  • Sul Ponticello Legato – 演奏者がブリッジに近づけてボウイングをしたときの、ラズピーで空洞なサウンドで、基本的な音が少なくなり、自然に発生するハーモニクスが多くなるようになります。このパッチには、クロスフェード可能なダイナミックレイヤーと真のレガートも含まれています。

  • Molto Sul Ponticello – 演奏者がブリッジに近づけてボウイングをしたときの、ラズピーで空洞なサウンド。このパッチには、クロスフェード可能なダイナミックレイヤーと真のレガートも含まれています。

  • Sordino Spiccato – ミュートで弾くスピッカート、4倍のラウンドロビンのバリエーションと2つのダイナミックなレイヤー

  • ハーモニクス

  • Glissando/Slide – 合成や人工的な音程を曲げずに、2つの音の間をスライドさせます。100%本物の音符間のスライドを収録しています。ベロシティが高い=スライドが速い

  • Colle – 弓を弦の上に置いた状態で弾き始め、音符の最初に激しいスクラッチが発生するような短い音符。1音ごとに4倍のラウンド・ロビン・バリエーション

  • Martele – 弓を多用した激しい、やや長めのアタッチドノート。1音につき2回のラウンド・ロビン・ヴァリエーション

  • PizzicatoとBartok Pizz – 弦を弾きますが、「Bartok pizz」のように、指板に弦が引っかかるほど強く弾きます。1音ごとに2倍のラウンド・ロビン、3つのダイナミック・レイヤーを搭載

  • コル・レグノ – 弓の裏、木の側面で弦を叩く。1音ごとに2倍のラウンド・ロビンのバリエーション

  • ヴァイオリン協奏曲 – 先頭のソリストがビブラートで大音量で演奏し、他のセクションはミュートでソフトに演奏します。さらに、あなたがスコアに与えることができる音の色の可能性に、もう一つの追加があります。

  • String SFX – 様々なストリングスエフェクト、クラスター、パーカッシブサウンド、エクスペリメンタルサウンド、ノイズ、ビルドなど。

LSS Second Violins:第二のバイオリンのライブラリ(11GB)

オーディオデモ:

Second Violinsには4種類のトゥルーレガートパッチが付属した作曲の自由度が高いライブラリです(サスティーン、ソルディーノ、サル・タスト、サル・ポンティチェロ)。

通常のサスティーンには、真のレガート音程があり、さらにポルタメント(スライディング)トランジションもあるので、ラインを本当に歌わせることができます。

レガートパッチではレガートをオフにすることができ、ポリフォニックや和音を演奏することができます。

アーティキュレーションの全範囲は以下の通りです:

  • 長音符の持続 – 通常のレガートとポルタメント(スライド)のレガート音程を交換可能で、読みやすく使いやすいユーザーインターフェース上に、演奏しながら便利に表示されます。

  • スピッカート

  • ソルディーノはレガートを持続させます – クロスフェード可能なダイナミック・レイヤーと真のレガート音程を備えています。

  • スル・ポンティチェロ・レガート

  • Sul Tasto Legato – 弓で指板の上で演奏したときの滑らかな音で、真のレガート音程もあります。

  • マルテレ

  • ピチカートとバルトークのピチカート

  • コルレグノ

  • トレモロ – 通常の高速測定されていないトレモロ。

LSS Violas:ビオラのライブラリ(7.5GB)

Viola Sectionには、通常のサスティーンにはトゥルーレガートの指の音程で、さらにポルタメント(スライディング)のトランジションを加えた4種類のトゥルーレガートパッチ(サスティーン、ソルディーノ、スルタスト、スルポンティチェロ)が付属しています。

レガートをオフにしてポリフォニック/和音を演奏することができます。

アーティキュレーションの範囲は以下の通りで、多くのトゥルーレガートパッチ、弓なり/指なりのレガート、より変化に富んだタイプの離音、ミュートされたパッチなどがあります。

  • 長音符の持続 – 通常のレガートとポルタメント(スライド)のレガート音程が交換可能で、読みやすく使いやすいユーザー・インターフェースに演奏に合わせて便利に表示されます。

  • スピッカート

  • ソルディーノはレガートを持続させます – クロスフェード可能なダイナミック・レイヤーと真のレガート音程を備えています。

  • スル・ポンティチェロ・レガート

  • ソルディーノ・スピッカート

  • マルテレ

  • ピチカートとバルトークのピチカート

  • コルレグノ

  • Sul Tasto Tremolo – 指板に近い位置で演奏される高速のアップ/ダウン・ボウ・トレモロで、ソフトでエアリーなスムースなトレモロを奏でます。

  • トレモロ – 通常の高速で計測されないトレモロ

  • ビオラのスクリーンショット

LSS Cellos:チェロのライブラリ(9GB)

デモ動画(2:46):

Cello Section には、通常のサスティーンにはトゥルーレガートの指で音程を調整したトゥルーレガートの4種類のパッチ(サスティーン、ソルディーノ、サルタスト、サルポンティチェロ)が付属しており、さらにポルタメント(スライディング)のトランジションもあります。

他のセクションと同様に、レガートをオフにしてポリフォニック/和音を演奏することができます。

アーティキュレーションの範囲は以下の通りで、多くの真のレガートパッチ、弓なり/指なりのレガート、より多様なタイプの離脱音符、ミュートされたパッチなどがあります。

長音符の持続 – 通常のレガートとポルタメント(スライド)のレガート音程が交換可能で、読みやすく使いやすいユーザー・インターフェースに演奏に合わせて便利に表示されます。

  • スピッカート

  • ソルディーノはレガートを持続させます – クロスフェード可能なダイナミック・レイヤーと真のレガート音程を備えています。

  • スル・ポンティチェロ・レガート

  • スル・タスト・レガート

  • ソルディーノ・スピッカート

  • マルテレ

  • ピチカートとバルトークのピチカート

  • コルレグノ

  • スル・タスト・トレモロ

  • トレモロ – 通常の高速で計測されないトレモロ

LSS Double Basses:コントラバスのライブラリ(8GB)

デモ動画(2:44):

ダブル・ベースは、再び4つの異なる真のレガート・パッチで構成されています(サスティーン、ソルディーノ、サル・タスト、サル・ポンティチェロ)。他のセクションと同様に、レガートをオフにしてポリフォニック/和音を演奏することができます。

アーティキュレーションの範囲は以下の通りで、多くの真のレガートパッチ、弓なり/指なりのレガート、より多様なタイプの離脱音符、ミュートされたパッチなどがあります。

  • 長音符の持続 – 美しい響きのソフト・ピアニッシモから始まり、フルでパワフルなフォルティッシモまで、クロスフェード可能なダイナミック・レイヤー。

  • スピッカート

  • ソルディーノはレガートを持続させます – クロスフェード可能なダイナミック・レイヤーと真のレガート音程を備えています。

  • スル・ポンティチェロ・レガート

  • スル・タスト・レガート

  • マルテレ

  • ピチカートとバルトークのピチカート

  • コルレグノ

  • トレモロ – 通常の高速で計測されないトレモロ

  • SFX – ストリングSFXと実験的なテクニックとサウンドの様々な

セール情報

通常価格:398ドル

セール特価:39ドル(90%OFF!!)*恐らく最安タイ

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます(2月中のみ)。

*主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:360ユーロ→39ユーロ(約47ドル / Black Friday2020)@Vstbuzz
  • 2021年1月:398ドル→39ドル@ADP