Black Friday 終了間近のセール一覧

Sampletekk『Insane Next Level Keys Bundle』ピアノのKontakt音源5製品バンドル

SAMPLETEKKの『Insane Next Level Keys Bundle』が91%OFFのセールになっています(100%ポイント還元セールです)。

この「Insane Next Level Keys Bundle」には、Singularis、ST Clav、ST Reed Organ、ST Tonewheel、ST Clav、Tubed Keys、ST Reed Organ、ST Tonewheelの5つのユニークなピアノが収録されています。

このバンドルに含まれるすべての楽器には、Kontaktの有料版が必要です。

SAMPLETEKKは、ホームページがそっけないのですが評価は高い製品が多いメーカーです。そして今回はかなり安い。

スポンサーリンク

Insane Next Level Keys Bundle

Insane Next Level Keys Bundleは、SampletekkのピアノのKontaktライブラリ5製品のバンドルです。

デモサウンド:

以下の五つのピアノのKontaktライブラリが収録されています。

ST Tonewheel

究極のHammond B3 Cloneをお探しの方は、ぜひご覧ください。

このオルガンは、道を歩き回って傷ついた軍用機のようなもので、とても個性的です。

このHAMMOND L-100には個性があり、欠点があり、へこみや傷があります。ただのロックンロールですが、きっと気に入っていただけると思います。

9本のドローバーはすべて独立して操作可能真空管アンプで録音Leslieスピーカーのエミュレーション独立して操作可能なパーカッション最低でもKontakt 4フルバージョンが必要になります。

特徴:

  • 全9本のドローバー、フルコンタブル
  • 真空管アンプで録音
  • レスリー・スピーカー・エミュレーション
  • 個別にコントロール可能なパーカッション
  • 最小限のKontakt 5フルバージョンが必要

ST Tonewheel:49ドル

https://www.sampletekk.com/organs&product_id=170

Singularis

Singularis(シンギュラリス)オールドスクール・レコーディング・ピアノ

50年代のレコーディングスタジオは、現在のようなものではありませんでした。

数本のマイクとテープマシンのトラック数だけで、今日のワークフローとは少し違うセッションが行われていた。

ほとんどの音楽はライブで録音され、オーバーダブはほとんどありませんでした。これが、50年代後半から60年代前半にかけてのほとんどのレコーディングで聴くことができる、特別なサウンドを生み出すレコーディング方法につながったのです。

Singularisは、そのサウンドを再現する楽器です。

ヴィンテージ・アナログ機器を使った録音と加工により、あの魔法の時代の音を再現しています。

Singularisは、SampleTekkの “No nonsense, load and play “シリーズの一つです。

これらの製品の目標は、派手なGUIを提供することではなく、演奏することでインスピレーションを得られるような楽器とサウンドを提供することです。Kontakt 5以上であればGUIもありますが、3つのツマミ(大きなツマミですが……)と、白と黒のようなものです。

それと、50年代はモノラルだったので、モノラルになっています。

特徴:

  • ペダルのアップ、ダウン、リリースのサンプルに16のベロシティレベルを設定。合計48
  • サンプル/記録音
  • 44.1、24ビットMONOサンプル
  • 2300以上のサンプル
  • ライブラリサイズ 2.73Gb
  • Kontakt 5フルバージョンが必要

Singularis:79ドル

https://www.sampletekk.com/organs&product_id=170

ST Reed Organ

リードオルガンは、パイプの代わりにリードで音を出す小さなオルガンです。

音を出すのに必要な空気の流れは、多くの場合、足踏み式のふいごで作られます。

リードオルガンは、19世紀初頭に小さな教会や個人宅で大流行し、1850年代から1920年代にかけて、アメリカ国内だけでも数百万台が作られました。

このライブラリーで使用した楽器は、約100年前の古いリードオルガンです。

元の所有者は70代の女性で、幼い頃に母親から譲り受けたものだそうです。つまり、私を入れて3人のオーナーしかいないということになります。

また、屋根裏や納屋のようなネズミの出るような場所に保管されたこともないので、非常に良い状態で使用されていました。

オルガンの音域はF0〜F6ですが、鍵盤が2つに分かれています。そう、20世紀初頭にも分割鍵盤が作られていたのです。

下の鍵盤はF0〜B3、上の鍵盤はC4〜F6です。8つの個別ストップ各ストップに個別のボリュームコントロールがあります。

特徴:

  • 8つの個別ストップ
  • 各ストップごとのボリュームコントロール
  • 24ビットのステレオ・サンプルが400MB以上収録されています。
  • 低音部と高音部にダブラーを搭載
  • リアルな演奏を可能にするキーノイズとベローノイズ
  • EQ、リバーブ、トレムラントのコントロール
  • Kontakt 5フルバージョンが必要

ST Reed Organ:49ドル

https://www.sampletekk.com/organs&product_id=169

Tubed Keys MkI 73

Tubed Keys – Rhodes MkI

フェンダー社がローズピアノを工場でチューニングしてセッティングするとき、Fender Twinをプリファレンスアンプとして使用していました。

特徴:

  • 16のベロシティレベル
  • 16のベロシティレベルのリリースサンプル
  • 真空管アンプで録音
  • クラシックな60~70年代のサウンドに設定されています。
  • 最小限のKontakt 5フルバージョンが必要

Tubed Keys MkI 73:79ドル

https://www.sampletekk.com/organs&product_id=170

ST Clav

ST ClavHohner Clavinet D6 は、長年にわたってファンクな音楽に使われてきましたが、その独特の音色、ユニークなデザイン、優れた反応性により、様々なジャンルのミュージシャンの音色ツールとなっています。

Hohner Clavを地図上に登場させたスティービー・ワンダーの「Superstition」での名リフを抜きにして、Clavを語ることはできないでしょう。 しかし、ジョン・ポール・ジョーンズのようなミュージシャンは、クラヴを使ってZEPの多くの曲に特別な個性を与えましたし、ローリング・ストーンズ、ビリー・プレストン、スティーリー・ダン、ユートピア、フリートウッド・マック、レインボー、ユートピアなど、多くのミュージシャンがクラヴを使っていました。

このように、クラビネットは70年代のファンキーなディスコの名曲だけでなく、ヘビー・ロッカーやプログレ・バンドなど、あらゆるジャンルのミュージシャンに愛用された、まさに鍵盤奏者にとっての定番楽器です。

Fender Twin という真空管アンプを使うことで、この楽器を本来の姿に近づけることができました。             

ST Clav:49ドル

https://www.sampletekk.com/electric-pianos&product_id=168

セール情報

通常価格:305ドル

セール特価:29ドル(91%OFF)

*この製品の購入で、セール主催のAudioPluginDealsのお買い物用ポイント Rewards:29ドル分が決済後に還元されます。