Black Friday 終了間近のセール一覧

Sugar Bytes ブラックフライデーセール

Sugar Bytesのブラックフライデーセールが開催されています。

Sugar Bytes(ドイツ)が得意とする現代的なダンスミュージック(EDM、Deep House、Tech House、Trap Musicなど)にドンピシャなシンセやFXが最大58%OFFです。

*セールは12月1日(月)夕方までの短期です

多くの音楽家が持っている定番のシンセではなく、他者とは違うアプローチで音楽製作を進めていきたいプロデューサーのための高品質な秘密兵器が揃っています。

セール内容は前回のブラックフライデーとほぼ同条件です。

以下に主なセールについてメモしておきます。

スポンサーリンク

Guitarist(ギターシンセ)50%OFF!

Sugar Bytes Guitaristは、ギターが弾けない方でも、簡単にギタートラックを作成することが出来るツール兼音源です。

Sugar Bytes Guitarist について

他に類を見ない機能性

Guitaristは、エレクトリック・ギターで演奏されるリズム・パートをエミュレートするために設計されたバーチャル・ギターです。

実際のギタリストは、コードやフィンガリング・パターンのカスタマイズが可能なステップ・シーケンサー・システムに生まれ変わり、本物のニュアンスや表現を詳細にコントロールすることができるようになりました。

シーケンサー

ヒューマンタッチ

ギター

アンプとエフェクト

特徴

  • もうすぐリリースで追加される4つのエレクトリックギター
  • Sixstringごとに2,000以上のサンプル
  • ストラム、コード、ソングの構造をコントロール
  • リアルタイム制御のアクションセクション
  • スライド、ビブラートまたはポルタメント
  • ウォームアンプとダイレクトアウト
  • 10種類のエフェクトとワウペダルとトークモード
  • 個々の弦のミュートまたはデチューン

通常価格:119ドルセール特価:59ドル

  • 2021年4月:119ドル→49ドル
  • 2020年12月:119ドル→59ドル
  • 2020年4月:119ドル→49ドル

Factory(人気のシンセ) 57%OFF!

Factoryは、UIが明瞭で操作系統が明快なシンセサイザープラグイン『Factory』。

今回のブラックフライデーの本命の一つ。安くなっています。

Factory

初心者でもいじっているうちに面白い音が出来ると思います。(シンセに慣れていない方でも)シンプルに楽しみながら音作りが出来る仕掛けが各所に設けられています。

FactoryのUIで目を引くのがなんといっても右上のモジュレーションパネル。

ここを見ると、どこにどのようなモジュレーションがかかっているのか一目瞭然。

モジュレーションのかかり具合は青と紫色の球体の大きさで表現されます。

球体部分にカーソルを持って行き上方向にドラッグすると「+(プラス)」にモジュレーションレベルを上げていくことが出来ます(青色の球体になる)。下方向にドラッグすると「ー(マイナス)」にモジュレーションレベルが下がっていきます(紫色の球体になる。)

また、モジュレーションパネルの右上部分にあるひし形のアイコンをドラッグすると、さいころアイコンに変化し、モジュレーション全体がランダムに変化して行きます。ここをぐりぐりするだけでも面白い音が出来ます。

左下のモーフィング・スライダー(クロスフェーダー)では、Bマークの右下にある丸印の「REC」ボタンを押すと、モーフィング記録モードになります。

この状態で、パラメーター(ノブやスライダーなど)を適当に変更します。そしてもう一度RECボタンを押してRECモードを解除してから、演奏中にモーフィングスライダーを右左に操作すると、先ほど設定したパラメーターが動きます。

言葉にすると中々伝わりにくいですが、設定はとても簡単で、面白い効果が得られるはずです。

Factoryの操作ガイド動画(10:22):

肝心の出音は華やかでシャイニー。オシレーターは2機搭載されていて、種類は豊富。VA、Wavetable、 Waveguide、FM Formatなど10種類。

オシレーターを「Transformer」にすると、Wav音源を読み込むことが出来ます。かなり音作りの幅は広いです。

FXは同時に3つかけることが出来ます。質感も中々良い感じです。

逆に欠点は、Wavetableの機能が貧弱なことと、まだまだメジャーなシンセではないので別売りのサウンドプリセット少ないことでしょうか。(とはいえ元から入っているプリセットは豊富です。)

個人的には一台目のシンセとしても良いかなぁと思いましたが、この辺は人によると思います。(確実に万人向けとは言えないかもしれない、結構向き不向きがあるシンセと感じます。)

一方、2台目以降のサブシンセとしてならどなたにもお勧め出来ます。負荷も軽めです。

デモ版を試すか、YouTubeなどのデモ動画の音色にピンと来たらかなりお得なセールではないかと思います。

エレクトロニカやEDM、Trapなどはもちろんバッチリ合います。また現代的なポップスやアニソンなんかにもハマると思います。

Sugar Bytes Factoryのセール情報

通常価格:139ドル

セール特価:59ドル(57%OFF)

  • 2021年4月:139ドル→59ドル(スプリング)
  • 2020年12月:139ドル→69.5ドル(クリスマス)
  • 2020年11月:139ドル→59ドル(黒金)
  • 最安は恐らくかなり前の49ドル(時期は失念)

DrumComputer(ドラムマシン)33%OFF

DrumComputerはシンセティックドラムの新しいスペシャリストで、クラシックとモダンなシンセシスに柔軟なモジュレーションと贅沢なシーケンスを組み合わせたドラムマシンです。

インテリジェントなランダマイザー、エレガントなパターン編集、独自のサンプルのインポートなど、新しい音楽制作の可能性を秘めた様々な機能が内蔵されています。

主な機能:

  • レゾネーター、ウェーブテーブル/アナログ・オシレーター、シンセサイザー/サンプラーを重ねた8つのサウンド・エンジン
  • フィルター、コンプレッサー、オーバードライブ、2種類のセンド・リバーブ。ルームとホール
  • 2つのEnv/LFO、シンセエンジン・モジュレーター、シーケンサー・モジュレーター、ModMatrix
  • 無限のドラムサウンドを生み出すインテリジェント・ランダマイザー
  • 16ステップシーケンサーとパターンジェネレータ、プロバビリティ、ロール、+/-ステップディレイ、スイング、ヒューマナイズ
  • オートとマニュアルのリミックス/フィル
  • パターン、ミュート、エンジントリガーのための簡単なキーボードマッピング
  • ロール、ピッチ、モジュレーションのためのキーゾーン
  • MIDIファイルのドラッグ&ドロップ
  • 複数のオーディオ/MIDI出力

バージョン1.2.0の新機能:

  • サンプラーモードが追加されました
  • 改良点と細かい修正

サウンドエンジン:

8つの独立したサウンドエンジンは、すべてのDSP機能を搭載し、プリセットを共有しているため、エンジン間でサウンドを交換することができます。

3つのシンセシス・レイヤーは、クラシカルなアナログ・レゾネーターからウェーブテーブル、そしてシンバル、スネア、シンセをリキッド化する素晴らしいレシンセまで、幅広い音色をカバーしています。また、自分で作った音を再生できるサンプラーモードも追加しました。

マルチモード・フィルター、コンプレッサー、ディストーション、2種類のセンド・リバーブは、明日のドラムを刻むための膨大なツールセットを提供します。豊富な波形を持つ2つのENV/LFOハイブリッドと、ソースとターゲットがインストゥルメント全体に配置されたフレキシブルなモジュレーション・マトリクスをお楽しみください。

セール情報

通常価格:119ドル

Black Friday セール特価:79ドル

  • 2020年7月:119ドル → 99ドル

Artillery 2(マルチエフェクト)58%OFF!

SUGARBYTESのMIDIエフェクトプラグイン「Artillery 2」。

Sugar Bytesのクラシック

コンセプトは、シンプルで効果的です。

28種類のエフェクトを、キーボードのゾーンにアサインします。

そして、キーボードでエフェクトに火を入れるのです。

Artilleryは、直感的な方法で、狂ったようなエフェクトの乱舞を作り出すことができる、素晴らしいツールです。

Artilleryの可能性に慣れてくると、ステージでもプロダクションでも、Artilleryを使う機会が増えてくるでしょう。

インテリジェントで多機能

エフェクトゾーンは、スクリーン上のキーボードのキーの範囲にボックスを描くことで設定します。

プロセッサーは6種類あり、標準的なフィルターやディレイから高度なグラニュラー・プロセッシング、さらにはボコーダーまで、さまざまな種類が用意されています。

Artilleryのサウンドは、伝統的なフィルタースイープ、デッドオンディレイから、極端なグラニュラー、ループ、ボコーダーエフェクトまで、目を見張るような配列で構成されています。

もう一つの開発のポイントは、リソースです。好きなだけエフェクトを重ねることができるので、CPU負荷が2桁になることはほとんどありません。

ユニバーサル・モジュレーター

トランスペアレントで多彩なコントロール

キーゾーンを定義すると、特定のコントロールセットが画面に表示されます。各エフェクトには独自のパラメーターがあり、キー・トラッキング(範囲内のキーボードで弾いた音)、LFO、エンベロープ、ステップ・シーケンサーなどでモジュレーションできます。

1つのエフェクトのパラメータごとに異なるモディファイアを持つことは、最初は少し難しいかもしれませんが、非常に複雑なサウンドのエフェクトを作ることができます。

各パラメーターノブの周りには、モジュレーションの強さを示す緑色のリングがアニメーションで表示され、例えば、割り当てられたLFOに合わせてリングが脈打つ様子を見ることができます。

キートラッキング

演奏された音符のピッチに合わせてモジュレーションする

キートラッキングは、あるエフェクトを複数の鍵盤に適用し、それぞれの鍵盤でそのエフェクトを変化させることができるオプションです。

例えば、1オクターブの鍵盤にディレイをかけて、ディレイタイムやフィードバックを変化させながら上下させることができます。

また、ルーパーでは、鍵盤の数に応じてループの大きさを変え、8分音符から16分音符、32分音符へと変化させてから大きなインパクトを与えることもできます。

ホストとの統合

DAWでArtilleryをセットアップする

とても簡単です。ここではFL Studioを例に挙げます。任意のチャンネルでArtilleryを開き、他のタイプのレイヤーと同様に、MIDI出力レイヤーを作成します。

出力を任意の数字に設定して、Artilleryに入り、左上の歯車のようなボタンをクリックして、入力と出力をMIDIアウトレイヤーと同じ数字に設定します。

サウンドとプリセット

クリエイティブな可能性は無限大。

  • Artillery 2を使って、ステージ、VST/AU/AAX対応のDJソフトウェア、スタジオのセットアップで、トラックやライブ信号に魔法をかけましょう。
  • エンベロープフォロワーを使ってEQをマルチバンドコンプにしたり、ステップシーケンサーを使ってルーパーのバッファーをスクラッチしたり、キーボードでディレイタイムを演奏したり、リングモジュレータでオーディオのトランジェントをピッチジャムさせたりできます。

特徴

  • キーボードゾーンを設定可能なマルチエフェクト
  • 28種類のエフェクトアルゴリズム
  • 安定したMIDIインテグレーションとホストシンク
  • キー・トラッキングとユニバーサル・モジュレーターによる柔軟なモジュレーション・システム
  • エフェクトごとに、モジュレーション、エンベロープ、ドライ/ウェットを設定可能
  • 各パラメータ。LFO、Env-Foll.とシーケンサー
  • ボコーダー
  • MIDI出力

通常価格:119ドル

Black Friday セール特価:49ドル 

  • 2021年4月:119ドル→49ドル
  • 2020年11月〜12月:119ドル→59ドル
  • 2020年8月:119ドル→69ドル
  • 2020年4月:119ドル→59ドル
  • 2019年:119ドル→39ドル

Egoist(スライスサンプラー/シンセサイゼー/ドラムマシン)40%OFF

EGOISTは、好きなサンプルを読み込んで多種多彩なエレクトリックサウンドを生み出せるスライスサンプラー兼シンセサイゼー兼ドラムマシン。

クリエイティビティの塊Suger Bytesが開発している様々なプラグインのエッセンスがこの製品一台にギュッと詰まっています。

Egoistの日本語解説動画

EGOISTのスライサー(7分20秒):

詳細記事:

通常価格:99.99ドル → Black Friday セール特価:59ドル

Consequence(シーケンサー・メロディ生成マシン)

Consequenceはアルペジエーター、メロディ生成マシン。

通常価格:119ドル

セール特価:59ドル

  • 2021年4月:119ドル→59ドル
  • 2020年11月〜12月:119ドル→59ドル
  • 2020年4月:119ドル→49ドル
  • 2019年8月:119ドル→79ドル
  • 2019年11月:119ドル→59ドル

Looperator(TRAP系マルチエフェクト)

Trap系に超ハマるマルチエフェクトプラグインLooperator。

特徴

  • 16ステップサンプルスライサー
  • リバースモードのルーパー
  • タイムストレッチ&トークボックスフィルター
  • MIDIノートでプリセットを呼び出す
  • 左/右チャンネルの独立したコントロール
  • 無制限の取り消し/やり直し
  • インテリジェントランダム
  • エフェクトとステップごとの5つのパラメーター

通常価格:119ドルセール特価:79ドル

前回のブラックフライデーセール時と同額。

  • 2021年4月:119ドル→79ドル
  • 2020年11月〜12月:119ドル→79ドル
  • 2020年4月:119ドル→69ドル

Thesys(MIDIステップシーケンサー)

珍しいセール。50%OFF。

特徴

  • 強力な32ステップMIDIシーケンサー
  • ピッチレコーダー
  • MIDIごとのパターンを選択してトリガーできる
  • 長いパッセージ用のパターンシーケンサー
  • キーボードごとのパターンのリアルタイム操作
  • 内部シンセ搭載
  • 広大なランダマイザー
  • 5つのシーケンサーすべての独立したループ長
  • 18シーケンサーレーン
  • MIDIアウトとドラッグアンドドロップ

通常価格:99ドルセール特価:49ドル(50%OFF)

  • 2021年4月:99ドル→49ドル
  • 2020年11月:99ドル→49ドル

WOW 2(フィルター)

Skrillexのサウンドで幅広く使用されているフィルタープラグインのSugar Bytesの「Wow 2」。これも珍しくセールになっています。

特徴:

  • 21種類のフィルター
  • LFO、環境フォロワー、ステップシーケンス & ぐらぐらする
  • エイリアスなし
  • 3つのオーバードライブと4つのデジタル機能によるディストーション
  • ディストーションの前後のフィルターユニット
  • 周波数検出機能付きエンベロープフォロワー
  • 「Vowelフィルター」による9つの人間の声のサウンド
  • 全面的なダイナミックオーバーサンプリング

通常価格:99ドルセール特価:59ドル

Cyclop(ワブルサウンド生成マシン)

定番のCyclop。

Twisted Bass Synthesizerと呼ばれるワブルサウンド生成マシンです。

詳細記事:

通常価格:99ドル → セール特価:59ドル

Obscurium(シンセとステップシーケンサーのハイブリッド)

Obscuriumは、シンセサイザーとステップシーケンサーが融合したプラグインです。

単一のキーを押すだけで、非常に複雑かつ進化するリフとパターンを作り出すことができます。

音階、コード、アルペジオを生成して、それらをFMやAnalog SynthesisあるいはVSTプラグイン でサウンドを合成します。

そのサウンドはオーガニックかつ神秘的。そして非常に明瞭です。

Obscurium自体がシンセとシーケンサー機能を持っていますが、外部のシンセなどの音源と接続して、Obscuriumで演奏することも可能。

サウンドデモ

解説動画:

通常価格:99ドル → セール特価:69ドル

前回のブラックフライデーセール時と同額。

前回のイースター時は59ドル(いつかは失念しましたが最安は60%OFFだったと思います)。

UNIQUE

これ結構古めかしいシンセかと思います。

通常価格:99ドル セール価格:49ドル 

  • 2021年4月:119ドル→59ドル
  • 2020年12月:119ドル→59ドル
  • 2020年4月:119ドル→59ドル
  • 2019年11月:119ドル→49ドル

その他のプラグインもセール

Turnado

マルチエフェクト系のプラグイン、Turnadoは33%オフ。これらは前回のブラックフライデーセールや4月のセールと同額。

Turnado:119ドル → 79ドル

Effectrix

Effectrix : 119ドル ➡ 79ドル

前回のブラックフライデーセール時や4月のセールと同額。

前回のイースター時は69ドル。去年のブラックフライデーは79ドル。

『APARILLO』FMシンセ

Sugar Bytes社の製品では比較的新しいシンセ『APARILLO』。

16ボイスFMシンセです。

99ドル → 79ドル(20%OFF)

APARILLOのセールページ

Sugar Bytes製品全部入りバンドル『Suger Bundle』

Sugar Bytesの全てのプラグインが収録されている『Suger Bundle』。

Suger Bundle : 499ドル → 399ドル 

2021年4月のセール、2020年ブラックフライデーセール時、2019年ブラックフライデー時、2020年イースターと同額。

(これは元々、単体を集めて買うのと比べると元々半額で結構お得感はあるので悪くはないと思います。)

しかし、2020年7月のセールが最安でした(30%OFF・349ドル)。この30%OFFも中々来なくなりましたね。

セール総合ページ