iZotope『Trash2』マルチバンドのディストーション&サチュレーション(通常価格:99ドル)

iZotopeのマルチエフェクト・プラグイン『Trash 2』(通常価格:99ドル)が期間限定で無料配布されています。

Trash2は、ディストーション系サウンドデザインツール。広い用途に使える面白いプラグインです。

まだ持っていない方はこの機会に貰っておくと良いでしょう。

*無料配布は1/4まで。

スポンサーリンク

Trash 2 無料配布について

以下のiZotopeのプレゼントページで、Trash 2のシリアルを貰うことができます。

  • 既にiZotopeの会員の方は登録しているメールアドレスと、パスワードを入力すると自動的にシリアルが記載されたページへ飛びます。


  • まだiZotopeの会員ではない方は、このページで有効なメールアドレスとパスワードを登録すると、自動的にシリアルが記載されたページへ飛びます。

ダウンロードする前に

Trash 2のシステム要件をご覧になり、あなたのシステムで正しく機能することをご確認ください。

ダウンロードする

Trash 2 をインストールするには、以下の3つの簡単なステップに従ってください。

  1. ダウンロードする製品インストーラーのバージョンを、PCまたはMacのどちらかから選択してください。


  2. ダウンロード後、製品インストーラーを実行します。


  3. インストーラーを実行した後、ホストソフトウェアにTrash 2をロードしてください。シリアル番号で認証するよう促されます。

マルチFX『Trash2』について

Trash2はマルチバンドのディストーション&サチュレーションプラグイン。

Trash2は幅広い用途に使える便利なエフェクターです。

荒々しいディストーションも得意ですが、ボーカルやドラム、 パーカッション、ストリング、ギターなどにテープサチュ風味のほのかな暖かみを加えたりすることも出来ます。

枯れたプラグインですが頼りになります。

また、幅広いジャンルに対応したファクトリープリセットとエキスパンションパック2製品が付いてくるので、そこからちょこちょこいじっていくだけでも超楽しい。結構万能なエフェクターです。

デモ動画

iZotope『Trash2』の主な機能

  • 60種類以上の「Trashモジュール」ディストーション・アルゴリズムを搭載

  • カスタマイズ可能な新しいマルチバンドWaveshaperを使用すれば、大規模なものからマイルドなものまですべての独自の独自のディストーションをデザインできます。

  • 新しいConvolveモジュールを使用して、トラックを任意のスペースまたはオブジェクトに居住させます。

  • 100種類以上のインパルス応答から選択するか、独自のソースを読み込み、ベースを「洗濯機」に入れたり、キーを洞窟に入れたりできます。

  • 新しい音声を見つける:新しい母音フォルマントフィルター、スクリーミングピーク、ノードモジュレーションなどを備えた、再設計された2つのフィルターモジュールを使用して、音声を発声させます。

  • 広範な新しいプリセットライブラリと耳に優しいリミッターを使用して、すぐにオーディオを破壊し始めます。

システム要件

オペレーティングシステム

  • Mac:OS X 10.8.5 Mountain Lion – macOS 11 Big Sur

  • *IntelベースのAppleコンピュータのみ(ARM / M1は未対応)

  • Windows:Win XP(32ビットサービスパック3) – Win 10

プラグインのフォーマット

  • AAX(64ビット)
  • AU、RTAS(32ビット)
  • VST
  • VST3

対応ホスト(DAWソフト)

Ableton Live 9-10、Cubase 9.5、Digital Performer 9、FL Studio 12、Logic Pro X、Nuendo 8、Pro Tools 10-12、Reaper 5、Reason 10、Studio One 3-4

セール情報

通常価格:99ドル