AndroidのアンチウイルスソフトはDr.Web Lightがオススメです

パソコンはMac(とWindows)を主に使っていますが、スマホとタブレットはアップル製品ではなくもっぱらAndroidを使っています。

スマホ、タブとも数台所有していますが、殆どのものをRoot化してFirewallを導入したりして、より柔軟性の高い使い心地に改良して使用しています。

 

メインのタブレットに入れていた、Android用のセキュリティソフトは、Firewallとアンチウイルスがセットで提供されていた人気のAvastを主に使っていたました。しかし、数日前の大がかりな改悪でUI変更され、Avastで一番重要だったFirewall機能が消滅してしまったようです。

プライバシー保護の甘いandroidの使用では、自分にとってはFirewallは必須と考えているので別のソフトを導入しました。

 

Firewallに関してはフリーのものだと選択肢はあまりなく、それなりに使えて、信頼性の高めなものだと、昔からあって好評価の「DroidWall」か、新しめの「AFwall+」のどちらかでしょう。

「DroidWall」はここ数年更新されていないので、却下。

 「AFwall+」は結構頻繁に更新されているので、今回はこちらをチョイス。

 

実をいうと「AFwall+」は、サブのタブレットで半年前から使っていて、特に問題ないのがわかっていたので、メインのタブへの導入もいたってスムースに済みました。

ここ最近、Avastのアプリを開くと他のAvast関連のソフトの押し売りが目についてちょっとウザったいなぁとは思っていたのですが、Avastの場合、セキュリティソフトとFirewallが一本にまとめられていて運用が楽だったのでので、ものぐさな自分はメインのタブで使い続けていました。

しかしここに来て上記のように使いづらくなってしまったので、重い腰を上げて移行を決意しました。

 

続いて、アンチウイルスソフト。もちろんフリーで。。

こちらは現在、群雄割拠しまくっていて、どれを選べばいいのか頭を抱えてしまうほど数があります。

しかし、いろいろ試してみて感じるのは、どれも一長一短で、「これで完璧!」ってソフトはなかなか見つからない。フリーなんだし当たり前ですが、広告がうざかったり、機能豊富なものだと動作がもっさりで重かったり。。

あと、結構重要なのが、バッテリー持ちに影響を与えるソフトか否かってこと。「良いソフトなんだけど、やけにバッテリー減るの早いな、、」なってのも結構あったりします。

てか、Googleの中の人はandroid向けのアンチウイルスソフトを否定してましたよね。「そんなもんいらねぇ。リソースの無駄。」だと。

確かに、この4年ほどandroidを使ってきてウイルスに感染したことなど一度もないしね。。

 

まあ、そんな感じなので、アンチウイルスに求めるのは、多機能ではなく、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク