【50%OFF】総合ドラムツール:MeldaProduction『MDrummer』20GB超のドラムサウンドを搭載(エレクトリック&アコースティック)

*2020年08月11日(火)MDrummerのセール復活中です(一週間)。

MDrummerは、気が遠くなるほど多機能で高性能なドラムサウンド&トラック作成ツールです。

これ一台だけで、クラブ系からロック系、アコースティックドラム、民族音楽のパーカッションなど広範囲なドラムサウンドを構築できます。

最新バージョンで追加されたUI
Mdrummerのドラムパッドモード 1
Mdrummerのドラムパッドモード 2

MDrummerは、ドラムシンセ、ドラム用サンプラー、ドラムパターン生成ツール、ドラム用超高性能エフェクターのハイブリッドプラグインです。

MDrummerは、追加音源の「Studio2018」が無料で追加できます。

その容量は14.27 GB。

それに加えて、過去のサウンドパック

Essentials— 1.1 GB

Studio2008 — 3.71 GB

Studio2009 — 1.58 GB

の、合計6.39GBも使えるので、

ユーザーが無償で使えるサウンドパックの合計は、20.66GB

追記:

MeldaProductionの製品群は一生涯アップデート無料保証なので、これら追加音源もMDrummer所有者は無料でゲット可能です。

また、MDrummerが収録されているMXXXとMCompleteBundle所有者さんもこの追加音源を無料で貰うことが出来ます。

MDrummer用サウンドパックのダウンロード先:MeldaProduction MDrummer Soundpack Download
新しい追加音源パックStudio2018について

Studio2018は、多くのマイクを使って録音されたアコースティックドラムとパーカッションの非常に新しいコレクションです。

ヤマハメープルカスタム、パールマスターズカスタム、マペックスブラックウィドー、ビンテージスリンガーランドなど、数多くのハイエンドドラムセットをサンプリングしました。私達はまた、、

  • 約20種類のスネアドラム

  • 7種類のライドシンバル

  • 5種類のハイハット

  • 15種類のクラッシュ/スプラッシュ/チャイニーズシンバル

などを録音しています。

それから、コンガ、ボンガ、ダルブカ、ジャンベ、シェイカー、タンバリンなど、私たちが手できる全てのパーカッションを録音しました。

すべてが綿密にポストプロセスされ、使いやすくするためにマルチサンプル、コンポーネント、ドラムセットをチューンしています。

また、ドラムとパーカッションの両方のために、何百もの新しいループを録音し、それらから多くのリズムを作り出しました。

このパックにはMDrummer 12.10以降をインストールすることを強くお勧めします。

 (ソース:MeldaProduction

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MDrummerについて

MDrummerは、あらゆるジャンルの打楽器サウンドをカバーします。

元々EDMやハウスなどのエレクトリック系が得意な印象でしたが、今回新たに追加された「Studio2018」ではアコースティック系の音源が大幅に強化されいるので、全方向に死角がないドラムツールになっています。

MeldaProductionは、製品の地味な宣伝方法とUIが無骨でそっけない印象なので、チープな製品じゃないかと誤解されやすく損をしている感じがしますが中身はなかなか凄いことになっています。

ただし、多機能ゆえに機能セクションによっては、扱いは簡単とは言いがたい。今風のシンプルで手取り足取りの明快なUIではないです。

しかしながら、MDrummerに関しては、数あるMeldaProduction製品の中でも(個人的には慣れてしまえば)結構使いやすい製品だと思っています。

新しいMDurummerのチュートリアル動画シリーズ

MeldaProductionの解説動画は地味ですが、我慢して見ると「おお?こんなことも出来るんだ。。」と色々発見出来ます。

全14巻(連続再生)

MDrummer #1 – Introduction

1 Chandler guitar先生のMDrummerの基本的な概要解説動画その1

MDrummerにはたくさんの機能があります。このビデオでは、サンプルのロード方法、基本的なリズム、MDrummerでの曲のアレンジ方法などの基本を紹介します。

MDrummer basic walk through – part 1

2 MDrummerの基本的な概要その2

「fxを追加する方法、独自のリズムを作成/編集する方法について」

このパートでは、キットのピースを変更して自分のリズムを作る方法を紹介します。

MDrummer basic walk through – part 2

(新着)ドラムパターン生成ツールの解説:

New beats with Base Rhythms in MDrummer
Creating Rhythmic Variations in MDrummer

私はドラムシンセとドラムパターン生成ツールは使っていないです。(ドラムサウンドとしてのみ使っています。)

MDrummer内蔵のドラムパターン生成ツール(リズムジェネレーター)や、ドラム用シーケンサーは使い方を会得すれば非常に有益なツールになるのだろうと容易に想像出来るのですが、いかんせんUIが細かくて(今のところは)勉強する気がしていません。(特に必要性を感じてもいないので。)

追記:「リズムジェネレーター」使い始めました。無限大のパターンがあるので便利。MIDIを吐き出せるのでDAWに貼り付けられます。ただし使い方を覚えるのが面倒。。直感的とは言い難い。

ドラムループパターンの作成は、DAW側のLogicのDrummerやMIDIシーケンサー、Propellerhead ReasonのDrum Sequencerの方が使い慣れているのでそっちを使っています。とはいえ、Mdrummerはドラムサウンドのデザインだけでも元が取れています。

MDrummerにはドラムシンセの機能も内蔵されていますが、こちらも私はまだ使っていません。(ここを触り出したらいくら時間があっても足りなくなりそうなので。。)

言い訳になりますが、内蔵のサンプリング音源が豊富なので、自分で一からシンセを使って音作りしなくても、今の所は十分に楽しめています。

内蔵音源を叩き台に、MDrummerの超絶多機能なエフェクト群で音作りをするだけで十分オリジナリティの高いサウンドを作成することが出来ます。

MDrummerには、MeldaProductionのほぼ全てのエフェクターが内蔵されています。(FXの機能的にはMXXXとほぼ同等。)

MeldaProduction製の高価なTurbo系のFXも全て内蔵されています。

FXは、ドラムの各音源に個別に幾重にもかけることが出来ます。また、MDrummer全体のサウンド、各チャンネル、Sendなどにも個別にエフェクトをかけることが出来ます。この辺は変態過ぎて私も全て把握出来ていません。

MDrummerの各セクションには、Melda製品ではおなじみの「サイコロボタン(ランダマイズ機能)」が装備されているので、音を聞きながら、サイコロボタンを押していくだけでも良い感じの設定を手に入れることが出来ちゃいます。また、数あるプリセットからサウンドやエフェクトなどの設定を選ぶことも可能。

また嬉しいことにMDrummerは、ここまで多機能なのにマシンへの負荷が驚くほど低く抑えられています。(重いエフェクトを幾重にもかけると話は変わってきますが。。)

結構重めなMPowerSynthとは対照的。

ミキサー画面1
ミキサー画面2
エフェクト設定画面
クイックセットアップのサンプル音源選択画面
ドラムサウンドエディタ
ドラムデザイナー

特徴

  • VST/VST3/AU/AAXプラグイン

  • 6GB以上のサンプル、マルチサンプル、サブサンプルライブラリなどを収録

  • 300以上のドラムセット、2400以上のドラムセットコンポーネント、900以上のサンプル、600以上のマルチサンプル、300以上のリズム、200以上のベースリズム、12000以上のループ

  • 5つの究極のサウンド・ジェネレーター – MSampler、MMultiSampler、MSynthesizer4NN、MSubSampleSynthesizer、MScratcher

  • 30種類の多彩なエフェクト – イコライザー、コンプレッサー、ディストーション、モジュレーション…

  • ドラムセットジェネレーター&マージ

  • エフェクト・ジェネレーターとマージャーを搭載

  • 究極の人間らしいリズム技術

  • MIDIコマンド方式

  • 統合されたアレンジメントシーケンサー

  • ジャミング機能

  • リズムジェネレーター&マージャーを搭載

システム要件

Windows:

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10(32ビットまたは64ビット)

  • VST/VST3/AAX互換ホスト(32ビットまたは64ビット)

  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ


32ビットホストでは常に32ビットプラグインを、64ビットホストでは64ビットプラグインを使用してください!

64 ビットのプラグインは、オペレーティングシステムが 64 ビットであっても 32 ビットホストでは動作しません。64 ビットホストでは 32 ビットプラグインを使用しないでください。ブリッジ処理が必要になり、遅くなったり不安定になったりする可能性があります。

MAC OS X:

  • Mac OS X (10.7以降、32ビットまたは64ビット)

  • VST/VST3/AU/AAX互換ホスト(32ビットまたは64ビット

  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ

注:詳細情報とインストール方法については、製品のPDFドキュメントをご確認ください。

MDrummerのセール情報

通常価格:275ドル

セール特価:137.5ドル(50%OFF)

関連記事: