【30%OFF】Wavesfactory Effects Bundle(人気のFXプラグイン4製品バンドル:TrackSpacer・Spectre・Cassette・Echo Cat)

Wavesfactory Effects Bundleは、人気の高いプラグイン4製品をセットにしたバンドルです。

「Wavesfactory Effects Bundle」は、人気製品を集めた製品なので割引率はいつも通りそれほど高くはないです。しかしながら、それでも単体で揃えるのと比べればお得感は十分あるので、気になっていた方はチェックしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

外側はシンプル、内側はパワフルな四つの音楽制作ツール

Wavesfactory Effects Bundleは、ユーザーの使いやすさとサウンドクオリティに重きを置き、元のサウンドが持つありのままの良さを引き出す四つのプラグインのお得なセットバンドルです。

Cassette

Cassetteは、ヴィンテージのテープをエミュレートしたローファイサウンド作成ツールです。

往年の様々なカセットテイストのフォーマット搭載しています。他のカセットエミュレーションにはない高いレベルの柔軟性が特徴です。

TrackSpacer

TrackSpacerは、混雑したミックスの中で必要な周波数だけをリアルタイムに切り出すことで、特定のトラックのためのスペースを確保する革命的なプラグインです。

Spectre

Spectreは、マルチバンドエンハンサー。

周波数スペクトルの任意の部分に異なるサチュレーションアルゴリズムを適用して、サウンドを全く新しいレベルに引き上げます。

Echo Cat

クラシックと現代の技術が融合した新しいテープエコーマシン。

Echo Catは、60年代から70年代に多用されたクラシックなテープエコーマシンをベースにしたディレイ系のプラグインです。

オリジナルのサウンドはそのままに、ダッキング、M/S、テンポシンクなどの現代的な機能を搭載しています。

Trackspacer:トラック同士の音のぶつかり合いを整理して綺麗に聞こえるようにするマルチバンド・コンプ

非常に評価の高いダイナミック・プロセッサー『TrackSpacer』。

Trackspacerは、サイドチェーンの信号に反応する32バンドEQを備えています。

機能的には、サイドチェーンのスペクトルを解析し、「他方のトラック」に反転のEQカーブを適用します。

その作用により「他方のトラック」にリアルタイムで必要とする正確な周波数をカットすることで、特定のトラックのための周波数のスペースを確保できます。

(トラック同士の音のぶつかり合いを回避できる。)

Trackspacerは複数のトラック間のミックス時の周波数帯のかぶり(トラック同士の音のぶつかり合い)を整理して綺麗に聞こえるようにするマルチバンド・コンプレッサー・プラグインです。

ミックスの仕上げ時に大活躍します。

以下の短めの動画がわかりやすいと思います。

⬇︎

TMT | Mixing Vocals Tutorial in 2 Minutes with TrackSpacer

詳細記事:

Spectre:痒いところにてが届くサウンドシェイピングツール(ミックス&マスタリングに最適)

Spectreは、グラフィカル・パラメトリックイコライザーとエンハンサーを組み合わせたサウンドシェーピングツール。知る人ぞ知る通好みの良プラグイン。

紹介動画(4分):

Wavesfactory Spectre – First Look

Spectreは、革新的なグラフィカル・パラメトリックイコライザーとマルチバンドのエンハンサーの機能を組み合わせたサウンドシェーピングツールです。


8つの優れたサチュレーション・アルゴリズム。
ステレオ、左、右、ミッドチャンネルまたはサイドチェーンの処理も可能。

個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングに最適化されています。MS処理ももちろん可能です。

詳細記事:

Cassette:カセットテープの素材にまでこだわったサチュレーション(Lofiサウンド作成)プラグイン

Wavesfactory『Cassette』 は、ビンテージカセットテープとデッキのサウンドをエミュレートするオーディオプラグインです。

実際のテープに録音された多数の音声信号を徹底的に分析した後、慎重にモデル化されています。   

デモ&解説動画(10分・日本語字幕可能):

Cassette by Wavesfactory | Realistic Cassette Tape VST Plugin

詳細記事:

Echo Cat:60~70年代クラシック・テープエコーマシンに現代のエッセンスを加えた最新ディレイ

Echo Catは、60年代から70年代に多用されたクラシックなテープエコーマシンをベースにしたディレイ系のプラグインです。

オリジナルのサウンドはそのままに、ダッキング、M/S、テンポシンクなどの現代的な機能を搭載しています。

紹介動画(2分20秒):

Echo Cat – Tape echo audio plugin

1958年にCharlie Watkinsによって発明された「Copicat ディレイ」。

Echo Catは、その本物のテープ・シミュレーションと、3つのプレイバック・ヘッドを搭載し、オリジナル・ユニットのサウンドと動作を再現しています。

デモ動画(3分40秒):

https://www.youtube.com/watch?v=6d1fYPW8pY0

詳細記事:

Wavesfactory Effects Bundleのシステム要件

Mac

  • 10.7以上(64ビットのみ)
  • VST、VST3、AU、Pro ToolsをホストできるDAW。
  • インテルプロセッサ

Windows

  • Windows 7、8または10(64ビットのみ)
  • VSTまたはVST3プラグイン、またはPro ToolsをホストできるDAW。

*TrackSpacerにはサイドチェーン機能を持つDAWが必要です。

セール情報

通常価格:296ドルセール特価:208ドル

主なセール価格の推移:

  • 2020年10月:296ドル→199ドル
  • 2020年12月:296ドル→221ドル