*明日 10/1~10/3(月) 頃までに終了するセールが多くなっています。

『Noises』クリエイティブ・テクスチャ・インストゥルメント

AudioThingの最新バーチャルインストゥルメント(プラグイン)『Noises』。

Noisesは、AudioThing社が「クリエイティブ・テクスチャ・インストゥルメント」と呼ぶノイズ生成系のプラグインです。

同社の「Wire」や「Things – Motor」「Gong Amp」などと同様にドイツの著名な音楽家Hainbach氏との共同開発による製品です。

2022年6月21日:僅かながらも過去最安値を更新しています(35%OFF)。

スポンサーリンク

『Noises』

サウンド中心のデモ動画(8:42):

Noisesは、テクスチャーの創造的な探求に焦点を当てたバーチャルインストゥルメント(AU/VST/AAX)です。

特徴
  • 21個のノイズ・バンク

  • 1.18GBのハンドクラフトサンプルを搭載

  • 118種類のHainbach社製プリセット

  • マルチモードフィルタとビットクラッシャー

  • トリップ・モジュレーション

  • リサイズ可能なウインドウ

  • ランダマイザー付きプリセットシステム

開発者の一人であるドイツの音楽家Hainbach氏による紹介動画(12:15・自動翻訳の日本語字幕可能):

オーディオデモ:

『Noises』の詳細

ねじれた虹のようなサウンドを実現するバーチャルインストゥルメント『Noises』

Noisesは、遊び心と刺激的なインターフェイスを持つ実験的なバーチャルインストゥルメントです。

あなたの音楽やオーディオ制作に広大なノイズの世界をもたらすように設計されています。

Noisesは、ドイツの作曲家Hainbach氏と一緒に開発した4番目のプラグインです。

彼は、貴重なヴィンテージ計測機器やテープ・マシン、アナログシンセ、奇妙なフィールドレコーディング、電気音響や磁場の実験など、何百もの録音を自分のラボで作り、私たちとこのクリエイティブなノイズインストゥルメントを製作しました。

中央の大きなダイヤルが音の検索を誘い、シーケンサーがそれを音楽にしてくれるという、高速で刺激的な使い方ができるよう設計されています。

その結果、最小限のクリックで最大限のサウンドを奏でることができます。

この楽器は、さりげなく使うことで、トラックにまとまりを与えます。

または、クリエイティブに使用すれば、トラック全体のベースとなります。

このNoisesは、サウンドデザインのための手軽なツールにもなります。例えば、映画、ゲーム、ポッドキャスト用のモダンなスコアを簡単に作成できます。

音楽制作で一息つきたいときは、Noisesの(慎重にキュレーションされた)ノイズシーケンスのサウンドでリラックスしてください。

トリガー

Syncをフリーに設定すると、TriggerボタンでNoiseのON/OFFや、任意のMIDIノートを叩くことができます。これらのコントロールは録音して自動化することができます。

Syncがhostに設定されている場合は、DAWの再生に合わせてスタートとストップが行われます。

オペレーション

Noisesは、音の探求のための遊び心と刺激的なインタラクションがすべてであり、少ないクリック数でより多くのサウンドを提供するように設計されています。

Noisesの心臓部には大きなノブがあります。

このノブは、Hainbach氏が厳選し、デザインした各バンクの8つのサウンドをつなぐ精密なクロスフェーダーとして機能します。

テスト機器やビンテージのマルチプレクサーのモーターコントロールにヒントを得て、ノブをコントロールするためのシーケンサーを追加しました。

サウンドをミュートしたり、シーケンスを再生したり、ランダム化したり、ファジーコントロールでコーヒー1杯分多く飲ませたようなジッターを発生させたりします。

21種類ののノイズを搭載

アナログシンセ

「ヴィンテージシンセのノイズジェネレーターがこれほどまでに違うとは思いませんでした。」

ヴィンテージのMinimoog、Roland SH-2、Juno60、Polivoks、Crumar DS-2、これらはすべて異なる音色を奏でます。

Autobahn(アウトバーン)

「私は、速度制限のないミニ・アウトバーンであるSchnellstraßeの近くで育ちました。深いブラックフォレストの奥深くでも、その洗礼された音を聞くことができました。これは、静かな田舎から始まり、車の近くまで行く、その辺りの音の旅です。」

B00GA

Hewlett-Packard 8006a word generatorは、基本的にモールス信号を生成するためのツールで、Hainbachのビデオの中でリズムジェネレーターとして有名になりました。

彼は2台目を調達し、このバンクのためにそれらをステレオで配線することに成功しました。

冒頭のランダムかつ奇妙にファンキーなリズムを、デジタル・ノイズの中に消えていくまで聴いてみてください。

Bandpass Pulses(バンドパスパルス)

ヘインバックの壁一面のテスト機器が、放射線の跡でかすかに光っているバンクです。

軍用ロックイン・アンプや海軍の研究用フィルターがオーバーロードに追い込まれ、音の深みへと潜っていきます。

Cosmic Chords(コズミック・コード)

Cosmic Chordは、関連する3つの音色バンクの1つで、Cメジャースケールをダイヤルで演奏することができます。

このコードバンクはJUNO60をベースに、科学実験機器で加工したものです。

一風変わった処理により、C、d、e、F、G、a、b、Cma7という「アンシンセサイザー的」なコードが開花します。ピッチホイールを使って、さまざまなスケールにチューニングすることができます。

Cosmic Root(コズミック・ルート)

「私はいつもクラウトロックとコスミッシェの音楽が大好きで、この3つのバンクはそれへのオマージュです。テストトーン・ジェネレーター、リングモジュレーター、ヴィンテージ・シンセ、そしてもちろんフェイザーも組み合わせています。ルートはベース音、スケールはCメジャーです。」

Cosmic Waves(コズミック・ウェーブス)

Cosmicセットの第3バンクは、トップラインハーモニクスに特化したものです。

これは、砂糖のような意味を持っており、きらめきとシマー効果をもたらします。

ピッチを下げると、様々な処理によって奇妙な倍音がもたらされ、美しい新しいサウンドが現れます。

Drum Drones(ドラム・ドローン)

「私がドラムマシンで好きなテクニックのひとつに、オーディオレートで演奏することがあります。このバンクでは、ソビエト連邦の珍しいFormanta UDSを使用しました。」

Electro-Acoustics(エレクトロ・アコースティック)

「10年以上前から、Macumbista Sound Boxは私のスコアリング・ワークの定番です。この小さなフィードバックシガーケースで、オーケストラ全員と演奏したこともあります。シンプルかつ豊かな楽器で、アコースティックサウンドと電気的なバズが完璧にブレンドされています。このバンクのためにラインとマイクの両方のシグナルをキャプチャーしました。」

EMF(電磁波)

「EMF」は、ストラトのピックアップのノイズやオーディオインターフェースの神経質なクリックなど、まずエラーとして姿を現します。

このバンクはその美しさを楽しむことができます。Soma Etherを使って、電気の音を取り込みました。

Filterbank(フィルターバンク)

ドイツ製の固定式フィルターバンクの中で最も憧れの存在である「EMS B-1-II」は、ピュアなノイズに魔法をかけます。

ヘインバッハはフィルターの響きを研ぎ澄ますために特別なフィードバックをかけており、うまくチューニングすれば首の後ろの毛が逆立つような音になるのです。

Flight to MARS(MARSへの飛行)

ヘインバックのスタジオの地下には、ボンテンピがMAXライクなDSPワークステーションとして開発したM.A.R.S.が眠っています。

この特別なものは、ボンタンピの廃工場の残骸から引き出され、マルキジャーノシンセ博物館によって修復されました。

この「Flight to MARS」は、フライトシミュレータで飛行機の音を再現するために作られたパッチを修正し、特殊化したものです。

Military Wires(ミリタリーワイヤー)

私たちAudioThingは、Hainbach氏と「Wires」を作ったとき、東ドイツの軍事通信が何トンも何トンも家に残っていることを知りました。

このバンクのために、彼は汚れたスプールを掃除し、「Kommando Strandkorb – Order Beach Chair」を見つけたのです。

冷戦時代に作られた軍用通信機です。

Noise-Denoise(ノイズ・デノイズ)

このバンクは、最初は白、茶、ピンクのクラシックなデジタルノイズでしたが、ドイツの親愛なる作曲家が退屈になったので、音声ノイズ除去プログラムを採用しました。

このアルゴリズムは、誰もいないところで人間を探すように聞こえます。

そして、このバンクは、あなたにささやくようなスペクトルのフィードバックに満ちた、不思議と心に残るバンクです。

Oddular

ピーター・ブラッサーのMobenthyシリーズからのワイルドなブリープ音。Gijs Gieskes Fan Oscillatorがこのバンクに低音の深みを与えている。

Pan Step(パン・ステップ)

Peter BlasserのMobenthyシステム(Patch Pointの貸し出しに感謝)を再び使用し、Hainbachはこの奇妙でファンキーなグリッチを作る際に彼のお気に入りのPan Sonicの音楽を思い浮かべました。

Phaserland(フェイザーランド)

珍しいオリジナルのクラウトロックフェイザーからダブスタンダードのステレオワールズまで、おびただしい数のレアなフェイザーがテスト機器のノイズを深いウォッシュに変えています。

しかし、そこに音が重なっているので、これはハ長調の音階のバンクである。

Soviet Tape(ソビエト・テープ)

「1970年代に作られたソビエトの真空管テープマシンの変なものを見つけました。消去ヘッドが壊れていたので、短いエコーループがすぐにぐちゃぐちゃになりました。バンクは、途中で切れてしまったので、Moog Sonic Six を入れて演奏してみました。」

Tape Hiss(テープヒス)

テープヒスは、録音時に最も注目されるアーチファクトの一つです。

デジタル録音でそれがなくなった今、見逃されがちなので、ヘインバッハはこれのために最も大切なマシンを録音したのです。

テレフンケン M15、ナグラ 4-S、ナグラ SNN、ユーハーレポートモニター 4000、ソニー 367、そして珍しいロモ・ライティムレポーターの音が収録されています。

さらにノイズを増やすために、これらの美しいレコーダーのいくつかのマイクプリアンプを開放しています。

Test Voltages(テスト電圧)

Wavetek社は、米国で最も早くからテスト機器用オシレーターを製造していた会社の一つです。

シルバー・アップル社で有名な同社の楽器は、しばしば巨大なHPジェネレーターよりもコンパクトでした。

132型は、ノイズの発生源が限りなく多く、ノイズとキャリア間の非常に複雑な変調が可能です。

Hainbach氏はこれを巨大なブリュエル・ケアー2107真空管バンドバスフィルターに通し、ハーモニックとシェーピングを追加しています。

Wave Analyzer(ウェーブアナライザー)

「私はフィルターが大好きです。私のスタジオでは、ヒューレット・パッカードのビンテージウェーブアナライザーを4台並列につないで、すべてを処理するのに使っています。その微妙な動きと狂ったようなゲインリザーブは、わずかな残留ノイズから曲を作ります。」

システム要件

Windows
  • Windows 7、8、10
  • 2GHz CPU、4 GB RAM、1.5 GB HD
  • VST2、VST3、またはAAX(64ビット)
Mac
  • OS X 10.9 – macOS 12
  • 2GHz CPU、4 GB RAM、1.5 GB HD
  • VST2、VST3、AU、またはAAX(64ビット)
  • Universal 2 Binary
コピープロテクトについて
  • プラグインを有効化するには、オンライン認証とオフライン認証のいずれかを選択することができます。
  • アカウントを作成し、プラグインからログインしてアクティベーションを行うか、オフラインでアクティベーションを行うためにライセンスファイルをダウンロードします。

ライセンス認証

  • 1ライセンス3台まで使用できます。
  • iLokは必要ありません。
  • ドングルは必要ありません。
  • アクティベーションにインターネット接続は必要ありません。

セール情報

*僅かながらも過去最安値を更新しています。

通常価格:69ドルセール特価:44ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2022年2月:69ドル→45ドル(リリースセール@ADSR, Plugin Boutique)