Soundtoys『MicroShift』簡単操作でサウンドにワイド感を与える人気のエフェクター

Soundtoys社の『MicroShift』が2日間のフラッシュセールになっています。

70%OFFです!

通常価格:129ドル → セール特価:29ドル(70%OFF)

少なくともここ2~3年間の間では最安値圏だと思います。

*日本時間 3/25(金)19時頃までの超短期セールです。

MicroShiftは、明快&簡単な操作で、あらゆるサウンドにワイド感を与えることができる人気のFXプラグインです。

スポンサーリンク

『MicroShift』簡単操作であらゆるサウンドにワイド感を与えるFXプラグイン

【日本語】DawLessonさまによる解説とレビュー(5:31):

あらゆる楽器・サウンドに広がりを与えるエフェクター『MicroShift』

MicroShiftは、強力な新しいひねりを加えた「スーパーワイドボーカル」のための古典的なスタジオトリックを実現するプラグインです。

バックグラウンドボーカルにワイド感を与えることができます。

また、リードギターやシンセのサウンドをよりも大きく聞こえるよにするのにも使用できます。

MicroShiftは、ボタンを押すだけで、3つの異なるフレーバーの「クラシックステレオ拡幅トリック」を提供します。

豊かなステレオ幅(ステレオウィズス)を作成するために、ピッチシフトと時間の経過とともに変化するディレイの特別なレシピを使用しています。

非常に使いやすく、重要な楽器を盛り上げたり、バックグラウンドボーカルを微妙にミックスしたりするのに最適です。

デモ動画

開発元のSoundtoysによる紹介動画(・自動翻訳の日本語字幕可能2:26)

解説動画(5:51・自動翻訳の日本語字幕可能):

使い方解説動画(5:58・自動翻訳の日本語字幕可能):

上記の5分間の動画で、Soundtoys Microshiftを使ってボーカルに幅と奥行きを出し、ミックスにブレンドする方法を紹介しています。

『MicroShift』について

サウンドにワイド感を

『MicroShift』は、超ワイドなボーカルを実現するスタジオの定番技に、パワフルな新風を吹き込んだステレオFXプラグインです。

例えば、バックヴォーカルに幅が欲しい時。

リードギターやシンセサイザーのサウンドをより大きくしたい時。

そんな時、MicroShiftは最適です。

MicroShiftを使えば、ボタン1つで3種類のクラシックなステレオ・ワイドニングのトリックが可能です。

ピッチシフトと時間と共に変化するディレイの特別なレシピを使用して、リッチなステレオ幅を作成します。

使い方はとても簡単で、重要な楽器のスパイスとして、あるいはバック・ボーカルをミックスにさりげなく溶け込ませるのに最適です。

MicroShiftの主な機能

  • ボーカル、リードギター、シンセなどのワイド化


  • クリーンでシンプルなインターフェイスで大きなサウンドを素早く実現


  • 重要な楽器にスポットライトを当てることも、背景に溶け込ませることもできます。


  • 人気のあるハードウェアをベースにした3つの異なるフレーバーのワイドニングから選択可能


  • Focusノブで特定の周波数帯域に幅を持たせることができます。


  • エフェクトのDetune量とDelay幅のコントロール

ハードウェアの雰囲気

Soundtoysの創業者が設計したアルゴリズムを搭載した「Eventide H3000」や「AMS DMX 15-80s」など、人気の高いハードウェアピッチシフターの雰囲気を再現するために、MicroShiftは設計されました。

MicroShiftは、サチュレーションや、これらのユニットで使用されている異なるデグリッチアルゴリズムを含むオリジナルのクセをキャプチャしています。

シンプルで洗練されたインターフェースで、オリジナルのハードウェアが持つ大きく広がりのあるサウンドを、より速く、より簡単に手に入れることができます。

拡張機能

MicroShiftは非常にシンプルな操作で使用できます。

一方で、トラックに加える幅のキャラクターを精緻に調整することも可能です。

  • Delay コントロールで時間的に変化するディレイの量を変更。


  • Detuneコントロールでマイクロピッチシフトの量を調整。


  • Focusコントロールは、トラックによっては濁った音になってしまう中低域を削り取ることができます。

弟版『Little MicroShift』も付属します

MicroShiftを購入すると、オリジナルのミニ版エフェクト、「Little MicroShift」も手に入れることができます。

このエフェクトはとても小さいものではありません。

3つのボタンと1つのノブというシンプルなインターフェースで、あらゆるトラックに幅、空間、広がりを加えます。

トラックに幅を加えたいときに最適です。

Little MicroShiftのデモ動画 (5:39・自動翻訳の日本語字幕可能):

システム要件

オペレーティングシステム:

  • Windows 7、8、10(64ビットのみ)
  • macOS 10.10 Yosemite-macOS 12モントレー(Intel / M1 Appleシリコンをサポート)(64ビットのみ)

プラグインフォーマット:

  • VST
  • オーディオユニット(AU、Macのみ)
  • AAXネイティブ
  • AAX AudioSuite

サポートされているサンプルレート:

  • 最小:44.1 kHz
  • 最大:192 kHz

注意事項:

ilok.comの無料アカウントが必要です(物理的なUSB iLokは必要ありません)
このソフトウェアは64ビットのみであり、32ビットシステムとは互換性がありません。

(すべての Soundtoys バージョン5 製品は、64ビットのVST、AU、およびAAXネイティブプラグイン形式で提供されます。 公式にサポートされているホストアプリケーションのリストは次のとおりです。)

公式にサポートされているホストアプリケーション:

  • Pro Tools 11 – 2021.7 (Mac & PC: AAX Native and AudioSuite)
  • Logic Pro X – 10.7* (Mac: AudioUnits)
  • Ableton Live 9.2.2 – 11 (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  • Digital Performer 9 – 10 (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  • Studio One 4.5+ (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  • Cubase 9.5 – 11  (Mac & PC: VST)
  • Nuendo 8 – 11 (Mac & PC: VST)

セール情報

*日本時間 3/25(金)19時頃までの超短期セールです。

通常価格:129ドル

セール特価239ドル(70%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年11月:129ドル →39ドル(Black Friday2021)
  • 2021年5月:129ドル→ 29ドル
  • 2021年1月:129ドル → 39ドル
  • 2020年11月:129ドル→ 39ドル(Black Friday2020)
  • 2020年4月:129ドル→ 29ドル