Leapwing Audio『StageOne』先端技術のステレオイメージャー(ステレオサウンドの向上&モノラルサウンドに命を吹き込むツール)40%OFF!

Leapwing Audio社製のステレオ幅操作プラグイン『StageOne』。

去年の夏にリリースされた新しめのプラグイン。今までのステレオイメージャーとは一線を画す新しい技術を搭載しています。

ホリデーセールで過去最安タイで来ています(40%OFF)

2021年1月11日(月) 19時頃まで。

スポンサーリンク

StageOne:ステレオ感操作ツール

StageOneは、モノラルサウンドに、ステレオの広がりを与えることができるステレオ操作プラグイン(AAX-Native・VST・VST3・AU)。

Leapwing Audioの最先端のオーディオ処理技術を用いることにより非常に簡単な操作で複雑なステレオ操作(音の奥行きの調整)を精緻に行うことを可能にする便利ツールです。

ロックオンさまによるデモ動画(1分39秒):

LeapWingAudio stageone vocal

『モノ音源に奥行きや広がりを与えられるのは非常に画期的で、ソフト音源の空間調整やデッドな環境でオンマイク録音した音にも重宝します。』

StageOneの概要

StageOneは、以下の3つのことを容易に行うことができます。

  • モノラル状態を保ちながら、ステレオミックス、個々のドラム、ピアノやギターのサウンドを(不自然さや不快さを感じさせずに)ワイドにしたい。

  • 音色や音色を変えずに、乾いたサウンドに深みを追加したい。

  • モノの楽器のレコーディングをステレオにしてしまいたい。

StageOneの概要は以下の動画がわかりやすいです。

短めの概要紹介動画(3:30・日本語字幕可能)

StageOne by Leapwing Audio | Tutorial & Review of Main Parameters

『StageOneは、幅、奥行き、モノの3つのセクションがメインのシンプルなGUIでサウンドを的確に操作できます。』

Leapwing Audio自身による紹介動画(6分):

StageOne Introduction

StageOneの特徴

Leapwing AudioのStageOne VST Pluginを使って、ステレオミックスのサウンドステージを向上させ、モノラル録音にも命を吹き込むことができます。

ステレオ・ミックス、個々のドラム、ピアノ、ギターを開放し、音の位相を変えずに広くしたい、モノラル・ミックスの互換性を維持したいと思いませんか?

あるいは、トーンや音色を変えずに、ドライな録音に深みを持たせたいと思いませんか?

あるいは、モノラル楽器のレコーディングをステレオにして、これまでよりもはるかに大きなものにすることはできませんか?

StageOneはそれらを可能にします。

StageOneに搭載されている各スライダーの機能

Width スライダー

幅調整用の「Width スライダー」でステレオ・フィールドを「引き延ばし」、オフセンターのコンテンツはスピーカーに向かって、そしてスピーカーを超えて移動させることができます。

中央のサウンドはそのままにして、その周りの全てのサウンドが引き伸ばされたり、より広いステレオフィールドに置換たりすることができます。

②ハイパス スライダー

ハイパスでは、スペクトルのうちどれだけの部分をWidthアルゴリズムで処理するかを決めることができます。

この周波数より上の周波数はすべて引き伸ばされて広がり、下の周波数はすべて同じままになります。

これは、低音の周波数を手つかずで安定した状態に保つことを目的としています。

③ バイパス

モジュールバイパススイッチは処理レイテンシを維持しますが、必要のないときにはWidthモジュールの処理を無効にしてCPUリソースを節約します。

Depth スライダー

Depth スライダーは、追加される反射のレベルをコントロールできます。

この反射パターンは方向的に最適化されており、音場に奥行き感を生み出します。

Color スライダー

Color スライダーでは、追加された Depth 反射にカスタムのチルトまたはシーソー EQ を適用します。

Color値がプラスの場合、高音域はブーストされ、低音域は減衰し、マイナスの場合はその逆になります。

このスライダーを使って、Depth エフェクトを暗くしたり明るくしたりすることができます。

この EQ はダイレクトシグナルには影響を与えず、追加された Depth の反射にのみ影響を与えます。

⑥ バイパス

モジュールバイパススイッチは処理レイテンシを維持しますが、Depthを無効にします。処理を行うことで、必要のないときにはCPUリソースを節約することができます。
モノスプレッドモジュール

Mono Spread スライダー

Mono Spread スライダーは、独自のフィルターデザインを採用し、モノラル信号を疑似ステレオ信号に変換し、モノラルダウンミックスに完全に対応します。ステレオ録音のファントムセンターコンテンツを広げるのにも有効です。

このスライダを使うと、適用するフィルタのレベルをコントロールできます。スライダが 0 の場合、アルゴリズムは信号を変更しません。

Center Gravity スライダー

Center Gravity スライダーは、信号処理チェーンの中にあるパンニングモジュールを操 作します。

このスライダーを使用して、処理された信号の全体的な重みを左右に移動させることができます。垂直方向のスライダーでもあるので、左が上、右が下になります。

⑨ バイパス

処理レイテンシは維持されるが、Monoを無効にするモジュールバイパススイッチ 必要のないときにCPUリソースを節約するためにスプレッド処理を行います。

⑩ 出力トリム

Output Trimは、プラグインの出力レベルをコントロールするレベルフェーダーです。

統合されたレベル メーターはLUFSのK加重ラウドネスを示し、3秒間のピークバーを持っています。

範囲は-無限大から+12 dBです。デフォルトは 0 dB です。

11 メインバイパス

プラグインのレイテンシーを維持するフルStageOneバイパス・スイッチ。

12 元に戻す/やり直す(undo/redo)

元に戻す/やり直しの矢印は、トップバーの左側にあります。

基本的なアンドゥ/リドゥ機能は、プリセットの変更を除き、プラグイン内のすべてのパラメータに適用されます。プリセットを変更すると、アンドゥ/リドゥの履歴がクリアされます。

StageOneの機能

StageOneは、ステレオ・オーディオの幅を広げたり、奥行き感を加えたり、モノラル・シグナルにステレオ・イメージを与えてミックスにフィットさせるなど、ステレオ・フィールドの側面を無比にコントロールすることができます。

フェーズやモノラルとの互換性の問題なく、幅、奥行き、モノラルの広がりを調整することができます。

幅広いアプリケーションと直感的なインターフェースにより、StageOneは従来のテクニックよりも優れた結果を提供します。

このような細部へのこだわりにより、信頼できる方法で異種のオーディオ・ソースに深みと互換性を持たせることができます。

ステレオ・オーディオをワイドに

リスナーがオフセンターのコンテンツをどのように認識するかを広げ、ステレオオーディオに豊かなサウンドのパノラマを与えます。

この独自のアルゴリズムは、ファントムセンターをそのままにしているため、従来のソリューションよりも幅広い用途で利用できます。

奥行き感を追加します

自然な雰囲気の感覚を得て、ミックスの一部に注目を集めたり、その一部から注目を集めたりすることができます。

方向性の最適化されたリフレクションは、音場内のオーディオの位置をサイコ・アコースティックに調整し、すべてが所定の位置に収まっていると感じるまで調整することができます。

モノラルソースにリッチステレオを追加します

ステレオパノラマを作成し、モノラルオーディオをステレオフィールドに取り込みます。

モノラルの互換性を犠牲にすることなく、ミックス内のモノラルとステレオの要素のバランスをとります。

最適なワークフローを備えた美しいデザイン

美しいRetinaデザインで、すべてのコントロールを1つの画面に集約し、時間を節約します。スライダーによるパラメーターコントロールでサウンドを直感的に操作し、最適なワークフローを実現

幅広い互換性

Mac OSX (10.10 +)、Windows 8、10 (64ビットのみ)のAAX-Native、VST、VST3、AUで利用可能。

メーカーページリンク:

Leapwing Audio StageOne
Need to open up a stereo mix, individual drums, piano or guitars and making them wider without sounding phasey and keeping mono-compatibility? Or add depth to d...

レビュー記事リンク

サンレコ様によるレビュー記事リンク:

レビュー動画

レビュー動画(8分):

Widening with StageOne – Into The Lair #220

Leapwing Audio三製品(CENTERONE、STAGEONE、DYNONE)のレビュー動画(22分):

Leapwing Audio in Depth Review Best Stereo Widening Plugins & unique Multiband Parallel Compressor

StageOneの長所と短所

長所:

自然なワインディングと深さの追加。

高いサウンドクオリティ。

簡単な使用感。

短所:

ビジュアライザがないので視認できない。(視覚的確認には、別途ビジュアライザを用意する必要がある。)

StageOneのシステム要件

Mac

  • Mac OSX (10.9 +)

Windows

  • Windows 8, 10 (64-bit only)

Formats

  • AAX-Native
  • VST
  • VST3
  • AU

StageOneのセール情報

通常価格:199ドル

ホリデーセール特価:119ドル!

価格比較:

  • スプリングセール:159ドル(2020年3月)
  • ハロウィーンセール:149ドル(2020年10月)
  • 2020Black Friday:119ドル(2020年11月)