Propellerhead Reason10とMac間の問題について(高温問題やHigh Sierraとの相性)

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Propellerhead Reasonについての考察メモ。

スポンサーリンク

Propellerhead Reason10とMacBook Proの相性

Reason10の「High Sierraで使用時の不具合」と「MacBook Proの発熱」

  

 

Reasonはネット接続によるリアルタイム認証が可能なので、一つのアカウントで、複数のコンピューターにインストールして使用することが出来る。

(ただし、同時に使用出来るのは一台のコンピューターのみ

*MacとWindows並べて2台同時に使えています。

マシン自体に認証を与えるためのソフト「codemeter」をインストールしていないコンピューターでも、ネット認証のみで2台使えています。(IPが同一だからかな?)

 

なので、余っていたWindows7の古い(8年前の)ノートPCにもReasonをインストールしてみた。

 

このノートPCのスペックは、Nehalemのcorei5で、Passmarkのベンチスコアが約2300 ポイント 今となってはかなり低スペックのPC。ごくたまにネット閲覧のみに使うくらい。

Studio Oneの旧バージョンのV2を一応入れてはいるが、かなりモッサリでほとんど使っていない。

 

しかし意外にも(こんな低スペックPCでも)、Reason10はそこそこスムーズに動くのだ。

それに少々驚いている。

なぜなら、Reasonは重いDAWだと思っていたので。。

 

私のメインコンピューターのMacBook Pro 15インチ()だと、Reason10を使用している時、筐体の温度がかなり熱くなる。

MacBook Pro 15:Corei7, Passmarkのベンチスコア「約8900 ポイント

うちのMacBook Pro 15インチだとReason使用時、

CPU周辺温度が70度前後、

CPU自体は90度近くまで上昇する。

(*オーディオのバッファサイズは、512サンプルにしている。)

 

(* 以下全ての検証画像は、オーディオのバッファサイズを512サンプルにしています。)

High Sierraで温度比較 

温度比較に用いたアプリ

HWSensors:

https://github.com/kozlek/HWSensors/releases


 

ハイパースレッディングとマルチコアオーディオ・レンダリングの両方がオンの設定時の画像(デフォルトではこの両方がオンになっている)。
ちょっと心配になるほどの高温。Reason再生中は、こんな感じで高温状態がずっと続く。

 

マルチコアオーディオ・レンダリングがオンで、ハイパースレッディングがOFF。大分マシではあるがまだ熱い。キャプチャできなかったがこのあと温度が3度ほど上がりました。

 

ハイパースレッディングとマルチコアレンダリングもOFF。マルチコアオーディオ・レンダリングがオンの時と大して変わらず。

 

 

*ちなみにわたしのメインDAWのLogic Pro Xでは、重いプラグインを使用しなければ、高温になりにくい。

  

一方、Firefoxで70度を超える事がよくある古いWinノートだが、Reason10ではCPU Proximity(CPU周辺)温度は50〜60度とかなり安定している。

(とは言え、オーディオのバッファサイズを、512サンプル程度にして、多数のシンセを使っていると、ノイズが入ることはよくあります。)

 


 

MacBook ProとReason10の相性の問題なのかわからないが、「8年前の(Firefoxでは熱くなる)Winノートの方が、約四倍のスペックのMacBook Proより涼しい顔でいるのはおかしいぞ」と思い、重い腰を上げて検証してみることにした。

現在使用中のMacBook Pro15のOSは最新のHigh Sierra。

MacBook ProでReason10を使い始めてまだ1ヶ月程だが、高温以外でも不具合に遭遇している。

 


 

それは、iZotopeのOzone7 Elementsが使用できないこと。

加えて、時々Reason自体が固まること(プチフリーズする)。

 


 

Ozone7 Elementsの不具合は明快で、Ozoneをマスターに刺した瞬間に、再生出来なくなる。(100%の確率で。)

 

これは、オーディオのバッファサイズ(レイテンシー)が低過ぎるときに起きるドロップアウト的な現象のようだが、バッファサイズを最大値にしても問題は解消せず。

(プチフリーズの現象も、この件と関連した不具合ではないかと疑っている。)

 

じつはこの不具合、Reasonユーザーが集うフォーラム「ReasonTalk.com」でも多数報告されている。High Sierraで顕著に現れる不具合のようだ。

 

現在、「High Sierra」では、ハイパースレッティングをOFFにすることが推奨されているようだが、OFFにしても我が環境ではOzoneの不具合は全く解消せず。


 

なので、一つ前のMacのOS「Sierra」をMacBook Proにクリーンインストールしてみた。

(Macの全ての設定を自分の好みの状態まで整えるのに3日かかった。。)

 

うーん!Sierraでは問題なし。

上記のOzoneに関する不具合は全く出ていない。

 

(また、Reasonが不意に固まる(プチフリーズする)症状も出ていない。)

 

しかし、温度はHigh Sierraの時と同様に熱くなる。(若干だが、こちらSierraのほうが温度が高いように感じている。)

  

 

そう言えば、先ほど触れた、Reasonユーザー向けのフォーラム「ReasonTalk.com」のMac関連の書き込みで、「Reasonは、WindowsよりMac(特にEl Capitan以降のMac OS)の方がパフォーマンスが悪い」と言っている人がいたのを思い出した。(私もそう思いはじめている。。)

Mac OSX has gone downhill in CPU resources for Reason since probably Mavericks and I’ve seen a lot of people moving to Windows to run Reason on their Macs.

https://forum.reasontalk.com/viewtopic.php?p=310504#p310504

 


 

ここで一考。。

「もう1個古いOS「El Capitan」も試してみよう。」

 

とは言え、せっかく苦労して設定し終わったMacBook Proに、再度、別のOSをインストールするのは心が折れる。。

なので、余っていた「USB接続の外付けSSD」を起動ディスクにして、そこにEl Capitanをクリーンインストールすることにした。(Macはこれが出来るのがありがたい。)

 

そして、そのEl Capitanに、Reason10をインストール。

 

 

結果、El Capitanは(Sierraと変わらず)Reason10使用時は、かなり高温状態になる。。

ここで早々El Capitanの導入は却下。

 


  

これ以上はどうにもならないので、高温になること以外は安定している「Sierra」で様子見することにした。

 

高温対策については、FanControlと言うアプリで、半ば強制的にCPUの温度を下げるようにしている。

このアプリのおかげでCPU周辺温度は、65度を上限にそれ以上は上がらなくなった。

Reason使用時でも、通常は、大体60度前後に落ち着いている。

 

このFanControl、かなり優秀なアプリで、普段CPUの温度が高くない状態では、余計なことは一切せず(ファンが勢い良く回ることはないので)、ファンの劣化のそれほど心配はしなくても良いと思うことにした。

 

   

FanControlについての参考記事

     Mac用のファンコントロール(回転速度の制御)アプリはMacs Fan Controlを使っていました。しかしこソフト...

 

FanControl使用時と未使用時の比較画像(Sierra)

FanControlを使用していない状態

Sierraで、ハイパースレッディングとマルチコアレンダリングがオン。かなり熱い。

 

Sierraで、ハイパースレッディングがオン。マルチコアレンダリングがオフ。マルチコアレンダリングがオンと時とあまり変わらず、かなり熱い。

  

 

FanControlを使用した状態

  

Sierraで、FanControlを導入してみた。ハイパースレッディングがオン。マルチコアレンダリングがオフ。大分マシに。

Sierraで、FanControlを導入してみた Part2。一個前の画像と同じくマルチコアレンダリングがオン。ハイパースレッディングがオフだが、「CPUの使用率」を80%にしてみた(一個前は90%)。もっとマシに。

 

 

あとは、ノートPC用の冷却スタンドを併用してしのいでいる。(これもかなり効果的だとわかった。)

 

取りあえずの結論

今回、わかったのは、ReasonはMacBook Proで使う場合、CPUが熱くなるのデフォルトの仕様だと言うこと。

 

その高熱への対策は、FanControlアプリの使用と、冷却スタンドなどを使用して物理的にMac冷やすのが効果的だ。

 

 それ以外の有効な方法は、オーディオのバッファサイズ(レイテンシー)を極力大きくすること。

バッファサイズを一番大きい「4096」にするとCPUの発熱はかなり抑えられます。

しかし、バッファサイズを大きくすると、MIDIコントローラーやMIDIキーボードを使ったリアルタイム演奏時は発音に時間差が生じるので、演奏に支障をきたす。

 

MIDIは打ち込みのみで、リアルタイム演奏をしない場合は、バッファサイズは一番大きくしておいた方が良いだろう。

リアルタイム演奏する場合は、演奏時のみバッファサイズを小さくするなどの工夫が、マシンの発熱を抑えるためには必要かもしれない。

  

加えて、ハイパースレッディングをオフすると(若干)温度はマシになるようだ。

 

 

また、High Sierraでは、前述した「オーディオのドロップアウト」や「プチフリーズ」の不具合が発生しているので、それらの症状が出にくい「Sierra」にダウングレードするのが効果的

 

もし、High Sierraを使うしかない場合は、(現在、Propellerhead社もこの不具合は認識しているようなので、)同社の対応を待つしかなさそう。

 

 

色々と面倒なReasonですが、ここ最近はメインのLogicをほったらかしてReasonばかりで遊んでいます。。欠点があってもそれを十分に補う楽しさがある素晴らしいDAWです。

 

今回は経過をメモ代わりに書き連ねただけなので、見にくくて申し訳ない。。

 

追記:Mac+Reasonのパフォーマンス低下の解決方法(2018年4月15日)

MacでReasonを使用する場合、高解像度のRetina液晶だとパフォーマンスが落ちるようだ。

なので、Reasonを低解像度モード使用してみた。(多少見にくくなったが、)驚くほどにキビキビと動くようになった。

そして、高温にもなりにくい。通常の(高い)解像度のモード時と比べてCUP温度は5度以上低い状態で推移している。

 

設定方法

finderのアプリケーションフォルダの「Reason10」を開く。

 

 

 

 Reason10フォルダの中にある「Reason.app」を右クリックして、情報を見るを選択する。

「Reason.appの情報」インスペクタが出てくるので、そのなかの「低解像度で開く」にチェックを入れる。

 

Reasonを開く。

これでOK。上記画像でわかるかは微妙だが、表示がかなり荒くなる。

しかし、温度は下がる。

温度を取るか? 見やすさを取るか?

それはあなた次第。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク