新型MacBook ProのCPU型番情報と新旧モデルの比較

 

基本的にAppleはMacに搭載しているCPUの型番の公表はしないのですが、アナリストやギークたちはしっかり情報を掴んでいます。

現在までにわかっている新型MacBook ProのCPUの情報を以下に記しておきます。

※ 情報のソースも記載していますが、あくまでのネット上の情報でどれも確証は取れないものなので、参考程度にしてください。

 

スポンサーリンク

新型MacBook ProのCPUはSkylake

今回の新型MacBook Proは、いずれの機種も、第6世代Intel CoreプロセッサであるSkylakeを搭載しています。

SkylakeはBroadwellの後継CPUです。

SkylakeにしてもBoroadwallにしても多様な型番があるので、それぞれを比較するのは難しいのすが、一般的に言われているスペック的な差は、(誤解を恐れずに)超ざっくりと言うと、大体5-10%程度の向上と言われています。作業内容にもよりますが、特筆するほどの大きな差はないと言っても良いと思います。

Skylakeのは特徴は、性能の飛躍的な向上というよりは、(Broadwellと比べ、)同じ位の性能でもより省電力になっているということです。

 

旧型のMacBook Pro 13インチモデルでは、Broadwellが採用されていましたが、

(旧型の)15インチモデルは、Broadwellより更にもう一世代前のHaswellチップが搭載されています。(もちろんその旧型もいまのところは継続販売されています。)

 

以下に参考として各モデルのCPUの型番と、著名なCPUベンチマーク調査サイトのPassmarkからのベンチマーク情報を載せておきます。

(ベンチマーク結果のあとに「備考」として、私個人が現時点の情報に触れて感じたことを載せていますが、ただのつぶやきなので、忙しい方は無視してください。。)

MacBook Pro 新旧 CPU ベンチマーク比較

15インチ MacBook Pro

2015年モデル(旧型)

Core i7-4770HQ  (Haswell)  2.2GHz

CPUベンチマーク:8918

https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-4770HQ+%40+2.20GHz

 

2016年モデル (新型)

標準モデル

Core i7-6700HQ (Skylake)  2.6GHz

CPUベンチマーク:8023

https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-6700HQ+%40+2.60GHz

 

上位モデル

Core i7-6820HQ  (Skylake) 2.7 GHz

CPUベンチマーク:8697

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-6820HQ+%40+2.70GHz

  

 

また、カスタムモデル用の上位CPUでは、以下のチップのモデルの情報も散見されます。こちらも真偽のほどは未確認です。

Core i7-6870HQ  (Skylake)  2.7 GHz

CPUベンチマーク:情報なし

    

Core i7-6920HQ (Skylake)   2.9 GHZ

CPUベンチマーク:9588

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-6920HQ+%40+2.90GHz

参考資料:http://ark.intel.com/compare/88972,88970,88967

13インチ MacBook Pro

2015年モデル(旧型)

標準モデル

Core i5-5257U (Broadwell)   2.7 GHZ  

ベンチマーク:4342

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-5257U+%40+2.70GHz

 

上位モデル

Core i5-5287U (Broadwell)  2.9  GHZ  

ベンチマーク:4646

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-5287U+%40+2.90GHz

  

カスタムモデル

Core i7-5557U (Broadwell)  3.1  GHZ  

ベンチマーク:4900

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-5557U+%40+3.10GHz

 

 

2016年モデル(新型)

標準モデル

Core i5-6360U (Skylake) 2.0GHz 

ベンチマーク:情報なし


上位モデル

Core i5-6267U (Skylake) 2.9GHz 

ベンチマーク:4882

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-6267U+%40+2.90GHz

 

※ カスタム用最上位モデルの 3.3GHzデュアルコアIntel Core i7 (Skylake)の型番は確認できませんでした。

番外編

MacBook Air 13インチ 2015年モデル(現時点でのAirの最新型)

Core i5-5250U 1.60GHz

ベンチマーク:3583

http://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-5250U+%40+1.60GHz

参照サイト

  

13インチ、15インチともに、旧型新型を比較してみても、ベンチマーク比だけを見るとほとんど変わりません。

しかし、グラフィックス性能はSkylakeになってかなりアップしているようです。

また、Skylakeは旧チップと比較して省電力になっているので、新型のMacBook Proのバッテリー容量が削減されています。それなのにバッテリー駆動時間はやや伸びています。そのバッテリーの大きさを小さくできたことが、今回の新型モデルの薄型、軽量化に寄与していると思われます。

備考

15インチ

実機を見ていない現時点で、批判を承知で、スペックのみの側面から見た新型モデルに対するやや辛口な感想を述べさせてもらうと、、

特に、真のプロ仕様であるべき15インチモデルに対する残念な気持ちがぬぐいきれません。

メモリは据え置きの16GBのみ。購入時でさえ増設不可能。

標準モデルではストレージ容量がイマドキたった256GB。

しかし、お値段は立派なプロ価格。。257,904円(税込)

上位モデルは、SSD容量が512GBになり、CPU性能が若干アップして、301,104円(税込)

 

それでも円高調整のおかげで、かなりマシな価格になっています。 

 

CPUは旧型から劇的な変化があるわけではない。これは紛れもない事実と言って良いのではないでしょうか。

次期本命CPUと言われている「インテル・kaby lake」の供給が、今回の新MacBook Proの発表時期には間に合わず、kaby lakeを載せたMacのリリースは来年に持ち越しとなり、今回の新型リリースはApple側の都合が加味された妥協の産物ではないか?という意見も散見されます。

   

タッチバー、薄く軽く、デザインがよりカッコよく、、、いいんじゃないんでしょうか。

でも、それってProにとって最重要なことなのかな? 

バッテリーや可搬性が大事なのはわかりますが、

嘘偽りない本当のハイスペックなMacBook Proが欲しかったんだよ!と嘆いている方も少なくはないのでは?

私と同じように、若干の不満を持っている方々の記事も見受けられます。

Developers and creative pros are blasting Apple’s new MacBook Pro / http://bgr.com(英語記事)

   

 

一方、こんな話もあります。

『16GBより多くRAMを積むのはバッテリー消耗が増大するので、現時点ではノートブックにそれは効果的な方法ではない。とりあえずこの新しいMacBook Proを試してみてよ。ホントに驚きのシステムになってるから。』

とシラー上級副社長が顧客の質問に対し言ったとか言わないとか、、。

参照:http://www.macrumors.com/2016/10/28/new-macbook-pros-no-32gb-ram-battery-life/

 

これが本当なら、やっぱりAppleは15インチでさえも、強力なマシンパワー(スペック)よりバッテリー持ちと薄さ軽さ(良い言い方をすれば「バランス」)に拘っているのが垣間見えますね。

ただ、もう少しシラー上級副社長の言っていることを好意的に深読みすると、

16GBに制限されているRAMの能力の頭打ちを、新しいモデルの「超高速なSSD」が、どれだけ解消してくれているかが、ポイントになってくるのでは? と、想像を豊かにすることも出来ます。

(参照記事:SSDを積んだMacBookは、メモリ不足分を助ける力がある

 

今回の新型のSSDは、とても速いと言われていた2016年の新型MacBook12インチモデルと比べ、それにも勝る驚異的な速度の測定結果が出ています。

(参照記事:The Late 2016 entry-level 13″ MacBook Pro has a ridiculously fast SSD

新型MacBook12のSSDも驚異的なベンチマーク結果を叩き出していましたが、それ以上と聞くとちょっと期待してしまいますね。


旧型購入検討の場合はこちらの記事を参照にしてみてください

旧型MacBook Pro 15はどのモデルをどこで買うのが得策か? 整備品?価格コム?

 

 

13インチ

そして、13インチのCPUは相変わらずモバイル向け低電圧のUシリーズで、15インチで使用されているクアッドコアではなく従来型のデュアルコア。

ぶっちゃけ、旧型と性能はそんなに変わらんでしょう。

しかし、素直にMacBook Air13の後継機種と考えれば、悪くはないかもしれません。重さはAir13とほぼ同じですから。でも名前がProって。

 

いわゆるカジュアルユーザーの方には、今回の新型13インチがなかなか良いマシンなのではないかとも思います。

旧MacBook Proに2つも鎮座していたThunderbolt2ポート。あれ、ライトユーザーで、実際活用していた方がどれほどいたのでしょう?

カジュアルユースがメインな方なら、Thunderbolt2より、これから必ず普及していくUSB-Cのみの方がシンプルかつ使い出があるのは確かでしょう。それも上位機種では4つ装備されています。

 

用途が、日常生活のお供がメインで、プロ用途としてクリエイティブ分野で使うのでもなければ、十分満足できるスペックになっています。

というか、いまでも2015年型のMacBookPro13インチモデルは、日常生活で通常使用するの用途では十分過ぎるほど完成度の高いマシンです。

その2015年モデルから更に、この新型MacBook Proの13インチは、至極まっとうな進化を遂げたと思わせる部分は多い。

何と言っても、Air並みに軽く薄くなりました。これはすばらしい。

また、スピーカーの改良やトラックバッドの大型化による操作性の向上、液晶性能の進化。そして、何と言っても更なるSSDの超高速化による多大なる恩恵。生活のお供にしていく上で、日々、じんわりと実感できる嬉し進化でしょう。

私自身は、クリスマス周辺に、旧型の15インチを密かに購入予定ですが、新型を店頭で手に触れたら、(スペックなどの数値では計れない)体感的な素晴らしさに圧倒され、上記の不平不満など一気に吹き飛んでしまい、しれっと買ってしまう可能性も、もちろんあるわけですが。。

追記(2016年11月4日夜)実機触ってきました

先ほど、新型13インチのタッチバー無しモデルを触ってきました。

 

まず、個人的に印象的だったのが、重さは(ちまたで言われているほどは)旧型と実感的にはそんなに変わらなかったこと。これは期待はずれ。

 

デザインは新型MacBook12を踏襲していて、それを一回り大きくした感じ。

(端的に言えば、このデザインに新鮮味は感じなかった。)

 

キーボードは、新型を触った人の間でも賛否両論なようで、新型MacBook12と変わらないという方もいれば、それよりは改善されているという方もいます。

私個人の感想は、そんなに変わらないと思いました。

隣に旧型の13インチProを並べて交互にキーボードを打ち比べてみましたが、やはり私は旧型のストロークが深いキーボードの方が使いやすいと感じてしまう。

 

率直に言ってしまうと(もちろん、タッチバー無しの13インチのみに関してですが)、自分はこの新型機に、購買意欲を刺激されませんでした。

Macの新型を手に触れてこんな風に思ったのは初めてかも。

 

しかし、新旧13インチモデルを並べてみると、旧型のデザインはさすがに古臭く感じました。  

かといって、新型を見てもそこまで訴求力を感じない。ひどく不思議な感覚。

 

唯一、「おお、良いな」と思えたのが、ディスプレイの美しさ。

新旧並べてみてよくわかりました。明らかに性能アップ。ただし、並べなければ、旧型のレティナも十分美しい。

 

また、(店頭で軽く触っただけなので、)噂のSSDの速度の高速化を実感するまでには至りませんでした。

  

薄くなって、より現代的なデザイン。ただそれだけな印象。

  

こじんまり、小奇麗に、Decentにまとまっている感が、まさに、ティム・クックそのものだと思った。

うちに連れて帰りたいとはそれほど思えなかったかった。残念。

タッチバーモデルに期待。

  

あ、でも、新型の13インチモデルも15インチモデルと同様に、標準(下位)モデルでも、SSDの容量が256GBになったんですね。

価格は旧型の標準モデルより約4万円高くなりますけど。(価格コムでの比較)

13pro 旧型 標準モデル SSD 128GB  ¥118,744

13pro 旧型 上位モデル SSD 256GB ¥135,902

13pro 新型 標準 モデル SSD 256GB ¥157,962  (タッチバー無し)

(2016年11月4日現在の価格コムの最新価格)

 

 

次回は、

旧型MacBook Pro 15はどのモデルをどこで買うのが得策か? 整備品?価格コム?

です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする