Waves WUP切れのV9とV10と並行して利用する方法(v9のプラグインが認識されない場合の対処法)

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wavesのバージョンが最近v10に上がリましたが、WUPが失効してv9のまま使っていく人も多いと思います。

そこで特に面倒になるのが、新しい「v10のプラグイン」も使いつつ、WUPが失効した「v9のままのプラグイン」も平行して使っていきたい場合です。

 

私の環境(Logic Pro X、Mac OSX Sierra 10.12.6)では、v10をインストール後、v9のプラグインが認識されなくなりました。

しかし不思議なことに、Propellerhead Reason10(VST)では、v9とv10両方認識してくれます。恐らくLogic Pro XのAUとWavesの間の問題なのかもしれません。

(しかし、VSTでも問題が発生していると言う話もあるようです。)

 

最終的に解決方法が見つかったので、ここに書いておきます。

 

スポンサーリンク

問題の発生原因

この問題は、同じプラグインの2つのバージョン(V9とV10)を実行している場合に発生するようです。

各プラグインは、V9またはV10のどちらかしか生かしておくことは出来ません。

例えば、、

Morgan Page EMP Toolboxを持っているが、WUPが失効しv9のまま使っている。

そして新たにv10のPlatinumを購入。

この場合、Morgan Page EMP ToolboxとPlatinum両方に入ってるのは、H-DelayTrueVerb

このような同じプラグインの2つのバージョン(V9とV10)をインストールしようとすると問題が出るらしい。

 

いっぽう、例えば、

「J37Tape」のバージョン9と「Torque」のバージョン10を同時にインストール。

これは恐らく問題ない。

 

解決の前の準備段階

すでに、v10とv9のプラグインがインストール済みなら、ここは飛ばして、「解決方法」から試してみても良いかもしれません。もしそれでうまくいかない場合は、こちらに戻って、下記の準備をしたあと「解決方法」を再度試して見ると良いでしょう。

 

私が最初に参考にしたのがこのサイト。

Waves代理店のMI様のチュートリアルです。

 

私の該当した状況は、「V9製品をアップデートせず、V10と並行して継続利用される場合」と言う項目。

しかし、上記の方法だけだと私の環境ではうまくいきませんでした。

 

上記の方法でアドバイスされてるのが、

(いったんv9とv10のプラグインを消去。)
最新のWaves Centealで、所有しているv10の製品をインストールして、アクティベート。
その後、Waves Legacyダウンロードページから、V9.9.2のオフライインストール用データファイル(約3.5GB)をダウンロード。(このデータファイルにv9の全Waves製品が入っている。だから3.5GBもある。)
圧縮されてるV9.9.2のデータファイルを解凍。
Waves Centralで、 ”Select offline installer”を選択して、V9.9.2のデータファイルのロケーションを選択。
オフラインで、自分の持っているV9製品をインストール。そしてアクティベート。

 

しかしこれだと、v9とv10がインストールはされるけど、v10のみしか認識されない。

 


とはいえ、この状態までやっておくのはこれから説明する解決方法の下準備になるので、やっておいたほうが良いかも。

 

解決方法 

*最初に、自分が該当製品のどのバージョンのライセンスを持っているかを確認しておくこと。

この方法はライセンスのバージョンがv9とv10で混在している場合に有効です。

  

*まず、Waves Centealで、PCもしくはPCに接続しているUSBメモリにライセンスを送っておくこと。

 

最初に、Waves製の「V9-V10オーガナイザー」をダウンロードし、デスクトップに解凍します。
Winの場合

全てのアプリケーションを終了する。

V9-V10 Organizerという名前のファイルを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。

(V9-V10オーガナイザーは、システムにインストールされているプラグインソフトウェアとライセンス認証したライセンスを関連付けます。 完了すると、ウィンドウは自動的に閉じます。)

Macの場合

全てのアプリケーションを終了する。

V9-V10オーガナイザーという名前のファイルを右クリックし、「開く」をクリックで「Terminal」が起動します。
プロンプトが表示されたら、Mac管理者のユーザパスワードを入力し、Enterキーを押してプロセスを開始させます。

(V9-V10オーガナイザーは、システムにインストールされているプラグインソフトウェアとライセンス認証したライセンスを関連付けます。 完了したらTerminalを手動で終了させます。)

 

私の場合は、これで無事にv9とv10のプラグインが認識されるようになりました。

(上記のV9-V10オーガナイザーを実行後、自動的に、v9とv10でダブっているプラグインのみv9の方が消去されていました。)

 


ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型 HD 25【国内正規品】

現在、SENNHEISER HD25がお得に買えます

DAWにもDJにも使えるゼンハイザーの高解像度ヘッドホン「HD25」。新パッケージで従来のHD25-2と比べて約半額になっています。(中身はほぼ同じと言う噂。)

欧米のプロフェッショナルなDJの間では、不動の定番ヘッドホン。

見てのように(現在の円安傾向の為替相場ですが)現在かなりお得に購入できます。

 

  今回は、PCDJソフト(Traktor、Seratoなど)で、主にSync機能を使用するDJプレイにフィットするDJヘッドホ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. knyacki より:

    おはようございます。

    Digital Performer 9.52,
    OS X El Capitanで Waves V9.2 (とても古い?です…) が認識されず 5ちゃんねる等 見ていましたが、
    こちらの「V9-V10 Organizer」を使う事で認識される様になりました。

    minetに掲載されていたWaves AU Reg Utilityを使用する方法では駄目で、色々探したのですが V9-V10 Organizerも同じ事をしている様な気もするんだよなぁ…
    う〜ん。

    私の環境が古いためか悩みましたが助かりました。
    ありがとうございました。

    • sawayaka trip より:

      knyacki様コメントありがとうございます。お役に立てて良かったです。
      デジパフォユーザー様ですか。憧れのDAWです。なのでなんかうれしいです。。