Kontrol Z2「本格的なDJプレイを望む人にお勧めしたいDJミキサー」現代的DJの機材選び (3)


PCDJでもDVSでもアナログレコードのプレイでも、簡単セットアップで自由自在に使える便利なミキサー「NI Kontrol Z2」を紹介します。

  

「現代的DJの機材選び」目次

 

1 「古くて新しい波」ロータリーミキサー

 

2 「DVSとPCDJ」リアルミキサーとPCを使ったDJプレイ

 

3  本格的なDJプレイを望む人にお勧めしたい 「Kontrol Z2 DJ Mixer」

 

今回はここ

 

4  MIDIコントローラーとインターナルミキサーを使ったDJプレイ

 

5  MIDIコントローラーでDJをする場合の利点と欠点

   

6  これからDJを始めてみたい方への指針

  

7  PCDJとヘッドホン

 

スポンサーリンク

PCDJ、DVSなど全方向に隙がないミキサー「Kontrol Z2」

 

PCDJでもDVSでもアナログレコードのプレイでも、簡単セットアップで自由自在に使える便利なミキサー「NI Kontrol Z2

実売価格7万円だが、かなりお得感の高い(デジタル)ミキサーだ。正直言うとこれが個人的に一番おすすめのリアルミキサー(+コントローラー機能を持つ複合機)。

発売後2年経ち安定した品質。優れた操作性。費用対効果高さ。世界中に大勢の使用者がいるので、使用法等の情報も集めやすいなどメリットをあげればきりがない優秀なミキサーだ。

Native Instruments 2+2チャンネル・コントロール・ミキサー TRAKTOR Kontrol Z2

 

 

コレ一台とPCがあれば即DJが可能。タンテやCDJをつなげばもっと楽しい。

Z2は、スクラッチプレイを多用するヒップホップ系DJにフィットする作りになっているが、2DeckプレイのハウスやテクノのDJでも十分満足出来る性能を備えている。どんなジャンルにも対応するオールマイティーなミキサーです。

Kontrol Z2の利点を挙げると、、

 1.オーディオインターフェイス内蔵で、USBケーブル一本でPCにそのまま繋ぐことができる。

2.オーディオインターフェイスがDVS対応なので、Z2に直にCDJやターンテーブルを接続可能。

3.ソフトウェアのTRAKTOR SCRATCH PRO2(完全版)が付属している。

4.スクラッチプレイに対応した精度と耐久性の高い「mini-innofader」クロスフェーダーを採用している。

5. LoopやCUEポイント、Macro FX、曲のブラウジングなどの操作が可能なコントローラーが合体している。

 

6. 性能、品質に対して費用効果がとても高い。

  

7. オールジャンルに対応する器用さ

 

  

Traktor Scratch A6(約4万円)とほぼ同機能のオーディオインターフェイスが内蔵され、ソフトウェアのTraktor Scratch 2が同封されるのを考えれば、かなりのバーゲンプライスだろう。

 

Traktor GURUのDJ ShiteeによるKontrolZ2+MASCHINEのデモンストレーション。

  

Kontrol Z2を使用した標準的な構成

DVS

PCを使用しターンテーブルをコントロール用に接続したDVSの標準的なセットアップ。Kontrol Z2はDVS対応のオーディオインターフェイス内蔵なので、ターンテーブルもCDJもそのまま直に接続するだけでOK。

 

PCDJ

Z2は、CDJやタンテがなくても、PCに繋ぐだけでプレイ可能。上の図は、操作補助にX1とF1が接続されているが、実際はZ2だけでも問題無い。(FXのフルコントロールを行いたい場合はX1があると更に便利。)

 

  

もちろんZ2はリアルミキサーなので、タンテやCDJを繋げば、PCを使用しなくても使える

ただし、Z2は基本的には2チャンネルミキサー(2つの曲をつないでいくスタイルのDJミキサー)なので、

(Z2単体のみでは)4Deckミックス(4曲同時にミックスすること)用途には向かない。

Z2で3つ以上の曲を重ねたい場合は、Traktorでは上の図のようにF1を組み合わせて、2Deck+Remixdeckで複数の音源を同時にミックスするプレイがよく使われる手法だ。(※)

 

(※)Kontrol F1でTraktorの目玉機能であるRemixdeckを操作すれば複数の音源を同時に鳴らすことが可能になる。

Remixdeckとは、

Traktorのサイトでダウンロードできる音源やループ素材、ユーザーが自身でサンプリングした音源などを一つの楽器のように即興で重ねていくことができる機能。

Traktorのエンジンによって各音源のテンポは同期されるので、ピッチ合わせを気にせずにライブ感覚でプレイができる。

 

  

他の著名なミキサーとの比較 

前回、紹介したA&H XONE:DB2などの名のある4チャンネルデジタルミキサーの価格帯は、約15万円から30万円ほど。

曲同士のブレンディングをより自然なものに出来るハイパス&ローパス・フィルターをはじめ4種類のSOUND COLOR FXが各チャンネルに付き、オーディオインターフェイスも内蔵するパイオニアの4チャンネル定番デジタルミキサー「DJM-850」が18万円ほど。その上位機種の「DJM-900NXS」が約24万円前後。どちらも高音質、高性能な素晴らしいミキサーだ。

 

Pioneer DJミキサー ホワイト DJM-850-W

DJM-850

Pioneer DJミキサー DJM-900NXS

DJM-900NXS

  

では、Kontorl Z2はどうかというと、2チャンネルながらも、DJM-850などと同様に各チャンネルに操作性の高い(ハイパス&ローパス)フィルターが付いている。オーディオインターフェイスの品質も申し分ない。そして現在、価格は7万円を切っている。

 

そのZ2に、Rimixdeck用のKontrol F1(約2万円)を追加しても、計9万円とかなりお得感がある。

 

(実は、Kontrol Z2は4Deck操作をうたっていて、ボタン切り替えでそれも可能だが、現実的な操作を考えれば、2チャンネルミキサーとして使うべきもだと感じる。)

  

4チャンネルミキサーにこだわらず、(F1を加えて)Remixdeckでプレイの幅を広げるていく方法は、Traktorの使用において極めて正統なプレイの手法だろう。

  

Z2は、重量は5.1 kgと結構あるのでモバイルするにはちょっとデカいし重いが、収納可能なキャリーバックはあるようだ。プレイするブースに設置スペースがあれば、持ち運んで行くことは可能。

 

おなじみの「Djtechtools」のEan氏もツアー用にZ2を持ち運ぶ場合があるようだ。

現在、アマゾンが大手販売店の中では最安値付近にいるようなので、個人的にはアマゾンで購入するのがいいと思います。なぜならアマゾンなら不具合などの商品交換や返品が他店と比較してかなりスムースだったから。

以前、初期不良の対応で某店有名楽器店でえらい目にあったので、初期不良が比較的多い音響機器に関しては、返品交換などの対応が比較的マトモなアマゾンで買うことが多くなりました。それ以外だとアフターサービスの素晴らしさはヨドバシが一番だと感じています。

 

次回はもっと気軽に楽しめるが、奥も深いMIDIコントローラーとPCのみを使ったセットアップを紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする