【最大のDTM・DAWセール】2020年ブラックフライデーの準備まとめ(初心者用)

一年で一番シンセや音源、エフェクトなどのプラグインが安くなるブラックフライデー。今年も、もうすぐやってきます。(もちろんDAWソフト自体の格安セールもあると思います。)

そして今年はかなり円高傾向。このままま円高で行ってくれるとかなり良い感じ。

基本的にブラックフライデーのセールは、アメリカの感謝祭(2020年は11月26日 注釈1)の翌日の金曜日からの数日間。したがって、今年のブラックフライデーは、11月27日(金)になります。

注釈1:アメリカでは11月の第4木曜日が(Thanksgiving Day)感謝祭になります。

あの七面鳥を焼いて飾って、そんで食べちゃう日ですね。。

今回は、今年のブラックフライデーセールの準備や概要についてまとめておきます。

スポンサーリンク

2020年のブラックフライデー・セール本番は11月27日から(ただし最近は分散傾向)

11月27日がブラックフライデー当日。

通例に従えば、大体その数日前から色々出てきます。(しかしながら、ここ最近は分散傾向にあります。)

当サイトでも、グッとくるセールを随時報告して行きます。 

よろしければ、セール中だけでも当サイトのツイートチェックしていただければ、楽しく散財出来ると思います(笑)。。

そして、11月27日からのブラックフライデー・セール以降は、

  • 11月30日のサイバーマンデー・セール(ブラックフライデーの次の月曜日)

  • 12月のクリスマス・セール

  • 1月初旬ニューイヤー・セール

と矢継ぎ早にセール攻勢が続いていきます。

これらのセール期間で、まず大きな山場となるのが、11月27日前後のブラックフライデーセールです。

この期間は、普段はお目にかかれないような割引率のセールが立て続けにやってくるはずです。

そして、これら(年末の)特別セールは、海外ショッピングサイトが主戦場です。

海外サイトの支払いにはクレジットカードが必要(プリペイドクレカでもOK)

By: frankieleon

海外ネット通販で必要になのが、決済手段。

海外サイトは、クレジットカード決済が主流です。

また、クレジットカードがなくても、(支払いに関しては、実質的にクレジットカードと同等の機能を持つ)Vプリカau WALLETカードなどのいわゆるプリペイドクレカでも海外サイトのお買い物が可能です。

ネットでのお買い物は、クレジットカードの決済方法がこの上なく便利なのですが、海外のショッピンサイトでクレジットカードを使うのは、ちょっと怖いですよね。。

そこで便利なのが、海外セール好きの皆さまにもご用達の決済サービス『PAYPAL』です。

PAYPALを使用すると、販売サイト側に自分のクレカの番号が知られることがないので、セキュリティの面で非常に優秀です。

最近は、ほとんどの海外ショッピングサイトでPAYPALが使用できるようになっています。

利便性の高いサービスですので、まだPAYPALアカウントを持っていない方は、ブラックフライデー前に作っておく事をおすすめします。

(PAYPALアカウントは無料で取得できます。)

 
PAYPAL本家サイトの登録ページ

ちなみに、前述のVプリカau WALLETカードからでもPAYPALが使えます(*1)。

(*1) Vプリカやau WALLETカードからPAYPAL登録する方法リンク:

PayPal(ペイパル)のカード登録に、au WALLETカード(プリペイド)が使用可能!

PayPalでのVプリカ利用にクレジットカードは必要ない

PaypalにVプリカで入金は可能?エラーで登録できない原因とは

PAYPAL使用時の注意点

PAYPALで支払いの際に注意したいのが、為替レートの選択です。

PAYPALでは決済時に「日本円で支払うか?」「その販売サイトが指定している通貨(米国ドルと英国ポンド、ユーロが多い)で支払うか?」を選択できます。

通常お得なのは「その販売サイトが指定している通貨で支払う」方法です。

この方法を選択すると、ご自分が使用するカード会社の為替両替レートが利用できます。

一方、「日本円で支払う」を選択した場合は、PAYPALの為替レートで決済されます。

PAYPALのレートよりカード会社のレートの方がだいぶ良いので、通常は「その販売サイトが指定している通貨で支払う」方法がベターです。

ただし、急な為替相場の変動があった場合はその限りではありません。

PAYPALのレートを利用した決済の場合、決済した時点の為替レートが適用されますが、

「その販売サイトが指定している通貨で支払う」方法を選択した場合、購入日とカード会社の決済日がズレるので、適用される為替レートに時間的な差が生じます。

大体、数日から数週間後のレートになるようです。(私が経験したところだと、購入日の数日後の決済レートが適用されたケースがほとんどです。)

製品購入日とカード会社の決済日の数日間から数週間の間に、為替マーケットに大きな変化がある可能性も(稀にですが)考えられます。

それらが心配ならPAYPALのレート(日本円での決済)を選択されるとよいと思います。

ちなみに、私は常にカード会社の決済方法を使用しています。(PAYPALの為替レートはやはりイマイチと感じてしまうので。。)

PAYPALで支払い通貨の変更方法

「通貨換算オプションを表示する」をクリック。これをやらない場合は自動的にPAYPALが決めている為替レートでのお買い物になります。

日本円を選択すると(イマイチな)PAYPALレートでの決済に。。

以下の画像のように販売サイト指定の通貨(この場合は英国ポンド)を選択すると、自分が今回の決裁で使用するカード会社(VISA、Master、JCBなど)の通貨換算レートを使用することになります。こちらの方が通常はお得になります。

ただし前述のとおり、急な為替相場の変動があった場合はその限りではありません(ご注意ください)。

2020年:ブラックフライデーセールでやってくる可能性が高いセール

ブラックフライデーは、本当に何が出てくるかその時にならないわかりません。(またそこが面白いところかと思います。)

始まっていないのでまだ何とも言えませんが、去年のセールを参考に いくつか例を挙げておきます。

(これ以外にも数え切れないほどのセールがありました。また、ジャンルによって追いかけていくセールも違ってくると思います。。)

バーチャルインストゥルメント&シンセサイザー・プラグイン

V Collection 7

フランスの大手音楽制作関連総合メーカー『Arturia』が誇るフラッグシップ・シンセサイザー&キーボードインストゥルメント・バンドル『V Collection 7』。

このV Collectionに関しては、大きな割引販売を行うのはだいたい年に一度。それはブラックフライデー周辺で行われます。

今年はすでに先月半額セールをやっているので、今回はどうなるのでしょうか。。

2020年11月14日:セール来ました

看板バンドル V Collection 7 半額!(おすすめ)

「最新のサウンド」+「使いやすさ」+「ジャンルを問わない汎用性」を追求したフラッグシップ・シンセ『PIGMENT』も50%OFFです:

Arturia のモデリング系オーディオエフェクト全部入りバンドル『Arturia FX Collection』も半額です。

既存ユーザーへのセール詳細(過去バージョンンのVコレなどのArturiaユーザーさんは要チェック):

LennarDigital Sylenth1

Sylenth1 Tutorial Electro/House Leads [By K-391]

オールジャンルで使える超定番シンセですので持っていらっしゃる方も多いとは思いますが・・。やはり外せません。

シンセの学習を始めたての方がまずは手に入れるべきとも言われる超ド定番。

Sylenth1は、設計が古く枯れたシンセなこともあってとても軽量です。なのに音はマジヤバ。

フィルターの効きが神ががっていています。操作性も抜群。

プリセットが(無料の物も含め)腐るほどネットに転がっているので、自分で音作りしなくても色々な音が出せます。

ちなみにSylenth1は、今流行のWavetableなどはありません。オーソドックスな減算シンセです。

したがって、EDM、Trap、ダブステなどの最新サウンドを手軽に出すことができる「Xfer Serum」や「Vengeance Sound Avenger」「Reveal Sound Spire」「Synapse Dune 3」などとの住み分けでできると思います。

エレクトリック系の音楽制作をやっている場合は、軽くて汎用性のあるSylenth1と今時のサウンドがサクッと作れる上記の最新シンセと、できれば両方あるととても便利です。

Sylenth1の開発販売元のLennarDigitalは基本的に、セールは冬のブラックフライデー周辺(12月が多い)に一回か二回やるのみです。

去年は11月は11/12に1日だけ独身の日記念で30%オフ。そのあとのクリスマスセールがあったのかな?

4年前の40%オフは美味しかったですね。今年はどうでしょう?

Sylenth1のセールは、海外ショッピングサイト経由ではなく、 「LennarDigital」デベロッパーサイト(オランダ)の  お買い物ページから買うのが通例です。

Synapse Dune 3

SYNAPSE DUNE 3 DEMO PRESETS
Synapse DUNE 3 – Introduction for beginners

Synapse Audio社(ドイツ)Dune3。

使いやすく、音も唯一無比の素晴らしさ。ユニゾンを多用する人は、まず第一候補に上がるシンセです。

Dune 3はトランス系の使用者が多く、それ用のプリセットが多いので誤解されがちですが、トランス以外にも、EDM、シネマティック、ハウス、ヒップホップ、ゲーム音楽など基本的に何でもイケます。

減算シンセのみでなくWavetableやFMも付いている非常に多彩なシンセです。

また内蔵のエフェクトがむちゃくちゃ良い。(エフェクトはNexusと同じデベロッパー製と言う噂も。)

ただし、前述のSylenth1をはじめとした定番シンセ御三家とも言えるSerum、NI Massiveの方が圧倒的にサードパーティのプリセットが豊富です。

自分で音作りをしない方はSerumやSylenth1の方が良いと思います。

とはいえDune 3は音作りがやりやすいです。操作系統がシンプルで分かりやすい。

このDuneを開発しているSynapse社はめったにセールをやらないので、年末周辺に40%〜50%OFFくらいのセールが来たら買いかと思います。

このSynapse社のもう一つの看板シンセ「The Legend」(Minimoogの極上エミュ)の半額が来たらこちらもかなり良いと思います。

The Legend Synth Demo Sounds

Sonic Academy KICK2

How To Make Kicks with Kick 2 Plugin

シンプルな操作で迫力あるキックやスネアなどのドラム音を作成できるシンセ『Kick2』。エレクトリック系のプロデューサーの間では定番。

元々手頃な製品ですが、ブラックフライデー周辺では、40%オフくらいになるのではないかと思います。

去年のブラックフライデーセール

DAWソフト

Studio One 4

PreSonus Studio One 4 新機能解説① 画期的なコードトラック(Sleepfreaks DTMスクール)

去年、V4になったStudio One(ドイツ)。勢いのあるDAWソフトです。(他の有名どことろ比べると新しいメーカーですがユーザーを増やし続けています。)

ここもブラックフライデー周辺にどデカいセールになるのが恒例です。去年のブラックフライデーでは、50%オフでした。

ジャンルを選ばないスタンダードなDAWです。これからDTMを始める方にも良い選択かと思います。使いやすいし、高性能。初心者からプロまで幅広く使えるDAWだと思います。

また、お気に入りのDAWを持っている方でも、サブとして持っていても良いかも。

参考記事:

 その他色々

Fabfilter

Fabfilterの製品は狙っている方が多いと思います。定番ハイクオリティEQ Pro Q3などのセールが期待されます。

【今週のプラグイン】超万能EQプラグイン fabfilter / Pro-Q3の魅力

去年は全製品が25%OFFでした。Fabfilterはブラックフライデーでも強気でした。今年はどうなるのでしょうか。。

ただしここはかなり期間が短いのが通例なので要注意。(当サイトでもセールになり次第お知らせし、また終了前にもアラートを出す予定です。)

去年はこんな感じでした:

サンプル音源パック系で大手のLoopmastersは大型セール時にシークレットクーポンを配布するかも。。

結構新しめの売れ筋のサンプル製品が70~80%OFFになるかもしれません。

去年はmシークレットクーポンもひっそりでていました。(このクーポンを使うとかなりお得な買い物になりました。*セール価格から更に、更に20%オフが効きました。)

(これ系のクーポンは突然使えなくなることが多いです。基本的に一期一会です。)

去年のセール:

LoopMastersセールの探し方:

MeldaProductionの全製品50%オフ全開セール

これも恐らくあるのではないかと思います。

Meldaは一度買ってしまえば、お布施ナシです。一生涯無償でアップデートが保証されます。(FL STUDIOと同じ感じですね。)

地味な宣伝方法と地味なUIで損をしているメーカーですが、性能は業界トップクラスの製品がゴロゴロしています。その品質につり合わないほど価格は手頃。セール時はそこから半額なので、狙っているプラグインがある方はチャンスです。 

今のうちにデモ版を試しておいても良いかも。(ただしデモ版の使用期限は15日間です。)

デモ版:https://www.meldaproduction.com/download/plugins

上記のダウンロードマネージャーをダウンロードして、そのマネージャーから該当のプラグインにチェックを入れてインストールするカタチになります。(意外と簡単ですよ。)

*Meldaの製品は人によって合う合わないが明白になる傾向なので試用推奨です。

個人的なおすすめのブツは、以下のような感じです。

MMultiAnalyzer

(お手ごろ&優れたアナライザー。これとMdynamicEqかMautoDynamicEqがあればマスキング処理はお手のもの。)

MAutoDynamicEq

Mautoalign(おすすめ)

Mrhythmizer(飛び道具系FX)

MBassador(低音増強力が半端無いです。EDMアーティスト必見。)

MSpectralDynamics(マスタリングの秘密兵器)

MTurboComp(一つのプラグインですが通常のコンプ・プラグイン10個分くらいの価値があるかも)

マスタリング時に特に効果を発揮する楽チンEQ「MAutoequalizer」

Mdrummer』(アコースティック&エレクトリックなど様々な打楽器をカバーする総合ドラムツール)

MDrummer #1 – Introduction

(大量の新規音源「Studio2018」&「Drum Empire 2020」が追加されました。)

MDrummer | Drum Empire 2020 | Meldaproduction Plugins Review

全部入りのバンドル製品もおすすめ。

(バンドル版の良いところは、Meldaは新製品を良く出すのですが、それらもバンドルに追加されます。なので、最初にバンドルを買っておけば、それら新製品が自動的に自分のアカウントに追加される仕組みです。Meldaの一生涯アップグレード無料は神ですなぁ。)

KORG関連

Korgのセールは通常、夏と冬。

冬のセールはブラックフライデーの後、12月にやるのことが多いです。

DTMerにとっての狙い目は、KORG CollectionやKorgの各シンセなど。

(もしかしたらKorg Gadget関連のセールもあるかも。)

特に人気の製品のKORG Collectionは、Korgのビンテージシンセのエミュレーションモデルが全て入っています。(名作ぞろい!)

*そして、待望のUIの拡大縮小が可能になっています。

KORG Collectionバンドル製品に含まれるシンセ音源

  • ARP ODYSSEY
  • MS-20
  • Polysix
  • Mono/Poly 
  • M1 
  • WAVESTATION 
  • MDE-X 

去年発売されたARP ODYSSEY以外は、年期の入った古いシンセ音源達ですが、どれも定番中の定番。現代の制作現場でも幅広く使われている名シンセです。

古いのでむっちゃ軽いです。

7種類のシンセが入って約1万円。

*ちなみに、Korg M1 Leは、Korg Nanokey2などのKorg社製コントローラーに無料で付属しているものです。

5千円弱のKorgのコントローラーを買っておくと、 他にも良いことがいっぱいあります。

KorgのNanoシリーズについては以下の記事を参考にして下さい。

去年のKorgの冬のセールについては以下の記事を参考にしてください。

Native Instrumentsのセール

去年のブラックフライデーでは、11月中頃からから12月の始めまで『Native Instruments THANKSGIVING SALE』が開催されていました。

新しくなったKontakt6の購入で、Kontakt5までは適用出来たDrummic’a(無料)からのクロスグレード価格での購入が不可になっていました。

しかしながら、最近は「Embertone Arcane」が踏み台になっています。

今年のブラックフライデー。最新シンセのMassive Xどうなるんでしょうかね。

 IKのSyntronikの去年のセールはこんな感じでした。

去年のWavesのセールはこんな感じ。

他にもいろいろありました。。

 ひとこと。。

セールだからと言って、やみくもに無駄遣いはしたくないですが、欲しいものを買うなら、やはりブラックフライデー・セール期間中はお得度が高いです。

なのでいまのうちに「自分がどんな製品が欲しいのか?」もしくは「どのジャンルに適した製品を狙っているのか?」をある程度明確にしておくことが大切です。

とは言え、思っても見ないようなビックリセールが来ちゃうのがブラックフライデー・セールの醍醐味でもあります。

そんなワクワクが出来るブラックフライデーはセール好きにとっては最高なイベントです。

ブラックフライデーを含む年末セールで、ぜひ日々の音楽制作に必要なシンセや音源、プラグイン、DAWソフトなどをお得にゲットしてください!